« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

スマイル最終回の感想♪

なんと・・・やっと感想をアップできるーーーと思ったら、ココログにトラブルが発生して、全くサイトが機能しなくなってしまいました・・・。いったいどうした??焦ったよぉ~・・・・・。やっとログインできて・・・ほっ!
お願いしますよ・・・ココログさん・・・。sweat01

ということで、気を取り直して・・・

まずは・・・Enjoyに綴られている文面に・・・ほっこりすると同時に、本当に本当にスマイル・・お疲れ様でした!!という心っから伝えたい気持ちでいっぱいだよぉ~。なんだか、Enjoy読んでたら・・涙が出てきたもの・・。
私もね・・潤君と同じで、スマイルの世界からまだまだ抜け出せないんですよ・・。
潤君には、コンサートの構想を考えながらも、ほんと~にゆっくりとしてもらいたい!!メンバーと楽しく過ごす・・なんて、思わず・・キュン!heart02となっちゃいましたわ!!

会報にも書いてありましたが・・・ビトという役・・本当に本当に難しい役だったよね・・。
周りの人の気持ちを考えすぎてしまうあまりに、常に自分の感情を内側に押し込めて、一人葛藤し苦悩し、常に受け身な役だったので、感情を表に出して爆発させることも出来ず・・・。
潤君も、演じていて、いまだかつてないほど、ものすごく精神的に過酷な役だったんじゃないかなーって思う。
しかもね・・役とはいえ殺人を犯して死刑囚・・ってのも、相当に相当にキツカッタよね。
本当に本当にお疲れ様でした!!m(__)m
今まで演じてきた役では、潤君の繊細な表現力や圧倒的な存在感が大好きだったけれど、スマイルでは、今までとは、また違う表現法で、オーラも目力もなくした抑え気味な演技に・・すごいなーーと感心しまくりでした。heart
もう・・潤君が演じていることすら忘れて、ビトとして、“そこ”に存在していましたもの!!!
かっこいいヒーローじゃなくて、もがいてもがいて怯えて、何度も泣いて葛藤していくビトは、私にはとても人間的な体温を感じられて、潤君の演技に終始心もっていかれて、泣かされっぱなしでした
ますます・・役者松本潤の魅力にはまっていく・・私ですheart01
また更なる違う役の潤君がもっともっと観たいなーーーなんて、欲張りになっちゃうほど・・ビトという役で、一つの山を乗り越えたなぁ~~なんて感じちゃいます!!!!

さて・・・まだまだ私の中では、スマイルの余韻に浸りきってて・・うまいこと感想がまとめられずにいるのですが・・・感想・・書かせていただきたいと思います・・。脱線しまくり・・支離滅裂になると思いますので・・さらっとさらっと読み流してくださいませ・・・。coldsweats01

スマイル最終回

とにもかくにも・・・ほんとーーーーに、良かったぁーーーー!!!heart02goodという気持ちでいっぱいです!!!
もしかすると・・・あのままビトが2000年の冤罪を背負ったまま死刑が執行されてしまい、理不尽さをとことん見せつけて問題を提起する・・という結末も、それはそれで意味があるのかも知れませんが・・・私は、それではあまりにも心の置きどころのない、救いのないドラマになってしまい・・衝撃だけは残るのかも知れませが・・「死」をもって問題提起をするよりも、「生」で償う意味を示してくれて・・・本当に救われた思いがしました。
死刑執行の朝・・ビトの泣き崩れるシーンがつらくてつらくて・・ドアが閉まった時には、「やだーーーーーーーーーー!!」と涙ながらに叫んでしまいましたが・・死刑が回避されたことが分かり裁判シーンでビトの姿を見えた瞬間、「よしっ!!!!!」と、めちゃ大きな声で放った主人の顔を見たら・・・涙流しながらも、超いい笑顔になっていまして・・・それがまた、このドラマを物語っているなーなんて思ったら、また涙があふれてきて・・・。sweat02

「死」をもって問題提起をした宗助さん・・・宗助さんは「死」を自ら選んでしまった・・。そうせざるを得なかった清らかな心のうちを思うと・・つらいのですが、これが・・最終回でみどりさんが語った「お父さんに怒る資格なんかないですよ。自分だけ勝手に死んじゃって。・・・なんてね。時々文句言いたくなるんです。私達の為だったってことはわかってるんですけどねー。・・どんな時でも、死んだら負けだろ~って言いたくなっちゃう。」・・って言葉通りなんですよね・・。
一馬さんがビトに言った「何でもかんでも一人で背負い込んで、実はな、それが一番自分勝手なんだよ!」にも繋がりますよね・・。

だけど・・もしもビトが林を殺してしまった罪の意識以上に、花ちゃんを守って生きていくことや、生きて罪を償う・・ということだけに意識がいって、一馬さんに「2000年の冤罪を晴らしてほしい。僕は死にたくない」と懇願したとしたら・・・それはそれで、ビトの性格からすると・・ものすごく違和感なんですよね・・。ビトの償い方は間違っているかも知れないけれど、すごくビトらしい決断のようにも思うのです・・。
人を殺めた罪の重さと・・花を思う気持ちを量りにかけるなんて、数学のように答えなんて出るわけもないくらいに複雑な心理状態だと思う・・。どっちもビトにとってはあまりにも心を占めていること・・・。
ビト自身は会うことをずっと拒んでいたことも・・花ちゃんに会えば、本心がバレてしまう・・と思ったことも・・花ちゃんはほかの誰かと幸せになってほしい・・と思ったことも、私には、とても理解できた・・というか、ビトなら・・そう考えてしまうだろう・・ということが理解できたんですよね・・。
人を殺めてしまった罪はビト自身にしか償えないことだけど、花ちゃんを幸せにするのは自分以外にも出来る・・・という結論をビトの立場なら出すしかなく・・・。
2015年のビトがずーっと1話からドラマの中、映し出されてきて、その達観したような笑顔は・・実は表向きの笑顔であったことも・・心を締め付けました・・。
夜になれば、相変わらずずっと5年間一人で苦しんでいたんですよね・・。
花ちゃんが作ってくれた折り紙にすがり・・・そして、毎日どんな思いで、あのブタの折り紙を作っていたのだろう・・・と思うと・・胸が苦しくなります・・。
一馬さんにも、柏木さんにも弱音を吐かず・・笑顔で乗り切って、花ちゃんのことも忘れた風を装って・・心の中ではただただ花を思い、壊れそうな心を支えるように人知れず・・折り紙を折っていたんですよね・・。
新聞紙で作った箱の中の膨大な数の折り紙を見て・・・号泣です・・・sweat02

一馬さんもしおりさんも、あきらめずに林父を捜してくれていた。

花ちゃんは花ちゃんで・・この5年間、ずっとひたすらビトを待ち続け・・何度も何度もビトに会いにきてくれて・・ビトのレシピで料理を作って・・花ちゃんの一途さにも涙が出ます・・。

柏木さんには、今までもずっとその存在が救いだったけれど、最終回では、ほんとーーーに大活躍で・・花ちゃんに、ブタの折り紙を人知れず作っているビトのことを教えてくれたり・・、何といっても、服務規程違反をしてまでも、死刑執行日を教えてくれたり、自分のクビをかけてまでも、土下座してまで・・花ちゃんとビトに会わせてくれたり・・・、柏木さんとビトの友情が、こんなカタチで功を奏するなんて・・・・もう、泣けて泣けて・・・。
勝村さんの演技も・・あったかくてあったかくて心に染みました・・。

北川検事は、まさか、2000年の事件が本当にビトが犯人だと思っていたとは・・・驚きです・・。2009年の裁判の時に、あれだけ一馬が冤罪だと主張したのに・・キチンと調べようとはしなかったのでしょうか?
あのときは、一馬に勝つことだけがすべてだったのかな・・・。
でも、死刑執行を前にして、ちゃんと自らの正義を貫いてくれて・・ホッとしました。根本的には、正義感のある人であった・・ということが救われますけど・・。
カフェで・・呆然と悩んでいた姿が、とても印象的でした・・。

死刑執行が分かって・・一馬さんが面会に来るシーン・・・。
おはよう!」といつものように笑顔で入ってくるビトに・・すでに涙・・。
なんで立ってるの?」とキラキラ笑顔のビトが・・切ない・・。
悟られまいと必死な一馬さんや、いたたまれない表情の柏木さんにも涙・・。
一馬さんのやるせない怒りに、柏木さんの表情に・・死刑執行が決まったことを気づいてしまうビト・・・・・・・・「出たの?執行命令・・」・・・はぁ~~~~ビトの声、表情・・一馬さんと柏木さんの表情に・・・涙涙・・。

電話でその報告を受けたみどりさんや金太やブルの表情にも・・涙・・。

独房で・・窓の日差しをうけて・・・静かに佇むビトの横顔が、瞳が・・あまりにも美しくて美しくて・・・その美しさが神がかっていて・・あまりにも切ない・・・。新聞紙のあの箱を抱きしめるビト・・・あの箱は、イコール花ちゃんでもあるのかも・・・。切なすぎて・・苦しいです・・。

みどりさん・・花ちゃんに伝えてくれてありがとう・・。

死刑執行が迫っていても・・花ちゃんを拒絶しようとするビト・・・。あーーー気持ちがわかるだけに・・つらい。柏木さん・・会わせてくれてありがとう。
花ちゃんに会ってしまったら・・もう思いは溢れてしまって・・それがまた本当にリアルな演技で・・・めちゃめちゃ胸に迫ってきました・・。
花ちゃんの目を見れないビト・・。
ガラスを叩く花ちゃん・・。
花ちゃんの顔を見たら・・5年分の思いがあふれてしまったビト・・。
君にあったら、本当のことがバレそうで・・・どうしても会えなかった・・・ごめん・・。お願いだから、もう帰って・・。君に会えて本当によかった・・って思ってる。僕のことは忘れて・・誰か別の人と幸せになって・・」・・号泣・・。
嫌だっ!!!私はあなたと幸せになりたい。私はあなたが・・」(声が出たよぉーーーーーーーウルウル・・
待って・・。花ちゃん・・・・・好きだよ・・」・・・・・なんて優しい声・・・号泣なんてもんじゃないですーーー・・・。
ビトの号泣・・花ちゃんの涙に・・・・もう・・心が押しつぶされそうになりましたもの・・。リアルすぎて・・・。
そして・・・やっと、ビトと花ちゃんの出会いが、ここで語られて・・・。
そっか・・・花ちゃんは声が出たら・・この思いを伝えたかったんだね・・。(涙)
ブタのアップリケがついたハンカチだったとは!!!
あの子・・花ちゃんだったの・・」のビトの優しい顔にキュン・・・。そのあとの花ちゃんの綺麗な笑顔にキュン・・。
そっか・・だからブタだったんだ・・」・・・・いい表情だよ~~~。
周りがみんな信用できない敵だった花ちゃんにとって・・ビトの優しさだけが救いだったんですよね・・・。
あの日から、ずーっと、ずっとずっとあなたが好きだった・・」・・ウルウル・・。
書店で運命の再会をしても・・ビトは変わらず優しい人だった・・・。淡い初恋が、運命の人だと確信に変わった瞬間だったんですよね・・。あーーこの気持ち・・・わかるなぁ~・・・。
僕ね・・こうなって初めて死ぬってことがどういうことなのか、わかったんだ・・。正直怖い・・・凄く怖いよ・・。でも・・僕はやっぱり重大な罪を犯したんだって・・何があっても人の命は奪っちゃいけないんだ・・。でもね・・花ちゃん・・死ぬってことの意味がわかって・・初めて生きることが分かった・・。僕は生きたいと思った・・。君と一緒に行きたくてたまんない・・。僕は間違ってた・・一馬さんの言うとおり・・どんなことがあっても必死で生きようとしなければいけないんだって・・僕はやっぱり馬鹿だ・・・・」・・・こんな瞬間まで・・誰のことも責めずに・・自分が馬鹿だった・・と言うビト・・。「凄く怖い」と・・花ちゃんにやっと本音を語ってくれて・・・もう・・号泣です・・・。
引き裂かれる二人が・・・あまりにも惨くて・・・悲しくて・・・いたたまれない気持ちになりました・・。

死刑執行の当日・・・・穏やかな表情のビトに・・・・涙涙・・・。
キチンと正座して、花ちゃんからの手紙を読むビト・・。宗助さんからもらった本を手にするビト・・そして・・あの箱の中の大量のブタの折り紙に・・号泣!!!!その中に・・花ちゃんが折ってくれた折り紙をそっと入れるところに・・・じーーーーーーんとしまくり・・・・。
あのチラシを壁からはがして・・最後の折り紙を折るビト・・・手の美しさ・・横顔の美しさが切ない・・。開かれるドア・・・、(キリンさんが見える埠頭で号泣する花ちゃん)・・花ちゃんへの手紙を読むビトのモノローグと、ビトの表情・・所作すべてに・・・・号泣です・・。大切なものは・・目に見えないのだから・・・・。僕がいないことを悲しまないでください。僕はいつもあなたの笑顔の中にいるから。僕らの世界には笑顔があふれているのです。」って・・・悲しい過ぎるよーーーー・・・。
(スマイル1話の冒頭のシーンは、実は死刑執行の朝で・・最後に折った、あのキング牧師の「I have a dream」のチラシを切って作ったブタで、「僕には夢がある・・・」から始まるモノローグは、花ちゃんへの遺書だったなんて・・・・・・・・。あーー切なすぎる・・・。)
花ちゃんの気持ちを気遣いながら、精一杯、前向きな遺書を書いたビトが・・・最後の最後に・・廊下で泣き崩れてしまうシーン・・・ビトの泣き顔、背中が・・・もう・・あまりにも切なくて・・・ドアが閉まる瞬間「やめてーーーーーーーーーー!」と叫んでしまいました・・・。きっと助かる・・きっと助かる・・と呪文のように・・唱えながら・・・。
(このシーンの・・・演出、BGM、潤君の演技・・・めちゃめちゃ凄かった!!!!!
コスモスのアップの映像も素敵だし・・・柏木さんが走ってくる姿が・・・・もう、天使に見えたよーーーーーーーーっ!!!!

林父を説得してくれる一馬さん・・・。泣けてしまいます。
林父は・・・この期に及んでも、組織への忠誠心で証言を断るなんて・・・。
一馬さんが、林父に林の寂しさをもちゃんと語ってくれたところ・・・凄く良かった。そう・・すべての元凶は林父なんだもの・・・。
彼もまたあなたの被害者の一人です・・。2000年の事件で、あなたが彼を庇うことなく、正しく導いてやっていれば、こんな事態には至らなかったかもしれない・・。彼が命を失うことはなかったかも知れないんです。あなたに人の心があるならば、もうこれ以上、若者の命を無駄にはしないでください。」・・・ほんとに・・そのとおりだよね・・。
自分の体面やら、組織よりも、人の親として正しい行動さえしていれば・・・こんな不幸は起こらなかったのではないか・・と。
林父にも・・・人の心が残っていて・・・良かった・・・。

2000年の事件の再審で・・・やっと・・・無罪を勝ち取ったビト・・。
林父の口から・・「早川さんには、息子の分まで生きてほしいと願ってます」と頭を下げる林父・・驚くビト・・・。ビトはやっと救われた思いがしたのではないでしょうか・・。そして、林父も・・冤罪の証言をしたことで、やっと・・・救われたのかも知れない・・。
主文 被告人は、無罪」と法定に響いた時・・・ビトとともに・・・号泣ですよーーーーーーーーーーー!!心っからホッとしました・・。
ビトの泣き顔・・一馬さんの表情・・・あーーー泣けるーーーー
回想シーンとともに、これまでの長い道のりを思い出して・・また涙ですよ・・・。

2018年・・・
一馬さんは、本名にちゃんと戻していたこと・・・じ~~ん・・。
花ちゃんは・・ビトの帰りを待ちながら・・多国籍料理の屋台の店を開いていたこと・・・じ~~~ん。しかも・・ビトが大事にしていた本を、ちゃんと飾ってあるところにもじ~~ん!!
そこに現れたビトーーーーーーーーっ!!!短髪が黄色い涙の勝間田チックで、やけに幼くって可愛い!!!!heart01(笑)
(刑務所に移ると、髪は坊主なんだよね・・。出所が近付くと髪を伸ばしてもいいんだよね?)
花を見上げる瞳が・・・めちゃ優しいよぉ~!!!!
ただいま」「お帰りなさい。待ってた。」・・・あーーー良かったぁーーーーーーーーー!!
抱き合うビトと花・・・・ビトの優しい笑顔に癒されまくります・・・。はぁ~~~~・・ウルウル・・。
ビトが・・・あれから3年で出てこれて・・・本当に良かった・・。うんうん、この量刑はめっちゃ妥当だと思いますし、模範囚だった・・ってことも、頷けますわぁーーー!!!

