« ジュンスタ 11月25日&12月2日、まとめてドン! | トップページ | FNS歌謡祭♪♪ »

2006年12月 4日 (月)

松本潤の美しさ!&僕妹&花男

潤君関連だけでも、いろ~~んな動きがあって、大変な12月ですね~!!

まず、ビックニュースとしては、明日のWS「ピンポン!」で花男の制作発表を生中継しちゃうとか!!!!!(花男公式サイト参照!)生中継なんて・・・・すごいな~~~!!リアルタイムで、動いて話す道明寺モードの潤君が見れるのね~~~~!\(^▽^)/ え・・・ちょっと待て。その時間は私は家にはいないんじゃないかい?(^^;)でも、見ます!!何かなんでも!!(^^;)  その後の「2時っチャオ!」や「イブニング5」、6日の「朝ズバッ!」でも放送されるそうです!!うれし~~~い!!明日は花男祭りですよっ!!(*^^*)

大ちゃんの舞台も始まってますし、ニノ出演の映画も始まりますし・・で、えらいこっちゃの忙しさの嵐さんたち!!充実してるよね~、ホントに!!凄く体力を使う舞台のようですが、大ちゃん、すご~~くカッコいいんだろうな~~~と思いつつ、観にいく事は出来ませんが、千秋楽までお体を労わって、無事に乗り切っていただきたい!と祈るばかりでございます!!

そんな動きがたくさ~~んあるこの時期に、ココログさんったら・・また明日からメンテナンスに入ってしまうようで。(^^;)12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の53時間は、閲覧は出来てもエントリーもコメントも出来ないそうで・・・。(T_T)花男制作発表も、宿題くんも、FNSもあるってのにーーーー!!なんてこった~~~い。いけず~~~~!(><)

ここのところ、潤くんの動きを追うだけでも、日々追いつけない感じです。(^^;)一つ一つをジックリと語りたいほどテンション上がっちゃうことばかりなのですが、時間の関係上、思うがままに、いろいろまとめてドン!と感想を語っていきたい・・と思います。

まず、昨晩の「ウタワラ」ですが、んっまぁ~~~~~美しい!!!!今回は、「親子ダンス選手権」がメインだったので、出番は殆どなかったのに、あの短い時間でも存在感を放つ、あの美しさは、ちと罪じゃございませんこと?!って位に、美しかったですよ~~~、潤君!なんでしょう?なんかキラキラビーム&キラキラオーラが一段と凄かったように思います!!!もっとジックリと見たかったわぁ~~!!

「美しい」という事で、ちょこっと語らせていただきますと、潤君の美しさは、いろんな要素が相まって進化(バージョンアップ)してますよね。いろんな意味で!!私がファンになった頃の潤君も、そりゃもう美しかったですけど、今よりも線が細くて、儚げな美しさを放っていたと思うのです!!もちろん内面の芯の強さが見え隠れする凛とした佇まいはありましたけど・・・。その頃はその頃で大好きなんですが、今の潤君の美しさは、もっと力強いんですよね!!包み込むような男らしさの中にある、凛とした美しさや逞しさがあって、つくづく、ステキに「イイ男」に成長したな~~~~~!!と感慨深くなります。偉そうな表現で申し訳ないんですけど・・(^^;)外見的なこともあるとは思うのですが、内面から滲み出てくる輝きってのも大きく作用してるように思ってしまって、とてもとても眩しい!!

潤君ファンの方は、私が知っている限り・・・ですが、潤君ファンになる前には、ハッキリした顔立ちや濃い顔立ちは苦手だった方が多いように思うのですが、かくゆうワタクシも、ホント、濃い顔立ちは苦手だったはずなのに、なぜか潤君だけには、ズド~~~ンと嵌った!!!なぜ?と思うと、やっぱり潤君って、全体から醸し出す雰囲気やオーラ、瞳の輝きや表情の光と影、仕草、立ち振る舞いのしなやかさ。。などなど、「静」で「凛」とした「孤高」の色気ってのが、その顔立ちを、とてもいい具合に「美しく」魅せているように思うのです。(でもって、笑顔になると無邪気な少年のようになってしまうから・・これがね~~ホント、罪なんですよ。(^^;))

私は演じている潤君の繊細な表情の素晴らしさに、心奪われたのが最初ですが、その時も「金田一」や「ごくせん」の時の切なげな表情が、あまりにも心持っていかれたから・・だったのですが、その「影」の部分の表情を、これだけ「美」に昇華できる人って、やっぱり私の中では、潤君だけなんですね・・。それをまた改めて強く実感させていただいたのが、「僕妹予告編」の潤君!!!!僕妹公式サイトでも、潤君の映像が解禁になってますが・・この予告の潤君の表情一つ一つが、おっそろしくツボ!!!