林のお墓参りにいくところ・・・・凄く・・心に残りました・・。
罪を償ったとはいえ・・やはり・・ビトの中では、ずっと十字架を背負っていきていくことには変わりないわけで・・。ビトの中で、ずっと林も生き続けてほしいし・・ビトなら・・どんなときも決して忘れることはないでしょうね・・。

ビトと花ちゃんの二人・・・やっと二人で夢をかなえることが出来て・・心底救われました・・。
お揃いのユニフォームを着て・・お揃いのブタのバンダナをして・・笑顔の二人・・・可愛い過ぎます!!!!!heart04
ビトを支えてくれた全て人の笑顔がまぶしいです!!
そこに大トロを持って駆け付けてくれた柏木さんに、抱きつくビト・・この二人の可愛さにも・・・・めっちゃやられたぁ~~~~~~~~~!!!!
微笑ましいシーンなのに・・・二人の満面の笑みをみたら・・感動して泣けてしまったよ・・・。ビトが・・柏木さんを嬉しそうに皆に紹介している感じのところも・・めっちゃツボ!!
(柏木さん・・・その後、クビになったりしてないよね?大丈夫だよね?うん・・大丈夫だと信じよう・・。)
宗助さんの写真に・・・じ~ん・・。
一馬さんの最後の「ビトが踏み出した一歩は、ほんの小さな一歩だ。しかし大切なのは、諦めずに戦い続けること・・。我々は決して一人ではない・・」・・・じーーーーん・・。
ビトと花ちゃんの笑顔と・・・・スマイルの看板・・ブタちゃんロゴマークが可愛い!!heart01ブタちゃんのキーホルダーまでしっかり置いてあって・・ウルウルです・・。

凄く・・・素敵なラストだったと思います。
最後・・あとせめて10分くらいあって・・再審のシーンから、ラストまでを丁寧に描いてほしかった・・という気持ちもあるにはあったのですが、短い時間の中でも、しっかりとまとめてくれたなーーー思いますし、私としては大満足です!!!!!(*^▽^*)
本当に本当に・・・いろんな意味で心に残り・・考えさせてくれたドラマをありがとう・・という気持ちでいっぱいです!!!!!

最後・・少しだけ・・気になるところは・・・・古瀬は・・・どうしたーーー?ってことと・・・ホームレス役の方の中に、大ちゃんに似た方がいらっしゃって・・ちょっとビックリした・・ってことでしょうか?(笑)

~~~~~clip

このスマイルというドラマ・・・本当に、それぞれの価値観、経験によって、まるで違う見方が出来るドラマだと思いますし、とてもデリケートで難しいテーマを扱っている分、賛否両論もあったのでしょうし、私自身もはぁ~・・とため息が出てしまう展開や、え?と思う疑問がなかったわけではありません。
それゆえ・・いろんな思いが錯綜したので、ブログを今までやってきて、スマイルの感想を書くのが一番難しかった。でも・・なぜか一番長く書きたくなってしまう・・という、とても不思議なドラマでした。
日ごろから・・私と主人の中では、子どもを育てていくうえで、あれこれと親の価値観を押し付けたり、要望を押し付けたりはしないようにしてきているつもりなのですが、唯一ずーーーっと願いを込めて言い続けていることは、「卑怯でずるい生き方だけはしないこと!」なのです・・。
(以前・・ZEROで苛め問題を取り上げた時にも同じようなことを書かせていただきましたが・・・)
誰が認めなくても誰が見ていなくても、もう一人の自分が必ず自分を見ている意識でいてほしいし、卑劣で恥じるような生き方をしてしまうと、自分自身が心っから笑えないし、自分で自分の人生を汚してしまうことになると思うから・・・と思っているのです・・。
私たち夫婦の考え方がいいのか悪いのか・・はわかりませんが、たぶん・・・私と主人が(子どもたちもですが・・)このドラマにハマったのは、ビトの生き方、ビトを支えてくれる人の生き方が・・今の時代には凄く損で不器用でなかなか理解されずらい生き方かもしれないけど、何があっても「そうあってほしい」という願いが映し出されていたから・・・余計に熱く語りたくなってしまったのではないかなーと思います。

ビトって・・・人の心を内側を映す鏡のような存在だなーって思う。
偏見や差別という点でもそうですが・・・ビトの純粋さを“弱さ”“愚かさ”と感じて弱いものを「利用しようとする人」と、その純粋さを“大切なもの”と感じて「守りたいと思う人」・・あなたはどう思いますか?みたいに・・・突き付けられているような感じで・・・。

やられたらやり返す!とか、危機を察知してうまく立ち回る!とか、そういうことが出来ないビトにイライラする・・というのもあると思うのです。
それは・・たぶん、ビトの優しさがすべて裏目に出てしまうことのイライラ感ですよね・・。(以前にも書きましたが、それは展開上の結果論ではあるんですけどね・・・)
実際私も・・・もーう・・どうして~?と思うこと、ありましたもの・・。
そんな時に主人に「ビトの純粋さが本当であればあるほど、そんなにイキナリ器用に立ち回ることが出来ないってことは、実はとてもリアリティーがあることだろ。ドラマチックにカッコよく立ち回る主人公に変貌を遂げていくなんて・・そっちの方が違和感だよ。ビトの中にある強さっていうのは、行動で示していくわかりやすい強さじゃなくて、目に見えない心の美しさなんだよっ!!!」・・・と、言われましたっけ・・。coldsweats01

ビトのように、人を恨まず復讐心を持つこともない人って、時として、「受け身で弱い人」に見えるけれど、でも、その心根の美しさに触れた人は、ビトのその清らかな心を「守りたい」「救いたい」と思う。ビトには、そう思わせるだけの“力”があると思うのです。
そして・・・その清らかさを救っているつもりが、ビトの純粋さや存在に、また「救われている」・・・ということなのだと思います。

花ちゃんにしても、一馬さんにしても、町村フーズの人々にしても、そして柏木さんにしても、そうだと思うのです。
なぜ、みんながあそこまでビトを助けたいと思うのか?というのは・・ビトを死なせてしまったら、自分自身の心が潰れてしまうほどの存在なんですよね・・。ビト自身は、自分が助かりたいからといって、他力本願的に人を利用することなど考えないから、余計に「愛おしい」と思うのだと思います。
ビトのように計算も打算もまるでない綺麗な心を持っている人と一緒に居れる・・ということは、何物にも代えがたいほど幸せなことだと思うし、心から救われて、嘘偽りのない心からの笑顔でいられると思うのではないかと・・・。
その気持ちは・・・私、ものすっごくわかるのです!
人を恨まずにきれいな心を持ち続けていること・・・これこそ、もしかしたら真の「強さ」なのかも知れない・・と。
「ありあまる富」は、ビトの心の純粋さであり、それを守ろうとする皆の心の価値でしょうね~。

そして・・・このドラマ・・・本当に本当に・・キャストの演技が素晴らしかった!!!!潤君をはじめ・・中井さんも、結衣ちゃんも、小栗くんも、いしださんも、前田さんも、小池さんも、勝村さんも、徳山くんも、鈴之助くんも・・・全員!!!!ダークサイドの甲本さんも、北見さんも・・・素晴らしかった!!!
キャストの演技で、本当に見ごたえあるドラマにしていたなーって思います!!!

脚本に対しては・・思うことがなかったわけではありませんし、残り2話に脚本家が変更になったことに対しても・・思うことがないわけではないのですが・・・正直、そこは、「どうしてなのか?」を詮索をしてみても仕方ないことだと私は思ってます。作り手が納得して出した作品がすべて・・だと思うので!!!!good願わくば・・もしもカットされたシーンなどがありましたら、ガッツリとDVDに入れてほしいなーーっておもいまーす!!happy01

スマイルの感想に関しては・・・私自身、自分のニュートラルな感覚を大事にして書きたいと思っていたので、感想をアップするまで、公式の感想すら読まないようにしておりました・・。
あまりにもまとまらない思いのまま、つらつらと書かせていただいたので、読みずらい点が多々あったと思います・・・。m(__)m
感想をアップしてからは・・本当にたくさんの方からコメントをいただきましたし、メールで感想を送ってくださった方もいらっしゃいまして、その皆様の見方、思い、考え方に、私自身もまた改めて多くのことを学びましたし、その感想すべてに、「なるほど~」と思い・・目がしらが熱くなりました!!
ブログをやっていて良かったーと、つくづく思った次第であります!!!
貴重なご意見、ご感想・・本当に本当にありがとうございました。m(__)m

~~~~~~~clip

「キミハ・ブレイク」で、スマイルのNGをやってましたね~~~~!!!(*^▽^*)

ドアを外しちゃう金太とブル、焦って抑えるビト潤くん・・・可愛かったぁ~!!

中井さんと小栗くんと潤君のシーンのシーンで、街に流れる5時のチャイムに「じゃあ、4時も教えろよ!」とチャイムにツッコミいれる中井さんに、「5時だけにしましょ!わかんなくなっちゃうから・・」とおだやか~に言う潤君が、めっちゃツボ!!(笑)

町村フーズの食卓のシーンで、鈴之助くんが料理を落としちゃってNGになったときの潤君の笑顔と「俺の魚がどんどんなくなる!」のツッコミに爆笑!

えーっと、ビトの雰囲気とはあまりにも違う男らしさheart01に・・・・びっくりです!!!(爆笑

~~~~~~~clip

レギュラー番組や、うたばんの感想はまた改めてじっくりと語りたいのですが・・・

とりあえず言いたい・・・

「Everything」のPV(特典DVD)・・・さいこぉーーーーーーーーー!!!!!heart01嵐5人ともほんとにかっこいい!!潤君・・・めっちゃめっちゃおっとこまえheart01とってもシンプルな作りなんだけど、ものすっごくいい雰囲気が流れていて・・すっごくお気に入り!!曲も聴けば聴くほど・・心に染みるすっごくいい曲だぁーーーー!!heart01

| | コメント (54)

2009年6月25日 (木)

10周年コンサートとベストアルバム♪♪♪

うふふふふふふふ・・・・・・笑いが止まらなーーーーい。happy01

思わず、にやけまくり~~~な私・・。

きたきたーーーーーーーーーーーーーーっ!!

10周年のコンサートツアーが正式発表されたよぉーーーーー!!!

国立競技場3日間(8/28~30)を皮切りに、全国5大ドームツアーっ!!!!!shine

すごいなーーー嵐!!!!heart76万人動員って・・・想像がつかない数字ですわ・・。

国立の最終日が・・・潤君バースデーbirthday・・・。キャーーーー・・・うれしいけど、全然チケットが取れる気がしないのですが・・。sweat01sweat01

でもでもね・・・1日でも行けたら、もう超ハッピーだよね!!!まぁ・・それも去年のことがあるから・・なんとも言えませんが・・。

多くの皆さんが、嵐といっしょに10周年を祝えて・・めっちゃ盛り上がれるといいよねっ!!!!good

そんでもって・・ベストアルバム発表!!!!

★「All the BEST!1999~2009」(8月19日発売)・・・わぉーーーー!!!今までのシングル以外にも、メンバーが作詞した新曲も入っているとのこと!!!

めっちゃめっちゃ楽しみだぁーーーー!!

さーーーー元気モリモリになったところで・・・仕事に戻りますわ・・。

嵐コンやアルバム発表も、めちゃめちゃ楽しみなのですが・・・

現時点では・・やはり・・明日の「スマイル最終回」が・・もう気になって気になってたまりませ~~~~ん・・・。あーーー・・・ビトーーーーーーーっ!!!!(叫んでみた・・・。)

| | コメント (32)

2009年6月23日 (火)

スマイル10話の感想♪

スマイル10話・・・・

潤君の演技に・・・圧倒されて、しばし・・観終わったあとに身動きができなかったほどです・・。
ビトの苦悩が痛いほど伝わってきて・・・号泣でした。
もう、なんていうか・・・演技?っていうのを越えてしまった感があるくらいに、そこにビトが“存在”していることに驚くとともに・・ビト潤君を見ていると、ドラマの中のことだというのを忘れてしまって・・ビトの心情と寄り添うと、ただただ切なくなってしまいます・・・。

10話は・・・
怖くて、悔しくて、哀しくて、切なくて・・・・やりきれない思いが、ず~~~~~~~~~~~っと、頭の中をグルグルとしておりました・・。
この気持ちは、いったいどこに向ければいいのか・・・う~~~ん・・・

怖いです・・・。なんなんでしょうか?裁判員制度って・・・。
柴田が言ったように、「人の命って、そんな・・こちらの都合で奪ってしまっていいものでしょうか?この裁判は、過去の事件を含めてわからないことが多すぎると思います。そんな段階で死刑を決めることは出来ません」って・・・本当にその通りだと思います。
たった3日で、一般の方々が、たったこれだけの判断材料だけで・・人の命を奪うことが出来る権利がある・・・・って恐ろしくて怖くて・・たまりません・・。
冷牟田や叶は・・もともと両極端な考えの持ち主でしたから・・あ、そうか、やっぱり・・と思いましたが・・。
花の父親のこと、林母の証言で・・私情が入りまくりな掛井や徳島・・。
この二人には、正直、がっかりさせられました・・・。
じゃあ・・死刑で」「死刑に1票」・・・って、深く事の真意を見極めようとするよりも、その時の感情で、こんなにも、あっさりと死刑を口にする・・。
徳島の「じゃあ」に、心が寒くなりました・・。じゃあ・・って・・。
掛井も、あれだけ「一人の人間の人生がかかっている」と裁判が始まる前は言ってたし、ビトに対して同情的だったのに・・花の父親の事のことで・・何の疑いもなく「死刑」ですか・・・。でも・・実際にありえそうなことなので、余計に怖い・・。
最初はちゃらんぽらんに見えた真田ですが、事の本質を真田なりにちゃんと見て冷静な判断をしたことには驚きました。「人間の真実は、結局行動だと思うんです。口では何とでも言えるし、嘘もつける。だから真実は、行動でしか示せない。2000年の殺人事件を、彼が本当に反省しているなら、どんなことがあっても、昔の仲間に近づくべきではなかった。でも彼はそうしなかった。昔の仲間を断ち切れず、殺人に及んだ。」・・たった、これだけの判断材料では、真田のように判断しても仕方ないとは思う・・・と客観的に思えました。
ただ、真田は2000年の殺人事件が、ビトが起こしたこと・・だという前提の判断ですよね・・。そして、どういうふうに林がビトに近づいてきて、どういうふうに追い込んでいったのかを知らない・・。
せめて・・・その2000年の事件や、林がやってきた悪行を知った上で、判断をしたい・・と言って欲しかったけど・・・。

こんなにも、弁護士と検事の言う事が真逆な事件で、しかも「極刑か否か・・」を評議しなければいけない件なのに・・・3日で・・・多数決で・・さっさと決めていく・・という恐ろしさに、どんよりと重い気持ちになりました・・。
裁判官の1票も、裁判員の1票も・・・同じなのか・・と思うと驚きます・・。
だって・・これはドラマだから・・というよりも、この先、裁判員制度自体・・こういうことなんでしょ?!・・・・・・・う~ん・・・恐ろしい・・。
自分が裁判員に、もしなったら・・・と思うと、怖くてたまらないわ・・・。

林母の証言・・・
これって・・証言をする順番が違えば・・また違った印象になっていたように思う・・。たとえば、みどりさんと林母の証言の順番が逆だったら・・・。
それはそれとして・・・
林母の証言を聞いていて・・母としてわが子を思う気持ちは・・・わかりますし本心だと思います。
が・・・・・・今更ですか?という冷めた目で見てしまう自分もいます・・。
暴力を振るう夫が怖くて、小学生の息子を置いて家を出た・・って、息子も暴力を振るわれているのを見ているのに・・・わが子よりも自分かぁ・・・。
いくら離婚の条件だと言っても、わが子の身を案じているなら、会わずにいられることが・・・私は信じられない。会う気持ちがあるのなら、(様子を観るだけでも)方法はいくらでもあったと思う。
どういう人生を歩んでいるのか気にするよりも、新しい自分の生活が大事だった母なのに・・。・電話すらけんもほろろに切ったのに・・。
もしも、林が電話した時に、母親が受け入れてくれたら・・林はビトを騙して甲斐を殺そうとはしなかったかも知れない・・と思うと、やりきれない思いです・・。
こういう状況になって・・・母という立場で証言台に立ち・・「小さい頃は優しいイイ子だったんです」って・・絵を見せて涙ながらに訴える姿に・・・私は言い知れぬ違和感を感じてしまいました。だって、当たり前だよ・・小さい頃、林にとって唯一の救いは母の存在で・・そこだけが光だったはず・・。なのに・・・。
母親に捨てられてから、林はどんな人間になっていったのか・・この母親は全く知らないのでしょうか?
息子が殺人を犯したことも?暴力三昧だったことも?ビトに罪をきせたことも?人の人生を踏みにじってきたことも?・・・わが子の生きてきた過程をしっかりと自分で見極めてから、この証言台に立つことが、せめてもの償いではないのかな・・と思いました・・。
もしも・・それを全て知っていて、この証言をしたとしたら・・・私はやっぱりこの母親に対して、納得できないものを感じます。ビトに下された「死刑」の宣告を、どういうふうに受け止めたのだろうか?気になります・・・。

ビトの母親が、証言台に立ったら・・どういうふうに言ったのだろう?
林に殺害された少年の母親が証言台に立ったなら、どういうふうに言っただろう?と・・考えてしまいました・・。
ビトには、親の愛を訴えてくれる母は・・いないのですか・・・。
実際・・・ビトには、肉親の証言以上に意味のあるみどりさんの証言がありますよね・・。
それこそ、赤の他人が、あそこまでビトの人間性を証言することの方が凄いことだと思うのだけど・・・。
ビトを支えてくれる人たちは、なぜ他人であるビトを、そこまで支えたい、助けたい・・と思うのか?・・それは、ビトという人間の清らかな心根に、周りの人たちも救われているからだと思う・・。
そこを分かってはもらえないのかな・・・。

林とビト・・・前回も書きましたが・・同じ様に親の愛を知らずに育った二人・・。同じ様に・・親の愛を求めて、母の絵を描いて・・温かい家庭を夢見た二人・・・。
でも、成長をする過程で・・ひとりは人のせいにしたり恨んだりせず、常に自分自身の弱さと向き合い、、ひとりは全てを周りのせいにして暴れまくり・・・。
思うのです。もしも、ビトがほんの少しでも林のようなずる賢さがあったら・・・林がほんの少しでもビトのように相手を思いやる心があったら・・・もしかしたら、この悲しい事件は起こらなかったのかも知れないと・・・。

ただ・・・私は、どうしてもどうしても・・林の気持ちに寄り添う事が出来ないんです・・。林やビトの境遇になったことがないから寄り添う事ができない・・というのは前提としても・・林が父親から暴力を受け、母に見捨てられたことで、心が捻じれてしまったことは同情すべきことです!!でも・・林がやってきたことで、どうしても嫌悪感がぬぐえないのは、“林が暴力などで攻撃的に生き、孤独を紛らわせてきた”・・ということではなく、人の命を奪っても罪の意識を感じるどころか、ビトに罪をなすりつけ、なんとも感じない冷酷さや、それだけでは足りず、性懲りもなくビトに殺人を犯させようとする非情さ・・。美奈子を使ったこともそうだけど・・とにかく利用できるものは利用し、人の命や人生がどうなろうと関係ないっていう卑劣さが・・どうしても許せない。
こんな卑劣さは・・・親の愛がなかったから・・っていうこととは、また違うもののように思うから・・・。
親へのあてつけでもなんでも、まだ林自らが手を汚して攻撃的に生きている方が・・私の中では、同情出来る・・というか・・。ワルはワルなりに・・せめて自分のしたこと、することの責任をとるくらいの器であったのなら・・・同情できたのに・・と思ってしまうのです・・。

ビトが林の孤独だった人生を思いやり、自分と重ねて考えることが出来るなんて・・・凄いことだよ・・・。
林母の気持ちをも思いやり・・だからこそ、本心すら言えず、林を悪く言う事も出来ず・・しどろもどろになってしまうなんて・・・優しすぎるよ・・・。
でも・・ビトは、林も自分と同じ人間だった・・と思い、自分の死をもって償おうとしてしまう・・・。
もう・・差別とか偏見とか、そういう問題じゃないんだよ・・。一人の人間として、僕は絶対にしてはいけないことをしてしまった」という懺悔の叫び・・・あまりにも苦しくて・・あまりにも痛々しい・・。
そう・・・そうなんだよね・・「一人の人間として」ってところ・・・凄く大切なことのように思います・・・。差別や偏見に負けたんじゃなく・・・ひとりの人間として・・だよね。
ビトのような人間ならそう思うでしょうね・・・。人として当たり前といえば当たり前な感覚ですよね。
林母の証言を聞きながら・・林が描いた絵を見た時に・・どんどんと表情が変わっていく様・・・凄かった・・。
一馬さんに、「僕も描いたんだ・・林さんと同じようなお母さんの絵を描いたんだ・・・」と語るビトに・・・号泣・・・。
小さい頃の林のことは・・・実際ビトには関係ないこと・・。
でも、林はもともと悪魔ではなかった・・ということが分かっただけで・・ビトは全て自分で背負う覚悟をしてしまう・・・・。
林を殺した罪は償うべきこと。それは当然のこと・・。
でも、死刑の判決になったのは・・再犯だから・・なのに、2000年の罪まで背負うというのか・・・・。それは正義じゃないよぉーーーーー・・・と思いっきり言いたいけど・・・ビトは、それが問題ではなくなってしまってる・・・。
悪魔だと思っていた林→寂しい人間だった→自分が殺してしまった・・・・という事がビトのような人には耐えられいことなのだろう・・・・。
ビトという人の純粋さが、あまりにも・・・悲しい・・・。

花ちゃんを守るんじゃないの?一馬さんや町村フーズの人の思いを無駄にしてしまうの??、このまま・・やってもいない罪まで認めてしまうの?・・・と、ジレンマに陥ってしまうのですが・・・
ビトは、皆の気持ちが痛いほどわかっていたから、今まで一人で苦しんでいても、穏やかな笑顔で接していたんだよね・・・。
でも、それももう林母の登場によって・・限界になってしまったんだよね・・・。
2015年のビトは、花ちゃんを拒んでますよね・・・。
ビトは、「花を守る、花を幸せにする」ということを、自分が花と縁を切るということで果たそうとしたのだと思います。
それは・・花がどれほどビトを愛しているか・・もしかしたら本当の意味で分かっていないのかも知れません・・・。
ビトが、「花ちゃんを幸せに出来るのは自分だけ」「花ちゃんは自分だけをこの先も愛するはず」だという自信より、「僕といるよりも、僕を忘れてくれた方が花ちゃんは幸せになるはず」と思ってしまってる・・・ビトなら・・そう思うんだろうなーと違和感なく思ってしまい・・余計に切なくなりました・・。
ビトは花ちゃんを思いやっても、花ちゃんが救われるわけはないですよね・・。
ビトが死刑になったら、花ちゃんは、決して救われることのない十字架を背負うと思います・・。一馬さんも・・・。
ビトは、自分の存在の大きさに、気付いてほしい・・。
周りに支えられているだけ・・と思っているかもしれないけど、ビトの存在がまわりにどれだけ愛や勇気を与えているかも・・わかってほしいよ・・。
愛されるべき人だから、こんなにも愛されている・・ということに気づいてほしい・・。
なかなか咲かなかった花檀の花が咲いた時・・・林の命の重さを思うと同時に・・・自分の命も大切に考えてほしい・・・。

私は・・というか、たぶん・・多くの親は、子どもを育てる時に「人の立場に立って考えられる人になりなさい」「思いやりを持って」「正直に」「卑怯な生き方をしないで」と願いをこめて・・教えますよね・・。
でも、ビトがもし死刑になるなら・・・そんな教えなど・・あまりにも綺麗事なの??と・・思えてしまって・・やり切れないです・・。
正直者がバカをみる・・・ということを、キッチリと教えないと、不幸になるの?とんでもないことになるの?う~ん・・・そうは思いたくない・・・。

2015年のビトが、あそこまで達観していたのは、死刑を受け入れていたから・・・というのは、なんとなく想像がついていました・・。
だって・・ビトが冤罪であの場にいるのなら、あそこまで達観していないと思うし、かといって人を殺してしまって・・それを何とか一馬さんに助けてもらおう・・と思っている笑顔なら・・それはあまりにもビトらしくない・・と思っていたので・・。
死刑を受け入れて・・・、そしてその苦しみを見せれば一馬さんも苦しむと気遣う表面的な笑顔でもあり・・自らの命で償うことを覚悟したことで罪の呪縛から救われた笑顔でもあるのかも知れないし・・きっと、そのどっちでもあるんでしょうね・・。そう思うと・・あまりにも切なく哀しくて・・心が痛みまくります・・・。

あーーーもう・・・頭がぐるぐるするぅ~・・・・・

ここでビトが死刑になるのだったら、死刑に相当する罪って一体なんなんだろう?これこそ情状酌量が認められてしかるべき事件だと思うのに・・・。
いったい・・ビトの人生ってなんだったんだろう?と思います・・。

思いっきり主観で言わせてもらえば・・

ビトに関わってきたのは、常に林から・・。
そう・・・出会った時も・・・。再会した時も・・・。町村フーズに来た時も・・。
もしも出会ったあの時、林がビトを助けなかったら・・・とまで思ってしまいましたわ・・。
そうしたら・・ビトは気の弱さから苛められることはあったのしても、ビトの性格からすれば、自信がないながらも、人を恨むことなくビトの優しさを分かってくれる人といつかは穏やかな人生が送れていたのでは?
どこかで花に再会(花がビトを見つけてくれれば・・)できたら、普通に穏やかな恋愛を育んだのでは?(花の父親のこともビトが偏見を持つことはないだろうし・・・)
町村フーズの人たちとも、どこかでめぐりあい・・普通に就職することが出来たかも・・。
林と関わらない、穏やかな人生を送っていたのでは?と、そんな気持ちにもなってしまいますわ・・・。
まぁ・・・もしも話をしても仕方ないですし・・・ドラマですしね・・。(^^;)
ただ・・・常に林に翻弄されて・・それを最終的に拒みきれなかった・・ということが、ここまで悲惨な人生を歩むことになる?・・・。
ビトの落ち度?自業自得?というには、あまりにもあまりにも割り切れない思いがあります・・・。

北川の論告求刑・・・これは、もう2000年の事件も含めて、ビトが極悪人という決め付けでしかなく・・・そこには、もう・・事の真意を明白にする正義よりも、この裁判に勝つことにしか視点がいってないですよね・・。苦々しい思いで聞いてました・・。

一馬の最終弁論・・・ビトの罪もちゃんと認めたうえで、公平な立場にたった弁論だったと思います・・。でも・・・裁判員には、一馬の真意は伝わらなかった・・。(泣)
中井さんの演技には引き込まれました

金太は・・・さすがにビトの性格をよく知っているから、ビトが林母を前にして母親の気持ちを思うと、何も言えなくなってしまうことを分かってくれた・・・。

花ちゃんは、「自分のせい」という自責の念を持ちながらも・・一生懸命に明るくビトを励ましてくれた・・。

しおりさんと花ちゃんは一生懸命に街頭で呼びかけて署名運動をしてくれた・・。

みどりさんは、いつもと変わらない笑顔でいてくれた・・。救われます・・。

一馬さんも金太も2000年の事件の証言者を探してくれ・・・。

でも、林父が甲斐たちと取引までしていたなんて・・・。どこまでも汚い奴・・。annoy
そして、古瀬は・・ただ単に外国人労働者に偏見を持っていたわけではなく、過去に差別と偏見により罪を犯した外国人に同情したことで、自分の娘が襲われてしまった・・・。それは本当に同情すべきこと・・・。
古瀬の気持ちは分からなくもない・・。
でも、それは日本人とか外国人とか、全く関係ないと思う・・・。
ましてや、ビトとも関係ない事件・・。
その人、その人、一人一人の問題でしょ。

一馬が言うように、「一人一人を見極めて真実を見つけ出す。それがあんたや俺の仕事」だよね・・。警察が先入観と私怨だけで冤罪を作ってしまなんて、なにを信じたらいいのかわからないよ・・。
自分が間違った判断をした・・と分かっているから、脅かして口止めをしてるわけでしょ?自分が間違ってないなら、正々堂々としてればいいだけのことじゃない・・・。やり方が汚すぎ・・。annoyビトが偏見に負けた犯罪者だというなら、古瀬こそ・・まさにそうだよね・・。

林父や古瀬や・・そして北川も、本当はビトは死刑にするような人間ではないこと・・・わかってるはず・・。
特に北川は、「死刑」の判決が出た時・・複雑な顔していたもの・・。
裁判に勝ったよりも、その瞬間に何かしらの罪悪感を感じたと・・思いたい・・。
どうかどうか・・林父が自らの罪を認めてくれますよう・・・ラスト1話に期待をかけたい気持ちです・・・。
そうじゃないと・・・あまりにもあまりにも救われない・・・。

予告を見た時・・・もう、それだけで涙があふれてしまいました・・・。
号泣のビトと花ちゃん・・・土下座する柏木さん・・・ビトの悲痛な叫び・・・・
お願いお願い・・・救いのあるラストにしてください・・・。

いろいろと細かいことに目を向ければ、ストーリー的に思うことはありますが・・・でも、このドラマの凄いところは、やっぱり・・観終わったあとに、「自分なら」と、いろんな立場に立ってみて考えると・・・怖かったり・・やり切れなかったり・・切なくなったり・・いろんな感情が入り乱れることですね・・。

そして・・・松本潤というひと・・・。
潤君の演技に・・心揺さぶらてしまって・・・・放心状態ですよ・・。

特に・・
★林母の証言を聞いている時のビトの表情の変化がすごい・・。
★「交番なんておそってないし・・計画なんてたててません・・」とか細い涙声で・・否定するのがやっとのビトの表情・・声・・・切な過ぎ・・。
★仮監で誰にも会おうとせず一人、林の孤独を思い苦悩するビト・・その横顔が姿に・・・涙が出ます・・。クレヨンで絵を描いているのは幼き日の自分・・。お母さんと手を繋いでいる絵が・・・切ないよ・・・。
★死刑判決が出た時の表情・・・・魂が抜けていくようなその表情が・・・辛い・・・。でも・・なんだか妙に静かに受け止めていて・・・それがまた切ない・・・。
★2015年のビト・・・「僕は・・これで良かったと思ってるよ」「そういう話は・・もういいよ・・」と言う表情が・・あまりにも清々しくて・・逆に今となっては言い知れぬ悲しみを感じます・・・。
★柏木さんが花檀に水やりをしている後ろで、フェンスに凭れてぼんやる空を見ているビト・・・あの、あまりにも悲しい眼に・・・心射抜かれます・・。
★面会室での花ちゃんとビト・・。満面の笑顔でピースする花ちゃんと、戸惑いながらも「ごめんね・・いろいろ苦労かけて・・。声も・・僕のせいで・・」と・・消え入りそうなそのオーラに・・胸が痛いです・・・。花ちゃんを見つめる目も、笑顔も・・・切ないです・・・。
(折り紙でブタを作るシーン・・・公式の日誌を読むと、潤君がちゃちゃいれたり、花ちゃんの隣に座って教えたり・・と、とっても仲良く折っていたみたいで、それが・・・妙に嬉しかったり・・。でも、そんな様子を微塵も感じさせない演技・・・すごいわぁ~!!笑)
★夜中に魘されて飛び起きて・・苦しみもだえるしーん・・・リアル過ぎて・・辛いです・・。
★一馬さんに、初めて本心を告げるシーン・・・。
みんなが僕のために頑張ってくれてる・・。だから僕も頑張ろうって思うんだけど・・着いていかないんだ・・気持ちが・・。もう差別とか偏見とか、そういう問題じゃないんだ!一人の人間として僕はしてはいけないことをしてしまった・・。林さんのことずっと怖かった・・。悪魔みたいだと思ってた・・。でも・・違った・・裁判の時、林さんのお母さんが言ってたよ、絵を描いてくれたって。僕も・・・描いたんだ・・。林さんと同じようなお母さんの絵を描いたんだ・・。
林さんも僕と同じ、苦しんでもがいて生きている人間だったんだ・・。そんな林さんを僕は殺した・・・。殺したんだよ・・僕・・。僕が殺した・・・。林さんをこの手で・・・。僕が・・殺した・・
」・・・痛いほどビトの気持ちが伝わるシーンで・・・ビト潤君の表情、声、セリフ回し・・涙・・・もう、すべてに号泣です・・。
それをやるせない表情で聞いている一馬さんや柏木さんの表情にも涙・・・・。
★花檀の一凛の花を見つけたビトの目・・・泣き崩れる表情・・・もう・・・辛すぎて・・・・。でも・・心に焼き付いて離れません・・。震える手で花を掴むところも・・・すべて・・。きっと柏木さんはビトに生きる希望を与えたくて見せたかったのではないでしょうか・・・・。
★一馬さんと花ちゃんを前にしたビト・・・。
そのやつれきった表情・・でも何かを悟りきった表情で「控訴取り下げてもらえますか・・。僕は死刑を受け入れる。」・・・・・ガーーーン・・。
あーー・・・こんなにもハッキリとビトの口から聞いた時の衝撃って・・ないですね・・・・・・・・・。

10話は・・ビトの心のうちを丁寧に描いてくれたせいか・・・改めて潤君の繊細な表現力に感心した・・というよりも・・打ちのめされましたわ・・。

最終回・・・・・予告の映像が・・どういう繋がり方をしているのかは分かりませんが・・・・もう・・・お願いだから、これ以上辛い展開はやめてーーーーー・・・・・・。
お願いだから・・・・2000年のビトの冤罪をしっかりと晴らして・・・。
絶対に死刑執行の前に・・・間に合ってっ!!!!!!!!生きて・・生きて・・罪をしっかりと償って!!!!!
最後は・・ビトの笑顔が、花の笑顔が・・みんなの笑顔が観たいのに・・・・。
あー・・・・・こんなにも心をキリキリさせ、ドキドキしながら、最終回を待つドラマは・・・なかったかも・・。
泣いても笑っても・・・ラスト・・・。
しっかりと・・ビトの生きざまを観届けます!!!!!!!!

~~~~~~~~~clip

「王様のブランチ」で、スマイルチームがVTR出演したのですが・・・・
法廷で着ていたスーツ姿のままの潤君(ノーネクタイですが・・・)が・・・めっさめっさカッコ良くてheart01・・・キラッキラオーラとセクシーさがあって・・・驚きモモの木~~~~~~!!!!
同じ髪型、同じ衣装で、撮影の合間だというのに、いったん本番から離れて、番宣になると・・アイドルオーラになるって・・・どういうことーーーーーっ!!!!
目から鱗状態でしたわ・・・。
すごいなーーーって改めて感じたワタクシ!!