映画の内容が、やはり苦悩するしかない愛ですから、切ない表情の連続で・・。その切ない中にも相手を慈しむ表情。それがほんと~に美しくて美しくて!!!!正直、想像以上でして・・。しばし、固まりながら見入ってしまうんですね。。私が大好きな大好きな潤君の切ない表情が、そこには沢山あったんです!!

僕妹関連の雑誌も、いろいろと読んだのですが、潤君のこの映画における自分なりのスタンスや、捉え方、演じ方も、私はとても興味深くて・・。

僕妹関連の雑誌で、私がGETした雑誌の中では、『日本映画Navi』『Cinema☆Cinema』の2冊のインタビュー記事が、潤君のこの映画に対する思いが良く分かるような気がしましたし、他の雑誌との内容と、かぶるような話をしてくれているので、そこから少しツボを抜粋させていただきますと・・・

  • (出演のオファーを受けて・・)「どうやって撮るんだろう?」と疑問に思った。そのまま映画にすればディープな作品になっちゃうし、かといって兄妹が恋愛をするという一番肝心なところを誤魔化すわけにもいかない
  • これは今までやってきたどの作品とも違う
  • 感情の流れを切り取るためだけに動いて、それをどれだけ大切に形にするかみたいな作業だったけど、出来上がった映像を観て、自分が想像していた以上にデリケートかつコアなものになっている。
  • 体がどう動くかじゃなく、気持ちがどう流れていくかを書いていて、凄く面白いアプローチだと思った。
  • 妹を好きになる気持ちは理解できません。演じる上でクリアしなければいけないと思いつつ、ただ頼自体もちゃんとキレイにクリア出来てるわけじゃなかったりするんで、好きという気持ちを何より優先してしまうリアルな頼の気持ちの変化を表現できればなと。
  • 頼と郁の関係を、最後に「よかったね」でキレイに終らせるのはどうかと思っていたんで、原作とは違う結末に満足してます。
  • 頼は何をやっても裏目に出てしまう人。自分が高校生の年齢じゃない今だからやれた役だと思う。行動を起こしてイキオイで突っ走るんだけど、結局全部悪い方向にいく時期ってある。頼はいつも悩んでもがいている。そこが少しでも魅力的に映っていればいいんだけど・・

などなど・・。

その他にもいろいろと語ってくれています。潤君自身、妹に恋をする感覚は全く理解できないみたいですが、所謂エンターテイメント性の強い作品ではなく、衝撃的な内容の原作を、リアルに描くのではなく、私小説的に感情の動きを、観る側の感覚にゆだねて、音楽も抑え、長回しで淡々と描いていく作品みたいですし、それゆえに、とてもとても難しいと思うのです。理解できない気持ちを、どこで自分と折り合いをつけながら、その気持ちの温度をどこに保つか・・・。その戸惑いまでも、潤君は監督とディスカッションをしていき、1から作り上げていった感じみたいですし、「頼」というキャラクターの解釈を間違えないように、でも、自分なりの「頼」を成立させなきゃいけない。。と。いろんな解釈や、いろんな受け取り方がある作品だからこそ、良い意味での開き直りも必要でしょうし、監督の、今までにない手法に任せながら、演じ手として、「勉強になった」と言う潤君が、とても頼もしく感じられて、潤君の演じ手としての一端を、私なりにしっかりと観たいな~~と、予告を観て、雑誌のインタビューで潤君の考えを読ませてもらって、強く強く感じたのでした。(*^_^*)

で、「美しい」というテーマで、イキナリ語りたくなったのは、僕妹予告と、最近たっくさん出ている雑誌の潤君や、TVで観る潤君・・どれもこれもとても美しくて・・その美しさの発露?みたいなモノを、私なりに語りたくなっちゃったんだと思います。(^^;)

そう、まさに、私が思う潤君の魅力って、語りたくなっちゃう・・という事なんだと思います。(笑)

僕妹の安藤監督が、潤君の事を『脚本の段階から作り手の意図を察して前向きに取り組んでくれて。ベタな生活感があるわけでも、現実からかけ離れているわけでもなく、不思議な存在感がありますよね、彼は。この映画を作る上で、それがすごく大きな力になりました』と語ってくれてますが、この『不思議な存在感』って表現、言い得て妙だな~と思いました。

「日本映画navi」の潤君・・パーフェクトな美しさ&カッコよさ!!ファッションも最高!!!!最初の全身映ってるショットなんて・・まさに少女漫画から出てきたみたいなんですけどーーーーーー!!遠くを見つめてる視線がくぅ~~~ステキ!!俯いた小さな写真も、その下の笑顔の写真も・・ほんと~~に美しい。最後のアップの写真も出来すぎです!!!