一番ストイックな人」に選ばれてましたね~~~~~!!!
うふふ・・あまりにも潤君らしいわ!!!

そして・・スマイルチームの和気あいあいとした雰囲気が最高でしたし、なんだか・・・めっちゃ救われましたわ!!!!
ほんとにね~ドラマは・・辛い展開ばかりなのに・・。(笑)

| | コメント (39)

2009年6月19日 (金)

レギュラー番組&ひるおび!

うふふふ・・・昨日のニノの「迷惑メール」といいい、今日の潤君の「スマイルメール」といい・・いちいち、可愛くってニンマリしちゃうわぁ~~!!heart04
そっかそっか、嵐のメンバーでお祝いしたんだね~。なんだかね~そういうことを、つたえてくれると・・幸せ~な気持ちになっちゃうね!
ウチのカズ・・・・出ました!!!(笑)潤君の“ウチの”“カズ”呼びっ!!!!heart02思わず、テンションアップアップ!!!!!up

そして・・・スマイルは、今日は判決が下る10話・・・心して観たいと思います!!!!
スマイルのDVDも10月7日に発売も決まり、早速、予約しちゃいましたわぁーーー!!初回限定版には、欲しかったピンクのブタちゃんが付くのね~。嬉しいですっ!!!heart01(主人には・・・・・あげません・・・。)

でもって・・・なかなか雑誌の感想が書けないのですが・・・「ザ・テレビジョン」の潤君と中井さんと結衣ちゃんの対談が面白かったです!!素敵な出会いが出来たよね~!!
そしてそして・・特筆すべきは『MEN’S NONーNO』の“インディコ・ブルース”のデニムをまとった潤君・・・、これ、最強!!!!heart01
4ショットとも・・めちゃめちゃカッコイイ!!!!
スタイリングもさることながら、表情がどれもこれも色っぽいっ!!!!
髪型とか肌の色とかビト仕様なのに、どうしてこうもビトにまるで見えないんだろう・・・目線、表情、漂う雰囲気・・ビトとはまるで違う・・。
めちゃめちゃファッショナブルな男の子なんですけどぉーーーー!good
参りました・・・。

ということで・・・TV番組のツボなんぞを語ってみたいと思います!!!

~~~~clip

「ひみつの嵐ちゃん」

昨晩の嵐ちゃんも、面白かったんですけど・・嵐のみなさんがずっと座ってるところが少しだけ物足りなく感じるのは、ここのところの嵐ちゃんが、メンバーに動きがあったコーナーだったからだよなぁーとしみじみ思う。
メンバーのリアクションとか、めちゃ可愛かったし、潤君も相変わらずカッコ可愛くて最高だったんですけどね~~~!!
あ・・そうそう、相葉ちゃんMCの「知らない方が幸せだった事実」は、とうとうプライムタイムに進出だねーーーー!!!(*^▽^*)
深夜に一回だけSPでやった時は、潤君とサシでしたけど、今度はバージョンアップ!!!!up

そしてそして・・・昨日は「ひみつの嵐ちゃん」の本篇以上に、もしかしたら面白かったんじゃないかと思うのは、『ひるおび!』で、嵐ちゃんの番宣で登場した嵐さんたち!!!!めっちゃ可愛かったぁー!!heart04

これね~~ほんと・・嵐運がついてるんじゃないかとワタクシ思うのですが、うちのワンコのことが気になって(ここ数日、少し食欲がないので病院に通ってます・・・。特に悪いところはないのですが・・・)一旦帰宅した時に、ちょうどやってたんですよぉー!全然知らなかったから、焦った~・・。でも、何とか録画ができました~!!
ちょこっと内容をお話しますと・・・
水野真裕美アナの「差し入れ隊」というコーナーが出来まして、嵐ちゃんのスタジオに差し入れを持っていくのですが、その豪華な差し入れを食べられるのは、「どっちが高いか?差し入れハイ&ロー」のクイズに正解した人だけ・・・という企画でして・・、「最高級の神戸牛」「最高級のイクラ」「最高級のマンゴー」の3品を、“その辺”で買ってきた安モノと肉とイクラとマンゴーと、ほんの一かけらだけ食べ比べて当てるというもの!!
「嵐の中で一番グルメはどなたですか?」と言われ、すかさず「僕、自信ありますよ!」と名乗り出たのは相葉ちゃん!「実家が中華屋料理屋なんで・・」と、屋を2回言っちゃう相葉ちゃん!(笑)
一品目の神戸牛のステーキは、「これはわかるだろう!(笑)」と一口食べて潤君が言ったとおり、5人とも全員正解!!
めっちゃ美味しそうに食べる5人が可愛いのう!!ステーキが34650円だと知って、メンバーびっくり!「記念撮影させてもらってもいいですか?」と翔君(笑)「まじかよーすげーな~!どっちが凄いの?嵐が凄いの?ひるおびが凄いの?」のニノの素朴な問いかけに、「ひるおび!」とすかさず潤君!(笑)「ひるおびだよ!」と冷静に翔君!(笑)

2品目はお寿司!食べ比べるのはイクラでして、たった一粒だけ食べて当てるのですが・・これはメンバーの答えが分かれて、Aのイクラを選んだのは潤君と翔君!Bのイクラは相葉ちゃん、ニノ、大ちゃん・・だったのですが、相葉ちゃんは最初Aのイクラだと思ってたのですが、潤君が「Bって、味がしっかりついてるじゃん?!本当にいいものって、そんなに味を付けないんじゃないかと思うんだよね~」という独自理論に、翔君は「なるほどね!」と納得するも・・相葉ちゃんは「俺、B行く!寿司のネタとして使うイクラだったら、ちゃんと味は付けてんじゃないかと思った・・」と考えが変わり・・Bへ行ってしまいまして・・・。それが凶と出て、正解はA!!!
正解した潤君と翔君は、全く同じガッツポーズで喜ぶところが可愛いー!heart04翔君と潤君は、最高級のお寿司を、撮影そっちのけで食べる食べる!(笑)超~うまいぞ!」「うめー」と大満足な二人!(笑)
翔君に至っては、水野アナが話しかけても、「ちょっと彼ら(不正解の3人)と話してもらってていいですか?」と言いつつ、食べる食べる!(笑)

3品目はマンゴー!どっちも美味しかったらしく、潤君も「え?これわかんね~」、翔君も「全然わかんね~」と悩みまくり・・。で、マンゴーを一度も食べたことのないニノは、もっと悩み・・結局ニノだけ4人と違うBを選んだのですが、「これ、絶対Aだって!」「Aだったらみんなで楽しく食べれるよ!」と相葉ちゃんと潤君に説得されて、ニノもAの方に!(笑)結果、全員正解で、最後は5人で最高級マンゴーを仲良く食べました!!!happy01
マンゴーを美味しそうに食べながら、スタジオで観ている恵さんに「恵さん、すみません・・。僕らだけこんな・・」とニコニコ笑顔の潤君がめっさ可愛いぞー!!

結局3品とも正解したのは翔君と潤君の二人でしたぁー!!!scissors
潤君のファッションといい、髪型といい・・めっちゃカッコ良かったーーーー!!heart01

ということで・・・通常の嵐ちゃんの感想に戻りますが・・・
先週の嵐ちゃんの家電のコーナーは、潤君と一緒に家電を選ぶ松嶋さんがいいなーって感じで観ておりましたわ!!(笑)
せっかく最後にジューサーを入れたところは良かったけれど、結局ニノチームには届かず・・あちゃーの潤君に、「全然届いてないですよ!」と面白顔で茶化す翔君と、このやろーーって顔で翔君を見る潤君がみょーーーにツボ!!!(笑)

でもって・・・なんといっても「マネキンファイブ」が、めっちゃめちゃ面白かったぁーー!!!!
これはもう・・翔君のためのコーナーと言っても過言じゃないくらいな感じではありますが(笑)、凹む翔君が気の毒でもあり、可愛くもありで・・・観ている方としては、いちいち面白い!!!!!

「アウトドアデート」のコーディネイト対決ですが・・・
これ、ふつーーに潤君のコーディネイトは、めっちゃ可愛くて可愛くて参りました!!!リュックも濃いオレンジのジャケットも、派手な靴下も・・似合い過ぎーーーーーー!!!!髪型も立ち姿もカッコ良くて・・めっちゃ好みっ!!heart01屋久島かぁーーーーいいよね~私も行ってみたいなぁー!!!
相葉ちゃんのコーディネイトもらしくて可愛いし、ニノはさすがに女性スタッフの意見を参考にしただけに素敵っ!!!
で・・・・うん・・・やっぱり、翔君と大ちゃんは、これ!っていうポイントがないっちゃあないのかなぁ~?翔君は帽子や靴が違えば、相当可愛い格好だと思うんだけどな~。大ちゃんは、アウトドアでデートっていうよりは、モロ釣り!って感じの実用性が私としては好きですっ!!

潤君のあえて不安なところは・・「主張が激しい・・・」って照れ臭そうに言うところ・・・かーわーいーい!!!!

しっかしさ~このコーナーは、やけにメンバーの力が入っているのがおかしい!!!みんなして、「勝ちたい!」とマジで思ってるところが可愛いっつうの!!happy01

で、結果は、ニノが1抜けして、2番目は潤君と相葉ちゃんで悩んだ挙句に相葉マネキンが売れて・・潤マネキンは「一人で登っちゃいそう」と言われて、ガックリして首を振る潤君がいと可愛い!!!
やべーーここまで残ったよぉ~」と落ち込む潤君と、いつものパターンでソファに座る翔君と大ちゃん・・哀愁が漂ってます。(笑)
次くる人が海好きだったらどうしよう・。釣り大好きなんですって人がきたら、完全に残ると思うんですよ・・・」という潤君の不安が的中して、(笑)釣り好きな佐藤唯さん!!
あはは~~そんなミラクルな展開に、満面の笑みの大ちゃん、『まじでーー?』のビックリ顔の潤君、『やばい・・』とショックな翔君の3様の表情が、めっさめっさおかしーーーーーーー!!!!happy01
そりゃあ・・翔君と潤君に勝ち目はないと思うよね。(笑)
「決め過ぎ」と言われて・・苦笑いの潤君がかわいすぎーーーー!
潤君は選ばれないだろうな~と思っていたのに・・なのになのに・・・ミラクルが起こって、なーんと選ばれたのは潤マネキン!!!!!
よっしゃーー!」とガッツポーズしたり、「おっし」とジャンプして飛び降りて喜ぶところ・・・可愛過ぎなんですけどーーーーーーー!!!
唯さん、翔君には・・ノーコメントって・・・何がいけないのーーー?(笑)
靴まで脱がされてしまう翔君・・。
凹む翔君が可哀相なんだけど・・可愛いのよ~!
また残っちゃったね・・・」って・・あはは~。
でも・・やっぱりなぜか売れ残ってしまう大ちゃんと翔君の二人・・・。
これはやっぱりオイシイ展開だと思いまーす!!!
潤君が残ってくれても・・それはそれで面白かったかも!(あはは・・・)

大野くーーん、俺ら負け組だよ~~~」の悲痛な叫びがおかし~。
カラフルな網を持つ大ちゃんと、BBQセットの前でポージングする翔君がおかし~~~~~~!そこまでして頑張ってるのに、「今・・・フェア中ですよね?」のゆうこりん・・・。(笑)
そんなゆうこりんまでも、大ちゃんを選んで・・・しかも「遊びたくないタイプ」とまで言われてしまう翔マネキン・・・。
誰か助けてくださーい。アウトドアって何ですかー?」と言いながら、片付ける翔君めっちゃ可愛くてツボ!!!!

~~~~~~~clip

『VS嵐』(ゲスト:ジョイマン&フォーリンラブ)

フォーリンラブのバービーさんとは、うたばんで潤君は一緒にネタをやっているということで、なぜか、はじめさんが「松潤さんがバービーを見る目がおかしくなった・・」と言って、恋のライバル視をするのがおかしーー。バービーさんもすっかりとその気だし!!(笑)潤君は「俺?・・・俺が?」とめっちゃビックリしてるのですが、番組中、それに乗ってあげているのがおかしかったぁーーーーー!!!!

でーー潤君のファッションが、黄・緑、赤のチェックのシャツがめっちゃ可愛いし・・・偉くカッコイイんですけどーーーー!!!

バンクボーリングでは、翔君がガーターを出してしまい、次の相葉ちゃんの頑張りで、かなり接戦になったのですが、ゲストチームがリード!
で、ローリングコインタワーでは、潤君が倒してしまい・・ガッくリする潤君!!!はじめさんが「(隣の)バービーが視線に入ったから震えるんだよね~」と潤君が倒した理由を勝手に推測すると(笑)潤君も・・・「そうですね~やっぱり、かなりプレッシャーがありましたね・・」と話を合わせてあげる潤君が、かわいいのう!!!(笑)

で、最後のフォーリグパイプでは、伊藤アナが、「お、松本くん・ちょっと凹んでますか?」と聞くと、「いやいや・・そんなことないですよ・・・。大野さんがやってくれると思いますよ!ここは!」とエールを送ると、大ちゃんも「大丈夫です!松潤がミスった分は、僕が完璧にカバーするから!」とめっちゃ頼もしいお言葉!!!!で、ダブルキャッチは出来なかったけれど、100ポイント取って、かなーり良い展開にっ!!!
で、ジョイマンの池谷さんをOポイントで押さえ、続く潤君は、パイプチョイスにバービーさんを迎えて対戦!あくまでもなぜかはじめさんと潤君がバービーさんを取り合ってるってシチュエーションがおかしー!!
パイプを予想してる時の潤君も、「俺、行ける!」と手を合わせて願ってる時の潤君も、いちいち表情がめちゃ可愛いぞーーー!!
でも・・結果は予想が外れて・・30ポイント!!「ちきしょーーー(笑)やっちゃった・・・」と悔しがる潤君が・・可愛くって可愛くって参ります・・・。
で、最後のはじめさんは20ポイントで・・・トータルで、嵐チームの勝ちーーーーー!!!おめでとーーーう!!!

最後に5人でソファに座って反省会!「今日はダメでしたね~悔しいです・・。」と潤君。「悔しい原因ってなんなんですか?」とニノに聞かれて、「バービーに・・・揺れてしまった僕でしょう・・」なんて・・言ってると、イキナリ、バービーさんが登場して、「好きなら好きって言えばいいのに!」と潤君の隣を陣取り座ると(笑)、なぜかメンバーは居なくなり、潤君とバービーさんの二人に!(笑)
今日は、バービーの美貌に・・揺れ動かされたところがあります・・」と潤君。大満足顔のバービーさん。バービーさんを奪いに来るはじめさん、「二度と近づくんじゃないよ!」とはじめさんに言われて、「なんかどうもすみませでした」とカメラ目線で笑顔で言う潤君・・・・めちゃめちゃ可愛かったです!!!
あはは・・・最後は花男のBGMにのせて、小芝居をする潤君に笑ってしまいましたわ!

~~~~~~~clip

『宿題くん』(ゲスト:イモトアヤコさん)

イモトさんは、ほんと面白い人だすねー!!!イッテQを何度か見たことありますが、ほんとにあそこまで女を捨てて頑張れるって・・凄いと思います!!!
潤君も興味津々でのぞきにいくところが、おかし~~~~!!

潤君の個性的なファッション・・・あれが似合うって凄いよぉー!!
みょ~~に、ダンディでセクシーでカッコいいんですけどーーーー!!
でも笑顔はめっさ可愛い!!!!!

翔君にロックオンのイモトさん、珍獣ハンターとして相葉ちゃんをライバル視してるイモトさん・・・おかしー!!!

これはおいしいっすよ」と超ウィスパー(笑)でいう潤君おかしー!
土を食べたことあるイモトさんですが・・・潤君もホムンクルスの取材で、リトアニアだっけ?土を食べるおばさんを取材した時に、土を食べたよね~。その話題は出さなかったけど。

相葉ランドの「座布団ジャンピング」も面白かったですね~。
泣き虫チームのワイワイキャイキャイ具合がかわいーーーheart04
大宮チームはさすが!!!good

~~~~~~~clip

あと・・2時間でスマイル10話!!めっちゃドキドキしてます・・。

| | コメント (6)

2009年6月17日 (水)

26歳のお誕生日おめでとーーう♪

presentニノーー!26回目のお誕生日、おめでとーうsign03birthday

うふふ・・・潤君よりもひとつお兄さんだよぉ~~~!!

ニノの的確でおしゃれなツッコミセンスがめっちゃ好きな私です!!!heart01
頭の回転がはやいなーっていっつも思いますものっ!!!

嵐が大好きなニノ!嵐にニノが居てくれて、本当に嬉しい!!!!

ニノの舞台は、すごく難しそうな役ですね・・。
でも、ニノなら共演者、スタッフと共に、間違いなく凄い舞台を作ってくれそう!!good
私は観にはいけませんが、陰ながら応援しております!!

26歳のニノは、ますますキラキラ素敵に輝くと思います!!
ほんとーーにおめでとーーう!!heart01

ここ最近のツボは・・・
なかなかブログでは書くタイミングを逃していたのですが、ドラマの撮影の空き時間に、隣で撮影中の潤君のところに行って、終わるまで待っててくれたり・・・潤君が作成依頼して作った「スマイルTシャツ」の注文用紙に、『Mサイズ・・・二宮和也(嵐)』って書いてオーダーしてあったり(笑)・・それをニノが潤君にメールしていて、潤君も「さっきもメール入ってたよ」と笑顔で答えてたり・・・・。いちいち可愛いなぁーーーって思ってしまいますわ!!heart04
この二人の距離間、関係性って・・・素敵だなって思います!!
そしてね・・いつも思うことですが、ニノが「潤くん!」って呼ぶ声が好き!
潤くんが、ここぞって時に「カズ!」って呼ぶのも好き!
この二人が、二人で食事してる時、どんな話をするんだろう~?ってすっごく興味がありますわ!(笑)

やばいやばい・・・・もう、日付が変わってしまう・・・。sweat01

今日は母の介護に行っていて、先ほど帰宅しましたので・・・とても焦りましたわ・・・。(^^;)

| | コメント (10)

2009年6月15日 (月)

スマイル8話、9話の感想♪

スマイルもいよいよ終盤ですね・・。
8話、9話を・・まとめて感想を書きたいと思いますが・・・あーーーやっぱりおっそろしく長くなっちゃったよ・・・・。もしかしたら、長さの記録更新?かも知れません・・・。sweat01sweat01

【※ 今回のエントリーは・・あまりに長いので、フォントの色や大きさなど・・あまり変えずに書かせていただきます・・・。coldsweats01

9話では、過去の林とビトの出会いや関係性も分かってきて・・・いろんなことが納得できてきたと同時に・・・私の中でも、ますます堂々めぐりな気持ちになっております・・。
というのも・・・このドラマを見ていると、何が正義で何が正論で、何が公平な見方なのか・・・わからなくなってくるから。
自分の中では、自分の気持ちとして「こう思う!」という確固たる気持ちはあるものの、違う側面からみると、「それは違うのかな?」と思ったりもする・・。でも、それは違う・・と思えば思うほど、「やっぱりこう思う」という気持ちも・・また強くなる・・。
その、「それは違うのかな?」と思う気持ちを改めて考えさせてくれるのが、凄いことなんじゃないかぁーとしみじみと思うわけです。

このドラマの感想を書くとき・・とてもじゃないけれどお気楽な気持ちで書けない部分があって・・「あ・・1時間くらい時間があるから、さっとブログを更新しよ~う!ワクワク!!」と、楽しんで書く・・というよりも、自分の価値観や気持ちと向き合って、思いのまま書いていくと・・・ん?本当にそうかな?どうかな?とふと手が止まります・・・。
文章で自分の気持ちを伝えることの難しさにも直面するんですよね・・。
それだけ、たぶん、いろんな見方が出来るドラマなんでしょうね・・。

人を殺してしまった罪・・・それだけをピックアップすれば、確実にビトは犯罪を犯した・・という事実に突き当たります・・・。これは消せようがない事実・・。
でも、だからといって・・それが「極刑」に値するような重罪ということになってしまうのでしょうか??命の重み、命の価値・・を思う時、なぜ?どうして?がつきまといます・・。

私の堂々めぐりの気持ちの葛藤は・・・こうです・・。↓
・ビトは既に過去に冤罪で殺人の罪をきせられ、その罪をも償っている
・その罪はもともとは林の罪・・。
・林は既に人を殺している人・・。
・林自身は、自分の殺人の罪を償ってもいない。
・ビトはその冤罪すら林のことを恨まずに、林とは関わらないで自分の人生を前向きにやりなおそうと頑張っていた。
・そのビトに関わってきたのは林自身
・しかも、自分の罪を償ったビトに対して、申し訳ないと思うどころか、「人殺しのビトちゃん」と、まるで他人事。
・ビトは林を拒絶出来なかった。なぜなら暴力の怖さもあったが、それ以上に偏見をもたない人で、自分を仲間に入れてくれた人だという、たった一つの信頼だけはあったから。
・ブルに暴力、美奈子を使って社長を窮地に追い込み、花を拉致しようとし・・このままではいけないとビトは林と決別をしようとする
・林は情に訴える作戦で、ビトをだまし、ビトは撥ね退けることが出来ずに窮地に追い込まれる
・花を助けるため、そして自分が林に対して抱いていたたった一つの信頼をも裏切られて・・林を殺害。
・どんな理由があるにしても、相手がどんな人間でも人を殺せば罪は罪?
・ビトのしてしまったことは、極刑か否か・・・。どんな命でも命は尊くて重いものだから?
・じゃあ、林が殺した人の命の重みはどうなる?どうなっているの?
・その命を奪った罪はビトが償っている・・・(堂々めぐり・・・)
・孤独だったビトを仲間に入れてくれたのは林
・だからこそ、ビトは林に酷いことされても文句を言えなかった
・でもビトの人生をめちゃくちゃにしたのは林
・ビトが林へのたった一つの恩を感じていたとしても、冤罪だけでも、もう十分過ぎるほど、ありえないほど・・林には恩?を返しているはず・・・。
・関係を断ち切る最後に・・林の頼みを聞き入れてしまったビトが甘い?
・その最後の最後の細い絆すら無残に裏切られて・・・殺害・・。
・でも・・どんな命でも人を殺せば罪になるのか・・・。
・じゃあ、いったいどうしたらよかったというの???

・・・と、結局、堂々めぐりになっていくんですよね・・。

次回、林母が証言台に立つみたいですが、予告では「殺してほしくなかった・・」と泣いています・・。では、林が殺してしまった命については?
その罪をビトが被ったことを知っているの?母親としての自分の責任は??

ビトが林を殺したという事実は、法律上では罪なのだと思います。
ビト自身も、そのことでとても苦しんでいます・・・。
でも・・私の中では、どうしてもビトの「行動」が罪だとは・・・言いきれません・・。
たとえ、林を殺してしまった今でも・・。
ビトの行動も、そして花の行動も・・・分別ある大人なら、もっと回避できる術があったでしょう!・・もっと賢く考えて行動すれば、ここまでにはならないはず!・・愚かだから・・こういうことになる・・と、思う人もいるのかも知れないですよね・・。
いい大人なんだから・・気持ちで行動する前に、頭で考えてから行動するもの・・だという厳しい目もあるでしょうし・・・。
でも・・ビトと花の行動自体が本当に罪なのかな・・?
まるで・・一切・・・爪の垢ほども悪気などなく、人を貶めたり人を騙したり利用しようとしたり、ましてや罪を押しつけたりなんてしないで、ただただ自分らしく真っ直ぐに生きようとしただけなのに・・・。
う~ん・・・・愚かさ、甘さってなんなんだろう??
ビトと花の立場に自分がなったときに、果たしてそれが言えるのだろうか・・と考えてしまう・・。

それが罪だと思うのは、やっぱり・・結果論でしかないように思う・・。
最悪な結果になってしまった・・という事実から紐説いて考えた時の結果論ですよね・・。
ビトが林の最後の頼みを聞き入れてしまったのも、林が本当にビトが信じてくれたことでほだされて改心をしたのなら、ビトの行動は正しかった・・やっぱり人の心を変えるのは人の心・・と、なったのだろうと思うし、ビトが一馬さんに連絡をしないで、良い方向に解決ができたとしたら、一馬さんの力を借りずに林との関係を断ち切ったことに、良くやった・・という見方になったと思う・・。
花ちゃんがビトを思うあまりに、一人でアパートに乗り込んだとしても、林があそこまで凶暴で卑怯なやり方をしなければ、この結果ではなかったはず・・。
すべては、ビト花の想像の範疇を越えていた林の卑劣さがあったからなのに・・それを想像できなかったビト花が悪いってことになるのは、結局は、後付け結果論でしかないように思う・・。
林は、心も何も通じない人間の皮を被った悪魔なのだから、そいつと関わった人間が愚かでバカなやつなのだ・・という考えに到達するならば、その悪魔を殺してしまった罪が、極刑なの????
と思うと、あまりにあまりに理不尽じゃないか・・と。
林のあの卑劣さは・・・まんま林の孤独な叫びでもあったのかも知れない。ビトに執着する理由は・・ビトに対する歪んだ友情?愛情?があったからかもしれない。
どこまで自分に従い続けてくれるのか、子供が母親にわざとわがままを言いまくって母親の愛情を試したい気持ちにも似たような自己中心的な救いを求めたのかもしれない。
でも・・・それだから許されるというレベルは、もうとっくに超えていると私は思う。
ビト自身も、試されていると分かっていたのだと思うし、だからこそ、断ち切れない思いもあったのだと思う・・。
それゆえに・・・ビトが証言台で言っていたように・・・最後の砦が崩された時に「彼女をたすけるためにそれしかなかった」「その瞬間、何かが、崩れた気がしました。この人が生きている限り、僕の人生は・・踏みにじられ続ける。」と思っても仕方がないし・・私には至極当たり前の感情だと思えてしまう・・・。

ビトがこうなる前に林を完璧に拒絶すれば、町村フーズに対しても、花に対しても、ビトに対しても・・もっと酷い仕打ちが待っていたかも知れない・・。
あの時、林を殺さずに・・あの場から離れることをビトが選択することは、あまりにも酷・・・。
たとえ、「甲斐を殺してきます」とウソをついて、あの場を一旦は離れて、一馬に連絡をとったとして・・気絶した花ちゃんを置いて、あの場を離れたことで、花ちゃんにもし何かされていたら・・・ビトは林を撃たなかったことで、今度は後悔したのではないかな・・・。
あの状況で、ビトが即座に判断して、致命傷にならないところを撃つ・・・ということが出来なかったの悪い?林が生きている限り、のちのちもっと酷いことをされそうだけど・・。
それに、あの状況でそんな冷静な判断がつくだろうか・・・。
すぐに自首しなかったのが悪い?警察というところが、自分にとってどんなところか、嫌というほど分かっているビトにとって、自首をする=終わり・・・という図式が成り立っても当然だと思う・・。何を言っても信じてもらえなかったのだから・・。
せめて最後に花との約束を守りたい・・花との思い出を作りたい・・と思うことが愚かで浅はかなこと・・なのかな・・・。
そうとは思えない・・・。ビトの立場に立ったことがない人間にとってみれば、ビトの判断が甘い・・ということになるのかも知れないけれど、ビトの立場に自分がなったことを想像すると・・そんなに理路整然と考えられるものかなと思う・・。
もっともっと動揺して、もっともっと周りのせいにして・・もっともっとジタバタしてしまうかもしれない・・・。
自首を決意するまで、なかなか気持ちの整理がつかないこと・・・あると思う・・。
ビトの場合、すぐに自首をしても、事態が劇的に好転していたとも思えない・・。
それなら、花と一緒に居れて気持ちを確かめ合える時間があったことで・・私はすごくホッとしています・・・。だって・・ビトの人生は・・あまりにも幸せな時間が少なすぎるもの・・・。

林がやったことは全て自ら発信だけど、ビトは常にそれを受けての行動なのだから、結局は、すべてが悪い方向に行った結果を踏まえて、「あの時ビトはこうすれば」ということに過ぎず・・・結果が違えば、ビト花の行動は全く違う印象になっていたのだと思う・・・。

そして・・・・何が恐ろしいって・・・・たった3日間で、無作為に選ばれた裁判員の人たちが・・人を裁くという恐ろしさ・・。
3日間で一体何がわかるというのだろう??
何があろうと罪は罪として裁かなければ法律の意味はなし・・というところに立てば・・・あれだけの証拠や材料で・・私だって、どれだけビトという人間を的確に判断し、3日で判断を下すことが出来るだろうか・・と、思うと、恐ろしさを感じてしまいました・・・。
人には誰でも感情があり、それぞれ生きてきた過程の中での価値観でしか判断は出来ない・・。
その判断に私情が入ってしまうのは・・あたりまえで・・・。
その裁判自体が、検事と弁護士の・・・語弊がある言い方になりますが・・「プレゼン」の場のように、どっちが裁判員によりインパクトを与える証言や資料を揃えられて、それを的確に適所で披露することが出来るか・・・みたいに・・・なっている恐ろしさ・・・。
短い時間の中で、インパクトを与えられたもの勝ち・・・みたいな、恐ろしさを感じて・・・心が震えてしまいました・・・。
ビト側が有利・・ビトに同情が集まりそうになれば・・・最後に切り札のように、花の父親のことをもち出した検事・・・。
この事件と全く関係ないのに・・・・。それでも証言者の証言の信憑性や証言者の人となり・・を示すのに、インパクトとしては絶大・・。
勝てそうもない・・と思えば、どんなに卑劣な手でも、それが有効になってしまうという・・理不尽さ・・・。

ビトの罪は本当に罪なのか?裁判のあり方・・・いろんなことを考えていると・・・本当に何が正しくて、何が悪くて・・何が公平さ・・なのだろう・・と、主観的観点では分かっても、客観的には?と思うと、堂々めぐりになってしまって・・ずっと考えてしまうのです・・・。

そして・・・何が辛いって・・・花が良かれと思ってやった行動で、皮肉にもビトが窮地に追い込まれてしまっていること・・・。
アパートの林殺害の一件も、今回の裁判も・・・。花がビトを愛すれば愛するほど、ビトが花を思えば思うほど・・結果的に悪い方向に行ってしまう・・という皮肉な事態が悲しくてつらい・・・。
純粋すぎるから・・余計につらい・・・。
お互いが相手を思っているあまりの行動だから・・余計にせつない・・。

どんな状況になっても、決して相手を責めることなどなく、相手を思いやっているから・・せつなくてたまりません・・・。

ビトは・・・強い人だと思う。強いというか・・清い人!
あまりにも清い人過ぎて世間的に理解してもらえないほど・・・そして・・それが反作用してしまうくらいに・・・・。
ビトは決して、自己保身のための自己弁護をしない・・不器用過ぎるくらいに・・。
林を殺してしまった時ですら、花に言い訳せずに・・ただただ殺してしまったことに脅え・・一馬にも言い訳せずにただただ迷惑かけたことを謝り・・花にさえも「君を守るためにやった」と恩着せがましいことなど言わない・・。
「本当にごめんね。巻き込んんじゃって・・。」と・・・こんな時まで花を気遣う・・。
「一緒にいてくれてありがとう」と、感謝する・・。
花に証言台に立ってもらう時も、「無理しなくていいから」と気遣う・・。
自分が死刑になるかも知れない・・というのに・・・。
一人になれば罪の意識に苛まれて、一人で苦しんでいるのに・・一馬や花には心配かけまいと・・そういう姿を見せないように気遣う・・。
柏木に対してでさえ、キチンと心から礼儀正しく対応する・・。
自分を散々苦しめ続けた林なのに、自分は林殺害で死刑になるかもしれないのに、その林のことでさえも、証言台で「僕をバカにしてきた人から助けてくれて・・。」「この人は偏見とかない人なんだなって」「確かを守ってくれました」「僕はそれでちょっと強くなった気がしてしまいました。」・・と、林をただただ極悪な人間として印象づけることよりも、キチン事の成り行きを正直に語るビト・・。
(林は・・ビトが言うように、出会った頃は偏見のない人間だったのだろうか?少しは血の通った部分はあったのだろうか?それとも、ビトを仲間に入れて利用するための詭弁なのだろうか?)
ビトが受けてきた理不尽な仕打ちからして・・・どうしてここまで歪んだ心を持たずに、純粋に生きれるのだろう?と思うと・・・その清らかさこそ強さなのではないかと考えさせられる・・・。
ビトこそ・・すべてを人のせいにし邪悪な心が支配して・・林のような人間になってもいいような人生なのに・・・。

本当に「弱い人」「愚かな人」っていうのは、すべてを人のせいにして、人はどうなってもいいから自分だけは助かろう・・・と、自分は常に火の粉のかからない場所で、利用するものは利用して要領よく立ち回る心が貧しい人・・・だと思う。
私の中の図式は・・・愚かな人、弱い人=卑怯な人・・・なんです。
なので・・私には、ビトが弱いとも愚かとも思えない・・ってことなんだと思います。
ただ・・いつも・・日常の中で思うことは・・・むかつくことだけど「ずるさ」=「賢さ」と見える局面も多々あって・・・そこに言いようもない・・悔しさを感じている私です・・。
このドラマを見ていて・・主人がスマイルを好きな訳は・・やっぱりビトの不器用だけど純粋な生き方みたいで・・。「ビトは強いよ!どんな状況になっても人のせいにせずに、純粋な心をなくさないでいられる人間なんて稀。弱いように見えるのは、優し過ぎてあらゆる人の気持ちを真っ正面から受け止めてしまい過ぎるから・・。何でも全てを賢く立ち回ればカッコよくは見えるかも知れないけど、そんな主人公なら、逆になんのリアリティーも感じなくて、俺なんて冷めて観ちゃうけどな・・。松潤のビトは物凄く血が通ってていい!」と。
スマイル談義をすると・・私以上に熱く語る主人・・。(^^;)もしかすると・・主人がスマイルの感想を書いたら、私以上に長くなるかも・・。(笑)

みどりさんの証言に、涙涙です・・・。「どんな不幸な環境に生まれても、どんな酷い目にあっても、決して人を恨まず真っ直ぐに、自分の力で幸せになろうと、必死の笑顔で、ビトはがんばっていました。ビトはそういう子です。そういう子なんです。」」・・・・じ~~~~ん。そのとおりだよね・・。ビトの人間性をここまで理解してくれて、こんなにも温かく見守ってくれて・・・。みどりさん自身は、ビトと同じように、人を恨まずに真っすぐに生きている人ですものね・・。
理想論かも知れないけれど・・・ビトのように、みどりさんのように、宗助さんのように・・・決して人を恨まずに人の痛みを自分のことのように感じられて清く真っ直ぐに生きている人ばかりの世の中ならば・・・苛めも犯罪もおこらないよね・・・。

9話で・・ビトが独房で一人になった時・・林殺害の罪の呵責にさいなまれて苦悩するシーン・・・あまりにもリアルで・・胸に迫りました・・・。
自分の手で林を殺した事への罪の意識と苦悩、そして恐怖・・・いかばかりだろう・・・と思うと、辛くて辛くて・・。ただ・・それが現実・・。現実を受け止めて苦しむ姿に・・・罪としてそれ相応にキチンと裁かれることが、ビト自身が本当の意味で解放される道なのかもと思いますし・・・たぶん、客観的に、法に照らし合わせてみれば・・・そうあるべき・・なのかもしれないですね・・。
罪を償った上で・・・林殺害の十字架を背負いながらも、花と二人で力強く歩む人生を選択してほしい・・・・と切実に思います・・。
ただ・・・どんな結末であろうと・・・私は、ビト自身が、そして花が・・「生まれてきて良かった」「出会えてよかった」と心から思えるのであれば・・・それで納得できるのかも知れません。幸せのカタチは、ひとつではないんでしょうし、幸せの定義も・・人それぞれですから・・。

このドラマ・・・あまりに理不尽で辛い展開なのですが・・・ビトの周りにいる人は、何の計算もなく、純粋にビトを信じてビトを愛してくれているのが・・救いですよね。

これだけ語っておいて、なんですが・・・・(^^;)
8話、9話の潤君ファン的ツボシーンを・・一気にあげさせていただきま~す!!