『Cinema☆Cinema』も・・最初のアップのショットも、息をのむカッコよさですが、次のページの苦悩している感じの表情2枚・・・美しさの中にも男っぽさが混在していて・・・最高!!!!アーミー調のシャツにインナーが白Tってファッションも、ものすっごく色気があるね。

この2冊は、ちとお高めでしたが、迷わず買ってしまいましたわ。(*^_^*)

そして、『telepal f』の新連載「もっと、松潤!」ですが、このタイトルは、これでOK?ですか?(笑)どういう意味かは置いておいて(^^;)、壁に寄りかかっている潤君の切なげな表情が凄くリアルな感じで、好きです!!で、右下にオフィシャルフォトブックの告知がありますが、その本の表紙?の潤君が、これまた好き~~な表情です!!

そして~~~最後に『Tiara Girl』・・・女性ファッション雑誌なので、少しフェミニンな感じで、これもね~~~ホント、美人さんなんですよ!!!!モデルさんのようです!!!ソフトな雰囲気なのに、とても洗練された美しさがあって・・素敵です!!

もっと発売されている雑誌はあるのですが、あとは立ち読みで済ませてしまいました。(^^;)というのも、ホント・・キリがなくて。(^^;)オフィシャルフォトブックも、僕妹のメイキングDVDも予約しましたので、「これだけは!!」と思うもの以外は、懐具合と要相談って感じです。(^^;)

さて、今日はZEROと宿題くんがありますね~!!楽しみです!!

|

« ジュンスタ 11月25日&12月2日、まとめてドン! | トップページ | FNS歌謡祭♪♪ »

松本潤」カテゴリの記事

コメント

チョコさーーーーーん。
潤くんの美しさについて。。
チョコさん論に納得納得納得の嵐!!!!
ウンウンウンと頷きながらじっくりと
読ませていただきました。
好きだわーチョコさんの文章。

僕妹はテーマは衝撃的ですが
潤くんの言葉や予告編をみると
私もこういう映画だからこそ、潤くん
がやることに意味があるように思えて、
すごーーーくたのしみなんです!!!
どこに重点をおいて見るか?は
それぞれですからね。

予告編の潤くん。。。あまりにも
美しくてドキドキしちゃいました。
私も切ない表情の演技をしてる潤
くんはこの上なく好きです。

日本映画ナビの潤くん、きれい過ぎ
ですね。ほんとに出来すぎです。
立ち姿まで美しい。

Cinema☆Cinemaは、探したのですが
見つからなかった。
しかしチョコさんのブログを読んだら
絶対に欲しくなりました。

明日の制作発表もたのしみですね。
リアルタイムで見ます、私も。

でもチョコさんのブログがメンテナンスに
はいってしまうなんて。。。
残念です。更新できない間に過去ログ
読んで幸せな余韻に浸ってます。

投稿: saki | 2006年12月 4日 (月) 18:27

sakiさん♪

sakiさん、コメントありがとうございます。m(_ _)m
sakiさんが、同じ目線で潤君を見てる、ってことが凄く嬉しいです。(*^_^*)

そうですよね。私も、潤君自体も内容に戸惑いながらも、「このタイミングで出来た事が良かった。勉強になった。」と語っているのを読んで、「そうだね、潤君」と思いますし、潤君自身も客観的に冷静にこの映画を分析しているところが凄いなーとも思いました。

>どこに重点をおいて見るか?は
それぞれですからね。

全くその通りですよね~!!(*^^*)

sakiさんも、切ない演技の潤君がこの上なくお好きなんですね?!絶品ですものね~~~!!o(^-^)o
予告編の松本頼・・心鷲づかみにされちゃいました。
頼と司、1月には同時に観れちゃうのが、贅沢ってもんですね!!

ココログさんのメンテは、今回は何だか長くて、参ります。
せっかく、今日は花男の制作発表だっていうのにーーー。ですよ。(^^;)

投稿: チョコ | 2006年12月 5日 (火) 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュンスタ 11月25日&12月2日、まとめてドン! | トップページ | FNS歌謡祭♪♪ »