8話、9話は・・・表情もさることながら、特に、ビトの心情を語るモノローグ的なセリフ回しやトーンが、ものすっごくものすっごく良かった!!!
もう、表情と言葉が・・いちいち心に響いてきました・・・。なんて、なんて・・素敵な役者さんなんだろう・・と。

【8話】

「どうしよう・・殺しちゃった・・」と子供のように震えて泣くビト・・・苦しいよ・・・。
「最後に行きたい場所がある・・」って・・・最後って言葉が切な過ぎる・・。

古瀬・・・案の定・・テンション上がってる・・・。最悪だよ・・。annoy

電車の中のふたり・・・愛おしいな・・。
「最後じゃない?」と花を見つめる目が・・凄くいい。儚げな横顔にもキュンとします・・・。

一馬さんに助けを求めずに・・ただただ泣きながら「ごめんなさい」と謝るビト・・。もう・・覚悟を決めていたんだと思う。
花が寄り添ってビトの手を握ってくれたのが・・・嬉しい・・・。

一馬さんの車を尾行する古瀬たち・・・。管轄外じゃねーの・・・。私情挟みすぎ・・・こいつはもう・・・。punchannoy

橋の上のシーン・・・・ウルウルなんてもんじゃないです・・。
こんな状況なのに「ほんとにごめんね、巻き込んじゃって・・」と花の事を思って謝るビト・・。「ありがとう」とビトに言える花・・。自己弁護をしないビト・・。自分を守ってくれたことを、ビトが何も言わずとも分かってくれた花・・。一生懸命に思いを伝える花を見つめるビトの目、表情・・・はぁ~切なくも・・綺麗です。
花が自分の事をわかってくれている・・と思うだけで、どれだけ勇気が出るだろうか・・。
ずっと手を繋いでいる二人に・・ほっとします・・・。

高台まできて・・・「もう・・戻れないところまで来ちゃったんだな・・なんで・・なんでこんなことになっちゃったんだろう・・。僕はただ普通に生きたかったのに・・」・・・・心に刺さる言葉・・・。

肩寄せ合って高台で寝ている二人の姿・・・・もーう、ビト潤くんが、ものすごく綺麗・・。ジャケットを花ちゃんにかけてあげているから、余計に・・すっきりと綺麗です・・・。
富士山を見つめる目が・・・なんて綺麗・・。
花を見つめる目がなんて優しい・・。
「約束守ってくれて・・ありがとう」と伝える花に、「一緒にいてくれてありがとう」というビト・・・。
この二人は、常に「ありがとう」って伝えるよね・・。「ありがとう」と心から言い合えるって・・素敵なことだよ・・。
富士山をみてから「帰ろう・・。」と花を見る時の目に・・ジ~~~ン・・。
自首する。それで・・キチンと罪償ってくる」と花に伝える目も声も・・静かなのにしっかりとした決意が感じられて・・・号泣です・・。花ちゃんの涙にもじ~ん・・。
抱き合うビトと花・・・。ビトの表情が・・・切なくて美しくて・・・。

旅館でトイレと公衆電話を借りる・・ということは、花ちゃんの携帯は電池切れだったんだろうね・・。公衆電話って・・いま、本当に無いよね・・・。
ビトは、自分が自首をすると決断していたから、こそこそせずに旅館に入ることが出来たのでしょうね・・。
自首することを一馬に告げるビト。なのに・・旅館の人は、速攻で警察に連絡してしまった・・。
まさか・・こんなにもタイミングよく(悪く?)速攻でバレてしまうなんて・・。
(これも、結果論だよね・・。旅館の人がビトに気付く前に、ビトが一馬さんに連絡して普通に自首の段取りを踏めたのなら・・問題はなかったことなのに・・・。)
イキナリ古瀬がいるなんて・・・・・・ありえないよ・・。全く・・。annoy
旅館のおかみさんも、お客さんも・・・ビトが凶悪な殺人犯だと思ってるから・・この反応は仕方ないのかな・・。
ってか・・古瀬・・なんで機動隊まで・・もう揃ってるんだよ・・・。ありえないよ・・・。
一馬さんが入っていったのに・・ガラスを割って突撃・・って・・・。angry
どんだけ、事を大きくしたいんだよ・・。事を大きくしてビトの罪を重くしたいだけじゃない。はぁ~・・・。
引き裂かれる手と手が・・・悲しい。
その時の傷が、手の残っていたんだね・・一馬さん・・。

報道だけを観た第一印象は、「とんでもない極悪人だと思った」という柏木さん・・・そうだよね・・報道の怖さだよね・・。

そして・・・裁判は始まる・・・。

裁判が始まる前の面会室・・
一馬さんとビトのガラス越しのシーン・・・二人の表情が、めちゃめちゃいい。ものすごく温かい気持ちになります・・。
一馬さんの過去を、ビトに話すシーンは・・・さらに二人の絆が強くなっていく様が感じられて・・・じ~~~んです・・・。
今まで「先生」と一馬さんのことを呼んでいたビトが、一馬の正直な告白により・・「一馬さん・・・ありがとう!」とあえて名前を呼んだビト・・。ウルウル・・。「バカ!今からだよ!」の言葉にも、ウルウル・・。
二人の心の距離が、ものすっごく近くなった・・というのが伝わる凄く素敵なシーンです!!!!

一馬さんの元婚約者さん・・悪い人じゃなくて良かった・・。彼女も彼女なりに一馬さんのことを、ちゃんと愛していたんですね・・。

裁判員の人たち・・
・叶陸夫(48)トラック運転手・・・昔は相当のワル
・掛井夕貴(39)出版社勤務、独身・・・正義感あふれるがプライド高いキャリアウーマン
・柴田佳代(31)専業主婦・・・現在妊娠中、気の弱い事なかれ主義
・真田仁(28)大手商社勤務・・・エリートで、海外経験も長い
・徳島のり子(55)専業主婦・・・ゴシップ好き
・冷牟田貞二(62)私立高校教師・・・冷静でドライ、教育者というより研究者にちかい。

と・・年齢も性別も職業も性格もまちまち・・・。こんなに簡単に決められてしまうものなんですね・・・。

法廷に一馬さんの助言とおり背広姿ではいってきたビト・・。
いつも観慣れたファッショナブルなスーツ姿の潤くんとはまるで違い・・衣装負けしない潤君が、すっかりとスーツを着慣れていない感じが、ものすごくリアルにビトを表現していて・・・すごい!!・・と思わず呟いてしまいましたわ・・・。

【9話】

9話の裁判シーンは、正直言うと、観る前は少し憂鬱だったんです・・。2015年の状況からして、ある程度結果は見えてしまっていますし・・・裁判シーンよりも、2015年以降にどうなっていくのかが、早く見たい・・という気持ちが大きくて・・。
でも、実際に観てみたら・・9話は、凄く凄く見ごたえがあって、私はすごく考えさせられたし、個人的に好きな回です!!

マスコミの報道などにより、ビトは「残虐な犯罪者」だと思われている・・・。そうだよね・・報道されていることを鵜呑みにすれば、私だって・・そう思うしかないもんね・・・。
ビトには思いっきり不利な状況・・・。

金太が言った「なんでビトばっかりこんな目に遭わなきゃいけねーんだよ・・。あんなに優しい男なのに。悪いのは林さんなんだ。アイツはこれっぽっちも悪くないんだから」にウルウル・・。
でも・・「これっぽっちも悪くない・・わけじゃない。。」「ビトは・・殺人を犯したんだから・・」という弁護士としての言葉・・・重いですね。
確かに・・過去の冤罪が証明されてない今・・また殺人?となれば・・極刑となっても仕方がない状況・・。
「極刑か否か・・」と一馬さんに言われ・・涙をにじませながらも一馬さんを真っ直ぐに見つめ目に・・・・心が痛い・・・。
つまり・・・死刑ってこと?」・・・静かに問うビト・・フッと息を吐き・・俯くビト・・目を閉じて・・何を思うのだろう・・と心情を思うと・・つらいです。
きっと心は張り裂けそうなのに・・なぜこんなに静かに受け止められるのだろう・・・。

裁判員裁判が始まる・・

罪状認否で「僕は、林さんを・・・殺しました。僕の大切な人が、目の前で暴行を受けて・・それで銃を発砲してしまいました。交番を襲って拳銃を奪ったのは、僕ではなくて林さんです。旅館に、立て篭ってもいません。」・・・オドオドするわけでもなく、悟ったように静かに事実を話すビトに・・・ウルウルしまくってしまいました・・。前を見る切なげな表情にも胸がキュンとしてしまいます・・・。

裁判員の人たちの・・ビトに対する印象も、マスコミで見聴きしたことと、実際にビトを目のあたりにすると印象が違ったみたいで、徳島の「凶悪な外国人犯罪者って週刊誌で読んだけど、全然そんな風に見えなかったよね!」の言葉にも・・報道の怖さを感じますよね・・。
そして、叶の「多数決?学級会かよ・・」「たった3日で人が裁けるかよ」は・・凄く納得。
高校教師の冷牟田は・・もうハナっから「あんな人間は死刑」と決めつけています・・・。こういう人が教師?恐ろしいわ・・・。
掛井は、一番公平な目で見ようとしてくれていますが・・。

検察側の冒頭陳述を聞いていると・・・こうやって冤罪って成立していくんだな・・と恐ろしさを感じます・・。すべての材料を悪い方に繋ぎ合わせると・・こうなるんでしょうね・・。
2000年の事件は、掛井が言うように、初犯か再犯か・・大きな大きな違いだよね・・。
真田のように、人の人生が左右されようが、自分の事が大事、めんどうくせ~・・・・と思う人もいるよね・・・。

夜一人になると、林を殺したことに脅えうなされるビト・・・ビトの叫びに・・胸が締め付けられる思い・・。
「どうした?」と柏木さんが話しかけると悲痛な表情なのに・・キチンと正座して「お騒がせしました」と頭を下げるビト・・。「もう、大丈夫です・・」と必死の笑顔を作るビト・・・。
もーーう・・・ビトの気持ちが痛いほど伝わる演技で・・・改めて潤君凄い!!!!・・と思いました。
そんなビトに、名前まで名乗って自己紹介する柏木・・。
フルネームで自己紹介する柏木さんに、戸惑いながらも・・温かいものを感じただろうな~・・と伝わる表情がまたすごくいい!
この二人の出会いのシーン・・・すっごく好きです!!!!!
柏木さん演じる勝村さんの“え?こいつが凶悪?いや・・絶対に違う・・”と、瞬時に見抜いてくれた温かい眼差しにじ~んです!

柏木がいなくなれば・・また自らの手を眺めて・・辛そうな顔をするビト・・・あ~ん・・・せつないよ・・。

北川検事・・・どうしたら、そこまで憶測だけでビトを凶悪犯に出来るんだ・・・。むかつくーーーーー!!annoy
林殺害方法も・・・誰もその場を観てないから・・ビトには不利だよね・・。
北川検事の主張を聴きながら・・・辛い表情になっていくビト潤・・・秀逸です・・。
もう・・・ビト潤君の表情を観てるだけで・・・涙が・・。
ブタちゃんのサインで会話するビト花に・・・キュンキュン・・・。微笑みあがらそれを見る一馬・・・救われます・・。
(面会室のビト花の表情も、めっちゃ可愛いなー

証人尋問・・・
交番勤務の佐藤巡査・・・。ビトに襲われたと思っていたとは・・・。
林の足音だって聞いてるはずなのに・・・。でも咄嗟のことだとそこまでわからないのかな?
犯人が自分の名前を書くわけないだろうに・・・。
監視カメラとかないのかな、その交番には?と思うけれど・・・きっと、それも林は下調べをしてたんだよね・・。
右利き、左利き・・というのに気がついたところ・・一馬さん、さすがです!(実際に旬くんは左利きだよね!)

タクシーの運転手の高田・・・
林の顔はみていても・・花ちゃんの顔はちゃんと観ていなかったのかよ~~~・・・・・。sweat02
ここは、ちゃんと花ちゃんの顔も確認させとかなきゃいけなかったよね・・。
北川も・・・手ごわい・・。ほくそえむ顔が・・・むかつく~。annoy

そして、みどりさん!
みどりさんの一言一言が・・すごく重い!!!
いしだあゆみさんの演技・・・凄いです!!泣きっぱなしです・・。
「被告人は(社長の死の)その恨みもあって、被害者を殺害したのだと思いませんか?」と北川に問われ、「あなたはお気の毒な方ですね・・」と切り返したみどりさんに・・・大拍手!!!
誰かに傷つけられたといえば、仕返しをしたに違いないと思わずにはいられない。そういう基準でしか、人間を見られない方だから、お気の毒だと申しました。この世の中には、そういう感情とは無縁に、一生懸命、生きている人間がいるんです。ビトも、そういう人間の一人です。
ビトの夢は、多国籍料理のお店を持つことです。世界中の人が分け隔てなく、笑顔で食べに来られるお店。いつの日か、そういうお店を作りたいと、ビトは、一生懸命働いていました。
どんな不幸な環境に生まれても、どんな酷い目にあっても、決して人を恨まず真っ直ぐに、自分の力で幸せになろうと、必死の笑顔で、ビトはがんばっていました。
ビトはそういう子です。そういう子なんです。
」・・・ビトはそういう子です・・と立ちあがって訴えるみどりさんにじ~~~~ん・・。
ビトはどんなに救われただろう・・・ビトの泣き顔に・・・ウルウルだよ・・・。
町村フーズや一馬さんの表情にもウルウル・・。

みどりさんの証言によって、裁判員の方たちも、やっとビトの人間性を分かってくれて・・・ウルウル・・。
しかし・・・冷牟田だけは・・・・・・・・・・・。「それなら、悪かった被害者もやり直そうって頑張っていたかもしれないですよね。」って・・・それをビトは信じてしまったから、林に騙されたというのに・・・。
でも・・きっと冷牟田のように、すべてを疑ってかかる人もいないといけないのかも知れない・・・・。

被告人質問のビト・・・。
このシーンは、とにかく・・もう、9話で、一番の見どころでした!!!
「どのように知り合ったんですか?」と林とのことを聞かれ・・ゆっくりと・・噛みしめるように話すビトに・・・心持っていかれっぱなし・・・。
過去の林とビトの映像も・・・妙に泣けて泣けて・・。
ビトが林と縁を断ち切れなかったのは・・・ただただ主従関係だっただけではなく、暴力が怖かっただけでなく・・ビト自身が偏見を持たなかった林に対して、ある種の『信頼があった』っていうところに・・・なんだか、泣けてしまいました。
その頃のビトにとって、それはとても大きな意味を持っていたんだと思うし・・・その思いがあるから酷いことされても、関係を断ち切れなかったなんて・・・。あ~・・・・切なく哀しく・・そして愛おしい・・。
それなのに、そのたった一つの「信頼」さえ・・裏切られて、一番大切な花ちゃんにも身の危険が及ぶ・・と分かった時には・・『その瞬間、何かが、崩れた気がしました。この人が生きている限り、僕の人生は・・踏みにじられ続ける。そう思ったら・・・』・・・・・号泣・・。
花ちゃんのことを話す時、林殺害の状況を話す時のビト・・・涙をにじませて声を震わせて必死に話すビトに声と表情・・・・泣けて泣けて・・。
ビトの本当の気持ちが分かって・・・今までのいろんな葛藤が・・物凄く納得できました・・。
出来ることなら・・林はビトに対して、どういう感情でビトに固執していたのか・・知りたかった・・・。

裁判員の柴田と掛井は・・ビトの気持ちを分かってくれたみたいで・・救われた思いがしたのと同時に・・冷牟田のクールな見方に・・不安が・・。

一馬から、「きちんとビトの人間性はみんなに伝わってると思うから・・」と言われても、自分のことよりも証言台に立つ花を「本当に大丈夫かな・・」と気遣うビトに・・じ~ん・・。
一馬は「彼女の意思は固いよ」と。
ここを出たら、一生大事にしてやれよ!」と元気づける一馬に、ふっと笑顔になって、「はい。出られたら、必ず」と、ガッツポーズをする二人・・・。必死に明るくいよう・・とする二人にキュン・・・。

でも・・・ビトは・・本当は・・辛くて怖くてたまらないんだよね・・・。
花との面会で・・「絶対無理しないでね。花ちゃん・・ありがとう」と頭を下げるビト・・。『何があっても諦めないで』と伝える花・・。
指きりをするビト花に・・・じ~~~~~ん・・・。
ビトと花の純粋過ぎる愛に・・・・・・胸が痛いよ・・・・。
花と面会した時のことを思い出して・・指きりをした手、林を殺してしまったその手を見ながら苦しそうな表情のビト。その指を触りながら・・・泣くビトに・・・心が痛くてたまりません・・・・。
花が指を見て・・ブタのキーホルダーを握って・・祈る姿にも・・涙・・。

護送車の中・・・「いい結果になるといいな。俺には、あの事件を起こした犯人があんだだとはとても思えねーや」とビトに言う柏木。驚くビト。
いいな・・この二人。
2015年のビトと柏木さんの会話で、「そもそも、あのタイミングで、あんなこという刑務官いないよ」とビト。「俺だって初めてだよ」「なんでそんな簡単に信じられたの?」「まぁ、ここで沢山の人間を観てきた、俺の感覚だろう・・」「(笑)」「あの出会いから、もう5年か・・
柏木さんは、ビトに会うまでは、「とんでもない凶悪犯」だと思っていたのに、会った瞬間からビトを信じられた・・って、凄いことなんだけど、妙に説得力があります!!
2009年の出会いの頃と、2015年では、明らかに二人の関係性って違う。2009年は被告人と刑務官の一線は超えてないのに、2015年では、まるで親友のような、兄弟のような信頼関係を築いている。
一馬さんの存在もさることながら・・柏木さんがビトの傍にいてくれていることが・・・物凄く救いですね。
この3人は・・・本当に不思議な信頼関係・・男の友情で結ばれているな・・と感じられて・・凄くホッとしてしまいます。

そして・・・裁判最終日・・・
一馬は、勝利を確信していたに違いないし・・実際、ビトに有利に傾いていたのに・・・。
花ちゃんが証言台に立つ・・。
一生懸命に筆談で、ビトを擁護する証言をする花・・・。
裁判員の皆も・・検察側の反対尋問を聞くまでは、ビトに対して温かい目を向けていたのに・・・。

北川の容赦ない尋問・・・
ビトが凶悪で残酷な人間だと責め立てる北川に、とうとう花ちゃんは、「違います!!」と、ハッキリと声を出して訴える・・・。
驚くビト、一馬・・・そして北川・・。そして、花本人・・。
ゆっくりと証言を続ける花・・
彼は、本当に、心の優しい人です。全ては・・私を守るために、やってしまったことなんです。どうか・・彼の言葉を信じて下さい」・・・じ~~~~ん。
それを見守るビトの表情にも・・・じ~~~~ん・・・。
あ~・・・良かった・・・・・と心から思った瞬間に・・・
あの北川の最後の一言で・・・ありえないような逆転劇・・・。
なんで、花の父親のことを・・・ここで出すーー?!卑怯過ぎる・・・。annoy
あーーー・・・裁判員の顔色が一気に変わり・・・。
類は友を呼ぶか・・」と呟く冷牟田・・・むかつくーーー。
そして・・一番公平な目で見ていたと思っていた掛井の、あの凍るような表情・・・。きっと柏原の被害者って事だよね?sweat02
あ~・・・なんてこと・・・。
こんなことで・・・ビトや花の印象までも、がらりと変わってしまうなんて・・・。
花ちゃんが、倒れこんでしまい・・ビトは助けたくても押さえつけられて助けられない・・・。どこまでもどこまでも・・偏見の目で見られてしまう二人が・・・あまりにも悲しいよ・・・。
ビトが最後に見せた表情・・・・北川の卑劣なやり方に怒りを覚えている、あの表情が・・すごく心に突き刺さります・・。

はぁ~~・・・・・花の父親が・・世間的を騒がせた有名な詐欺師で新興宗教教祖である・・ということに、どんな意味があるのかな?と思っていたのですが、こういうことだったのか・・と分かりました・・。
一馬さんも・・花ちゃんが証言台に立つことで・・この予測はつかなかったのでしょうか?いや・・ついたとしても、マスコミがのちのち騒ぐことはあっても、まさか北川が事件に関係のない花の父親のことまで裁判で持ち出すとは思わなかったのかも・・・・。

ラスト2話・・・
もう、ここまで来たら・・ガッツリとビトに寄り添って、最後まで見届けるぞーーーーと思ってますし・・1瞬1瞬のビトの表情や、心の移り変わりを・・見逃したくない気持ちです!!!!だって・・あまりにも素晴らしい演技なんですもの!!!
そして、ビト花の行く末も・・一馬や町村フーズの行く末も、しっかりと見届けたい。

椎名林檎さんが書き下ろした主題歌「ありあまる富」の一節・・【価値は生命に従って付いている】【君には富が溢れてる】・・・この意味を、ずっと考えています・・。

辛いシーンもあるかも知れないけれど、「スマイル」というタイトルが意味する先を見るのが、(言葉は適切ではないかも知れないけれど・・)ものすっごくものすっごく楽しみです!!!!

| | コメント (59)

2009年6月10日 (水)

アラシゴトいろいろ&ジュンスタのツボ♪

スマイル8話の感想の前に、TV番組やジュンスタのツボを書かせていただきます!!!(*^▽^*)
あ~ほんとにね~追い付かないのよね・・。sweat01

アラシゴトがあり過ぎて・・・・かけ足になってしまって申し訳ないのですが・・・

★なーんと、嵐さん・・7月にまた新曲を発売するんですよね~~~!happy01凄いよね!!!「Everything」「season」・・どっちもauのCM曲ですよね~!!!!凄く好きな曲なのでうれしいです!!!
Everythingは、今、携帯メールの着うたに設定してますわ!!(*^▽^*)

★潤君の「Enjoy」・・すごく・・前向きで温かくて・・じ~~んとしちゃいましたわ!!heart02ラジオのメールも隈なく読んでくれてるのね~。そうだよね・・嵐は11年目も12年目もずっと続いていくし・・。私も一日一日大切にしたいと思っています!!!
そして・・・相葉ちゃんのコーナーも始まりましたね~!!!!「ナンバー1<アイバー1」・・文章と写真が可愛いわぁ~!「つって!!」に思わずニンマリ。(笑)

ニノの舞台『見知らぬ乗客』(グローブ座)も決まりましたね~!good会報に申込書がはいっていたのでビックリしましたわー!!おめでとーーう!!
物凄い競争率でしょうね~。一人でも多くの方が観れるといいですよね!

★翔君のドラマ『ザ、クイズショー』は、土曜日が母の介護の担当になっていることが多く、帰宅するのが11時半頃なので、いつもリアルタイムでは見れずに、予約録画して観ているので、なかなか感想が書けずじまいになっておりました。sweat02
いよいよ墜落事故の真相が紐説かれていって・・見逃せない展開になってきましたね~。まだまだ美咲の件について・・謎がありますが・・神山が殺したわけではなさそうで・・ホッとしております。
8話の神山、冴島、本間の・・やりとり、見ごたえありましたねー!!!good
それぞれの関係性もわかってきたことで、だんだんと物語が繋がってきましたね!
なぜ・・神山は6年間眠ってた?美咲を殺したのは?本間は神山が刺したと勘違いをしているようですが・・・。
次回、とうとう神山が解答者ですね!!とっても楽しみーーー!!heart01次回はなんとか・・リアルタイムで観たいなぁーーー!!!

★関東では、今、午前中に「きみはペット」、午後に「ごくせん」を再放送してまして、その上、金曜日は「スマイル」とくれば・・潤君ファンとしては、も~う夢のような潤君週間!!!heart01(笑)
きみぺや、ごくせんは・・そりゃ~観ようと思えば、いつだってDVDで観れるわけですが・・・オンタイムで同時期にやってるっていうのが、みょ~~~に嬉しいですよね~。(まぁ・・リアルタイムでは観れなかったりするんですけど・・sweat01
で、結局、HDDに必ず予約録画しております!!!
可愛い過ぎだわ~モモ!!!カッコよすぎだわぁ~慎!!!
それぞれのドラマに、それぞれの思い出があって・・改めてみるとじ~~んとしまくりますね!
しかも・・ビトも含めて、本当にまるっきり3役3様で・・外見、演技のみならず、漂う雰囲気、佇まいもまるで違うところが、凄いなぁ~~~~~~!!good

★とっころで・・スマイルHPから注文していたブタちゃんのキーホルダーが先日届いたのです!!!早速、花ちゃん使用の黄色のブタちゃんを携帯につけましたが・・黒のブタちゃんは、即座に下の娘に取られ・・・。
でもって・・・ビト大好き主人の一言・・・「俺のはねーのかっ!!ビトのピンクのブタはねーのかっ!」と・・・。家族で声を揃えて「欲しいんかいっ!!!(笑)」とツッコミ入れたのは言うまでもなく!(笑)
それにね・・ピンクのブタちゃんがあったら、まず私が先にそっちを選ぶよ・・・。
出来れば、黄色とピンクのブタちゃんのセットが良かったよね・・・・と思いつつも、ブタちゃん見ながらにんまりしちゃうワタクシ・・。happy01

~~~~~~~~clip

さて・・・TV番組のツボもかけ足で書かせていただきたいとおもいまーす!!

『宿題くん』

spade『6月1日放送』 (ゲスト:羽鳥さん、小林麻央さん)

ゲストボックスの上の潤君と大ちゃん、かわいい~~~!!うん・・確かに翔君の言葉じゃないけど、潤君が白く見えるくらいに大ちゃん黒いよね・・。(笑)事務所に怒られたってところが・・わらう~!(笑)

外ハネで、ラフなファッションの潤君が、めっさカッコ可愛くて参りますわ・・・。

イチゴめっちゃうまい」と、あくまでもイチゴ押しの潤君が面白可愛いぞ!
和牛の天ぷらを食べて、「うんとね・・」が・・・可愛過ぎてどうしようかとっ!!!翔君に「甘えん坊みたい」と言われて、照れくさそうに笑う顔にキューン!!!
コーヒーの豆食ったことあるか?」の言い方がおかしーーー!いちいち、潤くん発言を拾う翔君もGJ!!!(笑)
そっかそっか・・刺身のつまの大根の天ぷらはおいしいのか・・(メモメモ!)
潤君作、カレーの天ぷらが好評で、ピース顔のアップが、超可愛いっ!!!・・・と思ったら、カレーの天かすをつまみ食いして、「熱っ!」のリアクションと笑顔の可愛さは・・・一体何???heart02あっちー、コイツ!(笑)」って・・まったく。。もう・・その天然っぷりに・・爆笑しちゃったわよっ!!!!(笑)しかも・・ニノの「つまみ食いした次男坊だよ」の言い得て妙なコメントにも爆笑!
はぁ~潤君の無邪気で楽しそうな笑顔を見ると・・こっちまで楽しくなっちゃうわ!(笑)

そして、羽鳥さんの、翔君ラップには、遠く及ばないお経のようなラップがおもしろーい!!(笑)
もうさ~嵐さんたちは、羽鳥さんのこと、大好きだね!(笑)
でもって・・・羽鳥さんから、潤くんへのお願い「コンサートで観たイモ虫ダンスが見たい」ってやつですが・・・これは・・昔冬コン2002~2003【新嵐】の『野生を知りたい』で潤君がやったダンスだよね?・・・記憶違いでなければ・・。羽鳥さん、よく覚えてたね~。さすが、嵐ファンっ!(笑)
久しぶりに見ても・・・すげーーーーーーっ!!!scissorsscissorsこれは体が柔らかくないと腰痛めるよ・・。普通は羽鳥さんみたいにカクカクして後ろに下がっちゃうよね・・。(笑)羽鳥さんに優しくレクシャーしてる潤君にもキュン!heart02

潤君の早口言葉・・・・可愛過ぎて大爆笑!!!!happy01

spade『6月8日放送』 (ゲスト:misonoさん)

またまたゲストボックスの潤君と大ちゃんが可愛いっつうのっ!!!heart04

日直潤君、いちいち可愛いのう!!タワーバーガーの横食べ案を提示するも・・「あんまり盛り上がらなかったから一つずつ食べよう・・。なんかごめんね・・」がめっさツボ!!「食べよう!食べよう!」とフォローしてくれたニノGJ!!!(笑)
ハンバーガーで乾杯して大盛り上がりな嵐さんたちが、可愛いすぎー!!!

マグロの中おちを、マジで美味しそうに食べる潤君・・かわゆいな~。

韓国料理店の魚さん・・・凄い毒舌過ぎて・・笑ってしまいましたわ・・。coldsweats01
でも・・翔君には、めっちゃアゲアゲなのが、またおかしー!そうだよ~翔くんは王子様で間違いないっ!!good
でも・・翔君以外のネガティブな結果は当たってるとは思わないけど(笑)
相葉ちゃん、ニノ、潤君の風っこ3人は、「モテると思ってる3人組」ってのが大爆笑!!!!happy01肩抱きあってワイワイ言ってるニセ王子3人(笑)がめっさ可愛かった!!!heart04
大ちゃんにいたっては「全然モテない」って強調して言われて・・・そんなわけないだろーーーーっ!!と、ツッコミ入れておきました!(笑)

でもって・・・なんといっても、面白可愛かったのは、相葉ランドの嵐さんたち!!!!
メイドのカチューシャやけに似合って、めっさめっさ可愛いぞ、潤君!!!!!heart01
ここでも、「モテると思ってるニセ王子3人組」が同じ組っつうのが、最高にツボ!!(笑)
なんか、カワイイ」と大ちゃんに言われて、キョトン顔の潤君・・可愛いすぎー!!
翔君と潤君は慎重派だよね!性格でるわぁ~!(笑)
飛び終えた時の「やったぞ」的な笑顔がキュート!!!
misonoさんを応援?する、ニセ王子3人が・・中学生のノリでおかしー!
ニノの番の時の・・「いいよ、いいよ!ちょっとこぼれるくらいでいいよ!」「冒険していいでしょ?」「ok!ok!」「倒さなきゃいいよ、倒さなきゃ!」「大丈夫、まだミラクル残ってるから」「よーし!」・・・って、いちいち可愛いなぁ~。heart02
南国のおかまカフェ」と大ちゃんを評した翔君にも爆笑!
相葉ちゃんにレクシャーする潤君、ニノも、めっさ可愛い!しかも・・練習でこけちゃう相葉ちゃんに、すかさず駆け寄る潤君&「お前なら行ける!お前なら行けるぞ!」と肩抱いてスタート位置まで連れていき、カチューシャをしてあげる潤君がーーーーめちゃめちゃツボ!!!!至れり尽くせりな相葉ちゃんがーーー羨ましい。(笑)
潤君、めっちゃ楽しそうだなぁ~!!!
やっぱり宿題くんは、最高だぁー!!!good

~~~~~~~clip

『ひみつの嵐ちゃん』

アラシちゃんは、嵐ちゃんにタイトルも微妙~~に変わり、内容はかなーり変わりましたね~~~!!!
嵐ファン的には、すごく面白くなったなーと思います!!!

club『5月28日放送』

マネキンファイブ【嵐の本気でコーディエイト対決】お題は「彼氏に初デートで着て欲しい服
これ・・マジで面白かったですわぁ~~!!!それぞれの個性が出てて!!
しかもね~一番無難だーと思った翔君が、まさかまさか最後まで残るなんて・・・思いもしなかったわ・・。(笑)
これは、ほんとに来るゲストにもよるよね~!!
潤君のファッションは、潤君が着るからカッコイイっつうか、OKだよね!!good小麦色の肌に、あの色合いはよーーく似合うわぁー!!heart01
あれはね~やっぱり松嶋さんの意見のように、ハードルが高いファッションだと思いますわ!
あ・・でも、相葉ちゃんのファッションも相葉ちゃんならでは・・の可愛さだよなぁ~!!
無難なニノ、翔君よりも・・個性的な相葉ちゃん、潤君の方が先にお買い上げ~になったのは、面白いっ!!!(笑)大ちゃんのファッションは、ほんと・・ツーリングとかならバッチリだよね!

ひなのさんにダメ出しされて、ひなのさんの後ろで顔芸(笑)してる潤君がおかし~~~!(笑)
神戸蘭子さんに「帽子がおしゃれ!」と言われて、つぶっていた目を見開くところ・・爆笑!(笑)
ひなのちゃんに引き続き、ピンクのインナーのダメ出しされる翔君と革ジャンのサイズにダメ出しされる大ちゃん・・・へぇ~ファッションに詳しい女の人は、こういうところにダメ出すのかー・・・と!(笑)
蘭子さんに選ばれて、本気でホッとする潤君が、いと可愛し!!!
頑張って!頑張ってね!」・・・なぜ小声?(笑)おかしーー!
ちゃんとドアを開けてあげるレディーファーストな潤君もツボ!!!
3番目に選ばれたニノの、本気で喜んでる様も、めちゃツボ!!

ピンクのインナーを脱いでも、白のタンクトップに着替えても、あげくタンクトップを脱いでも・・・何をしても選ばれない翔君が・・もうおかしくってたまりませんでした!(笑)
「売約済み」の3人にも、わーわー言われる始末だし。(笑)
挙句・・・コーディエイトも何もなく、その場で黄色のTシャツに着替えた大ちゃんにまで負けてしまう・・ってところで・・頭を抱えて凹む翔君。(笑)「あの人だって・・そこに置いてあるTシャツ着ただけなのに~・・・」に、大爆笑する潤君同様に、私も爆笑しちゃいました!(笑)
いや~翔君、面白可愛かったわぁ~!!!heart01
このコーナーは、ある意味、売れ残った方がオイシイと思います!(笑)

ホストロワイアル・・・の、ホスト姿の潤君・・カッコよすぎーーーーーー!!!!heart02なんでしょう、あの色気は!!!!!
で・・このコーナーでも、翔君が面白かったわぁ~!!女心がわからなくても・・・いいですいいです!!うん!!
控え室で、翔君を応援(?)する4人がおかしかったぁーーーーー!!!

club『6月4日放送』

スタア御用達ツアーズ】は・・・声だけで誰か当てるのは、結構難しいですね・・。潤君、かなりの確立で当ててましたね~!!!ビックリ!!!
なぜか、高橋ジョージさんや、天野さんから、潤君へコメントされていたのがツボでしたわ!(笑)

ストラックナイン】は、ユニフォーム姿の潤君が、かっこいいーーーーーー!!!
これ・・メンバーの意外な私生活が分かって面白いね!
スマイルロゴのユニフォームを着て登場の小池さん、御苦労さま~!

うふふふ・・・目玉焼きにケチャップをかけるのは潤君だけかー!(笑)まぁ・・・私もケチャップはかけないけど・・。(^^;)
何がウケタって・・小学生の時のおもらししたことがある・・って人が、7人も居て、しかも嵐全員入っているってのが爆笑!!!!相葉ちゃんに至っては、小学生どころか、大阪城ホールでおもらし・・って、おかしーーー!!(笑)

~~~~~~~clip

『VS嵐』

diamond『6月6日放送』 (ゲスト:ブラックマヨネーズさん)

いやーーー今回は、オープニングの潤君いじりに爆笑でしたわーーーー!!happy01
今日からカジュアルなファッションになったらしく、潤君だけ帽子、ブーツ、腕時計をあえてしていて・・そこを逃さず翔君が、「松本さん、今日は動ける格好?(笑)」「動ける!動ける!(笑)」「松本さん・・すいません。VS嵐で、まさかのファッション重視ですか?」(会場爆笑)「いやいや・・違うんですよ。(笑)今日からカジュアルにするって話しだったじゃないですか?で、衣装置いてあって、見たら・・真っ黒い服が多かったんですよ・・で・・そん中から選んだんですけど・・・・」「真っ黒はいいんだけど・・ブーツはやめようよっ!」・・・のやりとりに爆笑!
翔君と相葉ちゃんは、めっちゃ動ける格好をしていて、張り切ってるのもおかし~!!!
でもって・・あげく、相葉ちゃんが「腕時計してるよ!」と潤君の腕時計までしっかりと見逃さずにツッコミ入れると、4人自分の手をだして、「何にもない!なんにもない!」とアピール!(笑)「やる時は、外しますよ!(笑)」と潤君!(笑)はぁ~潤君に総ツッコミ状態めちゃ面白かったー!(笑)

で・・最初のクリフクライムでは、ゲストチームは、なぜか小杉さんがクライマー。(笑)吉田さんは高所恐怖症だそうです。
小杉さん・・この競技で最低得点の80ポイント・・・・。(^^;)
嵐チームは、潤君がクライマーと思いきや、「今日は登らないパターンの格好です!」が・・おかし~~~~!ということで、めっちゃ登るパターンの格好の翔君がクライマーで、潤君がサポーター!!!
ででですが・・・翔君が、体が小刻みに揺れてしまって・・なかなか思うように動けずにクリアできず170ポイント・・・。coldsweats01
ニノの「翔さん・・わかったことがあるんだけど・・・おっせ~な、動きが!」に爆笑!吉田さんにも、「点差ほど負けてる気がせーへんかったけどな。嵐ってそこまでプルプル震えるもんなんだって思って・・」と言われてしまい・・。(^^;)
でも・・翔君も高所恐怖症だもんね・・このゲームは怖いよね。

ローリングコインタワーでは、ニノが倒してしまって、トータルでブラマヨと良い勝負になってきました!!!

最後のフォーリングパイプで、なんと相葉ちゃんが、予想がピタリとあたって、300ポイントキャッチして、嵐チームの勝ち~~~~!!!おめでとーう!good

~~~~~~~clip

レギュラー番組以外の感想を・・・

『ミュージックステーション』(5月29日放送)

番組前の「ミニステ」は、出演者の通路で、アーチストさんを嵐が迎えるって感じなのですが、潤君ったら、出演者の皆さんが通るたびに、「好きです!」と会釈するところが可愛かったです!heart01
6月はジューンブライドということで、「結婚式にはよく行かれますか?」と聞かれて、「良く行ってるよね?」と翔君を指さす潤君!なんでそんなことまで知ってるんですか?(笑)今年に入って3回くらい結婚式に行ってるという翔君は、One Loveがかかると、櫻井コールが巻き起こるそうです!(笑)

本篇の方は・・・
な~~んだか、すっごくアットホームな感じで、終始楽しそうだったですね~~~!!林檎さんや平井堅さんとも、すごく和やかで!!!
観ていて・・とっても楽しかったですわぁーーーー!!!

嵐トークは、これまた随分と古い話が出てきましたね~!!(笑)ピカンチとごくせんを同時期に撮影していた時に、夜のピカンチ撮影で川で溺れた話は、なつかしぃ~~~~!(笑)これ・・潤君は服がパツパツの衣装だから・・って言ってましたけれど、あの時は身体的に疲労していて・・・っていうのがあったんだよね~。

「明日の記憶」は・・・メンバーのアップの顔がいちいちカッコ良かったね!!
翔君と潤君の二人がイヤモニしてたのは・・なんでだろう?
潤君が真剣に歌っている表情、めちゃ好きだわぁ~!!

林檎さんとの楽屋トークネタは、面白かったぁ~!!「聞いてよろしければ、是非聞きたいんですが・・芸能人の方に電話番号を聞くのも悪いのか~と思って・・ミュージシャンの方に・・」な~んて、潤君らしいなぁ~!(笑)
林檎さんが、カラオケの約束を社交辞令じゃなく実現したいと思っていたところも・・すてきだー!(笑)
じゃあ、今日行きましょう!」には爆笑!かわいいのう!!!heart01

「ありあまる富」は、聴けば聴くほど素敵な曲だー!!上の娘が林檎さんの大ファンなので、しっかりとCDを買ってくれまして・・借りて、車のコンポにも録音、携帯にも録音しまして・・何度も聴いております。

でもって・・・
平井堅さんが「きっと大丈夫」を好きなのは、結構有名だよね(笑)
でも、またここで話をしてくれたのは、うれしぃ~!!
で・・またまたカラオケ話になって、「もしよかったら、3人で・・嵐も入れて、みんなでカラオケ行きましょう!」は・・最高ですねっ!!!!goodニコニコ潤君がめっさ可愛いぃ~~~~!!!
凄い豪華メンバーだぁーーー!!嵐メンも、みんなノリノリで話に参加してくれて、平井さんや林檎さんも、ノッてくれて・・思いがけず、めちゃいい雰囲気!!!(笑)
潤君と林檎さんの並びも、めっちゃ新鮮!!!仲良さげに話していて・・微笑ましかったわぁ~!!
打ち合わせ通りに、実現できるといいねぇ~!!!!

『王様のブランチ』

「ひみつの嵐ちゃん」の、新しい企画「スタァ御用達」のセットに座って、質問に答えるのですが・・・これがなかなか面白かったですよぉーーーー!!

one「初デートするなら?」  A:映画  B:海
映画を選んだのは、翔君とニノ
海は潤君と相葉ちゃんと大ちゃん
映画の理由は、翔君:「共通の話題が生まれる」なんですが・・
海を選択した3人はそれぞれ理由が違ってて
相葉ちゃん:「映画を見てる時に会話が出来ない。海はクロールを見せられたり、溺れたら助けられる
大ちゃん:「釣りをする
潤君:「車で海にいって、海見てご飯を食べる
泳ぐ派、釣り派、ドライブ派・・と、3人3様なのがおかしーーー!!(笑)

two「初めてのデートで食事をするなら?」 A:フレンチ  B:ラーメン
フレンチを選んだのは、翔君と相葉ちゃん
ラーメンを選んだのは、潤君とニノと大ちゃん
フレンチを選んだ相葉ちゃんに対して、「意外」というメンバー!(笑)
相葉ちゃんの理由は「こういう機会でもないとフレンチなんて行かない」からだそうで、翔君も「初めてのデートの時じゃないと行くタイミングがない」と言いますが、片や、ラーメンを選んだ潤君は、「最初にフレンチって行きづらくない?この人いつもこういう所に連れていってくれるんだ・・と思われたら嫌じゃない?記念日とか、ここってタイミングの時に行くんだったら分かるよね」という意見にニノも賛同し「向こうも・・企画が通りやすいというか」・・と、潤君とニノの意見は、なかなか説得力があり、思わず納得の相葉ちゃん!(笑)
確かに、最初に気張ってしまうよりも、最初は自分の馴染みの店に連れて行ってくれる方が嬉しいよね・・。最初に高級店だと、こっちも無理して気取らないといけない感じになるもんね・・。記念日に二人で贅沢するっていうのが嬉しいかもね!

three「初めてのデート、プレゼントするなら?」 A:花  B:ぬいぐるみ
花は、ニノと相葉ちゃん
ぬいぐるみは、翔君と潤君と大ちゃん
そこらへんに咲いてる花でも良かったんですよ!」のニノ発言は、カッコイイではないですかっ!!good
それに対して、「花は枯れてしまう」という大ちゃん。
27歳があげるぬいぐるみって何?」と聞かれて「くまのぬいぐるみかな!」と翔君!(笑)
うーん、これは、どっちもどっちかも・・。ってか、この二つしか選択肢がないのが問題かも~~~!(笑)

four「初めてのデートで告白は?」 A:自分からしたい  B:相手からされたい
したい派は、大ちゃんを除く4人!!
で・・潤君から名言が飛び出しました!!!!(笑)
潤君が恥ずかしがらずに自分からしたい・・という理由は、「告白したいと思った瞬間に恥ずかしいってないよね。(感情が)溢れないと言わなくない?」・・・・なーーーるほどぉーーーーーーー!!!!おっとこまえgoodgood
おおぉーーーとレポーターの人に言われると、潤君照れて、札で口元隠しました!!(笑)あはは~可愛いのう!!!
ニノの、「好きだ!っていう派。つきあって・・だとお願いになっちゃう」というのも分かるわぁーーーー!!!
大ちゃんの「いい加減、あんた、告白しなさいよっ!と言われたい」っていうのも笑う~~~!!!happy01

『うたばん』

芸人さんたちのコラボ企画が、めっちゃ面白かったわぁーーーーーー!!!
これ、それぞれのメンバーがコラボした芸人さんって、まさしく適材適所的にピッタリだったよね!!!!
ぜーーんぶ、ほんとーーに上手いし面白可愛かったよぉ~~~!!happy01
嵐さんたち・・腕をあげたわぁー!!!(笑)

特にゆってぃーと相葉ちゃんのコラボなんて、そのまんまコンビでやっていけそうなくらいにピッタリっ!!!!可愛かったぁーーーー!!!

でもって・・フォーリンラブと潤くんのコラボは、めちゃめちゃバービーさんが羨ましいわ!(笑)
ってかーーー潤君が、めっちゃめちゃ可愛いぞーーーー!!heart02髪型といい衣装といい最高に可愛いところにもってきて・・立ち姿や芝居もいちいちカッコ可愛くて・・いいっ!!!!緊張して噛んじゃうところもツボ!!!(笑)

~~~~~~clip

最後に・・この間の「ジュンスタ」で、ツボだったところだけちょこっと語らせていただきますと・・・

スマイルの嵐・・というコーナーで、リスナーからのメールに、「娘の幼稚園の運動会の障害物競走で、平均台で一番に走っていた子が落ちてしまい、2番を走っていた娘は抜かさずに助けて待ってあげた。親としては一番になるより嬉しい」という内容のメールに
いい話ですね~!競争社会の中で競争せずに、人を蹴落とす事なく人のために支えていこうと・・。素晴らしい子じゃないですか!それを幼稚園の時に出来るってなかなかないんじゃないですか?教え方とか、育ち方とか、何を観て来たかっていう事にもよるんでしょうけど。俺ね・・ホントにね~子供時代って、大事だな~って思うんですよ。(中略・・)
感受性がさ~形成されていく時期だったりするじゃない?感受性っつうか、何を見て、どう思うかっていうのを、見せれば見せるほどある種響くけど、見せ過ぎてもさ~パニックになっちゃうだろうし・・。その辺、難しいとは思うんですけど。それもさ~子どもがさ~進んで習い事をしたいって言ったりとかさ、していったりするのとかを聞いて、あ~やっぱりこうやって可能性っつうのは、伸びていくんだなーと思うし。
何を大事にするかだったりすると思うんですけど、お金をかければいいってものでもないだろうしね~。
小さいうちに、いろんなモノを見て、いろんな事を感じられた方がいいんだろうなーって思いますね。
絵とか写真とかじゃなくて、実際に山に行ったりとか・・実際に動物園に行ったりとか、そういう事をするといいという教えがあったりとか・・。

あとね・・人から聞いた話なんだけど、おにぎりを作るのに、田んぼにいって稲をかって、どうやってお米になるかっていうのを学んだうえで、そのごはんでオニギリを作るんだって。オニギリっていうか、米ってどういうモノかを・・こういう風に出来るんだよっていうのを、そのころに教えるんだって。なるほどな~~って思いました。いきなり「これはありがたいんだよ」って言ってもわからないだろうから、なぜそれがありがたくて、どれだけ大変なのかっていうのを、幼稚園児とかに教えるんだって。すげーな~って思った。
やっぱり、教育って大事なんだな~って思いますね、改めて。」

っていう話なんですが・・・
これ、凄く分かりますわー!!!!
ほんと・・小さい頃に何を見て、どう心が動くか・・って凄く大事だと思うし、写真や本や映像で知識だけを得るんじゃなくて、実際に体験して観て感じることって凄く大切ですよね・・。実際に自分が体験することで、その時に感じる気持ちのみならず、風や汗や香りや・・五感すべてで得るものって、すごく大きいと思うし、実際に自分の目で見て考えて、知ることから始まる・・と思いますもの!!!でも・・「見せ過ぎてもパニックになる」とか「お金をかければいいってもんじゃない」・・というところに気づくところも、さすが潤君!goodと思ってしまいましたわ!
潤君の話を聞いていて・・・潤君って、めっちゃ素敵なパパになるだろうな~~~って思いましたわ!!!

リスナーのお子さんのように、平均台から落ちてしまったお友達を待っててあげたい・・って気持ちも、誰かに教わったのではなく、自然とそういう気持ちになれるってことが大事だと思いますし、親としてはとっても嬉しいですよね~!
私・・例えば、「運動会とかで順位をつけること自体に反対!」という意見も昨今・・あったりしますが・・う~ん・・そうかな?って思ったりもするんです・・。運動が得意な子は、運動会で頑張って1位になるって素晴らしいことだし、絵の上手い子は絵で賞を取るのも凄いと思うし、勉強が出来る子もしかり・・。
順位を付けることに問題があるんじゃなくて、順位を気にすることに問題があるように思ってしまうんです・・。
うちの子は、特別運動神経がいいわけじゃないから、運動会や持久走で、1位になることは殆どないです(むしろ後ろの方で・・・(^^;))でも、運動会は好きなんですよ!(笑)個人の順位以外のことで、楽しみを見つけているんですよね。しかも徒競争も走りが遅いくせに、全く嫌がってもなく・・・。(笑)走りが速い友達を、誇らしく私に紹介する娘・・・。(笑)
本人は団体競技や、クラスメートの応援や、お昼のお弁当とか・・そういうのが楽しみみたいで。(笑)
順位がついても、順位は順位として認めて称えてあげられることも大事だと思うし、順位自体を問題視するよりも、大らかに温かく受け止める心を育てる方がいいように私は思ってしまいます!!!coldsweats01

って・・・なんだか、話がそれまくったわ・・・。(^^;)

スマイル8話の感想を書きたかったのですが・・・・別エントリーでじっくりと語りたいと思います!!!

| | コメント (21)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »