スマイル

2009年6月30日 (火)

スマイル最終回の感想♪

なんと・・・やっと感想をアップできるーーーと思ったら、ココログにトラブルが発生して、全くサイトが機能しなくなってしまいました・・・。いったいどうした??焦ったよぉ~・・・・・。やっとログインできて・・・ほっ!
お願いしますよ・・・ココログさん・・・。sweat01

ということで、気を取り直して・・・

まずは・・・Enjoyに綴られている文面に・・・ほっこりすると同時に、本当に本当にスマイル・・お疲れ様でした!!という心っから伝えたい気持ちでいっぱいだよぉ~。なんだか、Enjoy読んでたら・・涙が出てきたもの・・。
私もね・・潤君と同じで、スマイルの世界からまだまだ抜け出せないんですよ・・。
潤君には、コンサートの構想を考えながらも、ほんと~にゆっくりとしてもらいたい!!メンバーと楽しく過ごす・・なんて、思わず・・キュン!heart02となっちゃいましたわ!!

会報にも書いてありましたが・・・ビトという役・・本当に本当に難しい役だったよね・・。
周りの人の気持ちを考えすぎてしまうあまりに、常に自分の感情を内側に押し込めて、一人葛藤し苦悩し、常に受け身な役だったので、感情を表に出して爆発させることも出来ず・・・。
潤君も、演じていて、いまだかつてないほど、ものすごく精神的に過酷な役だったんじゃないかなーって思う。
しかもね・・役とはいえ殺人を犯して死刑囚・・ってのも、相当に相当にキツカッタよね。
本当に本当にお疲れ様でした!!m(__)m
今まで演じてきた役では、潤君の繊細な表現力や圧倒的な存在感が大好きだったけれど、スマイルでは、今までとは、また違う表現法で、オーラも目力もなくした抑え気味な演技に・・すごいなーーと感心しまくりでした。heart
もう・・潤君が演じていることすら忘れて、ビトとして、“そこ”に存在していましたもの!!!
かっこいいヒーローじゃなくて、もがいてもがいて怯えて、何度も泣いて葛藤していくビトは、私にはとても人間的な体温を感じられて、潤君の演技に終始心もっていかれて、泣かされっぱなしでした
ますます・・役者松本潤の魅力にはまっていく・・私ですheart01
また更なる違う役の潤君がもっともっと観たいなーーーなんて、欲張りになっちゃうほど・・ビトという役で、一つの山を乗り越えたなぁ~~なんて感じちゃいます!!!!

さて・・・まだまだ私の中では、スマイルの余韻に浸りきってて・・うまいこと感想がまとめられずにいるのですが・・・感想・・書かせていただきたいと思います・・。脱線しまくり・・支離滅裂になると思いますので・・さらっとさらっと読み流してくださいませ・・・。coldsweats01

スマイル最終回

とにもかくにも・・・ほんとーーーーに、良かったぁーーーー!!!heart02goodという気持ちでいっぱいです!!!
もしかすると・・・あのままビトが2000年の冤罪を背負ったまま死刑が執行されてしまい、理不尽さをとことん見せつけて問題を提起する・・という結末も、それはそれで意味があるのかも知れませんが・・・私は、それではあまりにも心の置きどころのない、救いのないドラマになってしまい・・衝撃だけは残るのかも知れませが・・「死」をもって問題提起をするよりも、「生」で償う意味を示してくれて・・・本当に救われた思いがしました。
死刑執行の朝・・ビトの泣き崩れるシーンがつらくてつらくて・・ドアが閉まった時には、「やだーーーーーーーーーー!!」と涙ながらに叫んでしまいましたが・・死刑が回避されたことが分かり裁判シーンでビトの姿を見えた瞬間、「よしっ!!!!!」と、めちゃ大きな声で放った主人の顔を見たら・・・涙流しながらも、超いい笑顔になっていまして・・・それがまた、このドラマを物語っているなーなんて思ったら、また涙があふれてきて・・・。sweat02

「死」をもって問題提起をした宗助さん・・・宗助さんは「死」を自ら選んでしまった・・。そうせざるを得なかった清らかな心のうちを思うと・・つらいのですが、これが・・最終回でみどりさんが語った「お父さんに怒る資格なんかないですよ。自分だけ勝手に死んじゃって。・・・なんてね。時々文句言いたくなるんです。私達の為だったってことはわかってるんですけどねー。・・どんな時でも、死んだら負けだろ~って言いたくなっちゃう。」・・って言葉通りなんですよね・・。
一馬さんがビトに言った「何でもかんでも一人で背負い込んで、実はな、それが一番自分勝手なんだよ!」にも繋がりますよね・・。

だけど・・もしもビトが林を殺してしまった罪の意識以上に、花ちゃんを守って生きていくことや、生きて罪を償う・・ということだけに意識がいって、一馬さんに「2000年の冤罪を晴らしてほしい。僕は死にたくない」と懇願したとしたら・・・それはそれで、ビトの性格からすると・・ものすごく違和感なんですよね・・。ビトの償い方は間違っているかも知れないけれど、すごくビトらしい決断のようにも思うのです・・。
人を殺めた罪の重さと・・花を思う気持ちを量りにかけるなんて、数学のように答えなんて出るわけもないくらいに複雑な心理状態だと思う・・。どっちもビトにとってはあまりにも心を占めていること・・・。
ビト自身は会うことをずっと拒んでいたことも・・花ちゃんに会えば、本心がバレてしまう・・と思ったことも・・花ちゃんはほかの誰かと幸せになってほしい・・と思ったことも、私には、とても理解できた・・というか、ビトなら・・そう考えてしまうだろう・・ということが理解できたんですよね・・。
人を殺めてしまった罪はビト自身にしか償えないことだけど、花ちゃんを幸せにするのは自分以外にも出来る・・・という結論をビトの立場なら出すしかなく・・・。
2015年のビトがずーっと1話からドラマの中、映し出されてきて、その達観したような笑顔は・・実は表向きの笑顔であったことも・・心を締め付けました・・。
夜になれば、相変わらずずっと5年間一人で苦しんでいたんですよね・・。
花ちゃんが作ってくれた折り紙にすがり・・・そして、毎日どんな思いで、あのブタの折り紙を作っていたのだろう・・・と思うと・・胸が苦しくなります・・。
一馬さんにも、柏木さんにも弱音を吐かず・・笑顔で乗り切って、花ちゃんのことも忘れた風を装って・・心の中ではただただ花を思い、壊れそうな心を支えるように人知れず・・折り紙を折っていたんですよね・・。
新聞紙で作った箱の中の膨大な数の折り紙を見て・・・号泣です・・・sweat02

一馬さんもしおりさんも、あきらめずに林父を捜してくれていた。

花ちゃんは花ちゃんで・・この5年間、ずっとひたすらビトを待ち続け・・何度も何度もビトに会いにきてくれて・・ビトのレシピで料理を作って・・花ちゃんの一途さにも涙が出ます・・。

柏木さんには、今までもずっとその存在が救いだったけれど、最終回では、ほんとーーーに大活躍で・・花ちゃんに、ブタの折り紙を人知れず作っているビトのことを教えてくれたり・・、何といっても、服務規程違反をしてまでも、死刑執行日を教えてくれたり、自分のクビをかけてまでも、土下座してまで・・花ちゃんとビトに会わせてくれたり・・・、柏木さんとビトの友情が、こんなカタチで功を奏するなんて・・・・もう、泣けて泣けて・・・。
勝村さんの演技も・・あったかくてあったかくて心に染みました・・。

北川検事は、まさか、2000年の事件が本当にビトが犯人だと思っていたとは・・・驚きです・・。2009年の裁判の時に、あれだけ一馬が冤罪だと主張したのに・・キチンと調べようとはしなかったのでしょうか?
あのときは、一馬に勝つことだけがすべてだったのかな・・・。
でも、死刑執行を前にして、ちゃんと自らの正義を貫いてくれて・・ホッとしました。根本的には、正義感のある人であった・・ということが救われますけど・・。
カフェで・・呆然と悩んでいた姿が、とても印象的でした・・。

死刑執行が分かって・・一馬さんが面会に来るシーン・・・。
おはよう!」といつものように笑顔で入ってくるビトに・・すでに涙・・。
なんで立ってるの?」とキラキラ笑顔のビトが・・切ない・・。
悟られまいと必死な一馬さんや、いたたまれない表情の柏木さんにも涙・・。
一馬さんのやるせない怒りに、柏木さんの表情に・・死刑執行が決まったことを気づいてしまうビト・・・・・・・・「出たの?執行命令・・」・・・はぁ~~~~ビトの声、表情・・一馬さんと柏木さんの表情に・・・涙涙・・。

電話でその報告を受けたみどりさんや金太やブルの表情にも・・涙・・。

独房で・・窓の日差しをうけて・・・静かに佇むビトの横顔が、瞳が・・あまりにも美しくて美しくて・・・その美しさが神がかっていて・・あまりにも切ない・・・。新聞紙のあの箱を抱きしめるビト・・・あの箱は、イコール花ちゃんでもあるのかも・・・。切なすぎて・・苦しいです・・。

みどりさん・・花ちゃんに伝えてくれてありがとう・・。

死刑執行が迫っていても・・花ちゃんを拒絶しようとするビト・・・。あーーー気持ちがわかるだけに・・つらい。柏木さん・・会わせてくれてありがとう。
花ちゃんに会ってしまったら・・もう思いは溢れてしまって・・それがまた本当にリアルな演技で・・・めちゃめちゃ胸に迫ってきました・・。
花ちゃんの目を見れないビト・・。
ガラスを叩く花ちゃん・・。
花ちゃんの顔を見たら・・5年分の思いがあふれてしまったビト・・。
君にあったら、本当のことがバレそうで・・・どうしても会えなかった・・・ごめん・・。お願いだから、もう帰って・・。君に会えて本当によかった・・って思ってる。僕のことは忘れて・・誰か別の人と幸せになって・・」・・号泣・・。
嫌だっ!!!私はあなたと幸せになりたい。私はあなたが・・」(声が出たよぉーーーーーーーウルウル・・
待って・・。花ちゃん・・・・・好きだよ・・」・・・・・なんて優しい声・・・号泣なんてもんじゃないですーーー・・・。
ビトの号泣・・花ちゃんの涙に・・・・もう・・心が押しつぶされそうになりましたもの・・。リアルすぎて・・・。
そして・・・やっと、ビトと花ちゃんの出会いが、ここで語られて・・・。
そっか・・・花ちゃんは声が出たら・・この思いを伝えたかったんだね・・。(涙)
ブタのアップリケがついたハンカチだったとは!!!
あの子・・花ちゃんだったの・・」のビトの優しい顔にキュン・・・。そのあとの花ちゃんの綺麗な笑顔にキュン・・。
そっか・・だからブタだったんだ・・」・・・・いい表情だよ~~~。
周りがみんな信用できない敵だった花ちゃんにとって・・ビトの優しさだけが救いだったんですよね・・・。
あの日から、ずーっと、ずっとずっとあなたが好きだった・・」・・ウルウル・・。
書店で運命の再会をしても・・ビトは変わらず優しい人だった・・・。淡い初恋が、運命の人だと確信に変わった瞬間だったんですよね・・。あーーこの気持ち・・・わかるなぁ~・・・。
僕ね・・こうなって初めて死ぬってことがどういうことなのか、わかったんだ・・。正直怖い・・・凄く怖いよ・・。でも・・僕はやっぱり重大な罪を犯したんだって・・何があっても人の命は奪っちゃいけないんだ・・。でもね・・花ちゃん・・死ぬってことの意味がわかって・・初めて生きることが分かった・・。僕は生きたいと思った・・。君と一緒に行きたくてたまんない・・。僕は間違ってた・・一馬さんの言うとおり・・どんなことがあっても必死で生きようとしなければいけないんだって・・僕はやっぱり馬鹿だ・・・・」・・・こんな瞬間まで・・誰のことも責めずに・・自分が馬鹿だった・・と言うビト・・。「凄く怖い」と・・花ちゃんにやっと本音を語ってくれて・・・もう・・号泣です・・・。
引き裂かれる二人が・・・あまりにも惨くて・・・悲しくて・・・いたたまれない気持ちになりました・・。

死刑執行の当日・・・・穏やかな表情のビトに・・・・涙涙・・・。
キチンと正座して、花ちゃんからの手紙を読むビト・・。宗助さんからもらった本を手にするビト・・そして・・あの箱の中の大量のブタの折り紙に・・号泣!!!!その中に・・花ちゃんが折ってくれた折り紙をそっと入れるところに・・・じーーーーーーんとしまくり・・・・。
あのチラシを壁からはがして・・最後の折り紙を折るビト・・・手の美しさ・・横顔の美しさが切ない・・。開かれるドア・・・、(キリンさんが見える埠頭で号泣する花ちゃん)・・花ちゃんへの手紙を読むビトのモノローグと、ビトの表情・・所作すべてに・・・・号泣です・・。大切なものは・・目に見えないのだから・・・・。僕がいないことを悲しまないでください。僕はいつもあなたの笑顔の中にいるから。僕らの世界には笑顔があふれているのです。」って・・・悲しい過ぎるよーーーー・・・。
(スマイル1話の冒頭のシーンは、実は死刑執行の朝で・・最後に折った、あのキング牧師の「I have a dream」のチラシを切って作ったブタで、「僕には夢がある・・・」から始まるモノローグは、花ちゃんへの遺書だったなんて・・・・・・・・。あーー切なすぎる・・・。)
花ちゃんの気持ちを気遣いながら、精一杯、前向きな遺書を書いたビトが・・・最後の最後に・・廊下で泣き崩れてしまうシーン・・・ビトの泣き顔、背中が・・・もう・・あまりにも切なくて・・・ドアが閉まる瞬間「やめてーーーーーーーーーー!」と叫んでしまいました・・・。きっと助かる・・きっと助かる・・と呪文のように・・唱えながら・・・。
(このシーンの・・・演出、BGM、潤君の演技・・・めちゃめちゃ凄かった!!!!!
コスモスのアップの映像も素敵だし・・・柏木さんが走ってくる姿が・・・・もう、天使に見えたよーーーーーーーーっ!!!!

林父を説得してくれる一馬さん・・・。泣けてしまいます。
林父は・・・この期に及んでも、組織への忠誠心で証言を断るなんて・・・。
一馬さんが、林父に林の寂しさをもちゃんと語ってくれたところ・・・凄く良かった。そう・・すべての元凶は林父なんだもの・・・。
彼もまたあなたの被害者の一人です・・。2000年の事件で、あなたが彼を庇うことなく、正しく導いてやっていれば、こんな事態には至らなかったかもしれない・・。彼が命を失うことはなかったかも知れないんです。あなたに人の心があるならば、もうこれ以上、若者の命を無駄にはしないでください。」・・・ほんとに・・そのとおりだよね・・。
自分の体面やら、組織よりも、人の親として正しい行動さえしていれば・・・こんな不幸は起こらなかったのではないか・・と。
林父にも・・・人の心が残っていて・・・良かった・・・。

2000年の事件の再審で・・・やっと・・・無罪を勝ち取ったビト・・。
林父の口から・・「早川さんには、息子の分まで生きてほしいと願ってます」と頭を下げる林父・・驚くビト・・・。ビトはやっと救われた思いがしたのではないでしょうか・・。そして、林父も・・冤罪の証言をしたことで、やっと・・・救われたのかも知れない・・。
主文 被告人は、無罪」と法定に響いた時・・・ビトとともに・・・号泣ですよーーーーーーーーーーー!!心っからホッとしました・・。
ビトの泣き顔・・一馬さんの表情・・・あーーー泣けるーーーー
回想シーンとともに、これまでの長い道のりを思い出して・・また涙ですよ・・・。

2018年・・・
一馬さんは、本名にちゃんと戻していたこと・・・じ~~ん・・。
花ちゃんは・・ビトの帰りを待ちながら・・多国籍料理の屋台の店を開いていたこと・・・じ~~~ん。しかも・・ビトが大事にしていた本を、ちゃんと飾ってあるところにもじ~~ん!!
そこに現れたビトーーーーーーーーっ!!!短髪が黄色い涙の勝間田チックで、やけに幼くって可愛い!!!!heart01(笑)
(刑務所に移ると、髪は坊主なんだよね・・。出所が近付くと髪を伸ばしてもいいんだよね?)
花を見上げる瞳が・・・めちゃ優しいよぉ~!!!!
ただいま」「お帰りなさい。待ってた。」・・・あーーー良かったぁーーーーーーーーー!!
抱き合うビトと花・・・・ビトの優しい笑顔に癒されまくります・・・。はぁ~~~~・・ウルウル・・。
ビトが・・・あれから3年で出てこれて・・・本当に良かった・・。うんうん、この量刑はめっちゃ妥当だと思いますし、模範囚だった・・ってことも、頷けますわぁーーー!!!

林のお墓参りにいくところ・・・・凄く・・心に残りました・・。
罪を償ったとはいえ・・やはり・・ビトの中では、ずっと十字架を背負っていきていくことには変わりないわけで・・。ビトの中で、ずっと林も生き続けてほしいし・・ビトなら・・どんなときも決して忘れることはないでしょうね・・。

ビトと花ちゃんの二人・・・やっと二人で夢をかなえることが出来て・・心底救われました・・。
お揃いのユニフォームを着て・・お揃いのブタのバンダナをして・・笑顔の二人・・・可愛い過ぎます!!!!!heart04
ビトを支えてくれた全て人の笑顔がまぶしいです!!
そこに大トロを持って駆け付けてくれた柏木さんに、抱きつくビト・・この二人の可愛さにも・・・・めっちゃやられたぁ~~~~~~~~~!!!!
微笑ましいシーンなのに・・・二人の満面の笑みをみたら・・感動して泣けてしまったよ・・・。ビトが・・柏木さんを嬉しそうに皆に紹介している感じのところも・・めっちゃツボ!!
(柏木さん・・・その後、クビになったりしてないよね?大丈夫だよね?うん・・大丈夫だと信じよう・・。)
宗助さんの写真に・・・じ~ん・・。
一馬さんの最後の「ビトが踏み出した一歩は、ほんの小さな一歩だ。しかし大切なのは、諦めずに戦い続けること・・。我々は決して一人ではない・・」・・・じーーーーん・・。
ビトと花ちゃんの笑顔と・・・・スマイルの看板・・ブタちゃんロゴマークが可愛い!!heart01ブタちゃんのキーホルダーまでしっかり置いてあって・・ウルウルです・・。

凄く・・・素敵なラストだったと思います。
最後・・あとせめて10分くらいあって・・再審のシーンから、ラストまでを丁寧に描いてほしかった・・という気持ちもあるにはあったのですが、短い時間の中でも、しっかりとまとめてくれたなーーー思いますし、私としては大満足です!!!!!(*^▽^*)
本当に本当に・・・いろんな意味で心に残り・・考えさせてくれたドラマをありがとう・・という気持ちでいっぱいです!!!!!

最後・・少しだけ・・気になるところは・・・・古瀬は・・・どうしたーーー?ってことと・・・ホームレス役の方の中に、大ちゃんに似た方がいらっしゃって・・ちょっとビックリした・・ってことでしょうか?(笑)

~~~~~clip

このスマイルというドラマ・・・本当に、それぞれの価値観、経験によって、まるで違う見方が出来るドラマだと思いますし、とてもデリケートで難しいテーマを扱っている分、賛否両論もあったのでしょうし、私自身もはぁ~・・とため息が出てしまう展開や、え?と思う疑問がなかったわけではありません。
それゆえ・・いろんな思いが錯綜したので、ブログを今までやってきて、スマイルの感想を書くのが一番難しかった。でも・・なぜか一番長く書きたくなってしまう・・という、とても不思議なドラマでした。
日ごろから・・私と主人の中では、子どもを育てていくうえで、あれこれと親の価値観を押し付けたり、要望を押し付けたりはしないようにしてきているつもりなのですが、唯一ずーーーっと願いを込めて言い続けていることは、「卑怯でずるい生き方だけはしないこと!」なのです・・。
(以前・・ZEROで苛め問題を取り上げた時にも同じようなことを書かせていただきましたが・・・)
誰が認めなくても誰が見ていなくても、もう一人の自分が必ず自分を見ている意識でいてほしいし、卑劣で恥じるような生き方をしてしまうと、自分自身が心っから笑えないし、自分で自分の人生を汚してしまうことになると思うから・・・と思っているのです・・。
私たち夫婦の考え方がいいのか悪いのか・・はわかりませんが、たぶん・・・私と主人が(子どもたちもですが・・)このドラマにハマったのは、ビトの生き方、ビトを支えてくれる人の生き方が・・今の時代には凄く損で不器用でなかなか理解されずらい生き方かもしれないけど、何があっても「そうあってほしい」という願いが映し出されていたから・・・余計に熱く語りたくなってしまったのではないかなーと思います。

ビトって・・・人の心を内側を映す鏡のような存在だなーって思う。
偏見や差別という点でもそうですが・・・ビトの純粋さを“弱さ”“愚かさ”と感じて弱いものを「利用しようとする人」と、その純粋さを“大切なもの”と感じて「守りたいと思う人」・・あなたはどう思いますか?みたいに・・・突き付けられているような感じで・・・。

やられたらやり返す!とか、危機を察知してうまく立ち回る!とか、そういうことが出来ないビトにイライラする・・というのもあると思うのです。
それは・・たぶん、ビトの優しさがすべて裏目に出てしまうことのイライラ感ですよね・・。(以前にも書きましたが、それは展開上の結果論ではあるんですけどね・・・)
実際私も・・・もーう・・どうして~?と思うこと、ありましたもの・・。
そんな時に主人に「ビトの純粋さが本当であればあるほど、そんなにイキナリ器用に立ち回ることが出来ないってことは、実はとてもリアリティーがあることだろ。ドラマチックにカッコよく立ち回る主人公に変貌を遂げていくなんて・・そっちの方が違和感だよ。ビトの中にある強さっていうのは、行動で示していくわかりやすい強さじゃなくて、目に見えない心の美しさなんだよっ!!!」・・・と、言われましたっけ・・。coldsweats01

ビトのように、人を恨まず復讐心を持つこともない人って、時として、「受け身で弱い人」に見えるけれど、でも、その心根の美しさに触れた人は、ビトのその清らかな心を「守りたい」「救いたい」と思う。ビトには、そう思わせるだけの“力”があると思うのです。
そして・・・その清らかさを救っているつもりが、ビトの純粋さや存在に、また「救われている」・・・ということなのだと思います。

花ちゃんにしても、一馬さんにしても、町村フーズの人々にしても、そして柏木さんにしても、そうだと思うのです。
なぜ、みんながあそこまでビトを助けたいと思うのか?というのは・・ビトを死なせてしまったら、自分自身の心が潰れてしまうほどの存在なんですよね・・。ビト自身は、自分が助かりたいからといって、他力本願的に人を利用することなど考えないから、余計に「愛おしい」と思うのだと思います。
ビトのように計算も打算もまるでない綺麗な心を持っている人と一緒に居れる・・ということは、何物にも代えがたいほど幸せなことだと思うし、心から救われて、嘘偽りのない心からの笑顔でいられると思うのではないかと・・・。
その気持ちは・・・私、ものすっごくわかるのです!
人を恨まずにきれいな心を持ち続けていること・・・これこそ、もしかしたら真の「強さ」なのかも知れない・・と。
「ありあまる富」は、ビトの心の純粋さであり、それを守ろうとする皆の心の価値でしょうね~。

そして・・・このドラマ・・・本当に本当に・・キャストの演技が素晴らしかった!!!!潤君をはじめ・・中井さんも、結衣ちゃんも、小栗くんも、いしださんも、前田さんも、小池さんも、勝村さんも、徳山くんも、鈴之助くんも・・・全員!!!!ダークサイドの甲本さんも、北見さんも・・・素晴らしかった!!!
キャストの演技で、本当に見ごたえあるドラマにしていたなーって思います!!!

脚本に対しては・・思うことがなかったわけではありませんし、残り2話に脚本家が変更になったことに対しても・・思うことがないわけではないのですが・・・正直、そこは、「どうしてなのか?」を詮索をしてみても仕方ないことだと私は思ってます。作り手が納得して出した作品がすべて・・だと思うので!!!!good願わくば・・もしもカットされたシーンなどがありましたら、ガッツリとDVDに入れてほしいなーーっておもいまーす!!happy01

スマイルの感想に関しては・・・私自身、自分のニュートラルな感覚を大事にして書きたいと思っていたので、感想をアップするまで、公式の感想すら読まないようにしておりました・・。
あまりにもまとまらない思いのまま、つらつらと書かせていただいたので、読みずらい点が多々あったと思います・・・。m(__)m
感想をアップしてからは・・本当にたくさんの方からコメントをいただきましたし、メールで感想を送ってくださった方もいらっしゃいまして、その皆様の見方、思い、考え方に、私自身もまた改めて多くのことを学びましたし、その感想すべてに、「なるほど~」と思い・・目がしらが熱くなりました!!
ブログをやっていて良かったーと、つくづく思った次第であります!!!
貴重なご意見、ご感想・・本当に本当にありがとうございました。m(__)m

~~~~~~~clip

「キミハ・ブレイク」で、スマイルのNGをやってましたね~~~~!!!(*^▽^*)

ドアを外しちゃう金太とブル、焦って抑えるビト潤くん・・・可愛かったぁ~!!

中井さんと小栗くんと潤君のシーンのシーンで、街に流れる5時のチャイムに「じゃあ、4時も教えろよ!」とチャイムにツッコミいれる中井さんに、「5時だけにしましょ!わかんなくなっちゃうから・・」とおだやか~に言う潤君が、めっちゃツボ!!(笑)

町村フーズの食卓のシーンで、鈴之助くんが料理を落としちゃってNGになったときの潤君の笑顔と「俺の魚がどんどんなくなる!」のツッコミに爆笑!

えーっと、ビトの雰囲気とはあまりにも違う男らしさheart01に・・・・びっくりです!!!(爆笑

~~~~~~~clip

レギュラー番組や、うたばんの感想はまた改めてじっくりと語りたいのですが・・・

とりあえず言いたい・・・

「Everything」のPV(特典DVD)・・・さいこぉーーーーーーーーー!!!!!heart01嵐5人ともほんとにかっこいい!!潤君・・・めっちゃめっちゃおっとこまえheart01とってもシンプルな作りなんだけど、ものすっごくいい雰囲気が流れていて・・すっごくお気に入り!!曲も聴けば聴くほど・・心に染みるすっごくいい曲だぁーーーー!!heart01

| | コメント (54)

2009年6月23日 (火)

スマイル10話の感想♪

スマイル10話・・・・

潤君の演技に・・・圧倒されて、しばし・・観終わったあとに身動きができなかったほどです・・。
ビトの苦悩が痛いほど伝わってきて・・・号泣でした。
もう、なんていうか・・・演技?っていうのを越えてしまった感があるくらいに、そこにビトが“存在”していることに驚くとともに・・ビト潤君を見ていると、ドラマの中のことだというのを忘れてしまって・・ビトの心情と寄り添うと、ただただ切なくなってしまいます・・・。

10話は・・・
怖くて、悔しくて、哀しくて、切なくて・・・・やりきれない思いが、ず~~~~~~~~~~~っと、頭の中をグルグルとしておりました・・。
この気持ちは、いったいどこに向ければいいのか・・・う~~~ん・・・

怖いです・・・。なんなんでしょうか?裁判員制度って・・・。
柴田が言ったように、「人の命って、そんな・・こちらの都合で奪ってしまっていいものでしょうか?この裁判は、過去の事件を含めてわからないことが多すぎると思います。そんな段階で死刑を決めることは出来ません」って・・・本当にその通りだと思います。
たった3日で、一般の方々が、たったこれだけの判断材料だけで・・人の命を奪うことが出来る権利がある・・・・って恐ろしくて怖くて・・たまりません・・。
冷牟田や叶は・・もともと両極端な考えの持ち主でしたから・・あ、そうか、やっぱり・・と思いましたが・・。
花の父親のこと、林母の証言で・・私情が入りまくりな掛井や徳島・・。
この二人には、正直、がっかりさせられました・・・。
じゃあ・・死刑で」「死刑に1票」・・・って、深く事の真意を見極めようとするよりも、その時の感情で、こんなにも、あっさりと死刑を口にする・・。
徳島の「じゃあ」に、心が寒くなりました・・。じゃあ・・って・・。
掛井も、あれだけ「一人の人間の人生がかかっている」と裁判が始まる前は言ってたし、ビトに対して同情的だったのに・・花の父親の事のことで・・何の疑いもなく「死刑」ですか・・・。でも・・実際にありえそうなことなので、余計に怖い・・。
最初はちゃらんぽらんに見えた真田ですが、事の本質を真田なりにちゃんと見て冷静な判断をしたことには驚きました。「人間の真実は、結局行動だと思うんです。口では何とでも言えるし、嘘もつける。だから真実は、行動でしか示せない。2000年の殺人事件を、彼が本当に反省しているなら、どんなことがあっても、昔の仲間に近づくべきではなかった。でも彼はそうしなかった。昔の仲間を断ち切れず、殺人に及んだ。」・・たった、これだけの判断材料では、真田のように判断しても仕方ないとは思う・・・と客観的に思えました。
ただ、真田は2000年の殺人事件が、ビトが起こしたこと・・だという前提の判断ですよね・・。そして、どういうふうに林がビトに近づいてきて、どういうふうに追い込んでいったのかを知らない・・。
せめて・・・その2000年の事件や、林がやってきた悪行を知った上で、判断をしたい・・と言って欲しかったけど・・・。

こんなにも、弁護士と検事の言う事が真逆な事件で、しかも「極刑か否か・・」を評議しなければいけない件なのに・・・3日で・・・多数決で・・さっさと決めていく・・という恐ろしさに、どんよりと重い気持ちになりました・・。
裁判官の1票も、裁判員の1票も・・・同じなのか・・と思うと驚きます・・。
だって・・これはドラマだから・・というよりも、この先、裁判員制度自体・・こういうことなんでしょ?!・・・・・・・う~ん・・・恐ろしい・・。
自分が裁判員に、もしなったら・・・と思うと、怖くてたまらないわ・・・。

林母の証言・・・
これって・・証言をする順番が違えば・・また違った印象になっていたように思う・・。たとえば、みどりさんと林母の証言の順番が逆だったら・・・。
それはそれとして・・・
林母の証言を聞いていて・・母としてわが子を思う気持ちは・・・わかりますし本心だと思います。
が・・・・・・今更ですか?という冷めた目で見てしまう自分もいます・・。
暴力を振るう夫が怖くて、小学生の息子を置いて家を出た・・って、息子も暴力を振るわれているのを見ているのに・・・わが子よりも自分かぁ・・・。
いくら離婚の条件だと言っても、わが子の身を案じているなら、会わずにいられることが・・・私は信じられない。会う気持ちがあるのなら、(様子を観るだけでも)方法はいくらでもあったと思う。
どういう人生を歩んでいるのか気にするよりも、新しい自分の生活が大事だった母なのに・・。・電話すらけんもほろろに切ったのに・・。
もしも、林が電話した時に、母親が受け入れてくれたら・・林はビトを騙して甲斐を殺そうとはしなかったかも知れない・・と思うと、やりきれない思いです・・。
こういう状況になって・・・母という立場で証言台に立ち・・「小さい頃は優しいイイ子だったんです」って・・絵を見せて涙ながらに訴える姿に・・・私は言い知れぬ違和感を感じてしまいました。だって、当たり前だよ・・小さい頃、林にとって唯一の救いは母の存在で・・そこだけが光だったはず・・。なのに・・・。
母親に捨てられてから、林はどんな人間になっていったのか・・この母親は全く知らないのでしょうか?
息子が殺人を犯したことも?暴力三昧だったことも?ビトに罪をきせたことも?人の人生を踏みにじってきたことも?・・・わが子の生きてきた過程をしっかりと自分で見極めてから、この証言台に立つことが、せめてもの償いではないのかな・・と思いました・・。
もしも・・それを全て知っていて、この証言をしたとしたら・・・私はやっぱりこの母親に対して、納得できないものを感じます。ビトに下された「死刑」の宣告を、どういうふうに受け止めたのだろうか?気になります・・・。

ビトの母親が、証言台に立ったら・・どういうふうに言ったのだろう?
林に殺害された少年の母親が証言台に立ったなら、どういうふうに言っただろう?と・・考えてしまいました・・。
ビトには、親の愛を訴えてくれる母は・・いないのですか・・・。
実際・・・ビトには、肉親の証言以上に意味のあるみどりさんの証言がありますよね・・。
それこそ、赤の他人が、あそこまでビトの人間性を証言することの方が凄いことだと思うのだけど・・・。
ビトを支えてくれる人たちは、なぜ他人であるビトを、そこまで支えたい、助けたい・・と思うのか?・・それは、ビトという人間の清らかな心根に、周りの人たちも救われているからだと思う・・。
そこを分かってはもらえないのかな・・・。

林とビト・・・前回も書きましたが・・同じ様に親の愛を知らずに育った二人・・。同じ様に・・親の愛を求めて、母の絵を描いて・・温かい家庭を夢見た二人・・・。
でも、成長をする過程で・・ひとりは人のせいにしたり恨んだりせず、常に自分自身の弱さと向き合い、、ひとりは全てを周りのせいにして暴れまくり・・・。
思うのです。もしも、ビトがほんの少しでも林のようなずる賢さがあったら・・・林がほんの少しでもビトのように相手を思いやる心があったら・・・もしかしたら、この悲しい事件は起こらなかったのかも知れないと・・・。

ただ・・・私は、どうしてもどうしても・・林の気持ちに寄り添う事が出来ないんです・・。林やビトの境遇になったことがないから寄り添う事ができない・・というのは前提としても・・林が父親から暴力を受け、母に見捨てられたことで、心が捻じれてしまったことは同情すべきことです!!でも・・林がやってきたことで、どうしても嫌悪感がぬぐえないのは、“林が暴力などで攻撃的に生き、孤独を紛らわせてきた”・・ということではなく、人の命を奪っても罪の意識を感じるどころか、ビトに罪をなすりつけ、なんとも感じない冷酷さや、それだけでは足りず、性懲りもなくビトに殺人を犯させようとする非情さ・・。美奈子を使ったこともそうだけど・・とにかく利用できるものは利用し、人の命や人生がどうなろうと関係ないっていう卑劣さが・・どうしても許せない。
こんな卑劣さは・・・親の愛がなかったから・・っていうこととは、また違うもののように思うから・・・。
親へのあてつけでもなんでも、まだ林自らが手を汚して攻撃的に生きている方が・・私の中では、同情出来る・・というか・・。ワルはワルなりに・・せめて自分のしたこと、することの責任をとるくらいの器であったのなら・・・同情できたのに・・と思ってしまうのです・・。

ビトが林の孤独だった人生を思いやり、自分と重ねて考えることが出来るなんて・・・凄いことだよ・・・。
林母の気持ちをも思いやり・・だからこそ、本心すら言えず、林を悪く言う事も出来ず・・しどろもどろになってしまうなんて・・・優しすぎるよ・・・。
でも・・ビトは、林も自分と同じ人間だった・・と思い、自分の死をもって償おうとしてしまう・・・。
もう・・差別とか偏見とか、そういう問題じゃないんだよ・・。一人の人間として、僕は絶対にしてはいけないことをしてしまった」という懺悔の叫び・・・あまりにも苦しくて・・あまりにも痛々しい・・。
そう・・・そうなんだよね・・「一人の人間として」ってところ・・・凄く大切なことのように思います・・・。差別や偏見に負けたんじゃなく・・・ひとりの人間として・・だよね。
ビトのような人間ならそう思うでしょうね・・・。人として当たり前といえば当たり前な感覚ですよね。
林母の証言を聞きながら・・林が描いた絵を見た時に・・どんどんと表情が変わっていく様・・・凄かった・・。
一馬さんに、「僕も描いたんだ・・林さんと同じようなお母さんの絵を描いたんだ・・・」と語るビトに・・・号泣・・・。
小さい頃の林のことは・・・実際ビトには関係ないこと・・。
でも、林はもともと悪魔ではなかった・・ということが分かっただけで・・ビトは全て自分で背負う覚悟をしてしまう・・・・。
林を殺した罪は償うべきこと。それは当然のこと・・。
でも、死刑の判決になったのは・・再犯だから・・なのに、2000年の罪まで背負うというのか・・・・。それは正義じゃないよぉーーーーー・・・と思いっきり言いたいけど・・・ビトは、それが問題ではなくなってしまってる・・・。
悪魔だと思っていた林→寂しい人間だった→自分が殺してしまった・・・・という事がビトのような人には耐えられいことなのだろう・・・・。
ビトという人の純粋さが、あまりにも・・・悲しい・・・。

花ちゃんを守るんじゃないの?一馬さんや町村フーズの人の思いを無駄にしてしまうの??、このまま・・やってもいない罪まで認めてしまうの?・・・と、ジレンマに陥ってしまうのですが・・・
ビトは、皆の気持ちが痛いほどわかっていたから、今まで一人で苦しんでいても、穏やかな笑顔で接していたんだよね・・・。
でも、それももう林母の登場によって・・限界になってしまったんだよね・・・。
2015年のビトは、花ちゃんを拒んでますよね・・・。
ビトは、「花を守る、花を幸せにする」ということを、自分が花と縁を切るということで果たそうとしたのだと思います。
それは・・花がどれほどビトを愛しているか・・もしかしたら本当の意味で分かっていないのかも知れません・・・。
ビトが、「花ちゃんを幸せに出来るのは自分だけ」「花ちゃんは自分だけをこの先も愛するはず」だという自信より、「僕といるよりも、僕を忘れてくれた方が花ちゃんは幸せになるはず」と思ってしまってる・・・ビトなら・・そう思うんだろうなーと違和感なく思ってしまい・・余計に切なくなりました・・。
ビトは花ちゃんを思いやっても、花ちゃんが救われるわけはないですよね・・。
ビトが死刑になったら、花ちゃんは、決して救われることのない十字架を背負うと思います・・。一馬さんも・・・。
ビトは、自分の存在の大きさに、気付いてほしい・・。
周りに支えられているだけ・・と思っているかもしれないけど、ビトの存在がまわりにどれだけ愛や勇気を与えているかも・・わかってほしいよ・・。
愛されるべき人だから、こんなにも愛されている・・ということに気づいてほしい・・。
なかなか咲かなかった花檀の花が咲いた時・・・林の命の重さを思うと同時に・・・自分の命も大切に考えてほしい・・・。

私は・・というか、たぶん・・多くの親は、子どもを育てる時に「人の立場に立って考えられる人になりなさい」「思いやりを持って」「正直に」「卑怯な生き方をしないで」と願いをこめて・・教えますよね・・。
でも、ビトがもし死刑になるなら・・・そんな教えなど・・あまりにも綺麗事なの??と・・思えてしまって・・やり切れないです・・。
正直者がバカをみる・・・ということを、キッチリと教えないと、不幸になるの?とんでもないことになるの?う~ん・・・そうは思いたくない・・・。

2015年のビトが、あそこまで達観していたのは、死刑を受け入れていたから・・・というのは、なんとなく想像がついていました・・。
だって・・ビトが冤罪であの場にいるのなら、あそこまで達観していないと思うし、かといって人を殺してしまって・・それを何とか一馬さんに助けてもらおう・・と思っている笑顔なら・・それはあまりにもビトらしくない・・と思っていたので・・。
死刑を受け入れて・・・、そしてその苦しみを見せれば一馬さんも苦しむと気遣う表面的な笑顔でもあり・・自らの命で償うことを覚悟したことで罪の呪縛から救われた笑顔でもあるのかも知れないし・・きっと、そのどっちでもあるんでしょうね・・。そう思うと・・あまりにも切なく哀しくて・・心が痛みまくります・・・。

あーーーもう・・・頭がぐるぐるするぅ~・・・・・

ここでビトが死刑になるのだったら、死刑に相当する罪って一体なんなんだろう?これこそ情状酌量が認められてしかるべき事件だと思うのに・・・。
いったい・・ビトの人生ってなんだったんだろう?と思います・・。

思いっきり主観で言わせてもらえば・・

ビトに関わってきたのは、常に林から・・。
そう・・・出会った時も・・・。再会した時も・・・。町村フーズに来た時も・・。
もしも出会ったあの時、林がビトを助けなかったら・・・とまで思ってしまいましたわ・・。
そうしたら・・ビトは気の弱さから苛められることはあったのしても、ビトの性格からすれば、自信がないながらも、人を恨むことなくビトの優しさを分かってくれる人といつかは穏やかな人生が送れていたのでは?
どこかで花に再会(花がビトを見つけてくれれば・・)できたら、普通に穏やかな恋愛を育んだのでは?(花の父親のこともビトが偏見を持つことはないだろうし・・・)
町村フーズの人たちとも、どこかでめぐりあい・・普通に就職することが出来たかも・・。
林と関わらない、穏やかな人生を送っていたのでは?と、そんな気持ちにもなってしまいますわ・・・。
まぁ・・・もしも話をしても仕方ないですし・・・ドラマですしね・・。(^^;)
ただ・・・常に林に翻弄されて・・それを最終的に拒みきれなかった・・ということが、ここまで悲惨な人生を歩むことになる?・・・。
ビトの落ち度?自業自得?というには、あまりにもあまりにも割り切れない思いがあります・・・。

北川の論告求刑・・・これは、もう2000年の事件も含めて、ビトが極悪人という決め付けでしかなく・・・そこには、もう・・事の真意を明白にする正義よりも、この裁判に勝つことにしか視点がいってないですよね・・。苦々しい思いで聞いてました・・。

一馬の最終弁論・・・ビトの罪もちゃんと認めたうえで、公平な立場にたった弁論だったと思います・・。でも・・・裁判員には、一馬の真意は伝わらなかった・・。(泣)
中井さんの演技には引き込まれました

金太は・・・さすがにビトの性格をよく知っているから、ビトが林母を前にして母親の気持ちを思うと、何も言えなくなってしまうことを分かってくれた・・・。

花ちゃんは、「自分のせい」という自責の念を持ちながらも・・一生懸命に明るくビトを励ましてくれた・・。

しおりさんと花ちゃんは一生懸命に街頭で呼びかけて署名運動をしてくれた・・。

みどりさんは、いつもと変わらない笑顔でいてくれた・・。救われます・・。

一馬さんも金太も2000年の事件の証言者を探してくれ・・・。

でも、林父が甲斐たちと取引までしていたなんて・・・。どこまでも汚い奴・・。annoy
そして、古瀬は・・ただ単に外国人労働者に偏見を持っていたわけではなく、過去に差別と偏見により罪を犯した外国人に同情したことで、自分の娘が襲われてしまった・・・。それは本当に同情すべきこと・・・。
古瀬の気持ちは分からなくもない・・。
でも、それは日本人とか外国人とか、全く関係ないと思う・・・。
ましてや、ビトとも関係ない事件・・。
その人、その人、一人一人の問題でしょ。

一馬が言うように、「一人一人を見極めて真実を見つけ出す。それがあんたや俺の仕事」だよね・・。警察が先入観と私怨だけで冤罪を作ってしまなんて、なにを信じたらいいのかわからないよ・・。
自分が間違った判断をした・・と分かっているから、脅かして口止めをしてるわけでしょ?自分が間違ってないなら、正々堂々としてればいいだけのことじゃない・・・。やり方が汚すぎ・・。annoyビトが偏見に負けた犯罪者だというなら、古瀬こそ・・まさにそうだよね・・。

林父や古瀬や・・そして北川も、本当はビトは死刑にするような人間ではないこと・・・わかってるはず・・。
特に北川は、「死刑」の判決が出た時・・複雑な顔していたもの・・。
裁判に勝ったよりも、その瞬間に何かしらの罪悪感を感じたと・・思いたい・・。
どうかどうか・・林父が自らの罪を認めてくれますよう・・・ラスト1話に期待をかけたい気持ちです・・・。
そうじゃないと・・・あまりにもあまりにも救われない・・・。

予告を見た時・・・もう、それだけで涙があふれてしまいました・・・。
号泣のビトと花ちゃん・・・土下座する柏木さん・・・ビトの悲痛な叫び・・・・
お願いお願い・・・救いのあるラストにしてください・・・。

いろいろと細かいことに目を向ければ、ストーリー的に思うことはありますが・・・でも、このドラマの凄いところは、やっぱり・・観終わったあとに、「自分なら」と、いろんな立場に立ってみて考えると・・・怖かったり・・やり切れなかったり・・切なくなったり・・いろんな感情が入り乱れることですね・・。

そして・・・松本潤というひと・・・。
潤君の演技に・・心揺さぶらてしまって・・・・放心状態ですよ・・。

特に・・
★林母の証言を聞いている時のビトの表情の変化がすごい・・。
★「交番なんておそってないし・・計画なんてたててません・・」とか細い涙声で・・否定するのがやっとのビトの表情・・声・・・切な過ぎ・・。
★仮監で誰にも会おうとせず一人、林の孤独を思い苦悩するビト・・その横顔が姿に・・・涙が出ます・・。クレヨンで絵を描いているのは幼き日の自分・・。お母さんと手を繋いでいる絵が・・・切ないよ・・・。
★死刑判決が出た時の表情・・・・魂が抜けていくようなその表情が・・・辛い・・・。でも・・なんだか妙に静かに受け止めていて・・・それがまた切ない・・・。
★2015年のビト・・・「僕は・・これで良かったと思ってるよ」「そういう話は・・もういいよ・・」と言う表情が・・あまりにも清々しくて・・逆に今となっては言い知れぬ悲しみを感じます・・・。
★柏木さんが花檀に水やりをしている後ろで、フェンスに凭れてぼんやる空を見ているビト・・・あの、あまりにも悲しい眼に・・・心射抜かれます・・。
★面会室での花ちゃんとビト・・。満面の笑顔でピースする花ちゃんと、戸惑いながらも「ごめんね・・いろいろ苦労かけて・・。声も・・僕のせいで・・」と・・消え入りそうなそのオーラに・・胸が痛いです・・・。花ちゃんを見つめる目も、笑顔も・・・切ないです・・・。
(折り紙でブタを作るシーン・・・公式の日誌を読むと、潤君がちゃちゃいれたり、花ちゃんの隣に座って教えたり・・と、とっても仲良く折っていたみたいで、それが・・・妙に嬉しかったり・・。でも、そんな様子を微塵も感じさせない演技・・・すごいわぁ~!!笑)
★夜中に魘されて飛び起きて・・苦しみもだえるしーん・・・リアル過ぎて・・辛いです・・。
★一馬さんに、初めて本心を告げるシーン・・・。
みんなが僕のために頑張ってくれてる・・。だから僕も頑張ろうって思うんだけど・・着いていかないんだ・・気持ちが・・。もう差別とか偏見とか、そういう問題じゃないんだ!一人の人間として僕はしてはいけないことをしてしまった・・。林さんのことずっと怖かった・・。悪魔みたいだと思ってた・・。でも・・違った・・裁判の時、林さんのお母さんが言ってたよ、絵を描いてくれたって。僕も・・・描いたんだ・・。林さんと同じようなお母さんの絵を描いたんだ・・。
林さんも僕と同じ、苦しんでもがいて生きている人間だったんだ・・。そんな林さんを僕は殺した・・・。殺したんだよ・・僕・・。僕が殺した・・・。林さんをこの手で・・・。僕が・・殺した・・
」・・・痛いほどビトの気持ちが伝わるシーンで・・・ビト潤君の表情、声、セリフ回し・・涙・・・もう、すべてに号泣です・・。
それをやるせない表情で聞いている一馬さんや柏木さんの表情にも涙・・・・。
★花檀の一凛の花を見つけたビトの目・・・泣き崩れる表情・・・もう・・・辛すぎて・・・・。でも・・心に焼き付いて離れません・・。震える手で花を掴むところも・・・すべて・・。きっと柏木さんはビトに生きる希望を与えたくて見せたかったのではないでしょうか・・・・。
★一馬さんと花ちゃんを前にしたビト・・・。
そのやつれきった表情・・でも何かを悟りきった表情で「控訴取り下げてもらえますか・・。僕は死刑を受け入れる。」・・・・・ガーーーン・・。
あーー・・・こんなにもハッキリとビトの口から聞いた時の衝撃って・・ないですね・・・・・・・・・。

10話は・・ビトの心のうちを丁寧に描いてくれたせいか・・・改めて潤君の繊細な表現力に感心した・・というよりも・・打ちのめされましたわ・・。

最終回・・・・・予告の映像が・・どういう繋がり方をしているのかは分かりませんが・・・・もう・・・お願いだから、これ以上辛い展開はやめてーーーーー・・・・・・。
お願いだから・・・・2000年のビトの冤罪をしっかりと晴らして・・・。
絶対に死刑執行の前に・・・間に合ってっ!!!!!!!!生きて・・生きて・・罪をしっかりと償って!!!!!
最後は・・ビトの笑顔が、花の笑顔が・・みんなの笑顔が観たいのに・・・・。
あー・・・・・こんなにも心をキリキリさせ、ドキドキしながら、最終回を待つドラマは・・・なかったかも・・。
泣いても笑っても・・・ラスト・・・。
しっかりと・・ビトの生きざまを観届けます!!!!!!!!

~~~~~~~~~clip

「王様のブランチ」で、スマイルチームがVTR出演したのですが・・・・
法廷で着ていたスーツ姿のままの潤君(ノーネクタイですが・・・)が・・・めっさめっさカッコ良くてheart01・・・キラッキラオーラとセクシーさがあって・・・驚きモモの木~~~~~~!!!!
同じ髪型、同じ衣装で、撮影の合間だというのに、いったん本番から離れて、番宣になると・・アイドルオーラになるって・・・どういうことーーーーーっ!!!!
目から鱗状態でしたわ・・・。
すごいなーーーって改めて感じたワタクシ!!

一番ストイックな人」に選ばれてましたね~~~~~!!!
うふふ・・あまりにも潤君らしいわ!!!

そして・・スマイルチームの和気あいあいとした雰囲気が最高でしたし、なんだか・・・めっちゃ救われましたわ!!!!
ほんとにね~ドラマは・・辛い展開ばかりなのに・・。(笑)

| | コメント (39)

2009年6月15日 (月)

スマイル8話、9話の感想♪

スマイルもいよいよ終盤ですね・・。
8話、9話を・・まとめて感想を書きたいと思いますが・・・あーーーやっぱりおっそろしく長くなっちゃったよ・・・・。もしかしたら、長さの記録更新?かも知れません・・・。sweat01sweat01

【※ 今回のエントリーは・・あまりに長いので、フォントの色や大きさなど・・あまり変えずに書かせていただきます・・・。coldsweats01

9話では、過去の林とビトの出会いや関係性も分かってきて・・・いろんなことが納得できてきたと同時に・・・私の中でも、ますます堂々めぐりな気持ちになっております・・。
というのも・・・このドラマを見ていると、何が正義で何が正論で、何が公平な見方なのか・・・わからなくなってくるから。
自分の中では、自分の気持ちとして「こう思う!」という確固たる気持ちはあるものの、違う側面からみると、「それは違うのかな?」と思ったりもする・・。でも、それは違う・・と思えば思うほど、「やっぱりこう思う」という気持ちも・・また強くなる・・。
その、「それは違うのかな?」と思う気持ちを改めて考えさせてくれるのが、凄いことなんじゃないかぁーとしみじみと思うわけです。

このドラマの感想を書くとき・・とてもじゃないけれどお気楽な気持ちで書けない部分があって・・「あ・・1時間くらい時間があるから、さっとブログを更新しよ~う!ワクワク!!」と、楽しんで書く・・というよりも、自分の価値観や気持ちと向き合って、思いのまま書いていくと・・・ん?本当にそうかな?どうかな?とふと手が止まります・・・。
文章で自分の気持ちを伝えることの難しさにも直面するんですよね・・。
それだけ、たぶん、いろんな見方が出来るドラマなんでしょうね・・。

人を殺してしまった罪・・・それだけをピックアップすれば、確実にビトは犯罪を犯した・・という事実に突き当たります・・・。これは消せようがない事実・・。
でも、だからといって・・それが「極刑」に値するような重罪ということになってしまうのでしょうか??命の重み、命の価値・・を思う時、なぜ?どうして?がつきまといます・・。

私の堂々めぐりの気持ちの葛藤は・・・こうです・・。↓
・ビトは既に過去に冤罪で殺人の罪をきせられ、その罪をも償っている
・その罪はもともとは林の罪・・。
・林は既に人を殺している人・・。
・林自身は、自分の殺人の罪を償ってもいない。
・ビトはその冤罪すら林のことを恨まずに、林とは関わらないで自分の人生を前向きにやりなおそうと頑張っていた。
・そのビトに関わってきたのは林自身
・しかも、自分の罪を償ったビトに対して、申し訳ないと思うどころか、「人殺しのビトちゃん」と、まるで他人事。
・ビトは林を拒絶出来なかった。なぜなら暴力の怖さもあったが、それ以上に偏見をもたない人で、自分を仲間に入れてくれた人だという、たった一つの信頼だけはあったから。
・ブルに暴力、美奈子を使って社長を窮地に追い込み、花を拉致しようとし・・このままではいけないとビトは林と決別をしようとする
・林は情に訴える作戦で、ビトをだまし、ビトは撥ね退けることが出来ずに窮地に追い込まれる
・花を助けるため、そして自分が林に対して抱いていたたった一つの信頼をも裏切られて・・林を殺害。
・どんな理由があるにしても、相手がどんな人間でも人を殺せば罪は罪?
・ビトのしてしまったことは、極刑か否か・・・。どんな命でも命は尊くて重いものだから?
・じゃあ、林が殺した人の命の重みはどうなる?どうなっているの?
・その命を奪った罪はビトが償っている・・・(堂々めぐり・・・)
・孤独だったビトを仲間に入れてくれたのは林
・だからこそ、ビトは林に酷いことされても文句を言えなかった
・でもビトの人生をめちゃくちゃにしたのは林
・ビトが林へのたった一つの恩を感じていたとしても、冤罪だけでも、もう十分過ぎるほど、ありえないほど・・林には恩?を返しているはず・・・。
・関係を断ち切る最後に・・林の頼みを聞き入れてしまったビトが甘い?
・その最後の最後の細い絆すら無残に裏切られて・・・殺害・・。
・でも・・どんな命でも人を殺せば罪になるのか・・・。
・じゃあ、いったいどうしたらよかったというの???

・・・と、結局、堂々めぐりになっていくんですよね・・。

次回、林母が証言台に立つみたいですが、予告では「殺してほしくなかった・・」と泣いています・・。では、林が殺してしまった命については?
その罪をビトが被ったことを知っているの?母親としての自分の責任は??

ビトが林を殺したという事実は、法律上では罪なのだと思います。
ビト自身も、そのことでとても苦しんでいます・・・。
でも・・私の中では、どうしてもビトの「行動」が罪だとは・・・言いきれません・・。
たとえ、林を殺してしまった今でも・・。
ビトの行動も、そして花の行動も・・・分別ある大人なら、もっと回避できる術があったでしょう!・・もっと賢く考えて行動すれば、ここまでにはならないはず!・・愚かだから・・こういうことになる・・と、思う人もいるのかも知れないですよね・・。
いい大人なんだから・・気持ちで行動する前に、頭で考えてから行動するもの・・だという厳しい目もあるでしょうし・・・。
でも・・ビトと花の行動自体が本当に罪なのかな・・?
まるで・・一切・・・爪の垢ほども悪気などなく、人を貶めたり人を騙したり利用しようとしたり、ましてや罪を押しつけたりなんてしないで、ただただ自分らしく真っ直ぐに生きようとしただけなのに・・・。
う~ん・・・・愚かさ、甘さってなんなんだろう??
ビトと花の立場に自分がなったときに、果たしてそれが言えるのだろうか・・と考えてしまう・・。

それが罪だと思うのは、やっぱり・・結果論でしかないように思う・・。
最悪な結果になってしまった・・という事実から紐説いて考えた時の結果論ですよね・・。
ビトが林の最後の頼みを聞き入れてしまったのも、林が本当にビトが信じてくれたことでほだされて改心をしたのなら、ビトの行動は正しかった・・やっぱり人の心を変えるのは人の心・・と、なったのだろうと思うし、ビトが一馬さんに連絡をしないで、良い方向に解決ができたとしたら、一馬さんの力を借りずに林との関係を断ち切ったことに、良くやった・・という見方になったと思う・・。
花ちゃんがビトを思うあまりに、一人でアパートに乗り込んだとしても、林があそこまで凶暴で卑怯なやり方をしなければ、この結果ではなかったはず・・。
すべては、ビト花の想像の範疇を越えていた林の卑劣さがあったからなのに・・それを想像できなかったビト花が悪いってことになるのは、結局は、後付け結果論でしかないように思う・・。
林は、心も何も通じない人間の皮を被った悪魔なのだから、そいつと関わった人間が愚かでバカなやつなのだ・・という考えに到達するならば、その悪魔を殺してしまった罪が、極刑なの????
と思うと、あまりにあまりに理不尽じゃないか・・と。
林のあの卑劣さは・・・まんま林の孤独な叫びでもあったのかも知れない。ビトに執着する理由は・・ビトに対する歪んだ友情?愛情?があったからかもしれない。
どこまで自分に従い続けてくれるのか、子供が母親にわざとわがままを言いまくって母親の愛情を試したい気持ちにも似たような自己中心的な救いを求めたのかもしれない。
でも・・・それだから許されるというレベルは、もうとっくに超えていると私は思う。
ビト自身も、試されていると分かっていたのだと思うし、だからこそ、断ち切れない思いもあったのだと思う・・。
それゆえに・・・ビトが証言台で言っていたように・・・最後の砦が崩された時に「彼女をたすけるためにそれしかなかった」「その瞬間、何かが、崩れた気がしました。この人が生きている限り、僕の人生は・・踏みにじられ続ける。」と思っても仕方がないし・・私には至極当たり前の感情だと思えてしまう・・・。

ビトがこうなる前に林を完璧に拒絶すれば、町村フーズに対しても、花に対しても、ビトに対しても・・もっと酷い仕打ちが待っていたかも知れない・・。
あの時、林を殺さずに・・あの場から離れることをビトが選択することは、あまりにも酷・・・。
たとえ、「甲斐を殺してきます」とウソをついて、あの場を一旦は離れて、一馬に連絡をとったとして・・気絶した花ちゃんを置いて、あの場を離れたことで、花ちゃんにもし何かされていたら・・・ビトは林を撃たなかったことで、今度は後悔したのではないかな・・・。
あの状況で、ビトが即座に判断して、致命傷にならないところを撃つ・・・ということが出来なかったの悪い?林が生きている限り、のちのちもっと酷いことをされそうだけど・・。
それに、あの状況でそんな冷静な判断がつくだろうか・・・。
すぐに自首しなかったのが悪い?警察というところが、自分にとってどんなところか、嫌というほど分かっているビトにとって、自首をする=終わり・・・という図式が成り立っても当然だと思う・・。何を言っても信じてもらえなかったのだから・・。
せめて最後に花との約束を守りたい・・花との思い出を作りたい・・と思うことが愚かで浅はかなこと・・なのかな・・・。
そうとは思えない・・・。ビトの立場に立ったことがない人間にとってみれば、ビトの判断が甘い・・ということになるのかも知れないけれど、ビトの立場に自分がなったことを想像すると・・そんなに理路整然と考えられるものかなと思う・・。
もっともっと動揺して、もっともっと周りのせいにして・・もっともっとジタバタしてしまうかもしれない・・・。
自首を決意するまで、なかなか気持ちの整理がつかないこと・・・あると思う・・。
ビトの場合、すぐに自首をしても、事態が劇的に好転していたとも思えない・・。
それなら、花と一緒に居れて気持ちを確かめ合える時間があったことで・・私はすごくホッとしています・・・。だって・・ビトの人生は・・あまりにも幸せな時間が少なすぎるもの・・・。

林がやったことは全て自ら発信だけど、ビトは常にそれを受けての行動なのだから、結局は、すべてが悪い方向に行った結果を踏まえて、「あの時ビトはこうすれば」ということに過ぎず・・・結果が違えば、ビト花の行動は全く違う印象になっていたのだと思う・・・。

そして・・・・何が恐ろしいって・・・・たった3日間で、無作為に選ばれた裁判員の人たちが・・人を裁くという恐ろしさ・・。
3日間で一体何がわかるというのだろう??
何があろうと罪は罪として裁かなければ法律の意味はなし・・というところに立てば・・・あれだけの証拠や材料で・・私だって、どれだけビトという人間を的確に判断し、3日で判断を下すことが出来るだろうか・・と、思うと、恐ろしさを感じてしまいました・・・。
人には誰でも感情があり、それぞれ生きてきた過程の中での価値観でしか判断は出来ない・・。
その判断に私情が入ってしまうのは・・あたりまえで・・・。
その裁判自体が、検事と弁護士の・・・語弊がある言い方になりますが・・「プレゼン」の場のように、どっちが裁判員によりインパクトを与える証言や資料を揃えられて、それを的確に適所で披露することが出来るか・・・みたいに・・・なっている恐ろしさ・・・。
短い時間の中で、インパクトを与えられたもの勝ち・・・みたいな、恐ろしさを感じて・・・心が震えてしまいました・・・。
ビト側が有利・・ビトに同情が集まりそうになれば・・・最後に切り札のように、花の父親のことをもち出した検事・・・。
この事件と全く関係ないのに・・・・。それでも証言者の証言の信憑性や証言者の人となり・・を示すのに、インパクトとしては絶大・・。
勝てそうもない・・と思えば、どんなに卑劣な手でも、それが有効になってしまうという・・理不尽さ・・・。

ビトの罪は本当に罪なのか?裁判のあり方・・・いろんなことを考えていると・・・本当に何が正しくて、何が悪くて・・何が公平さ・・なのだろう・・と、主観的観点では分かっても、客観的には?と思うと、堂々めぐりになってしまって・・ずっと考えてしまうのです・・・。

そして・・・何が辛いって・・・花が良かれと思ってやった行動で、皮肉にもビトが窮地に追い込まれてしまっていること・・・。
アパートの林殺害の一件も、今回の裁判も・・・。花がビトを愛すれば愛するほど、ビトが花を思えば思うほど・・結果的に悪い方向に行ってしまう・・という皮肉な事態が悲しくてつらい・・・。
純粋すぎるから・・余計につらい・・・。
お互いが相手を思っているあまりの行動だから・・余計にせつない・・。

どんな状況になっても、決して相手を責めることなどなく、相手を思いやっているから・・せつなくてたまりません・・・。

ビトは・・・強い人だと思う。強いというか・・清い人!
あまりにも清い人過ぎて世間的に理解してもらえないほど・・・そして・・それが反作用してしまうくらいに・・・・。
ビトは決して、自己保身のための自己弁護をしない・・不器用過ぎるくらいに・・。
林を殺してしまった時ですら、花に言い訳せずに・・ただただ殺してしまったことに脅え・・一馬にも言い訳せずにただただ迷惑かけたことを謝り・・花にさえも「君を守るためにやった」と恩着せがましいことなど言わない・・。
「本当にごめんね。巻き込んんじゃって・・。」と・・・こんな時まで花を気遣う・・。
「一緒にいてくれてありがとう」と、感謝する・・。
花に証言台に立ってもらう時も、「無理しなくていいから」と気遣う・・。
自分が死刑になるかも知れない・・というのに・・・。
一人になれば罪の意識に苛まれて、一人で苦しんでいるのに・・一馬や花には心配かけまいと・・そういう姿を見せないように気遣う・・。
柏木に対してでさえ、キチンと心から礼儀正しく対応する・・。
自分を散々苦しめ続けた林なのに、自分は林殺害で死刑になるかもしれないのに、その林のことでさえも、証言台で「僕をバカにしてきた人から助けてくれて・・。」「この人は偏見とかない人なんだなって」「確かを守ってくれました」「僕はそれでちょっと強くなった気がしてしまいました。」・・と、林をただただ極悪な人間として印象づけることよりも、キチン事の成り行きを正直に語るビト・・。
(林は・・ビトが言うように、出会った頃は偏見のない人間だったのだろうか?少しは血の通った部分はあったのだろうか?それとも、ビトを仲間に入れて利用するための詭弁なのだろうか?)
ビトが受けてきた理不尽な仕打ちからして・・・どうしてここまで歪んだ心を持たずに、純粋に生きれるのだろう?と思うと・・・その清らかさこそ強さなのではないかと考えさせられる・・・。
ビトこそ・・すべてを人のせいにし邪悪な心が支配して・・林のような人間になってもいいような人生なのに・・・。

本当に「弱い人」「愚かな人」っていうのは、すべてを人のせいにして、人はどうなってもいいから自分だけは助かろう・・・と、自分は常に火の粉のかからない場所で、利用するものは利用して要領よく立ち回る心が貧しい人・・・だと思う。
私の中の図式は・・・愚かな人、弱い人=卑怯な人・・・なんです。
なので・・私には、ビトが弱いとも愚かとも思えない・・ってことなんだと思います。
ただ・・いつも・・日常の中で思うことは・・・むかつくことだけど「ずるさ」=「賢さ」と見える局面も多々あって・・・そこに言いようもない・・悔しさを感じている私です・・。
このドラマを見ていて・・主人がスマイルを好きな訳は・・やっぱりビトの不器用だけど純粋な生き方みたいで・・。「ビトは強いよ!どんな状況になっても人のせいにせずに、純粋な心をなくさないでいられる人間なんて稀。弱いように見えるのは、優し過ぎてあらゆる人の気持ちを真っ正面から受け止めてしまい過ぎるから・・。何でも全てを賢く立ち回ればカッコよくは見えるかも知れないけど、そんな主人公なら、逆になんのリアリティーも感じなくて、俺なんて冷めて観ちゃうけどな・・。松潤のビトは物凄く血が通ってていい!」と。
スマイル談義をすると・・私以上に熱く語る主人・・。(^^;)もしかすると・・主人がスマイルの感想を書いたら、私以上に長くなるかも・・。(笑)

みどりさんの証言に、涙涙です・・・。「どんな不幸な環境に生まれても、どんな酷い目にあっても、決して人を恨まず真っ直ぐに、自分の力で幸せになろうと、必死の笑顔で、ビトはがんばっていました。ビトはそういう子です。そういう子なんです。」」・・・・じ~~~~ん。そのとおりだよね・・。ビトの人間性をここまで理解してくれて、こんなにも温かく見守ってくれて・・・。みどりさん自身は、ビトと同じように、人を恨まずに真っすぐに生きている人ですものね・・。
理想論かも知れないけれど・・・ビトのように、みどりさんのように、宗助さんのように・・・決して人を恨まずに人の痛みを自分のことのように感じられて清く真っ直ぐに生きている人ばかりの世の中ならば・・・苛めも犯罪もおこらないよね・・・。

9話で・・ビトが独房で一人になった時・・林殺害の罪の呵責にさいなまれて苦悩するシーン・・・あまりにもリアルで・・胸に迫りました・・・。
自分の手で林を殺した事への罪の意識と苦悩、そして恐怖・・・いかばかりだろう・・・と思うと、辛くて辛くて・・。ただ・・それが現実・・。現実を受け止めて苦しむ姿に・・・罪としてそれ相応にキチンと裁かれることが、ビト自身が本当の意味で解放される道なのかもと思いますし・・・たぶん、客観的に、法に照らし合わせてみれば・・・そうあるべき・・なのかもしれないですね・・。
罪を償った上で・・・林殺害の十字架を背負いながらも、花と二人で力強く歩む人生を選択してほしい・・・・と切実に思います・・。
ただ・・・どんな結末であろうと・・・私は、ビト自身が、そして花が・・「生まれてきて良かった」「出会えてよかった」と心から思えるのであれば・・・それで納得できるのかも知れません。幸せのカタチは、ひとつではないんでしょうし、幸せの定義も・・人それぞれですから・・。

このドラマ・・・あまりに理不尽で辛い展開なのですが・・・ビトの周りにいる人は、何の計算もなく、純粋にビトを信じてビトを愛してくれているのが・・救いですよね。

これだけ語っておいて、なんですが・・・・(^^;)
8話、9話の潤君ファン的ツボシーンを・・一気にあげさせていただきま~す!!

8話、9話は・・・表情もさることながら、特に、ビトの心情を語るモノローグ的なセリフ回しやトーンが、ものすっごくものすっごく良かった!!!
もう、表情と言葉が・・いちいち心に響いてきました・・・。なんて、なんて・・素敵な役者さんなんだろう・・と。

【8話】

「どうしよう・・殺しちゃった・・」と子供のように震えて泣くビト・・・苦しいよ・・・。
「最後に行きたい場所がある・・」って・・・最後って言葉が切な過ぎる・・。

古瀬・・・案の定・・テンション上がってる・・・。最悪だよ・・。annoy

電車の中のふたり・・・愛おしいな・・。
「最後じゃない?」と花を見つめる目が・・凄くいい。儚げな横顔にもキュンとします・・・。

一馬さんに助けを求めずに・・ただただ泣きながら「ごめんなさい」と謝るビト・・。もう・・覚悟を決めていたんだと思う。
花が寄り添ってビトの手を握ってくれたのが・・・嬉しい・・・。

一馬さんの車を尾行する古瀬たち・・・。管轄外じゃねーの・・・。私情挟みすぎ・・・こいつはもう・・・。punchannoy

橋の上のシーン・・・・ウルウルなんてもんじゃないです・・。
こんな状況なのに「ほんとにごめんね、巻き込んじゃって・・」と花の事を思って謝るビト・・。「ありがとう」とビトに言える花・・。自己弁護をしないビト・・。自分を守ってくれたことを、ビトが何も言わずとも分かってくれた花・・。一生懸命に思いを伝える花を見つめるビトの目、表情・・・はぁ~切なくも・・綺麗です。
花が自分の事をわかってくれている・・と思うだけで、どれだけ勇気が出るだろうか・・。
ずっと手を繋いでいる二人に・・ほっとします・・・。

高台まできて・・・「もう・・戻れないところまで来ちゃったんだな・・なんで・・なんでこんなことになっちゃったんだろう・・。僕はただ普通に生きたかったのに・・」・・・・心に刺さる言葉・・・。

肩寄せ合って高台で寝ている二人の姿・・・・もーう、ビト潤くんが、ものすごく綺麗・・。ジャケットを花ちゃんにかけてあげているから、余計に・・すっきりと綺麗です・・・。
富士山を見つめる目が・・・なんて綺麗・・。
花を見つめる目がなんて優しい・・。
「約束守ってくれて・・ありがとう」と伝える花に、「一緒にいてくれてありがとう」というビト・・・。
この二人は、常に「ありがとう」って伝えるよね・・。「ありがとう」と心から言い合えるって・・素敵なことだよ・・。
富士山をみてから「帰ろう・・。」と花を見る時の目に・・ジ~~~ン・・。
自首する。それで・・キチンと罪償ってくる」と花に伝える目も声も・・静かなのにしっかりとした決意が感じられて・・・号泣です・・。花ちゃんの涙にもじ~ん・・。
抱き合うビトと花・・・。ビトの表情が・・・切なくて美しくて・・・。

旅館でトイレと公衆電話を借りる・・ということは、花ちゃんの携帯は電池切れだったんだろうね・・。公衆電話って・・いま、本当に無いよね・・・。
ビトは、自分が自首をすると決断していたから、こそこそせずに旅館に入ることが出来たのでしょうね・・。
自首することを一馬に告げるビト。なのに・・旅館の人は、速攻で警察に連絡してしまった・・。
まさか・・こんなにもタイミングよく(悪く?)速攻でバレてしまうなんて・・。
(これも、結果論だよね・・。旅館の人がビトに気付く前に、ビトが一馬さんに連絡して普通に自首の段取りを踏めたのなら・・問題はなかったことなのに・・・。)
イキナリ古瀬がいるなんて・・・・・・ありえないよ・・。全く・・。annoy
旅館のおかみさんも、お客さんも・・・ビトが凶悪な殺人犯だと思ってるから・・この反応は仕方ないのかな・・。
ってか・・古瀬・・なんで機動隊まで・・もう揃ってるんだよ・・・。ありえないよ・・・。
一馬さんが入っていったのに・・ガラスを割って突撃・・って・・・。angry
どんだけ、事を大きくしたいんだよ・・。事を大きくしてビトの罪を重くしたいだけじゃない。はぁ~・・・。
引き裂かれる手と手が・・・悲しい。
その時の傷が、手の残っていたんだね・・一馬さん・・。

報道だけを観た第一印象は、「とんでもない極悪人だと思った」という柏木さん・・・そうだよね・・報道の怖さだよね・・。

そして・・・裁判は始まる・・・。

裁判が始まる前の面会室・・
一馬さんとビトのガラス越しのシーン・・・二人の表情が、めちゃめちゃいい。ものすごく温かい気持ちになります・・。
一馬さんの過去を、ビトに話すシーンは・・・さらに二人の絆が強くなっていく様が感じられて・・・じ~~~んです・・・。
今まで「先生」と一馬さんのことを呼んでいたビトが、一馬の正直な告白により・・「一馬さん・・・ありがとう!」とあえて名前を呼んだビト・・。ウルウル・・。「バカ!今からだよ!」の言葉にも、ウルウル・・。
二人の心の距離が、ものすっごく近くなった・・というのが伝わる凄く素敵なシーンです!!!!

一馬さんの元婚約者さん・・悪い人じゃなくて良かった・・。彼女も彼女なりに一馬さんのことを、ちゃんと愛していたんですね・・。

裁判員の人たち・・
・叶陸夫(48)トラック運転手・・・昔は相当のワル
・掛井夕貴(39)出版社勤務、独身・・・正義感あふれるがプライド高いキャリアウーマン
・柴田佳代(31)専業主婦・・・現在妊娠中、気の弱い事なかれ主義
・真田仁(28)大手商社勤務・・・エリートで、海外経験も長い
・徳島のり子(55)専業主婦・・・ゴシップ好き
・冷牟田貞二(62)私立高校教師・・・冷静でドライ、教育者というより研究者にちかい。

と・・年齢も性別も職業も性格もまちまち・・・。こんなに簡単に決められてしまうものなんですね・・・。

法廷に一馬さんの助言とおり背広姿ではいってきたビト・・。
いつも観慣れたファッショナブルなスーツ姿の潤くんとはまるで違い・・衣装負けしない潤君が、すっかりとスーツを着慣れていない感じが、ものすごくリアルにビトを表現していて・・・すごい!!・・と思わず呟いてしまいましたわ・・・。

【9話】

9話の裁判シーンは、正直言うと、観る前は少し憂鬱だったんです・・。2015年の状況からして、ある程度結果は見えてしまっていますし・・・裁判シーンよりも、2015年以降にどうなっていくのかが、早く見たい・・という気持ちが大きくて・・。
でも、実際に観てみたら・・9話は、凄く凄く見ごたえがあって、私はすごく考えさせられたし、個人的に好きな回です!!

マスコミの報道などにより、ビトは「残虐な犯罪者」だと思われている・・・。そうだよね・・報道されていることを鵜呑みにすれば、私だって・・そう思うしかないもんね・・・。
ビトには思いっきり不利な状況・・・。

金太が言った「なんでビトばっかりこんな目に遭わなきゃいけねーんだよ・・。あんなに優しい男なのに。悪いのは林さんなんだ。アイツはこれっぽっちも悪くないんだから」にウルウル・・。
でも・・「これっぽっちも悪くない・・わけじゃない。。」「ビトは・・殺人を犯したんだから・・」という弁護士としての言葉・・・重いですね。
確かに・・過去の冤罪が証明されてない今・・また殺人?となれば・・極刑となっても仕方がない状況・・。
「極刑か否か・・」と一馬さんに言われ・・涙をにじませながらも一馬さんを真っ直ぐに見つめ目に・・・・心が痛い・・・。
つまり・・・死刑ってこと?」・・・静かに問うビト・・フッと息を吐き・・俯くビト・・目を閉じて・・何を思うのだろう・・と心情を思うと・・つらいです。
きっと心は張り裂けそうなのに・・なぜこんなに静かに受け止められるのだろう・・・。

裁判員裁判が始まる・・

罪状認否で「僕は、林さんを・・・殺しました。僕の大切な人が、目の前で暴行を受けて・・それで銃を発砲してしまいました。交番を襲って拳銃を奪ったのは、僕ではなくて林さんです。旅館に、立て篭ってもいません。」・・・オドオドするわけでもなく、悟ったように静かに事実を話すビトに・・・ウルウルしまくってしまいました・・。前を見る切なげな表情にも胸がキュンとしてしまいます・・・。

裁判員の人たちの・・ビトに対する印象も、マスコミで見聴きしたことと、実際にビトを目のあたりにすると印象が違ったみたいで、徳島の「凶悪な外国人犯罪者って週刊誌で読んだけど、全然そんな風に見えなかったよね!」の言葉にも・・報道の怖さを感じますよね・・。
そして、叶の「多数決?学級会かよ・・」「たった3日で人が裁けるかよ」は・・凄く納得。
高校教師の冷牟田は・・もうハナっから「あんな人間は死刑」と決めつけています・・・。こういう人が教師?恐ろしいわ・・・。
掛井は、一番公平な目で見ようとしてくれていますが・・。

検察側の冒頭陳述を聞いていると・・・こうやって冤罪って成立していくんだな・・と恐ろしさを感じます・・。すべての材料を悪い方に繋ぎ合わせると・・こうなるんでしょうね・・。
2000年の事件は、掛井が言うように、初犯か再犯か・・大きな大きな違いだよね・・。
真田のように、人の人生が左右されようが、自分の事が大事、めんどうくせ~・・・・と思う人もいるよね・・・。

夜一人になると、林を殺したことに脅えうなされるビト・・・ビトの叫びに・・胸が締め付けられる思い・・。
「どうした?」と柏木さんが話しかけると悲痛な表情なのに・・キチンと正座して「お騒がせしました」と頭を下げるビト・・。「もう、大丈夫です・・」と必死の笑顔を作るビト・・・。
もーーう・・・ビトの気持ちが痛いほど伝わる演技で・・・改めて潤君凄い!!!!・・と思いました。
そんなビトに、名前まで名乗って自己紹介する柏木・・。
フルネームで自己紹介する柏木さんに、戸惑いながらも・・温かいものを感じただろうな~・・と伝わる表情がまたすごくいい!
この二人の出会いのシーン・・・すっごく好きです!!!!!
柏木さん演じる勝村さんの“え?こいつが凶悪?いや・・絶対に違う・・”と、瞬時に見抜いてくれた温かい眼差しにじ~んです!

柏木がいなくなれば・・また自らの手を眺めて・・辛そうな顔をするビト・・・あ~ん・・・せつないよ・・。

北川検事・・・どうしたら、そこまで憶測だけでビトを凶悪犯に出来るんだ・・・。むかつくーーーーー!!annoy
林殺害方法も・・・誰もその場を観てないから・・ビトには不利だよね・・。
北川検事の主張を聴きながら・・・辛い表情になっていくビト潤・・・秀逸です・・。
もう・・・ビト潤君の表情を観てるだけで・・・涙が・・。
ブタちゃんのサインで会話するビト花に・・・キュンキュン・・・。微笑みあがらそれを見る一馬・・・救われます・・。
(面会室のビト花の表情も、めっちゃ可愛いなー

証人尋問・・・
交番勤務の佐藤巡査・・・。ビトに襲われたと思っていたとは・・・。
林の足音だって聞いてるはずなのに・・・。でも咄嗟のことだとそこまでわからないのかな?
犯人が自分の名前を書くわけないだろうに・・・。
監視カメラとかないのかな、その交番には?と思うけれど・・・きっと、それも林は下調べをしてたんだよね・・。
右利き、左利き・・というのに気がついたところ・・一馬さん、さすがです!(実際に旬くんは左利きだよね!)

タクシーの運転手の高田・・・
林の顔はみていても・・花ちゃんの顔はちゃんと観ていなかったのかよ~~~・・・・・。sweat02
ここは、ちゃんと花ちゃんの顔も確認させとかなきゃいけなかったよね・・。
北川も・・・手ごわい・・。ほくそえむ顔が・・・むかつく~。annoy

そして、みどりさん!
みどりさんの一言一言が・・すごく重い!!!
いしだあゆみさんの演技・・・凄いです!!泣きっぱなしです・・。
「被告人は(社長の死の)その恨みもあって、被害者を殺害したのだと思いませんか?」と北川に問われ、「あなたはお気の毒な方ですね・・」と切り返したみどりさんに・・・大拍手!!!
誰かに傷つけられたといえば、仕返しをしたに違いないと思わずにはいられない。そういう基準でしか、人間を見られない方だから、お気の毒だと申しました。この世の中には、そういう感情とは無縁に、一生懸命、生きている人間がいるんです。ビトも、そういう人間の一人です。
ビトの夢は、多国籍料理のお店を持つことです。世界中の人が分け隔てなく、笑顔で食べに来られるお店。いつの日か、そういうお店を作りたいと、ビトは、一生懸命働いていました。
どんな不幸な環境に生まれても、どんな酷い目にあっても、決して人を恨まず真っ直ぐに、自分の力で幸せになろうと、必死の笑顔で、ビトはがんばっていました。
ビトはそういう子です。そういう子なんです。
」・・・ビトはそういう子です・・と立ちあがって訴えるみどりさんにじ~~~~ん・・。
ビトはどんなに救われただろう・・・ビトの泣き顔に・・・ウルウルだよ・・・。
町村フーズや一馬さんの表情にもウルウル・・。

みどりさんの証言によって、裁判員の方たちも、やっとビトの人間性を分かってくれて・・・ウルウル・・。
しかし・・・冷牟田だけは・・・・・・・・・・・。「それなら、悪かった被害者もやり直そうって頑張っていたかもしれないですよね。」って・・・それをビトは信じてしまったから、林に騙されたというのに・・・。
でも・・きっと冷牟田のように、すべてを疑ってかかる人もいないといけないのかも知れない・・・・。

被告人質問のビト・・・。
このシーンは、とにかく・・もう、9話で、一番の見どころでした!!!
「どのように知り合ったんですか?」と林とのことを聞かれ・・ゆっくりと・・噛みしめるように話すビトに・・・心持っていかれっぱなし・・・。
過去の林とビトの映像も・・・妙に泣けて泣けて・・。
ビトが林と縁を断ち切れなかったのは・・・ただただ主従関係だっただけではなく、暴力が怖かっただけでなく・・ビト自身が偏見を持たなかった林に対して、ある種の『信頼があった』っていうところに・・・なんだか、泣けてしまいました。
その頃のビトにとって、それはとても大きな意味を持っていたんだと思うし・・・その思いがあるから酷いことされても、関係を断ち切れなかったなんて・・・。あ~・・・・切なく哀しく・・そして愛おしい・・。
それなのに、そのたった一つの「信頼」さえ・・裏切られて、一番大切な花ちゃんにも身の危険が及ぶ・・と分かった時には・・『その瞬間、何かが、崩れた気がしました。この人が生きている限り、僕の人生は・・踏みにじられ続ける。そう思ったら・・・』・・・・・号泣・・。
花ちゃんのことを話す時、林殺害の状況を話す時のビト・・・涙をにじませて声を震わせて必死に話すビトに声と表情・・・・泣けて泣けて・・。
ビトの本当の気持ちが分かって・・・今までのいろんな葛藤が・・物凄く納得できました・・。
出来ることなら・・林はビトに対して、どういう感情でビトに固執していたのか・・知りたかった・・・。

裁判員の柴田と掛井は・・ビトの気持ちを分かってくれたみたいで・・救われた思いがしたのと同時に・・冷牟田のクールな見方に・・不安が・・。

一馬から、「きちんとビトの人間性はみんなに伝わってると思うから・・」と言われても、自分のことよりも証言台に立つ花を「本当に大丈夫かな・・」と気遣うビトに・・じ~ん・・。
一馬は「彼女の意思は固いよ」と。
ここを出たら、一生大事にしてやれよ!」と元気づける一馬に、ふっと笑顔になって、「はい。出られたら、必ず」と、ガッツポーズをする二人・・・。必死に明るくいよう・・とする二人にキュン・・・。

でも・・・ビトは・・本当は・・辛くて怖くてたまらないんだよね・・・。
花との面会で・・「絶対無理しないでね。花ちゃん・・ありがとう」と頭を下げるビト・・。『何があっても諦めないで』と伝える花・・。
指きりをするビト花に・・・じ~~~~~ん・・・。
ビトと花の純粋過ぎる愛に・・・・・・胸が痛いよ・・・・。
花と面会した時のことを思い出して・・指きりをした手、林を殺してしまったその手を見ながら苦しそうな表情のビト。その指を触りながら・・・泣くビトに・・・心が痛くてたまりません・・・・。
花が指を見て・・ブタのキーホルダーを握って・・祈る姿にも・・涙・・。

護送車の中・・・「いい結果になるといいな。俺には、あの事件を起こした犯人があんだだとはとても思えねーや」とビトに言う柏木。驚くビト。
いいな・・この二人。
2015年のビトと柏木さんの会話で、「そもそも、あのタイミングで、あんなこという刑務官いないよ」とビト。「俺だって初めてだよ」「なんでそんな簡単に信じられたの?」「まぁ、ここで沢山の人間を観てきた、俺の感覚だろう・・」「(笑)」「あの出会いから、もう5年か・・
柏木さんは、ビトに会うまでは、「とんでもない凶悪犯」だと思っていたのに、会った瞬間からビトを信じられた・・って、凄いことなんだけど、妙に説得力があります!!
2009年の出会いの頃と、2015年では、明らかに二人の関係性って違う。2009年は被告人と刑務官の一線は超えてないのに、2015年では、まるで親友のような、兄弟のような信頼関係を築いている。
一馬さんの存在もさることながら・・柏木さんがビトの傍にいてくれていることが・・・物凄く救いですね。
この3人は・・・本当に不思議な信頼関係・・男の友情で結ばれているな・・と感じられて・・凄くホッとしてしまいます。

そして・・・裁判最終日・・・
一馬は、勝利を確信していたに違いないし・・実際、ビトに有利に傾いていたのに・・・。
花ちゃんが証言台に立つ・・。
一生懸命に筆談で、ビトを擁護する証言をする花・・・。
裁判員の皆も・・検察側の反対尋問を聞くまでは、ビトに対して温かい目を向けていたのに・・・。

北川の容赦ない尋問・・・
ビトが凶悪で残酷な人間だと責め立てる北川に、とうとう花ちゃんは、「違います!!」と、ハッキリと声を出して訴える・・・。
驚くビト、一馬・・・そして北川・・。そして、花本人・・。
ゆっくりと証言を続ける花・・
彼は、本当に、心の優しい人です。全ては・・私を守るために、やってしまったことなんです。どうか・・彼の言葉を信じて下さい」・・・じ~~~~ん。
それを見守るビトの表情にも・・・じ~~~~ん・・・。
あ~・・・良かった・・・・・と心から思った瞬間に・・・
あの北川の最後の一言で・・・ありえないような逆転劇・・・。
なんで、花の父親のことを・・・ここで出すーー?!卑怯過ぎる・・・。annoy
あーーー・・・裁判員の顔色が一気に変わり・・・。
類は友を呼ぶか・・」と呟く冷牟田・・・むかつくーーー。
そして・・一番公平な目で見ていたと思っていた掛井の、あの凍るような表情・・・。きっと柏原の被害者って事だよね?sweat02
あ~・・・なんてこと・・・。
こんなことで・・・ビトや花の印象までも、がらりと変わってしまうなんて・・・。
花ちゃんが、倒れこんでしまい・・ビトは助けたくても押さえつけられて助けられない・・・。どこまでもどこまでも・・偏見の目で見られてしまう二人が・・・あまりにも悲しいよ・・・。
ビトが最後に見せた表情・・・・北川の卑劣なやり方に怒りを覚えている、あの表情が・・すごく心に突き刺さります・・。

はぁ~~・・・・・花の父親が・・世間的を騒がせた有名な詐欺師で新興宗教教祖である・・ということに、どんな意味があるのかな?と思っていたのですが、こういうことだったのか・・と分かりました・・。
一馬さんも・・花ちゃんが証言台に立つことで・・この予測はつかなかったのでしょうか?いや・・ついたとしても、マスコミがのちのち騒ぐことはあっても、まさか北川が事件に関係のない花の父親のことまで裁判で持ち出すとは思わなかったのかも・・・・。

ラスト2話・・・
もう、ここまで来たら・・ガッツリとビトに寄り添って、最後まで見届けるぞーーーーと思ってますし・・1瞬1瞬のビトの表情や、心の移り変わりを・・見逃したくない気持ちです!!!!だって・・あまりにも素晴らしい演技なんですもの!!!
そして、ビト花の行く末も・・一馬や町村フーズの行く末も、しっかりと見届けたい。

椎名林檎さんが書き下ろした主題歌「ありあまる富」の一節・・【価値は生命に従って付いている】【君には富が溢れてる】・・・この意味を、ずっと考えています・・。

辛いシーンもあるかも知れないけれど、「スマイル」というタイトルが意味する先を見るのが、(言葉は適切ではないかも知れないけれど・・)ものすっごくものすっごく楽しみです!!!!

| | コメント (59)

2009年5月31日 (日)

スマイル6話、7話の感想♪

スマイル6話の感想を書けずじまいになっておりましたので、6話、7話の感想をまとめて書かせていただきたいと思います!!!
いつも以上に・・・ものすっごく長いです・・。sweat01

ビトという人に、私自身がいろんな意味でハマり過ぎていて・・・常に心の中にビトが存在していて、翻弄されている自分がいます・・。
嵐として他の番組に出ている潤くんと、ビトを演じる松本潤という役者とのギャップに・・本当に凄い人だ!!・・と、回を追うごとに更に強く思っております。

さて・・・まず、やっぱりこのことから書きたいと思います・・。

ビトが林を撃ってしまったこと・・・
衝撃的で・・あまりにも、悲しい、辛い辛い・・7話ラスト。
ですが・・・・語弊がある言い方になってしまいますが・・・いろいろ考えても、もしかしたら、この決断しか残されていなかったのではないか・・と。
どんな人でも、どんな状況でも、人の命を奪うことは許されないこと、というのは大前提として、それでもビトにはこの選択しかなかった・・と思う。
あくまでも、この状況のビトには・・・です。
ビトと同じ立場に自分がなったら・・・同じ事をしてしまうかも知れない・・。
主人にいたっては、「大切な人に身の危険が及ぶ、と思ったら、たとえ殺人者になっても、林を殺すことを選択するしかないと思う。この場合、他に方法があったとしても、それは一過性のことでしかないから。林との繋がりをこの先生涯完璧に断ち切るには、残された選択は、林を殺すか、自分が死ぬか・・しかないような状況だし、自分が死んでも花に危険が及ぶ可能性があるとすれば、もう林を殺すしかない。」と。
そう・・・いくら考えても、その答えに行きついてしまうんですよね・・。
林と手を切りたくても、林はあの手この手で、結局はこの先もビトに関わってくるでしょう・・。
今回、林の企みを「あの時に着いていかなければ」「あの時ハッキリ断っていれば」「あの時一馬さんが一緒に行けば」「あの時、せめて一馬さんに居場所を告げられれば」「あの時、花ちゃんがメールで一馬さんに居場所を伝えてからアパートに入れば・・」などなど・・この一件だけに限って考えれば、もしかしたら回避できたのかも知れない。でも、それがたとえ回避できたとしても、林が生きてこの世に存在している限り、いつかは訪れる結末・・だったように思うからです・・。
花や町村フーズの皆に会う前のビトなら、自分自身が林の犠牲になることだけで済んだ・・。(これだって、殺したいと思っても納得できるくらいに酷いことだと思うけど・・・)ビトが我慢の限界を超えたのは、花の身の危険・・。
花を守るため、自分を守るため・・・林を撃つしかなかったのではないか・・と思う。
今回、例えば一馬さんたちが助けに間に合ったとしても、林は死刑になるほどの犯罪はこの時点で犯していない。ってことは、仮に何年か服役しても、また出所する。出所すれば、甲斐のことでも逆恨みして殺したいと思う人なのだから、結局はビトはまた違った意味で狙われる続けるわけで・・。
林の異常なまでの粘着質な性格、正義も誠意も通じない人・・であれば、もう、遅かれ早かれ、この決断しか残っていなかったように思う。
林がただただ、人の愛し方も知らずに暴力という手段だけで人との関係性を強要するだけの人なら、この先、もしかしたら変われた可能性もあったかも知れないけれど、「自分も変わりたい」と演技までして、今まで散々利用してきたビトの最後の誠意をも、さらに利用し踏みにじることが出来るのなら、もう完璧に腐り切ってしまっているもの・・。

命の重みって・・難しいですよね・・。
実際に、わが子に何の罪もないのに、加害者の欲望だけで惨殺されてしまう・・なんて理不尽なニュースを見聞きしても、この加害者の命と被害者の命の重みって同じなの??と恐ろしく理不尽な思いに駆られる時があります・・。殺されていい命はないかも知れないけど、かといって、生きていることに意味があるのだろうか?と思う命もある・・というのも正直な気持ちです。

あまりにも悲しい・・・。なんで、一生懸命にひたむきに生きようとする人が、こんな状況になっていくのか・・・。
ビトが・・お人よし過ぎるから?人を信じ過ぎるから?疑うことを知らないから?気の弱さが罪?駆け引きも出来ず学習をしないから?純粋さが罪?不器用な生き方しか出来ないのが罪?・・・・・
いや・・・明らかに醜く汚い心の人間が悪いに決まってる!!!!!!
でも、世の中には、冷酷非道に人を利用する人間も存在するわけで・・・ビトのように、人を打算的に利用しようなんて微塵も思わない人は・・・その純粋な優しさが花ちゃんや里菜ちゃんや美奈子ちゃん、一馬さんの心を解き放てる力にもなるけれど、反面、林や甲斐のような人間には、格好のカモになってしまう・・という、あまりにも悲しい理不尽さ・・。

ビトを観ていて辛くなってしまうのは、きっと人には・・・林のような外道じゃなくても、古瀬のように極端な偏見の持ち主じゃなくても・・・どこかに少しは、打算や偏見があるから・・なのかも知れない。
だから、「その純粋さ」を尊い、愛おしいと思いつつも・・・どこかで、その純粋さを「甘い」「イライラする」となってしまうのかも・・・。
それをまた、あまりにもリアルに潤君が演じているから・・・余計に胸に迫ります・・。
でも・・世の中、綺麗な心の人間ばかりじゃないってことを、ビトにいい加減分かってほしい・・と思う反面、いや、だからこそビトには純粋な心をそのまま持ち続けてほしい・・とも思ってしまうのです・・。ジレンマですわぁ~。
ドラマ的に、主人公がヒーローだとするならば、ビトは正義のためにイキナリカッコ良く立ちあがるヒーローじゃなくて、もがいてもがいて・・変わろうと頑張るとても人間臭い人だよね。

林もまた気の毒な人間でもあるのかも知れない。あんな親に育てられ、本当の愛など知らずに育ったのでしょう・・。
思いっきり無理やりに林側に立ってみれば・・・林がビトに固執するのも・・ビトの純粋さや優しさにすがりたい気持ちもあったのかも知れないけれど・・・う~ん、でも、最初の殺人の罪を父親の力でビトが被ったことを得意になって話していた・・ってだけでも既に人間が腐ってるしなぁ~・・。やり方があまりにも卑怯過ぎて全く同情が出来ない・・。知能犯だけに・・余計に冷酷だよね・・。
林や甲斐は・・・ビトよりもずっと弱い人なのかも知れない・・。
表面的には強く見えても結局一人では何も出来ない人。
弱いもの苛めをするやつは、実は一番弱い人・・の典型的な感じ・・。
この二人で、勝手に争って決着をつけてくれれば・・・ビトは巻き込まれないで済んだのに・・・と思うよね・・。

あの衝撃的なラストシーン・・・林がビトを異常なまでに挑発してるところに、「もしかしたら、林はビトに自分を殺してもらいたかった?」と一瞬は思ったりしたのですが・・・流れを考えると、やはりビトに甲斐を殺させてて、罪をなすりつけようとした・・と考える方が妥当なのかな・・と思う。
ビトに自分を殺させるのなら、何もビトに名前を書かせて警官から拳銃を奪うことをしなくてもいいわけだし、(しかもちゃっかり自分は手袋までしているしね・・)甲斐の手下と争った時に、そいつらから拳銃を奪っても良かったわけだし、もっといえば、拳銃じゃなくてもナイフでも良かったわけだし・・・。
(ただ・・実際に警官から拳銃を奪おうと思っているやつが、自分の名前を正直に書くわけないと思うのだけど・・・。)
林にしてみれば、用意周到な計画ってことですよね・・。仮にビトが甲斐殺しに失敗しても、自分がやらせたという証拠はないわけですし・・。
疑問が残るのは、林が電話していた女の人。名前が違ったけれど、離婚したお母さん?お姉さん?それとも彼女?このシーンをあえて入れたということは、のちのち何か林に関して分かることが出てくるのかな?
あと・・林父役を竜雷太さんが演じているので、この父親がのちのち何かしら証言してくれるのかな?とも思うのですが・・(過去の回想シーンだけのためなら、何もこんなに有名な俳優さんが演じることもなかったように思うので・・)

愛を知らずに育ったビトと林・・。生きてきた背景や状況の違いもあるけれど、根底にある人間性によって物事のとらえ方一つで、こんなにも真逆な人間になる・・というのが象徴的で、観ていて辛いです・・。
力でどうにかしようとする北風と真心で人に接しようとする太陽・・・って感じ・・。
旬くんと潤君の演技・・・本当に凄い!!!!!もう・・息を呑んで観入ってしまいます。

ビトの行為は、ある意味正当防衛だと思う。だけれど、状況的にはあまりにも不利・・・。事実だけを見れば・・殺したのはビト自身でもあるし・・・。
実は・・ドラマを見始めた頃は、2015年に拘置されている理由は・・冤罪であってほしい、と思っていたんです。どんな理由でも人を殺してしまうという展開だけは嫌だ・・と。でも、ドラマが進むにつれ・・少しづつ気持ちが変わってきました。
今は・・2015年の拘置されているビトが、冤罪じゃなくて・・正直ホッとしたのです。すごく・・複雑な気持ちなのですが、過去の事件のように、また冤罪で捕まってしまうのでは・・そっちの方が悲しい・・。
人の罪をかぶるだけの人生なんて、あまりにも悲惨過ぎるもの・・・。
花を守ろうとした突発的な決断にせよ・・・そのことでのちのち苦しむことがあったにせよ・・自ら行った行為だということに、私はほんの少し救われるのです・・。
2015年のビトの姿から想像するに・・きっと林を殺したのだろうな・・と、ある程度想像がついていたせいか・・凄く衝撃的で辛い・・のですが、納得できる展開なので、不思議と今はとても穏やかに受け止めている自分がいます・・。

なんていうのか・・・このドラマの凄いところは、この不幸続きの展開や、細かい部分では、確かに、ん?と思うこともあるので、ストーリー的にリアルなのか・・と問われたならば、それは何とも言えないのですが、ちょっとしたリアクションに至るまで・・演者の演技がとてもリアルなんです!!!!
それが物凄く見ごたえがあると同時に、リアルゆえに物凄く心が痛い・・。
ビト潤君にいたっては・・・もう、胸が締め付けられるほどリアルです。

7話の衝撃なラストシーンに関して・・・長々と思うままに書いてしまいましたが・・・6話、7話のツボを書かせていただきたいなーと思います。(やっとかよっ!!sweat01

【6話】

宗助さんの告別式・・・
お父さんバカだよ・・自分で死んだらダメじゃん・・。みんなを守った事にならないじゃん・・」のしおりさんの言葉・・胸が痛いです・・。
みらい銀行の山根さんは、きっと覚悟してお焼香に来たんでしょうね。彼の立場からすれば、仕方なかったとは思いますが、ビトや町村フーズの皆にしてみれば、宗助さん自身が信じていた最後の砦だった・・というのも事実で・・。
困っている時助けてあげたんじゃないんですか?なのになんでその社長に・・。社長、山根さんのこと大好きでしたよ・・信じてましたよ・・」ビトの叫びが・・ビトの悲しみが痛いほど伝わってきて・・・涙涙です・・。
告別式という、その社長との別れの場面で、初めて悔しさを露わにしたビトの心は・・いかばかりか・・と思うと泣けます
ここぞとばかりに、カメラを向けるマスコミ・・・・はぁ~・・・。

宗助さんは、内緒で1億円の保険をかけていた・・。急場をしのぐために、皆を守るために・・・。悲しい決断だよね。

ビト・金太・ブルの部屋・・・
でもさ・・美奈子の周りには林さんが・・」「そんなこと言ってる場合じゃないよ。社長の名誉挽回のためだよ」・・金太とビト・・林の怖さを知っている二人だけど、金太の方が林の恐ろしさをハッキリと分かっているのかも・・。
ビトは宗助への思いが、人一倍強いよね・・。

美奈子のアパートのドアを叩くビト・・。
中には林が・・・。社長が自殺しても・・中で声を殺してニヤつく林・・腐り切ってるわ・・。annoy
ドア1枚ごしに、耳を当てて中の様子を窺うビトの表情と、ニヤつく林の対比が・・・凄い・・。ビトの瞳が綺麗です。

美奈子のアパートに花と一緒に再び訪れるビト・・。
お邪魔します」と律儀に言うところ・・・ビトらしいよね。
アパートの中・・怖い、怖いよ・・・。ホラーだよ・・。
お風呂に入ってる林・・・このしれ~っとした態度が・・イラッ!
10万で美奈子に悪口しゃべらせた・・・って・・・。annoyはぁ~林の汚さはもちろんのこと、美奈子ちゃんも・・まったく・・。annoy
社長が首を吊ろうが、おかまいなしに「保険金を持ってこい。甲斐をぶっ殺すぞ」と強要する林に、固まるビト・・。引っ叩いてしまう花ちゃん・・。
あ~ん・・・林の反撃が恐ろしい・・・。

帝国食品の佐原さんは、宗助さんがが自殺したことで・・及び腰・・。
これも仕方がないことなのかも・・。

「ごめんね・・あの人、昔からずっと知り合いなんだけど・・」の「ごめんね」の言い方にキュン。
情けないよな~・・本当は男の僕が守らなきゃいけないのに・・助けられてばっかいるよね・・」「嬉しい?何が?僕が?優しい?優しいだけじゃダメだよ・・」ビトの中で、一生懸命に変わらなきゃという気持ち愛おしい・・。
でも、花は、そのビトの「優しさ」で、気持ちが守られているんだと思う・・。
これが、要領がいい男なら、こんなに好きになってなかったんだよね・・。
ぎこちないビトと、服の裾をつかむ花が可愛いな~。

町村フーズの事務所のビトと花・・二人で一緒に調べ物をしてる姿は、微笑ましいな~。紫のTシャツ姿のビトが、とても新鮮で素敵ですわ!
山本米店の社長さん登場・・
帝国食品に口止めされていたことを正直に話してくれる社長に、「ありがとうございます」と言えるみどりさん・・凄い人だ・・。

ビト、金太、ブルの3人の部屋での会話は・・何気に好きですheart01こういう仲間がいること・・すてきだよね。

美奈子のところには、ビトと花ちゃんが向かうことに・・。
美奈子ちゃん・・久しぶり。元気だった?」と優しく声をかけるビト・・・。美奈子にとってみれば、どんなに罵声を浴びせられても仕方ないと思っていたところに、この第一声は・・・心を開かせてくれるよね・・。
しかも・・「怒ってるけど・・今ここで美奈子ちゃんのことを怒っても、社長は・・もう帰ってこないから・・。社長言ってたよ。社長は最後まで美奈子ちゃんのことを心配してたよ」・・・なんて・・・本当に優しいよね、ビトは。
美奈子を責め立てるよりも、ずっと美奈子の心に響いた言葉だと思う。まさに北風と太陽の太陽だよね・・。
美奈子は・・結婚詐欺にだまされたことで、超貧乏のシングルマザー・・。そのことが恥ずかしくて皆に言えなかったから、思わず当面の資金として林からの10万を受け取ってしまった・・・・って・・・。おいおいおい・・結婚詐欺にあったことを恥ずかしく思うって・・・お世話になった社長を裏切る位なら・・たとえ頭を下げても社長にお金を借りた方が良かったんじゃいの???と思ってしまいました・・。
でも・・・人は・・魔がさしてしまうこと・・あるんでしょうね・・。
後悔をしても遅いけれど、後悔しまくって・・きちんと顔を出してTVで自分の非を認めたところは・・凄く良かったです。相当の勇気だよね・・。
山本社長も・・いい人で良かった・・。

北川検事は・・思ったよりもずるい人ではなかったところが・・救いですね・・。

帝国食品が逃げ切るかも・・という事態に、自ら行動を起こすビト・・。
佐原さんにすがって・・すがって・・土下座して必死にお願いするビト
社長は僕を救ってくれたんです。罪を犯した僕らを何の差別をすることなく、受け入れてくれたんです。今僕が出来る唯一の恩返しは、社長の潔白を証明することだけなんです・・。お願いします、佐原さん、お願いします。どうか力を貸してください。真実を話してください・・あなたしかいないんです」と涙ながらに訴えるビトに・・涙涙です・・。
ビトは決して、上から目線で人をみることをしないし、人を責め立てて言う事を聞かせよう・・などと思わない・・。常に相手の心に寄り添って、自分がどんなにブザマになろうと、純粋な心で向き合う・・。カッコ悪いのに、果てしなくかっこいい人・・。heart01
佐原さんも、ビトの心に動かされて・・やっと証拠書類の隠し場所を教えてくれた・・。凄い勇気だと思う・・。
ありがとうございます!」と深々と頭を下げるビトに、「本当にすみませんでした」と頭を下げる佐原さん・・。その佐原さんを決して責めずに、心から「ありがとうございました」と手をとるビト・・・。はぁ~涙涙だよ・・。

これで一気に解決してくれて・・帝国食品の1件は・・ひと安心ですね!
お父さんが大事にしていた人を思う気持ちは、お父さんが守ろうとしたみんなに受け継がれているよ」・・・しおりの言葉に・・じ~ん・・です。

しかし・・・強制捜査のニュースをTVで観ていた林の不気味な顔・・・・。はぁ~・・・・。

屋上のビトと花・・・。
しばらく無言のままで、ベンチに座っている二人が・・いいですね・・。
社長はね・・初めて僕を心から信じてくれた人だったんだよ。ここにきて2年・・・社長と一緒に住んで一緒に仕事して、何にも突っ張らなくていいんだ・・って・・・誰かに嫌われないように、僕はずっと違う自分になんなきゃいけないって思ってたんだけど、社長は信じてくれた・・。本当の家族みたいに可愛がってくれた・・。いっつも僕の味方でいてくれて・・」と涙するビト・・・。もう・・ウルウルですよ・・・
どれだけ宗助さんの存在がビトにとって大きかったのか・・・。
その思いを受け止めて、そっと手をとり『これからは、私が守る・・』と言う花と、それを見つめるビト・・・。なんて素敵な二人なのぉ~!!!

マスコミの人でも・・ちゃんと謝りに来てくれる人もいて・・救われますね・・。
謝られると許してしまう・・というみどりさん・・いい人過ぎる・・。
ってか、ほんとに町村フーズの人は、皆いい人過ぎるよね・・。
宗助さんは、ビトだけじゃなく・・人種差別することなく、沢山の人の力になってあげていたんだね・・。その優しさ、使命感が・・悲しい結末になってしまうなんて・・ね・・。

2015年・・・
花ちゃんが生きていた・・花ちゃんが今でもビトに会いにきてくれている・・という事実が判明して・・・心底良かったーーーーーと思いました!!!!
でも・・ビトが「何で会う必要があるの?僕はもう・・あの子とは関係ないんだから。もういいんだって・・。僕は決めたんだから。もう来ないでって、柏木さんからも説得してよ」の言葉・・・とても気になりますね・・。
7話でビトの罪が分かった今・・・この言葉は、花を思っての事だということが分かって・・・悲しい過ぎるよ・・。
ビトは今でも花ちゃんの手紙を大事に持っているし、間違いなく花ちゃんを思い続けているのに・・・。

2009年・・6月6日
デートしてください』と花ちゃんに言われて・・戸惑うビトが可愛い。

お風呂上がりの濡れた髪のビトが・・・可愛い過ぎ!!
ブルと金太に、茶化されて・・もとい、応援されて、照れるビトが可愛過ぎ~!「花ちゃんのがしたら、お前になんか・・もう2度と女なんか出来ないんだぞ!」「お前になんか・・って酷くない?(笑)」のやりとりがめっさツボ!
林からの電話を無視する金太は、もう関わらないと割り切ったようで・・賢い選択だと思う。ブルの「でも・・ここに来たらどうするんだ?」・・・は、ホントに・・・予想が的中だよね・・。

花ちゃん積極的~!!完璧に面白がる金太、ブルと・・なんだかんだで、とっても嬉しそうなビトが・・・めちゃ可愛いのう!!!!
はぁ~ずっとこういう楽しい場面を観ていたいね・・。

花ちゃん・・ひとりで行くなー・・・と思うワタクシ・・。花に目をつけた林が後をつけてるよ・・。恐ろしい・・。
花ちゃんのメールを読んで、嬉しそうに笑顔になるビトが・・めちゃキュート!!heart01

林のやつ・・美容院にいる間も外で待ってたの?凄い執念・・。annoy
花ちゃん・・林の言葉を信じないでーーーと心で願う・・。
ビト・・・早く花ちゃんを助けてーーー・・・。

【7話】

はぁ~~~間に合ってよかったぁー!!!
林・・怖すぎ・・。タクシーの運転手にまで暴力・・。

一馬さんの、元婚約者・・・この人も一馬さんを利用しようとしていただけなのか・・・。なんてこったい・・。
一馬さんは純粋にかなえさんこと好きだったんだよね・・なのに・・。
どうしたら沢山お金ふんだくれる?」って、ゲンナリしちゃうね・・。しかもちゃっかり若い男と付き合ってるし・・。一馬さん・・可哀相だよ・・。

一方・・リンクするように、純粋過ぎるビトと花のシーン・・。heart
僕がちょっと遅れたりしなかったら・・」と自分を責めるビトと、「一緒に行けばよかった」と自分を責める花・・・なんて愛らしくも純粋な二人・・。
凄く可愛いと・・思う」と照れ臭そうに花の髪を誉めるビト・・・なんてステキな表情・・キュンキュンですって!!!heart02
林の電話に「断ち切らなきゃ・・。ずっと同じことの繰り返しだ・・」とビト・・。そうなんだよね・・どこかで断ち切らないとずっと同じことの繰り返し・・。でも、そのすべはないよね・・。
怖い思いをさせてごめんね・・強くなるよ。絶対に守るから・・」と、今までになく真っ直ぐに花に伝えるビト・・。めちゃくちゃ優しい表情・・。
それに抱きついて応える花・・以前の交差点の時とは全く違う・・心から花を受け止めて幸せそうなビトの表情・・花の表情・・めちゃめちゃキュンキュンです・・。でも、まだ花の背中に手を回せない純情過ぎるビトが愛おしい・・。

ビト花のデートシーンが、あっまりにも可愛らしくて・・可愛らしくて・・・もう・・泣けちゃうの・・。
花ちゃんの言おうとしてることが、段々ビトはすぐにわかるようになってきて・・二人の距離が急速に縮まっていくのが、表情みてても分かる・・。
カフェの二人・・「ついてるよ!(笑)」「ラブ?ラブコメ?」のビトの表情がめっさ可愛い。花の『うん』と指さしで応えるところも・・めっさ可愛い。
映画館の二人・・・なんてなんて初々しいのぉ~~~~!!花ちゃんGJ!!そうそう、奥手なビトですから、花ちゃんが積極的にいかないとね!
花ちゃんが手を出した時に、「ジュースちょうだい?」の合図だと思ったワタクシを・・・殴ってください・・。(^^;)(^^;)(汚れた大人だわ・・sweat01
手を繋ぎたかった・・だなんて・・・きゃー可愛い・・。heart04
笑って泣いて・・こんなにさりげない時間を、とてもとても幸せそうに愛おしそうに花を見るビトに・・・キュンキュンじ~~~んです・・。
もうちょっと・・』と帰りたくない花ちゃん、GJ!!!「そっかー」と嬉しそうなビトにもキュン!!
そしたらさ・・・キリン観にいかない?海辺にキリンがいるんだよ・・。何匹もいるの・・。ほんと・・たくさん!東京に!知らなかった?・・じゃあ、そこいこ!」って・・優しい笑顔で花ちゃんに伝えるビトの表情がキラッキラしてて・・・キューーンなんてもんじゃございません・・。可愛い過ぎるよ~heart01
それに応える花ちゃんの表情も絶妙!

車の中・・・「ほんとにいるの?って思ってるでしょ?これ・・誰にも言っちゃダメだよ・・」その笑顔・・優しい言い方・・反則です!!!!

港に到着・・・あーーーそっかぁーーーキリンかぁーーーーーーー!!!
(これ・・横浜だよね・・。ワタクシも、キリンだーと思ったことありますものっ!!)
花ちゃんの喜びっぷりが可愛い!!
なんかね・・お金をかけなくても、こういうところに連れてきてくれるって・・めっちゃ嬉しいと思う。
どこに行くか?何を食べるか?っていうことがよりも、“誰と一緒に”何を見るか?が一番大事なことだよね・・。
車の荷台に座って・・花がビトの手をとり・・『ありがとう』「どういたしまして・・なんて可愛いんだー!
花ちゃん積極的で良かったよ~ん・・。ビトのドキドキがこっちまで伝わってくる・・。こういう表情させたら・・もう、潤君上手過ぎて・・参ります・・。heart02
キスするのに・・こんなにも可愛い二人って・・。バックのきりんさんたちも素敵・・。
あーーーーずっとずっとこういう時間が続いてくれーーーーー・・・・・・・・・と心から思ってしまう・・。ビトは人生で一番幸せな一時だったのかも・・と思うと、あまりにも切ない・・・。

一馬さんとしおりさん・・・なんだかいい感じ!!愚痴を聞いてもらえる相手がいて・・良かった!

林と甲斐・・・本当にさ~~~この二人は、ここで殺し合いでもなんでもしてくれれば良かったのに・・・・・・・・・と正直思ってしまったワタクシ・・・。
林が、落ち込んでしまう電話の相手・・・・誰?
林も・・哀れな人なのかも・・。

町村家・・
里菜ちゃんと里菜ちゃんママが、謝りにきてくれたぁーーーーー!!!
本当に申し訳ありませでした」と謝る里菜ママに、「いえ・・僕の方こそ軽率でした。僕がおはぎ持っていったのが悪かったんだと思います。本当に申し訳ありませんでした。」と深々と頭をさげるビト・・。里菜ちゃんママも救われるよね・・。
ビト兄ちゃんは悪くないよ。里菜がお願いしたんだもん」・・里菜ちゃんええ子や~!誤解も解けてホッとしました。
そっか・・里菜ちゃんも苛められていたんだね・・。ビトの優しさが里菜ちゃんには心の安らぎだったんだろうね~。かつての花ちゃんのように・・。

あの子、好きになる』「好きは好きでもそういう好きじゃないんじゃないかな?まだまだちっちゃいし・・」『女心をわかってない』・・のやりとりは・・花ちゃんならではだよね・・。花ちゃんには、里菜ちゃんの気持ちがよーくわかるんだろうね・・。ちょっと嫉妬モードの花ちゃんと、何の事?と女心に疎いビトが可愛いなぁ~。
次のデートのプランを立てるビト花が・・めっさ可愛いぞー!
どうしても花ちゃんは富士山に行きたいんだよね。思い出の地だもんね。
昔ちょこっとだけ居たことがあるよ、仕事で・・。何にもない所だったけどね・・」とビトが言う横で大きく頷く花・・。まさかね~あのちっちゃい花ちゃんが、今ここにいる花ちゃんだとは・・・女心に疎いビトが気づくわけもなく・・。(^^;)
富士山&富士急ハイランド・・・・喜ぶ二人が可愛くて可愛くて・・それゆえに切なさ倍増です・・・。
林・・・・・・・あんたさえいなければ・・いいところでいつも電話がかかってくる・・。
ビトは無視し続けても・・あの手この手ですな・・・。

町村家の食卓・・・
幸せいっぱいで・・皆の笑顔がキラキラしてて・・切ない・・。

2015年の独房・・
キング牧師の本を真剣に読むビト・・・。はぁ~胸が痛い・・。
柏木さんに声をかけられたあとに・・ひとりになって、倒れこんで体を丸めて頭を抱えて泣くビトに・・・・胸が締め付けられる思い・・。
笑顔の裏には、一人でどれだけ苦悩しているビトがいるんだろう・・・・。

もし自分があそこで着いていったら、運命は大きく変わってたんじゃないかって・・」と後悔する一馬さんに、「それは違うよ、一馬さん・・」と真剣に語るビト・・。うん・・私もそれは違う・・と思う・・。
キング牧師の生きざまに・・ビトは何を思っただろう・・・。希望の光を見出して欲しい・・。それが一馬さんの願いでもあると思うから・・。
ビトの笑顔が・・眩しくも・・悲しい・・。

運命の6月9日・・・・・
林からの留守電が、元気がなかったことを・・気遣うビトは・・どんだけ優しいんだよ・・。はぁ~・・。
サシでビトと食事がしたい一馬さん・・「焼き肉屋」ってところが・・・もしかしたら、ビトに自分の生い立ちをそこで話したかったのかも知れませんね・・。
せっかく、町村フーズに平穏な日々が訪れたと思ったら・・・来たよ・・林が・・。punch
しかも・・殊勝な顔して・・やってくるところ・・・凄い人だ・・。
金太はすかさず、やばい雰囲気を感じ取って「すいません・・しかとしてたとかそういうじゃ・・」と言うところ・・賢いのかも知れません・・。
金太、お前もいくか?」と言われて、すぐに金太をかばうように、自分一人で行く・・と言うビト・・。
俺・・立ち直りたいんです・・本当なんです・・やりなおす相談、昔の仲間に聞いてもらっちゃいけないですかね・」・・演技者だ・・。
いつか必ず、話つけなきゃいけないことだから。自分だけでケリをつけてきます。僕自身が強くなんなきゃ」「自分行きますんで・・金太さんは、いいですか?」・・・・どこまでも、まっすぐ過ぎるよ・・ビトは・・。
ビト一人で、手に負える相手ではないのに・・・。

金太の話から、過去の林のこと・・ビトがきせられた罪のこと・・林の父親のこと、古瀬のこと・・全部繋がりましたね・・。
酷い話だ・・・。なんてこったい・・・。annoyannoy
警察庁次長の父親の力で、林の罪までビトにかぶせるために、もともと外国人労働者に偏見ありありな古瀬に、あえて捜査にあたらせた・・だなんて・・。古瀬に取調室でボコボコにされるビト・・・はぁ~ムカつくなんてもんじゃないわ・・。annoy
林・・父親・・・こんなに腐ったヤツがいるなんて・・。annoy
林と甲斐・・・全くもう・・勝手にやってくれよーーーーー・・・。

財布落としただとー?!やりなおすのに必要な金だとー?!一緒に交番行ってくれだとー?代わりにビトの名前で届出せだとー?!
はぁ~~~・・・。annoy
林さん・・もう、勘弁してください・・。僕はもう、まっとうに生きていくって決めたんで。もう・・林さんとはつるめません。何もかも終わりにしたいんです」・・・よく言ったビト・・・と思ったのに・・・林は上手で・・。ビトが林に真っ正面から縁を切りたい・・と言えたことは・・凄く大きな一歩だったのに・・。
林に泣きつかれれば・・ビトは・・交番に行くくらいなら・・と思ったんでしょうね・・。
もしかしたら、本当に林は改心したのかも・・と思うところが、ビトの優しさでもあり、甘ささでもある・・ってところが切な過ぎます・・。
きっと、ビトは・・自分が宗助さんが信じてくれたことのよって、心を開くことが出来たことで・・今度は自分が林を信じてみよう・・と思ったのかも知れない・・。ビトの甘さを責めることが出来ないよ・・私は。

はぁ~~~ここから、ラストまでは・・・もう、あまりにも切なくて、哀しくて・・・参ります・・。
冒頭で、散々・・感想を書きましたので・・・ここはさらっと・・。
ビトを心配して駆け付けた花ちゃん・・。花ちゃんが来たことで、余計にビトを追い込むことになってしまった・・ということが、あまりにも切ない・・。
でも・・もう、あの時、こうすれば・・どうすれば・・なんて、言っても仕方ないこと・・。
とにかく・・もう、林になり切る旬くんと、ビトになり切る潤君の・・あまりにも迫真の演技に・・・苦しくなりすぎますって・・。凄すぎるシーンです・・・。
「なんで僕なんですか・・・」「死んでください」の声と表情・・ビトの最後拳銃を落として呆然とする最後の表情が・・・ずっと目に焼き付いています・・・。sweat02

予告を見ると・・
ビトと花は、富士山の麓に逃亡するみたいですね・・。
ビトは・・花との約束を守って・・最後に花との思い出を作りたかったのでしょね・。切な過ぎる・・。
自首すると覚悟していても・・・あの古瀬が・・・・・・。
僕はただ普通に生きたかったのに・・」・・・本当に本当に・・ささやかな幸せまで奪いやがって・・・。切な過ぎますよ・・・・。
逃亡することで、事態はもっと悪くなるでしょうね・・。でも・・二人の純愛を見届けていきたい・・。

この先・・過去の冤罪も潔白だと証明できて・・今回の事件も正当防衛で情状酌量となり・・・林を殺してしまったという罪で、実刑○年くらいにならないものかと・・・・私は切に願います。
そして、最後には、ビトと花の本当の笑顔が見たいです・・。

~~~~~clip

そういえば、関東では、今、「ごくせん」が再放送されております。潤君と旬君の慎とウッチー・・・「スマイル」のビトと林との違いに驚愕ですよね・・。もちろん、司と類ともまるで違う・・・。なんて凄い2人・・・と、改めて思います。

潤君だけ見ても・・・とにかく・・慎とビトでは・・同一人物が演じているとは思えない・・。凄いなーーー潤君っ!!!good

| | コメント (49)

2009年5月21日 (木)

スマイル5話の感想♪

明日、もう6話がオンエアされるというのに、なっかなか更新が出来なくて、ジレンマでしたわぁ~・・・・。

ってことで、思いのままに書いてたら、めっちゃ長くなってしまいましたsweat01書き終えて・・・改めて読み返したら、自分自身でビックリしたよ・・。sweat01ですので・・・この際、もう読み飛ばしていただいても・・と思います。余計なこともいっぱい書きすぎちゃったし・・。coldsweats01

『スマイル5話の感想』

はぁ~・・・・あまりにも衝撃的なラストに・・オンエア後、しばし放心状態でした・・。
宗助さんのあまりにも悲しい決断に心が着いていけないっていうのか・・。sweat02
ドラマが進んでいくにつれ・・もしかしたら?と思う場面もいくつかあって。予想が外れてくれーーーと祈るような気持ちで観ていたのですが・・・。

宗助にしてみれば、家族や町村フーズの皆を「命をかけても、守りたい笑顔」という決断なのでしょうか。真面目過ぎるゆえの選択なのでしょうね・・。
みどりさんに声をかけられた時に、何か書類を見て難しい顔をしていた宗助さん・・。みどりさんに心配かけまいと明るく振舞っていましたが、どうにもならないくらいの経営難に陥っていたのかも知れないですね・・。
美奈子の裏切りにより、あの雑誌での誹謗中傷で、手のひらを返したように信頼していた業者、銀行からも裏切られて・・・それでも皆には泣きごとも言わずに、一人で決断をする心のうちを思うと・・・辛いですね。
ビトにとっても、町村フーズの皆にとっても、とても大きな大きな精神的支柱だった人なのに・・・残された人の気持ちは・・・?それを思うと、またまた・・辛い・・。sweat02
お前が味わってきた、屈辱ってーのは、こういう事だったんだろうな」と、ビトの辛かった気持ちを分かってくれたのにーーー。sweat02せっかく、帝国食品の人が内部告発してくれると・・ホッとしていたのにーーーー・・・なんで、皆で力を合わせて乗り越える選択をしてくれなかったのーーーと、思う気持ちでいっぱいだったのですが・・・でも、宗助のあの最後の慈愛に満ちたような穏やかな笑顔を見ると・・・宗助の中での“正義””信念”“生きざま”“死にざま”が、そこにはあったのかな、と、思うようになりました・・・。
どういうふうに生きて、どういうふうに最期を迎えるのか・・・そこには、それぞれ、他人にはわからない美学?みたいなのがあるのでしょうね・・・。
宗助さんの決断は、町村フーズを守るため、保険金で損害の補てんをしようとしたのかな?
神聖な作業場で真っさらな作業着を着て最期を迎えたのは、潔白を身を持って示すため?
そのどちらでもあるのかな?
宗助さんの決断の理由は、6話で明らかになるのでしょうか・・。それを見届けたい気持ちでいっぱいです。

宗助さんの決断は・・・うちも自営業なので、ものすごく考えさせられました・・。
下の子がお腹の中にいた12年前・・・うちも、取引先の何社かが倒産してしまい、一番のお得意様だった業者は多額の手形を不渡りにし・・夜逃げ・・・。主人は、その社長の「もう少しだけ待って」という言葉を信じて、支払が滞っても仕事をし続づけていたので、私としては、何度となく忠告もしたのですが、「仕事は信頼が全て」という主人に、それ以上は私も言えず・・。信頼し寝る間も惜しんで仕事していた主人に突きつけられた現実は、多額の損失・・。なんだか、あまりにも多額過ぎて現実味がなく、呆然としたり、泣きわめいたり、絶望したり・・ってことすら忘れて、思わず夫婦で笑ってしまった・・というおバカな私たち。(^^;)(ある意味、ちょっと頭のネジがすっ飛んだんだと思います・・・(^^;))だって・・・2年間の年収分以上の額なんですもの・・・。主人が寝る間を惜しんで働いてきた2年間が全て無駄・・という現実に、「こんなこともあるんだ・・。家売ってテント生活しちゃう?」なーんて冗談でも言って、受け止めるしかなかったんですよね。
ただ、妊娠中だったので、一時期出血が止まらなくなったり・・と、さすがに強がっていても体は正直・・といいますか・・・。お金のことよりも、お腹の子の方が心配になったりもして・・。(まぁ、今となっては、あまりにも元気過ぎる子で・・あの時の心配はなんだったんだ?って感じですけど・・・。)
無責任過ぎる!と憤る気持ちももちろんあったのですが、実際問題として、その後自己破産をした社長さんに残された財産は微々たるもので・・・債権者として裁判をして・・・ただただ恨むだけの時間を過ごすのなら、意味はないなーと判断して、損失を全て貸し倒れにし、「ああ・・高い高い授業料払って人生勉強したな~くよくよしてても仕方ない。さー気持ちを切り替えて挽回するぜー!」」と前向きに捉えることで、主人も、さらに頑張る決意も出来たりしたんですね・・。
うちは夫婦共々、親に頼らない、頼れない状況なので、そういうことがあったから、夫婦の絆も深くなったなーとも思いますし、逆境にも強くなったと思いますし、まんざら・・悪いことばかりでもないんですよね・・。今となってはネタとして笑い話にもなってますしね。(笑)
だから・・・宗助さんにも・・希望を持って、皆で乗り越えてほしかったなーなんて、思ったりもしたのですが・・・。せめて一馬さんに相談することは、出来なかったのかな?とか・・・。
ただ、問題は、あの雑誌による風評被害ですよね・・。
あれさえなければ、立て直すことも出来たのではないかと思います。
美奈子は、林に脅かされたのでしょうし・・・もしかしたら、おぼっちゃまである林にお金で取引きを持ちかけられた?・・・何にしても、嘘までついて雑誌社に町村フーズを売った・・・ということは・・いくら林の陰謀でも・・恩を仇で返すなんて、あまりにも卑怯・・・。
いわれなき中傷でも、公になれば、「そうらしい」→「間違いない」と、まことしやかに広まっていき・・築き上げてきた信用は、簡単に崩れてしまうんですよね・・。なんて理不尽な世の中・・。正直で誠実な人間がバカをみるなんて・・・。sweat02
うちの場合は、幸いにも取引先が他にもあったので、そちらで何とか挽回が出来たけれど、町村フーズのように八方ふさがりな状況になったら・・・前向きに捉えて乗り越えていけたかどうかは、全く・・わかりませんもの・・・。
あの前向きな塊のような主人でも、「町村フーズの社長の決断は、わからなくもない・・・。自殺するって選択は俺にはないけど、その状況になってみないと当事者の気持ちなんて分からないし・・・」と。
ドラマの中の話なのだけど、ついつい自分たちの経験してきたことや・・日常の中で忘れがちになっていたいろんな思いを、改めて呼び起こしてくれるドラマでもあるなーっところが・・私たち夫婦がハマってしまう理由でもあるのかも知れないですね・・。
ドラマだから、多少強引な展開にはなっていると思いますが、展開云々よりも、ビトを含め、登場人物のそれぞれの、その状況に置かれている立場での気持ちを考えながら見ると・・・凄く興味深いんです、このドラマ。
主人も、「一人一人の心情を順を追って丁寧に描いている訳じゃないんだけど、役者の演技で、その心情を想像することが出来るってところがいい。何でも説明くさく表現すりゃいいってもんじゃないし・・」とえらそーに言ってますけど・・・。coldsweats01
相変わらず潤君に対しては、「松潤のビトは、もはや松潤ということを忘れる。ビトでしかない。」とある意味最上級の褒め言葉をいただきましたっ!(笑)
結衣ちゃんのことも、CMで結以ちゃんがしゃべってるところを観た時に、「花がしゃべってると違和感があるなぁー・・。花はあの花がいい。」と・・・。どんだけスマイルに洗脳されてるんですか?(笑)(ちなみに主人は結衣ちゃんのことをスマイルを見るまで知りませんでした・・。芸能人に興味がない人だからなぁ~・・・)

宗助さんの自殺・・という5話ラストに・・ガツーンときちゃったので、ついつい前置きが長くなってしまいましたが・・・(ってか・・・長すぎだよね・・。)
5話も、見どころ多し~~heart04な回でしたね!!!!

回を追うごとにますますビト潤くんにハマってしまってますheart・・ワタクシ!!
ビトを演じる潤君は、歩き方、目線、姿勢、発声や話し方、仕草までビトになりきっていて、マジ凄い!!goodgoodこういう受け身な芝居・・はじけられない分演じていて相当に疲れてしまうんじゃないかな・・なんて、ド素人な私は思ってしまうのですが・・きっちりとビトになり切っていて・・本当、演技に心奪われてしまう自分がいます・・heart01
ドラマ自体は辛い展開ではあるのですが・・・全体に流れる雰囲気に・・なんだかとても温かい気持ちになるんですよね・・。不思議と・・。

林と遭遇するビト・・・固まってしまってしまい作り笑顔しか出来ないビトが切ない・・。
もーうさ~旬くん林と、潤君のビト・・・この役作りと演技は、凄いものがあるよね・・。
林は薄気味悪さをまとった目だし、ビトは子羊のように脅える弱々しい目だし・・なんだか演技を越えて、本当に林とビトが存在しているように見えて・・・凄いなこの二人!!!
もーう、林のヤロ~~ビトをほっといてよぉ~~~と思っちゃうわ・・。甲斐のことなんて・・どうでもええねん・・・。
林にとってビトは、絶対的な手下だと思っているんでしょうね・・。ビトが社会から省かれていることを前提に、また自分のいいなりになるはず・・と思っていたのに、ビトにはビトを愛してくれる人が周りにいることが分かってくるから・・それが許せないという歪んだ感情なのかな?
法律はお前を縛りつけるけど、守ってはくんないんだよ?一度でも法律がお前の事を守ってくれたことがあったかー?ビートーっ!・・・・過去のビトにとって、コンプレックスを抱かずにはいられなかった辛いことをしれっと言い放つ林と・・・苦しく哀しい表情で振り返るビト・・・・このシーン、特に二人の演技が凄い!!と思ってしまったわ!!

ああいう男には関わるなよ・・」と忠告してくれる一馬さん。だけど・・関わりたくなくても執拗に関わってくるのは・・一体どうしたらいいんだよ~coldsweats02・・・と・・。
ビトも林が常識が通用しないこと分かっているだろうし・・林の非道さや冷酷さを分かっているから・・・逆なですることも出来ず、何も言えないのが・・切なくもどかしいね・・。

謝りにいきたいです。まずは、とにかく謝りたいです!キチンと」と里菜ちゃんママのもとへ行くビトですが、謝るビトに・・・しおりさんが~ついつい余計な援護をしちゃって・・里菜ちゃんママ激怒!・・・こうなってしまったら、もう聞く耳を持ってはくれないよね・・。
ビト、ごめんね」と言われても、「いや、本当に心配なのは里菜ちゃんの体調です」・・・こういう純粋な優しさがビトのいいところなんだよね・・・。それなのに・・・。

しおりさんと花ちゃんのビジネスホテルでのガールズトークも、姉と妹みたいで可愛いね!!heart04しおりさんの「何だよ、ノロケかよ~この小娘が!(笑)」ってフレーズがツボ!!(笑)しおりさん、さっぱりしてていい人だよね。
ビトに名前を読んでもらいたい花ちゃんが、可愛い~!

帝国食品と取引してる別の業者の人たちの頑なまでな態度に、(口止めされてるんだろうね・・)「逆の立場だったら・・」「なんとしても守らなければならない皆の生活のことを考えたら」「キレイ事だけではすまされない・・・」って宗助さんの言葉・・・その状況になったら、本当にそう思うしかないんだろうな、って思います。
でも・・・この時点では、まだ取引業者も銀行も今までの信頼関係で、なんとかしてくれようとしてたんですよね・・・。

なのに・・・林の暗躍で・・美奈子を使ってとんでもないことを・・・。これさえなければ・・・・。punch

チェホンマンブルと、じゃれ合うビト、金太の3人の無邪気な笑顔が・・・可愛くも・・切なく見えますよん・・・・。

一馬さんの事務所で、ビト、一馬さん、しおりさん、花ちゃんが・・一緒にいるだけで、なんだかとっても癒されるわぁ~!!
『頑張って!』「うん!」・・と、こういう当たり前のようなやり取りが、凄くホッとします。通じ合ってきた心って感じで!ビトの笑顔もめちゃ可愛いし!!!!

古瀬と北川は・・それぞれ目的が違うんだね・・。北川が古瀬に「偏見持ってる人に限って、本当に自覚がないもんだ・・」と言ったところは少し救いですね・・。北川の方は、一馬への対抗心はあったとしても、自分の間違えに気づいたら、認めてくれそうな気はしてきました・・。
古瀬は・・・・・・・・・相変わらずムカつくだけの奴ですが・・。annoyビトに対するその凝り固まった偏見は、どこから来てるの???

ビトと一馬が二人で事件を調べていく姿も・・二人の空気感が、めちゃ好きだなぁ~!!帝国食品の人を見つけたビト。二人で駆け寄って行って、町村フーズの名前を出したとたん顔色が変わる若い社員さん・・・これはのちのち・・何か味方になってくれそう・・・希望の光が・・。
そそくさと似げる二人を見送って・・「何、この慌てっぷり・・」とつぶやくビトが、やけにツボなワタクシ!!!

せっかく・・帝国食品への罪を暴いていける・・と思った矢先に・・・出たよ・・あの中傷記事がっ!!!!!!!!!ムカつくーーーーー!!!annoyannoy

2015年・・・
たった一つの面白おかしく書いた文章で・・ね・・」・・・ホントに・・ね・・。人の人生を狂わせてしまうなんてやりきれないよね・・。
あの時、社長からもらった本、まだ持ってるか?」「持ってるよ!もちろん!あれは僕の宝物だから・・」って・・・宝物って・・・。優しくも切ない瞳に、キュンキュンです・・。
それを大事に抱えて横たわるビトの表情・・・ぐわぁ~ん・・・。本を持つ手が綺麗!
一馬さんの「本を差し入れしてやるよ」と言われて、一気に明るい笑顔になって、柏木さんとも軽ぐちを叩きながら楽しそうに話すビト・・・・その表情には、救われますね!!!
でも・・一馬さん自身も、ビトのその笑顔が本心かどうか?が分からないみたいで・・・。悟りきった笑顔なのか、無理している笑顔なのか、本当の笑顔なのか・・・。
それが、本当のような気がしてならなくてさ~・・・。シャバに戻っても、いいことなんてないって本気で思ってるんじゃないかな・・」という柏木さんの言葉と、「花ちゃんのことは?」「それは・・どうなんだろうな~・・」の一馬さんと柏木さんのやりとりが・・・とても気になりますね・・・。
いや・・あれこれ想像するのはやめましょう!ビトと花ちゃんは、必ずどこかでつながっているはずだから・・・。

美奈子のアパートに駆けつける金太とブルの前に林登場!!・・金太の脅え方からしても・・林という人間の恐ろしさがわかりますね・・。林の「ややや・・・金太くん・・」の、ちゃかした言い方や笑い声が余計に怖いわ・・・。
イキナリ、容赦なくブルを突き落とし、ベビーカーでボコボコ・・・って、これ落ちた時の打ちどころ悪かったら、死んでしまいますって・・・・。coldsweats02

ブルさん大丈夫?」ってビトにシップをはってもらうブルが羨ましい・・・って、そこじゃないよね・・。(^^;)
運が良かったよ、これで済んで?」って・・・どんだけだよ、マジで・・。
林が絡んでるのでは?と金太・・・ビトの不安気な表情に・・キュン・・と心がいたい・・。

一馬の事務所に集まる町村フーズの面々・・・。
宗助さんの前向きな姿勢がとても輝いて見えたのに・・・。銀行が貸してくれると信じていたんだもんね・・。今思うと切ないね・・。
自分がいわれなき中傷で屈辱を受けたことで、改めて感じるビトの立場や気持ち・・・。ウルウル・・・。sweat02宗助さんの言葉は、ビトだけじゃなく、一馬も花も嬉しかっただろうな・・と。「いえ・・」と笑顔で応えるビトと、その笑顔も見つめる一馬さんいじ~ん。

皆で歩く夜道・・・
ビトはなんで笑顔なんだ?」と一馬さんに聞かれ「町村フーズに来る前はディフェンスだったのかも。笑ってるとね・・何事もなく終わるんだよ。どんなに辛い思いをさせられても、どんなに酷いことを言われても笑顔でいれば、それ以上にはなんなかったから。」・・・って、はぁ~~・・・切なくも深い言葉・・・。凄く穏やかでいい表情で。
分かる、めちゃ分かるよ・・・。ビトは町村フーズに来て、本心からの笑顔が出るようになったんだろうね・・。ビトの笑顔に癒されるわぁ~~~~~!!!!
一馬さんも、いつも軽いノリでお気楽を装っているのも、ある意味ディフェンスなんだろうね・・。ビトの気持ちとリンクするところ・・あるんだろうな~。
しおりさんの思いがけないお節介な(笑)計らいで、「今日、私の代わりにビジネスホテルに泊まる?花ちゃんの付き添いで!」って・・・これまた衝撃的な一言!(笑)
え??何言ってるんですかー・・・」って固まるビトがめっさ可愛いheart01
ちゃんと花って呼んでやれよ~男なら!」・・と言われて、戸惑いながら花ちゃんを見つめるビトの目に・・・キュ~~~~~ン!!!heart02
見つめ合いながら、大照れ笑顔の純情過ぎるビトが可愛い過ぎるっつうの!!!
「そこで手をつないじゃえーーービトっ!!!」と、なぜか盛り上がるうちの家族・・・。(^^;)

宗助さん・・・書類を見ながら難しい顔・・・。本当はかなり切迫してる状況?
みどりさんに心配かけまいとするところが・・・切ないなぁ~。

相模さんと花ちゃん・・・
「守りたいと思います。僕がまもらなきゃ」というビトの気持ちを伝えて、「素敵な人に出会えたね」と言われ、嬉し涙の花ちゃんにじ~~~んheart02
相模さんのお兄さんのような優しい笑顔もいいですね~!!!good

作業場を掃除するビトに、林から電話・・・。
林は・・・6年前から全く時間が進んでないんですね・・・annoy

みらい銀行・・・やっぱりか・・・。sweat02
山根さんのあまりの調子良さに・・なんだか心配してたんだけれど・・・やっぱりか。
でも山根さんは単なる1社員だもんね・・町村フーズを助けたくても出来ないよね。
はぶりがいいときにはすり寄ってきて、何かあったらバッサリ切る・・・って、哀しい現実だよ・・全く。融資をストップさせるだけじゃなく、全額返せ!っていうのは、何か圧力がかかったのかな・・・。
お願いします・・」と土下座して懇願する町村パパに・・・心が痛くて痛くて・・・。

一馬さんの元カノ登場・・・。
TVに出演したがっていたのは・・彼女へのアピール?忘れられない思いがあったのかな・・。「今、俺さ、日本人なんだ」という言葉から・・・在日韓国人?であることで、過去に結婚を反対されたことがあったのかな?と想像できますね・・。

公園の宗助さん・・・。もうこの時点で決意していたのだろうか・・・。
ビトの誕生日を、この状況の中で盛大に祝ってくれる・・というのは、やっぱり・・・何かしら決意があったんでしょうね・・。ビトに夢を諦めないで欲しいという思いもあったのかも知れない。
でも・・・誕生日を祝ってくれて、あの本をプレゼントしてくれたことで、余計にビトの残された思いは・・・切な過ぎるものになるよね・・。誕生日のたびに苦しい気持ちになりそうで・・・。
あの本をプレゼントされて、「すっごく嬉しいです」と・・ビトの嬉しそうな顔にキュンキュン!!!heart02
誕生日を知らなかった花ちゃんの悔しそうな顔にキュン!
ビトの夢を聞いて、ビトの真っすぐで素直な笑顔を見ている一馬さん・・・思うことがあったんだろうね・・。
ビトはいつも笑顔だから、スマイル、ってどうだ?」とベタだけど、宗助さんらしいなーって微笑ましく思ってたのに・・・・・・・。

宗助さんとみどりさん・・・すっごく素敵な夫婦なのに・・・。
全然苦労と思ってませんから」って、みどりさんの本心からの思いだと思う。
他人から見れば苦労だと思うことでも、愛する人と一緒なら、とらえ方次第で、苦労だとは感じないもんなんだけどな・・・。肩寄せ合う二人の後ろ姿に感動してたのに・・・・・・・・・。

一馬の事務所にかかってきた電話。笑顔で走ってくるビト!!
まっさらな白衣を着て、神々しいまでの笑顔で作業場を見渡す宗助さん・・。
どう電話の人、来た?」とさわやかな笑顔のビト!
遊園地のチケットを誕生プレゼントに渡す花!
手紙?・・・・・誕生日のプレゼント?・・いいのに・・。ありがと!」・・・って、1連の表情がめっさめっさ可愛過ぎなんじゃーーっ!!heart01
しかーも、やっと呼んだよ、花ちゃんってっ!!!!!花ちゃん・・。ありがと、花ちゃん!休みの日、一緒に行けたら・・・・行こうね!」って・・・そのうわ目づかいな目線、笑顔・・・反則ですからーーーーっ!!heart01「行けたら・・・行こうね」って、あーた、どこまで奥ゆかしいの・・。happy01
花ちゃんの嬉しさあまりの足バタバタ笑顔も、めちゃ可愛くて・・・癒されるよぉ~~~この二人はっ!!!
帝国食品の社員の佐原さんも、(この俳優の高橋洋さん・・ワルキューレで潤君と共演してたよね?)せっかく告発してくれる・・と・・。
わぉ~~~~何だかいろいろ好転してきたぞーーーーとワクワクしたのに・・・・。
あの事件は・・・うちの会社が・・帝国食品による・・」で・・・電話が鳴っちゃって・・・。sweat02
何かと思えば・・・最悪な結末・・・。crying
みどりさんの号泣に・・涙涙・・・・そして、その向こうには・・・。もう、観ていられないほど・・・ガツーンとやられちゃいまして・・・。sweat02sweat02
なんで、もう少し待てなかったのーーーーーー社長-----・・・・・・・・・・・。sweat02sweat02

次回は凄くストーリーが動く気がします・・・。
私・・このドラマに関しては、予告の映像以外は、なるべく先々あらすじを読まないように・・前知識を入れないようにして観てます・・。
なので・・・この先、ビトや町村フーズの皆が、社長の死を乗り越えて、どういうふうに生きていくのか、自分なりに想像しながらも・・・しっかりと見届けたいと思います。
予告見ただけで・・・・もう、ウルウルしまくりですから・・・・。sweat02

やばいわ・・・・やたらと長くなり過ぎました・・・。
これだけ語れるドラマって・・・いろんな意味で、凄いよね・・・。

| | コメント (29)

2009年5月12日 (火)

ジュンスタ&ブランチ&スマイル4話の感想♪

スマイル4話の感想の前に・・ジュンスタでツボだった潤君のスマイル関連のトークを少し・・・。

ほんとに沢山のメールをいただきまして・・・凄い沢山あったですけど、全部見まして・・・
う~ん・・・想像以上に、そのメールを読む限り、いろんな事を感じて、いろんな事を受け取ってくださっているんだなぁーという印象がありました。
もうちょっと・・・なんか響かないところがあるのかなって、響かない部分もあんのかなぁって思ってたんですけど、結構・・・皆さん・・まぁ、メールくださっている方は、観ている方全ての、全体の大枠ではないと思うんだけど・・パーセンテージとして・・・。
でも、すごく響いてるんだなっと思って、すごく・・なんかこう・・勇気付けられたというか。
改めて、こういうテーマの作品なので、気持ちちゃんと込めてやって行けたらいいな~と思いますね。
ボクのところにも、実際知り合いの人とか友達から凄いメールをいただいて。
同業者の人とか、ほんとに『挑戦してるねー』と言う人もいたし・・・う~ん・・『新しい』っていう・・まぁ、僕の芝居が新しい・・っていう言い方もいらっしゃったりとか。ほんと沢山の連絡をいただいて。オンエア終わったら、すごい電話とか鳴ってて、ありがたいな~と思いましたね~そういう・・なんかやっぱりこう、また違った目線なんですよね、視聴者の方と同業者の方っていうのは。また違った嬉しさみたいなのがあって・・・。
あの~そうですね~・・・ほんとに・・その~非常にテーマとして重い・・というか、深い・・というか。人間が生きていく上で非常に大事なモノをテーマにしてる作品なんで、最後までちゃんとやりたいなと思うところと、あとは・・ひとつひとつにリアリティーを、どれだけ感じてもらえるような作りにするかっていうのが、今一番大事だなって、一番大事な課題だなって思いますね・・。
実際メールを全部目を通したところ、厳しい意見みたいのもありまして、なるほど~と思います、僕は!
あの~もちろん、そういう意見もあると思うんですね。人それぞれ価値観が違うので。そういう意味では賛否あるべきだと思うし、あって当たり前だと思うし。
でも・・・そんな中で僕が気になったのは、ある種・・なんかこう自分の価値観というか、尺度みたいなのが・・完全に決まりきっちゃってる人っていうのは、やっぱりいるんだなっていうのをすごく思いましたね~。『それはあり得ない』とか。う~ん・・・まぁそこを『あり得ない』と言わせてしまうのは、僕らの作品を作る上でのリアリティーっていうところの、なんか足りない部分なのかなーって思うんですけど。
それもありつつ・・・まぁ、それが大きいと思うんですけど、それがありつつ・・あとは、ほんとにその人の、なんかこう自分が今まで経験した事と、自分た得た知識だけでしかモノをみてないっていう目線っていうものは・・・感じたりしますね・・。う~ん・・・誰がどうジャッジするかっていうのは、非常に難しい話だと思うんですけど・・・実際に・・こう聞き苦しい言葉(セリフ)とか、そういう表現があったりすると思うんですけど、それ自体っていうのは、大多数言われてるか言われてないかって事だったりとか、そういう問題では僕はないと思ってて・・・。
ドラマだからっていうところも、もちろんあると思うんですけど、実際にそういう人はいて・・・。そうですね・・ほんとに・・だから、そういう意味で、よりリアルにリアリティーを持ってやるかって言うことが、凄く大事なんだなーというのを、改めて思いますね~。
あの・・・僕がやろうとしているテーマっていうのは、今日本で起こっている・・起こり得る話だと思うので・・。

だからこそ渋谷だったりとか、すごく日常的に・・こう人が生活していることがわかる空間でロケをやってたりするのも・・・そういう事が理由だったりするんで・・。そこはちゃんと大事にやりたいな~というふうに思いますね、はい。
最後まで観ていただけると、いろんな事が見えてくると思うんですよね・・。最初っから時間軸が飛んだりするところはありますし、それが後半になっていろいろと紐とかれる・・・というか、そういう内容でもあるので、ぜひ観ていただけたら・・と思っております

と、潤君が一言一言をかみしめるように、考えながら・・真剣に話してくれたのですが・・・・。文字に起こすと、その潤君の語り口調が伝えられないのが・・もどかしいですね・・。sweat02
潤君ってさぁーほんとに・・いろんな意見に耳を傾けて、マイナスな意見があったとしても、それを否定するわけではなく、ちゃんと受け止めた上で、しっかりと自分の意見を言うよね・・。それも決して押し付ける訳じゃなく、いろんな角度、立場を踏まえた上で、自分の責任において自分の言葉で。
こういうところ・・・大大大大好きです!!!!heart
きっと様々な意見が寄せられたんだと思いますが、それのすべてに目を通し・・・ファンの声を決してうやむやにしたり、無駄にはしないっていうか・・・。
しかも・・・潤君の考え方・・・・ワタクシ・・めちゃめちゃめちゃ納得ですし!!!!
物事の見方、受け取り方、物事の良し悪し、社会的なことや、世間の常識云々・・って、自分の価値観や尺度だけで「こうだっ!」と決めつけちゃいけないですよね・・・。
勝手な決めつけが、スマイルでもある、「偏見」にも繋がってるんだと思いますしね・・。
その反対に、自分の価値観や尺度のみが大事なことっていうのは・・恋愛とか愛情とか友情とか自分の趣味趣向、好み、とか・・そういう「情」や「心に訴える」部分だと思うのですが・・。
そういう意味でも「スマイル」って、自分の価値観や尺度だけでビトを認めようとしない偏見の塊のようなやつらと、自分の価値観だけでビトを絶対的に信頼し愛する花ちゃんと・・・くっきりりと分かれていて・・・凄いドラマなんだよなぁーって改めて思いますわっ!!good

たぶん・・・ドラマの内容への辛口意見でも「ありえない!」という決めつけじゃなくて、「私はそういう表現は観ていて嫌でした」という個人的な意見や気持ちだったらいいんじゃないかな~なんて、ワタクシは思います。
でもさ~こういうふうに、辛口な意見を潤君に直接ちゃんとメールで伝えようとするっていいなーって思う。
「直接伝える」っていいよね。間を介すと、その意志はまんまダイレクトに相手に伝わらないしね・・。
ネットの世界の中にも、酷い言葉が飛び交っているでしょ?それこそドラマの中のセリフ以上に「聞き苦しい言葉」がね・・。
詮索だけで決めつけて誹謗中傷を平気で書く人も・・・それが偏見、誤解、苛め、に繋がっていくことを是非とも意識してほしいなーなんて思う。
実際にそれで人を追い込んで自殺しちゃう人だっているんだもんね・・・。
そもそも誹謗中傷を匿名やHNで書くってことだけでも卑怯だと思っちゃうしね・・。極論かもしれないけど、公に悪口を書くなら、自分の言葉に責任もって身元を明かせーとまで・・・思っちゃいますわ・・。あくまでも・・・私の気持ちとしては・・ですが。sweat01sweat01

しっかし・・潤くんって人は、こういう風に、個人のさまざまな意見を全部読んで、潤君なりに誠実に答えてくれるところ・・・ものすごく真っ直ぐで信頼できる人だなーって思います。男前過ぎだよ・・松本潤!!!good

ところで・・・思うに・・・人って、一人の人間が経験できることって、世の中のあらゆることの中では、ほんとーーに一握りの狭い範囲の中だけであって、そこには限りがあって、自分が見えてる世界がすべてではないんですよね・・。
自分は自分にしかなったことないから、つきつめて考えれば、きっと知らないことだらけ・・・。
些細なことですが、自分が同じ景色を観ていても、その時の自分の状況で見方って全然変わってくるものだなーという経験はありますよね。
例えば、自分が妊婦になった時に、必然的に妊婦さんに目がいくようになって、「あーこんなに妊婦さんっていたんだなぁ~」なんて改めて思ったり、ワンコを飼ったら、ワンちゃんを連れている人に目が行くようになったり・・・。
母の介護をするようになれば、介護をしている方、されている方に目がいくようになったり、娘が入院をすれば、病気のお子さんに目がいくようにったり、反面、元気なお子さんにも目がいくようになったり・・と、見えていく世界って変わったり、広がったり、増えたり・・して行きますよね・・。
見えている景色は同じでも、どこに視点を置くかで、まるで変わってくるし、その時の自分の心境でも、同じ景色がまるで違ってみえる。
なんとなく見ていることと、意識して見ようとすることでは、まるで違うってこと・・・ありますよね。
それって・・・景色のことだけじゃなく、物事すべてに言えることだなーって、思うのです・・。
まったくもってキャラじゃないのに、私もPTAの副会長なんてやっちゃってて・・・そうすると、やっぱり立場上様々な問題を見聞きすることがあるんですよね・・。
ある意味、学校って社会の縮図みたいなものですから・・・差別とか偏見がない・・なんてことはなく、私個人の小さな尺度では、「え?そんなに問題なこと??」と思うような事でも、人によっては、それが大問題であることもあって・・。差別という点では、あまりにも理不尽だなーって思うことも沢山ありますし・・・。しかも今日まさに、その理不尽さを目の当たりにした出来事とかもあったりして・・(語るとさらに長くなりますので・・書けませんが・・・)

スマイルを見ていて、1話目の時に「こんなに酷い差別ってあるかな・・」と言ったら、「あるよ。差別や偏見は、哀しいことだけど確実に存在してる・・・。大なり小なり・・。だから苛めだってなくならないわけだし・・。それを感じないでいられた人は幸せな状況だっただけだと思う。ビトや花のような状況下の人間はいない・・なんて言いきれない。」と主人。
このドラマは、非常にデリケートで難しいテーマですから製作者サイドが伝えたいことを、受取り手が100%同じように受け取れなくても当然だと思うし、それぞれの状況的に、それがリアリティーとして感じられなくても仕方ないと思うのですが、このドラマを通じて、潤君が雑誌やインタビューでも言っていたように、マイノリティーを意識し理解しようと努めたり、相手の立場になって違う方向から考えてみることって・・・自分にとっても世界が広がるし視野も広がることだな、って思うのです。
そういう意味でも、やっぱりあらためて、いろんな角度で物事を観る大切さを教えてくれたドラマでもあるんだなって思います。

~~~~~~~clip

で・・・ジュンスタと時間がちょいとかぶった「王様のブランチ」は、
スマイルの撮影現場のスタジオセット(町村家のダイニング)で、潤君と結衣ちゃんと小池さんがインタビューに答えてまして。
結衣ちゃんと小池さんに、【松本潤は、○○○なスマイルを持つ人だ。】と、フリップに書いてもらうわけですが・・
結衣ちゃんは【気ぃ使いぃーな座長的なスマイルを持つ人だ】・・だと書きまして、
結衣ちゃん:「いろんな立場に立って現場を見ていて、かつ、それをまとめる・・そこがみんな座長だ!座長だ!って言ってるので。」
潤君:「言ってないよ!(笑)」
結衣ちゃん:「言ってますよー!」
小池さん:「言ってる。言ってる!!」

小池さんは【母のようなスマイルを持つ人だ】と書きまして・・・
小池さん:「なんかお母さんみたい!おばさんみたい!」
潤君:「(笑)その二つはだいぶニュアンスが違うよ!(笑)」
小池さん:「包容力の塊のような気がするんですよ!凄く周りを見て、どう?とかいろんな人に話しかけてたりとかするし・・良く見てんな~って感心させられるところっていうか・・。ただ私よりか結衣ちゃんに対するスマイルの方が大きいような気がする。」
潤君:「あはは~どういうことそれ?(笑)」
小池さん:「なんかね~・・二人のシーンが多いからしょうがないんですけど、やっぱりほら・・・気にするじゃない、女優って、配分をさ・・・(笑)」潤君も結ちゃんも爆笑!
潤君:「いや~あのね・・小池さんは~姉ちゃん的な感じなんですよ!」
小池さん:「意外に甘えん坊だよ!」
潤君:「(笑)僕、姉がいるので、こう・・すごく接しやすいというか、空気的にも話しやすい空気を作ってくださるんで、姐ご肌のところに頼ってますけどね!」と、フォローする潤君、やさすぃ~~~!!
で、小池さんんったら、ビト花の二人のシーンが可愛いから、「いつも貴一さんが、『俺としおりはかませ犬だ』って!」に、潤君爆笑して
潤君:「言ってないって!(笑)言ってないって!(笑)」
小池さん:「ゆーの。ゆーの!」
で、結衣ちゃんに関しては、「貴一さんも結衣ちゃんのこと可愛くて可愛くてしょうがないみたいだからいっぱい喋りたいみたいよ!」と、優しく言ってあげて・・いい人だー!
潤君の結衣ちゃん評は、「ストイックだと思いますね~。感性が豊かなんだなぁ~と思いますね!!思いません?」と小池さんに聞くと
小池さん:「思う。(私が)同じことしても可愛くならないからね。」と、またまた自虐的なことを言うと(笑)
潤君:「いやいや、そんなことないと思いますよ!(棒読み)」・・・爆笑!その棒読み加減に、小池さんが潤君にパンチ!(笑)潤君爆笑!って感じで、面白かったぁ~~~~!!!happy01
潤君と結衣ちゃんの並びは凄く可愛いし、潤君と小池さんのやり取りはおかしいしで・・良いトリオでしたわ!(笑)
でも小池さんの潤君評の、「お母さんみたい。包容力の塊」っていうのは、凄く嬉しい表現だな~って思いましたわ!!
潤君ってばーー二オイもお母さん(笑)なら、性格もお母さんなのね!(笑)
潤かあさ~~~~~ん!!!!heart01(笑)

あ・・・そういえば、スマイルの公式サイトの、いしだあゆみさんのインタビューの潤君の印象っていうのも、すごく良かったー!!!!heart01潤君をべた褒めでしたね!!
撮影日誌での、潤君と中井さんのエピソードにもほっこりでしたわ!!!

~~~~~~~~clip

ということで、4話の感想を書かせていただきたいと思います!

『スマイル4話の感想』

もーーーーう、めちゃめちゃ良かったよぉーーーーーーーー!!!!!

なんっつうか・・・もうね・・・脚本の流れの中のちょっとした細かいツッコミどころなんて、もーうどうでもよくなっちゃうくらいに、潤君の演技がーーー最高過ぎるっ!!!!!heart02
ビトがめちゃめちゃ愛おしい!!!!!!
潤君・・・なんてなんて、キュンとさせてくれる演技&表情をするのぉーーーー!!heart02

このドラマは・・とにかく潤君はもちろんのこと、結衣ちゃんも中井さんも小池さんも・・・・そして、悪役サイド?の方たちに至るまで・・・ものすっごく的確な演技力で魅せてくれます!!!!
その演技力で・・凄く見ごたえがあるドラマになってるなーって、今回はつくづく思いましたわ!!!!
もちろん・・・一難去ってまた一難・・と、ビト花で癒されるシーンがあっても、すぐに奈落の底へ・・・みたいな展開なので、観るのが辛い・・という人がいるのもわかるといえばわかるのですが・・・。それ以上に、私は、今まで観たことない潤君の演技に・・・心揺さぶられております。lovely

一馬さんのセリフで、ビトのことを「不思議な子だなぁ~って思ってさ」っていうのがありましたけれど・・本当にビトは不思議な魅力を持った子だと、私も思います。決してカッコイイヒーローじゃないんだけど、だからこそ愛おしい・・というか・・。

今回、花ちゃんの手紙や、相模さんへの誤解も解け、花ちゃんの辛すぎる過去もわかり・・・ビトは素直に花ちゃんに向き合おうと、花ちゃんを守りたいと意思表示をします!!自分の過去の事を「苛められないように、一生懸命、強いやつに媚へつらってさ。何で僕なんか産んだんだろうって、母親を恨んだ事もあったけど。でも彼女は僕より、もっともっと、ずっとずっと、辛い思いをして・・生きてきたんじゃないかなって・・」と、自分の心の弱さとも向き合い認めることも出来たことや、花の心の痛みを自分のこと以上に思える・・って、実は、もうすでに強さを備えつつあると思います。
ただ・・ビトの弱さ・・といっても、ある意味、ビトは根底では強いと思うんですけどね・・・。人の罪をかぶって服役しても腐らずに純粋で、周りの人への優しさをずっと持ち続けているって・・すでに相当に強いと・・思う。
だけど、やっぱり、愛されなかったことと、誰も自分も信じてくれなかった・・という過去から、自分自身に自信が持てなかったから臆病になっていただけで・・・。

花も本当の笑顔がなかったのに、ビトと出会って心からの笑顔が出るようになったり、ビトを命がけで助けたり・・と強くなってきた。花の過去の状況から考えたら、ビトの純粋な優しさは、何モノにも代えがたい救いだったろうし、希望でもあっただろうし、ただただ「ビトが好き」という好意以上の、“自分が生きている意味”を感じさせてくれた存在なんだろうなーと思う。
花はそれをビトよりも先に感じていたからこそ、強くなれた・・って事でしょうね!

花の失声症は、あまりにも辛い状況から逃れたい・・という防衛本能のようにも思いますし、ビトが苛められないように強いモノに媚びていたのも、防衛本能なんですよね・・。ビト花が、お互いの存在があるからこそ強くなれる・・という唯一無ニの二人になれたなら、もうきっと怖いものってなくなるだろうなーって思います。

一馬は、ビトと出会ったことで、根源的な自分と向き合うことから逃げずに、共に闘う覚悟をしてくれた・・・。
これも、凄いことなんだろうなーって思います。今まで避けて通ってきたことを・・真っ正面から向き合うことの勇気を出させてくれた、ってことですもの・・。

幼き日のビトは花に、今、花はビトに、ビトは一馬に、それぞれの存在が影響を与えあっている・・・そう思うと、本当に会うべくして出会った3人なのかも・・ですね。

さてーー前置きがめっちゃ長くなってしまいましたが・・・
潤君ファン的、ツボを書かせていただきますと・・・

★倒れた花を支えて連れて行くビト・・・心配そうな顔にキュン・・。

★北川に、「何してた人だっけ?」としれーっと言う一馬さん・・・素敵!

★ビトを責める里菜ちゃんママの気持ちは・・・仕方ないと思います・・。
冷静に考えれば、わざわざ手紙を置いているのだから、悪気があったことではないと分かると思うのですが、自分の娘のことを考えれば・・ビトに怒りをぶつけるしかないよね・・・。
すみません・・・・。こんなことになるとは思わなくて・・」としか言えないビト・・・。責めたてられても、それ以上は何も言えないビトが切ない・・。

★「大丈夫?ほんとに・・『大丈夫』・・と、ビト花の二人の空気感がいいよね・・。heart02

★未来銀行の山根さん・・・調子がいいから裏切りそうで・・・なんだか怖い・・・sweat01

★町村パパ・・・3人を信じてくれて・・嬉しいなー。しかも、一瞬でも疑ったことを正直に謝ってくれるところ・・余計に信じられるよね。
町村パパを見つめるビトの目にキュン。
誠心誠意ビトたちを信じてくれる町村パパまで・・辛い思いいさせるのは・・・やめてーーーと心の底から思ってしまう・・・。

★北川ー・・・・・・はなっから偏見の目で見てる・・・・。むかつくーーー!annoy
あなたも失わないようにね!」の一馬さん、かっこいいー!

★「大丈夫かな・・里菜ちゃん・・」と心配そうなビト潤くんの表情にキュンキュン
花と手を繋いで歩きだしたよぉ~~~~~と思ったら、いいところで、またまた相模さん登場・・・・。sweat01
相模さんの存在を、めっちゃ気にしまくってるビトが・・・可愛過ぎるーー!!
相模さんに「彼は?恋人?」と聞かれて、口元に手をあててハニカム花ちゃんが可愛い過ぎるーー!!
相模さんに「早川・・・です」と、苗字だけを名乗るビトが・・切ない。(っていっても相模さんも苗字だけしか名乗ってないだけどね・・)
花ちゃんのことをよろしくね」・・と言われても、ビトとしては、きっと仕事仲間として「僕の彼女をよろしくね」と言われたんだと思ったんだろうね~・・・。

★花ちゃんの異変に気がついて、「裏から回ろうか・・」と声かけるビト・・・表情がめちゃいいんだよなぁー!!

★「こんな時だからこそでしょ~」と豪華な食事を出してくれる町村ママがすてき~!!一馬さんも加わってくれて・・・心強いよぉーーー!!
ビトは・・笑顔ながらも・・心にひっかかることがあって、少し複雑・・な表情がいい!!!
正義は勝つ!を合言葉に」・・・しおりさんの言葉に、観ているこちらもガッツポーズだよぉー!
だから、そうじゃなくて・・・」と金太とブルを止めるビトも・・可愛いぃ~~!!heart01
こんなに素敵な人たちの笑顔を・・・ずっと観ていたいよね・・。

★あーーー林が出所しちゃったよ・・・・・。こえぇーーーーー・・・。wobbly

★2015年の、柏木さんと一馬さん・・・
ビトもあの男にさえ出会わなければ、違った人生を歩いていたかもしれないよな~」・・・・林か・・・。
柏木さん・・誤解しないでほしいね。ビトの人生これからだから。これからビトには素晴らしい人生が待ってるから。あの男と関わった人生も含めて、きっちり幸せな人生だったってことで、帳尻あわせて見せるから」・・・って・・・・ウルウル・・・。
期待していいんですよね、一馬さん!!!!
2015年以降のビトの人生は、素晴らしいことが待ってる・・って信じていいんですよね?その素晴らしい人生には、花ちゃんも居るってことでいいんですよね?花ちゃんが居ない人生なら、ビトの人生は素晴らしくはないと思いますもの・・・・と、心に念じるワタシ・・・・。

独房で「世界の鍋」の本を見ているビト・・・その切なくも穏やかな表情に・・・心持っていかれまくります・・・。
色あせた花ちゃんの手紙を大事に持っているビト・・・心の支えになっているんでしょうね・・。ん?花ちゃんからの手紙は・・この1枚だけってことはないはず・・・。きっと、この一枚が自分の人生を変えてくれたから・・一番大切にしてるってことだよね?と心に念じるワタシ・・・。

★「花ちゃんはビトのこと好き?」の問いかけに、肯定の笑顔を見せる花ちゃんが可愛いなー。「嬉しいなー」って、本当の母親のように喜んでくれる町村ママや、町村パパに、心あったかくなるね。

★花ちゃんに呼びかけに、ん?となるビトの表情が絶妙!
手紙に「え?」と戸惑うビトが・・・可愛いなぁ~!!
ちょっと待って!なんで僕なの?僕は・・・・そんな人間じゃ・・ないから・・」とフッと照れ臭そうに笑うビトの表情がーーーーー最高っ!!!!
風に吹かれて・・男前度アップアップっ!!!!up
ううん・・と首ふる花ちゃん・・・最高!!
戸惑いと嬉しさと・・・何だか複雑な表情を見せるビト潤・・・秀逸すぎるー!!!
ビトは怖いんだよ・・きっと。こういう経験がないから・・」の町村パパの言葉・・・その通り~・・・ですね。

★買い物に行こうとしても、マスコミに取り囲まれて・・・「行こう!」と手をとっても、固まってしまった花に、え?という顔で振り返る表情が・・いいっ!!
それにしても・・・はぁ~一馬さんの言った通り・・TVに顔が映ってしまったために・・林に見つかっちゃったよ・・・・・・。なんてこったい・・・。sweat02

★花ちゃんの手紙を読むビト・・・手紙を読む声に・・・キュンキュン・・・。heart02
花ちゃんの手紙の内容にも・・・キュンキュン・・。
多国籍料理の店を手伝うのが夢・・・だなんて、これって逆プロポーズ?!
・・・・・大好きです」の、この・・・・の間に・・めっちゃキュンキュン・・・。
ふっと微笑む横顔・・目を閉じるビト・・・・もーう・・・・なんて心持っていかれる表情するのぉー!
ビト・・・どれだけ嬉しかっただろう・・と思うと・・・泣けて泣けて・・・。sweat02

★とうとうビトが、花ちゃんの思いをちゃんと受け止めて自ら動き出したわーーーー!!good
相模のもとへ向かうビト!!!まっすぐ前を見て、区役所に入っていくところ・・・ウルウル・・。

★帝国食品・・・・ムカつくーーーーーっ!!!annoyannoy
町村フーズにすべて罪をなすりつけようとするなんて・・・・。
はぁ~・・・・理不尽この上ないね・・。
町村フーズが、小学校という大規模なお得意様があったから目立ってしまった・・・っていうのも、なんだか・・・やりきれないね・・。

★屋台のビトと一馬さん・・・
さらに絆を深めていく様が・・・すっごくいいっ!!!!!
花ちゃんを思って・・段々と力強くなっていくビトが・・・素敵です!!!
先生・・・おれ、あの子に何がしてあげられるんだろう・・」の瞳が・・素敵すぎます!!!
屋台から、道端に場所を変えて話込んでるところもいいなぁー!!

屋台の一馬さんとビト、相模さんとビトのシーンが交差して展開していくところ・・・見ごたえありましたね!

ビトが一馬に花ちゃんの過去を話すところ・・・ものすごく好きです。
言葉を選び花を思いウルウルしながら話すビトと、ひょうひょうとしながらも真剣に聞いてくれる一馬さん・・・もう、すっかりと信頼し合ってる様子がすごくいい。

福祉課の相模さんが、守秘義務である花ちゃんの事をビトに話したのは・・・私は、相模さんが花の本当の笑顔を見て、ビトなら信頼が出来る・・・と思ったからじゃないかな・・と思う。花の過去の状況があまりに特殊だったことで、相模さんもずっと心配をしていたんでしょうね・・。だからこそ、ビトに託す思いもあったんだと思います。たぶん・・それは、職務を越えて、一人の人間としての判断だったのかな・・・と解釈してます。
花ちゃんの壮絶な幼少時代・・・想像しただけで泣けてきます・・・・。sweat02
マスコミも・・・未成年の娘に一体何を聞き出す目的なんだか・・・。
花ちゃん・・・静岡の小学校にいた・・ということは、その当時ビトも派遣で静岡の工場にいたってことですよね?!
その後に東京で再会・・・・・なんて、凄い運命的だよねー。

加害者家族に対する偏見・・・・自殺した人もいるのなら・・・バッシングしてもいい・・みたいな風潮が、何も関係ない娘にまで及んでしまう恐ろしさ・・ですよね。。
強いものに媚びへつらってきた過去・・「何で僕なんか産んだんだろう・・・母親を恨んだこともあったけど・・でも・・彼女は僕よりもっともっとずっと辛い思いをして生きてきたんじゃないかな・・って」・・・それを感じられるビトも凄いよ・・・・。だって、冤罪で6年服役してるんだもの・・ビトだって、あまりにも酷い人生でしょ・・・。

君、花ちゃんの彼氏なんだよね?力になってあげてね」と相模さんに言われ、「違います・・・。僕は彼氏でもなんでもありません・・。でも、守りたいとおもいます」の、穏やかで力強い目に・・キュンキュンしまくり・・。heart02彼氏じゃない・・というところも・・キュン・・。

そして、一馬さんに告げた「僕が彼女を、守もらなきゃ」にも、ドキューーーン!!!heart01相模さんに言った時より、切実に・・・しかも、守りたい・・から、守らなきゃ・・と、願望→使命・・に変化してるぅーーーーー!!!
ビトの真剣な眼差しをみて、ふっと笑顔になる一馬さんもいいっ!!!heart01
二人の乾杯・・・が、素敵すぎるーーーー!!ビト潤の心っからの笑顔が最高です!!!
飲んだあとの、横顔に・・・これまたキュンキュン・・・。

★「反撃です!」・・・キターーー!!!
町村家で、作戦会議・・・・何だか、もう・・・嬉しいなぁーーー!!
町村家のみんなが・・・愛おしい!!heart01
ビトは俺に着いてこい!」・・・わぉーーいいわぁー!!!!
はい!」・・の表情も最高っ!!

★「あのー・・・この前もらった手紙だけど・・・読んだよ。ありがとう。どうも・・・ありがとう!」・・・・まだ「花ちゃん」と言えずにあのーと呼びかけるビトが可愛いなぁ~。ハニカミながらも、どんどん笑顔になっていって・・・キュンキュンだよぉーーーーー!!
嬉しそうな花の笑顔も、めちゃ可愛い!!!

★「お前さ・・もうちょっとましな格好なかったのかよ」「え?これ・・十分いい方なんだけど・・
ボタン上までとめてみな」「いや・・・でもこれ・・ピンクが見えてた方がいいんじゃないかな・」・・・と、何気ない会話なんだけど、軽ぐち言い合う一馬とビトが・・・めっさめっさいいっ!!!!ほんとにね~親子か兄弟か・・って感じに距離が近づいている二人に思わずほっこりだよぉー!!

★・・・・なのに・・なのに・・・こんなにもほっこりさせておいて・・・一気に奈落の底へ落としてくれますなぁ~・・・・・・・林がいるなんてーーーーーーーーーーーー・・・・・。
しかも・・・しおりさんからの電話で、里奈ちゃんママがビトを殺人未遂で告訴って・・・・・。里奈ちゃんママの立場なら「過失」で訴えるってことがあっても、「殺人未遂」って・・いくらなんでも・・。手紙まで置いてあるのに・・。
でも・・自分の置かれている立場よりも、里奈ちゃんの体を心配するビトが愛おしくも・・切ない・・。
心配するな。帝国食品の不正が暴ければ何の問題もない」と言われても、「でも・・僕のせいであの子が死にかけたのは事実だし・・」と落ち込むビトに・・・追い討ちをかけて林登場・・・・・・・・・って・・・・・・。
ビトの固まってしまった表情に・・・・心が痛い・・・。sweat02
ひさしぶり~。人殺しのビ~トちゃん。また誰か殺しちゃったのかなぁ~」って・・・そのうすら笑いが怖すぎるんですけど・・・・・・。
ビトの顔から・・どんど生気がなくなって・・にじむ涙の目のアップが・・・・・あまりにも切ない・・・・・・。sweat02

はぁ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
もう・・・続きが気になって・・・仕方ありませんよ・・・。
潤君と旬君・・・司と類とは真逆な・・・しかも同じ役者がやってるとは思えない佇まい、演技に・・・ホントにビックリだよ・・・・。
林・・・怖いなぁー・・・。
ビトはどうなっちゃうのー・・・。ブルも投げられてたよ・・・。町村フーズは・・。

しかも・・・林の「本格的に殺しちまおうか・・・なぁ、ビト」(何度も聞いても聴き取れなかったのですが、もしかしたらこう言ってるのかな?と・・・)が怖すぎて・・・。crying電話口のビト・・電話口の町村ママ・・・なんで泣いてるのー?
花ちゃんに何するの・・・・。

はぁ~・・・・ビトと花ちゃんが遊園地にデートかな・・。是非ともビトと花ちゃんの癒される笑顔がいっぱいみたいよぉーーーーーーー!!!

PS.宅のスマイル大好き主人は・・・coldsweats01、10時5分に帰宅して・・第一声が、「あ・・ビトがやっちゃってるーーー・・・」と。“スマイル”じゃなくて、“ビト”というドラマタイトルになっておりました・・・。(笑)最初を見逃した主人は、見逃した部分だけ再生して観るのかと思ったら、最後までまたしっかりと観て・・・いつものごとく、スマイル談義。もしかしたら・・・私以上にビトにはまっているのでは・・?と思います。(笑)

~~~~~~~clip

ぎゃーーーーーーーーー今日の「宿題くん」の相葉すごろく・・・・破壊的っ!!!!!(大爆笑)

どんだけ・・・ぐだぐだやねん!!!(笑)

潤君、相葉ちゃんの、あまりの酷い有様に・・・大爆笑だよぉーーーーーーー!!happy01

今日の潤君ったら、もーーーう、ものすっごーーくビジュアルが可愛くって、さらさらヘアーで、笑顔もすっこぶる可愛くて・・・きゃ~~~かわいい~~~heart01と思ってたのに、あらら~~~ストッキングかよっ!!北島三郎かよっ!!!ずっこけかよっ!!!乳首Tシャツかよぉ~~~~と!!!(爆笑)しかーも、なんだかんだとノリノリでやるあなたにロックオン!!!!!heart01しかも、率先してあれこれアシストしてたよね~!!!(笑)

翔君がいちいち潤君に爆笑してたのも、いとおかし!!(笑)

はぁ~~これが、あの切ないビトくんを演じている人だと思うと・・・・・・・・・・改めて、凄すぎるっ!!!!!(爆笑)

| | コメント (65)

2009年5月 7日 (木)

TV番組の感想&スマイル3話の感想♪

GWも終わり、なんとなくホッとしたようなしないような・・・。
今年のGWは、友達家族とマス釣り&キャンプをしに山に行ったりしたのですが、携帯も圏外だったり・・と、文明の利器が使えないっていうのも、たまにはいいな~なんて思ったりもしました。8人&うちのワンコと存分にキャンプ生活を楽しんで帰って参りましたわ!
その他は、実家に行ったり・・で、本当にPCを使わない・・使えない?数日だったので、ブログの更新が出来ないことだけは・・・寂しかったのですが・・。sweat02

で、通常の生活に戻り、今日は役員会があったりしたのですが、帰宅してTVをつけたら・・ちょうどミヤネ屋に七之助くんや勘太郎くんが出ていて、潤君のことを話してました!!
今でも連絡とってますし一番の大親友です!」とか「高校時代は殆ど毎日学校に一緒に行ってました。偶然なんですけど、高校一年生の時に同じ局で仕事が一年間一緒だったので行きも帰りも一緒で、うちの父と母も家族ぐるみで仲良くして。」と七之助くんが言うと、勘太郎くんも、「松本がデビューした時に、おめでとうって家でやったりしたんですもん!」と!なんだか・・ウルウル!
本当にね~潤君はどんだけ中村一家の中に入っているんだか!(笑)
16歳から10年間も家族ぐるみで仲がいいって凄いよね。家族全員の携帯番号を知ってたり、中村家の家のカギの場所も知ってて普通に出入りが出来るとか・・。(笑)
あ・・・そーいえば、この前の中井さんゲストの「A-studio」でも、中井さんが潤君のことを「ほんとうっに、ええ奴ですね!」「この人評判ええわーホンマに!」と言ってくれて・・嬉しかったですね~。その時にも鶴瓶さんが、「すっごくいいよね~」とか「すっごい評判いいんですよ。(勘三郎さんも)あいつはええ男や、ええ男や言ってたから!七之助の親友ですから。」と言ってくれてましたが、勘三郎さんが潤君の事をそんなに褒めてくれていたのも嬉しいですし、実際に会った鶴瓶さんも、そんな潤君の人柄を感じてくれた、っていうのも、嬉しいなーって思いますよね~!!!lovely
潤君には、沢山同年代の俳優仲間やお友達がいらっしゃて、どれも凄く素敵だなーーって思うのですが、嵐のメンバーや、七之助くんとの関係性って、10代の頃からの長年の付き合いっていうのもあるからかも知れませんが、特に微笑ましく感じてしまう私です。heart02
もっちろん、TV誌の小栗くんとのツーショットも、めっちゃ素敵で、認めあう二人のやり取りにも凄くほっこりしちゃったんですけどねー!!!!

あ・・そうだわ・・評判がいい話で、“ついで”といってはなんですが(^^;)、雑誌「VOCE」の中井さんと潤君の対談で、中井さんが「この間、(佐藤)浩市氏からメールが来てさ。松本くんのこと『アイツはいいヤツだ!』って。」とあったのが、これまた凄く嬉しかったし、佐藤浩市さんっていうのが、凄く意外だったわ。共演者じゃない人でも繋がりがあって、飲みに誘ってもらってるなんて・・人脈が広いなーと。男が惚れる男って・・素敵だと思います!!!heart01
中井さんの「共演が決まって、松本くんのことを知ってる人に『どう?』って聞くと、みんな『いい』って言うんだよね。それってすごいことだと思う。『良い』でも『好い』でも『善い』でもいいんだけど、彼と関わった人はみんな彼のために頑張りたいって思うみたいですよ。周りの人たちに『こいつのために頑張ろう』って思わせること。その才能が、松本くんにはある。」っていう言葉・・じ~~んheart02と来ちゃいました。ほんと・・・「いい」と一口に言っても、仕事に対してや人間性に対してや・・いろんな意味があるのだと思うけれど、周りの人が、「この人のために」と思わせるって凄いことだと思いますもの!!!good
潤君の仕事への姿勢や人柄が、周りの意識を変えたり、現場の士気を高めるっていうことは、きっとあるだろうなーって、潤君を見てきて私自身も思うことでもあります!
VOCEの締めのライターさんのエピソードも潤君らしくて素敵だー!!lovelyたくさんの人に愛される潤君の人となり・・が分かるよね~うんうん!
あとツボだったのは、潤君が嵐のメンバーと居る時の自分に関して「嵐でいるとき、すごく大口あけて笑ったりしてて、後で振り返って『ああ、このとき、本当に楽しかったんだな』と思う事があるんですよ。やっぱり“同じ釜の飯を食った”仲間といると、素が出やすいんですかね」ってのも、キュンheart02としちゃいました!!同じ釜の飯かぁ~~いい表現するなー!!!!嵐の中に居る時の潤君・・本当に楽しそうだもんね!(笑)

ってことで・・・さぁー何から書こうかしらん・・・。ありすぎて・・困ったわ・・。sweat01
全部は書ききれないので・・・まずは「ひみつのアラシちゃん2時間SP」なのですが、ビートボックスで、はんにゃと潤君と翔君がズクダンズンブングンゲームを一緒にやったところ・・・めっちゃウケました!!!可愛いったらないねっ!!!!去っていく時までやっちゃって・・・爆笑したわー!!
可愛いすぎだからーーーー!!!!lovely
エアあややの面白顔も、めっちゃ面白かったぁー!!!お姫様抱っこ・・・は、ちと羨ましかったですが・・・・。
スーパーマリオ王決定戦は、ゲーム云々よりも、ワイワイ楽しそうにやってる潤君&嵐が可愛かったぁーーーー!!!
潤君の格好や髪型も、めちゃカッコ良かったねっ!!!!good

「VS嵐」の感想もなかなか書けないのですが、相変わらず面白いです!!!goodこの間の潤君は、ビト仕様でほわわ~んとしててめちゃ可愛かったぁーーーー!!!5連勝中に嵐ですが・・今回はノンスタイルがゲストで・・テンパってしまうノンスタイルのお二人も面白くて、特に井上さんがケアレスミスが多くて嵐がまた勝ちましたわ!!!(笑)
一番ツボだったのは、潤君が得意のフォーリングパイプで30ポイントってことで、悔しそうに地団駄踏んでいた姿や表情!!!めっちゃ可愛くってたまらなかったぁーーーー!!!相葉ちゃんの「まっちゃん!まっちゃん、2捨てたって言って一番最初に掴んでたじゃん!(笑)」にも爆笑!相葉ちゃんの「まっちゃん」呼びが新鮮!!!!(笑)

「宿題くん」(ゲスト:松浦亜弥ちゃん)の回も面白かったです!!!
あややの、共演者したメンバーを「【ニノ】(ものまねが)おもしろくもなんともない!」とか「【潤くん】松本潤じゃなくて道明寺にしか見えない!」「【相葉ちゃん】興味を持って見ていた事がない!」とか・・・バッサバッサ辛口で切るところに爆笑!言いたい放題だね!(笑)
散々な言われっぷりな相葉ちゃんの背中をさすって慰める潤君がいいわぁー!!(笑)
あややの好きな二オイ、嫌いな二オイってのも・・・かなりシュールな感じで。(笑)一人一人の二オイを目隠しして嗅いでいく様は、潤君が言うように「これさ~やっぱ変だよ・・」だよね。(笑)
しかもさー「おしゃれな二オイ」のニノと、「女の子のニオイ」の潤君は、いいとしても、(照れ隠しにカメラを叩く潤君が、めっちゃツボ!!)「無臭に近い。興味ない」の相葉ちゃんや「お線香のニオイ」の翔君、「苦手なニオイ」の大ちゃんは・・・言われ損じゃないですかー!(笑)
しかも「つまんない」とまで言われて、嫌いなニオイになった相葉ちゃんは・・・これまた散々な感じで・・。coldsweats01
でも無臭って・・私はいいと思うよー!!!!自然な感じでねっ!good
しかし・・・潤君ったら、女性的なニオイなのかぁ~~~~・・・・うふふ・・・なんかみょーーーーに可愛いっ!!!(笑)
あやや的イイニオイチームのニノと潤君っていう振り分け方もおかしー!
表情演技対決の潤君の面白顔っぷりもおかしかったわ!!!

そしてそして・・・私が見逃してしまった先々週の『王様のブランチ』なのですが、娘さんが嵐の大ファンの役員友達に、今日録画したDVDをお借りしまして見せていただきました!!!scissors
メンバーが決めるいろんなランキングが、いちいち面白かったわぁーーー!!happy01
特に・・・翔君が選んだ「気前のいいランキング」で最初は潤君を1位にしてたのに、メンバーから「(1位から発表したら)モチベーションがさがる」と言われて、なぜだか潤君が5位になってしまうところとか(笑)、潤君が選んだ「本番に強いランキング」では、1位ニノで、5位に翔君・・ってところも、おかしーー!!相葉ちゃんが選んだ「心がピュアランキング」で、自分を1位にして、ニノを5位にしちゃうところも笑うし、大ちゃんが選ぶ「友達が多いランキング」で1位に翔君、2位に潤君の理由は納得だったんだけど、5位ニノの「マジックを見に来る人は友達じゃない。友達が欲しくてマジックを始めた」って大ちゃん的見解がおかしー!!!
で、最後のニノが選んだ「女性だったらつきあいたいランキング」に爆笑!!
このランキングだけ、何のランキングだかメンバーには知らせずにやったので、1位に選ばれた潤君は会場の歓声にきょどりながら席に着くところが、めちゃ可愛くて!!で、5位の椅子だけ思いっきり離れたところに設置するニノ(笑)が選んだ5位は・・相葉ちゃんで(笑)しょぼーんとしたり、抗議したりする相葉ちゃんがめっさ可愛い。
ニノ的理由は、1位の潤君は「周りの人に気を遣える」からだそうで!!うんうん、そうだよね~と納得!(笑)
で、ダントツ5位の相葉ちゃんの理由は「うるさい。友達に電話してるけどことごとく断られる」などなど・・。(笑)
何がおかしいって、翔君と潤君、ニノと相葉ちゃんは、二人ともそれぞれを5位にしてたり、ニノと潤君、翔君と大ちゃんは、二人ともそれぞれ1位にしてたりして・・・そのバランスやチームワークが最高でしたね!!!good

さーーーて・・・随分と遅くなりましたが、「スマイル3話」の感想を書かせていただきたいと思います。

~~~~~~~clip

『スマイル3話の感想』

ビトと花ちゃん、そして・・ビトと一馬さんとのやり取りが、すっごーーーーく良かったぁーーー!!!!heart潤君の表情が、ほんとーにいいんだよねーheart04
松本潤ってことを忘れて・・本当にビトという人間そのものを見ている自分がいますものっ!!!!

ビトと花ちゃんのシーンは、ほんとにね~~なんて可愛らしいんだろう!!
何があっても積極的な花ちゃんに、戸惑いつつも徐々に心を開いていくビトにキュンキュンしまくりましたわ!!

一馬さんとも、ひょんなキッカケから、とても距離が近づいて・・一馬さんにもビトという人間の純粋さが段々と分かってくれたみたいで・・ほっこりしました!!!

ストーリー的なことでは・・やっぱりね・・ひっかかるところがないわけではないですね・・。coldsweats01最初に食中毒の原因が玉子スープだという説があった時に、町村パパも金太もブルもビトも喜んでいたシーンは・・ん?と違和感があったり(自分のところの責任ではないと思ってホッとしたとしても、子供たちに被害が出ているので・・そこまで喜んでいいのかな?とか・・)、ビトがお見舞いにおはぎを持っていったところは、食中毒で入院している子なので、ちょっと不注意だったかな・・とも思うのですが、でも・・・ビトの気持ちを思うと、一概には「不注意だ!」と言えないところもあるかな~。最初はビトは花を持って行ったわけですし、そこでリナちゃんから「全然大丈夫!おはぎは?」と言われれば、それを素直に信じて、りなちゃんの気持ちに応えたい・・と思うビトを責める気にはなれないというか・・・。(この時点ではもち米が原因だとは思ってなかった訳ですし・・)
まぁ・・このおはぎの1件が、今後の展開のキーポイントになるとは思うので、そのための、あえての・・ってところは、わかりますし。
あーーーでも・・・それで、またビトが窮地に立たされるのかと思うと・・・・居たたまれない気持ちにはなっちゃいますよね~!!!!
ことごとく・・ビトの優しさが裏目に出ちゃうっていうか・・・。
そういえば・・・このビトのお見舞いおはぎの1件については・・ドラマが終わった後に、「あの時おはぎさえ持っていかなければ・・・」って話になった時に、「例えば、賢く立ち回ることが出来るのなら、先先の事を考えて、なるべく自分に火の粉がかからないようにすることも出来るのかも知れないけど、ビトは純粋なゆえに、真っ正面から素直に気持ちを表そうとしただけなんだと思うし、それを“考えなし”だとか“幼い”という言葉で片付けちゃったら・・・物凄く寂しいことだな、と思う。ビトの生きてきた背景やビトの性格から、人の罪をかぶったり、優しさが裏目に出たりしちゃうのかも知れないけど、ずる賢く打算や駆け引きが出来る人間が得をする・・ってのは、俺としては寂し過ぎるな、と思うし・・。ビトは自分を必要としてくれる花と出会って、守るべきものを守るために強くなっていけばいいだけで、純粋な部分はこの先もなくさないで居てほしいよ!純粋でありながら、自信と強さをも備わったら最強じゃん?」という主人の言葉に・・うん・・そうだよなーと妙に納得してしまったワタクシ・・・。
そうなのよね・・このドラマは、いわれなき差別や偏見、理不尽過ぎる不幸、自分の生い立ちやコンプレックスに、ビトはビトらしく、ビト自身が心の内側から本当の意味で強くなって乗り越えて、前向きに生きていくってことを描いているドラマなんだと思うから・・「普通ならこうする」って思う目線では語れない部分ってあるなーって思う。
そして・・それだけ、潤君がビトという人間の心を、ものすごく的確に表現してくれているんだなーと・・・とてつもなく感心してしまうわけです!!!

2015年のビトは、拘置所にいながらも・・迷いもオドオドした雰囲気もまるでない。一馬さんのナレーションのように、壮絶な生き様が・・この先あるのでしょうけれど、ビトに何があって、あそこまで達観できるまでになったのか・・・すごくすごく気になります!

そんなこんなを踏まえて・・・

ツボな部分を語らせていただきますと・・・

食中毒騒ぎでごったがえしている小学校で、「子供たちは無事ですか・・」と必死で心配するビトの表情がにキュン。
花が立ちくらみでしゃがみ込んでしまうのを・・すかさず肩を貸して助けるところにも・・キュンとしちゃいます。

TV出演に舞い上がる一馬と、冷静なしおりの対比がおかしー。
でも・・本番では思いっきり固まってしまう一馬。。

りなちゃんの病室に駆けつけても、りなちゃんのお母さんから拒まれてしまうのは・・お母さんの気持ちからすると仕方ないのかな・・。給食納品業者だし・・大人の男の人ってだけでも、え?と思うかも知れないしね・・。
『元気そうで良かった』とビトを慰める花ちゃんが・・・優しい。

しおりさんのTV出演に喜ぶビト花だけど、しおりさんの「極刑」という言葉に・・・反応するビトの表情が・・・・切ない・・・。
極刑・・・」のビトの言葉のあとの、「これは壮絶な生きざまを見せた、愛と正義の物語だ」のナレーションに、胸騒ぎがしちゃうよ・・・・・。sweat02

古瀬は、何が何でもビトを犯人にしたいみたいで・・・。ビトと過去に何があった?というよりも、ビトの立場の人間に何か恨みがあるとしか思えない・・・。
北川は一馬に恥をかかされたことに対する恨みなんでしょうけど・・・。
まったくもう・・・こいつらときたら・・・とマジでムカつきます。annoyannoy

一馬がTVに出たかった理由は、何なんでしょうね。
軽い気持ちじゃねーよ」と真顔で呟いたところが・・・気になります。
そのあとの・・「男の生きざま、俺の生きざま・・・生きざまか・・」の言葉も・・。
韓国レストランの前で足を停める・・のは、もう・・まさに一馬の生い立ちを示しているってことなんでしょうけど・・。

花が話しかけようとしても、ビトはよそよそしい態度をとってしまう気持ちが・・・必死に「好きになっちゃいけない」と自分に言い聞かせているようで・・あ~ん、切ない・・・。

残高、797,750円の通帳・・・「まだまだだな~」とつぶやくビト。
この残高が映し出される意味を・・思わず考えちゃうわ・・。なんだなんだ・・。
ビトがコツコツ溜めたお金まで・取り上げられるようなことになったら、マジでムカつきますよ・・。

花屋から出てくるビトの笑顔がいいなぁー!
ビトとりなちゃんのやりとりも可愛いなぁ~!!あんなに喜んでくれたら、ビトだって嬉しいよね。
なのに・・「別に、あなたが外国人労働者だからとか、そういうことを言ってるんじゃないですからね!」って・・・めちゃめちゃ言ってるって。。。annoyかえってこういう言い方の方が傷つくよ・・。
で追い討ちをかけて、おばあさんが「あまり刺激するような言い方しない方がいいわよ、こういう人に」って・・・・はぁ~部外者なのに、なんていい草・・。
でも、ビトはきっと過去にもこういう経験をしてきているんでしょうね・・。言いかえすことが出来ないビトの心情が、哀しくも切ないよ・・。
潤君の表情の演技・・・・絶妙過ぎて・・余計に切ない・・。

でも花ちゃんに、このことを打ち明けてくれて・・ホッとしました。
こういう人ってなんだよ・・」とつぶやくビトに、『嬉しい。』と、りなちゃんに嫉妬する花が可愛い過ぎる!!!
なんで?」と本気でわからないビトも、めちゃ可愛い!!!!
『ヤキモチ』と指で書く花ちゃんは・・本当にヤキモチもあるかも知れないけど、ビトを励ます意味もあるよね!こういう積極的さがビトには、眩しくもあり・・戸惑いもあり・・・ですね。「ヤ・キ・モ・チ」と指を読むビトの表情が、いちいち可愛い過ぎて・・参る・・。
ヤキモチって・・」と戸惑うところも・・可愛いっつうの!
ブタちゃんのキーホルダーで、『恋人』と、表現されても・・指を繋ごうとしても、サっと引いてしまうビト・・「ごめん」と無理して笑顔作って謝るビトが・・・いじらしくて・・。花ちゃん、頑張って!と思わず応援しちゃう・・。
二人のシーンは、ラブラブ攻撃の花ちゃんと、恥じらう乙女のビトって感じで・・ほんとーに可愛いのう!!!heart04
金太とブルの応援も・・あったかいなぁ~~~~!!

面接に行ったレストランの店長さんは、変な偏見はなかったのに、タイミング悪く(笑)悪酔いした一馬と出くわして・・・。

2015年のビトと一馬は、あまりに自然体で、年齢を越えた友情があって・・・素敵です!!ただ・・一馬の「過去はどうすることも出来ないから、せめていい思い出に摩り替えて、頑張って生きていこうっていう、知恵みたいなもんだな」の言葉や、「なるほどね」という穏やかなビトの言葉や・・・「彼女はさ・・僕に出会わなければ幸せになれたんだよね」「そんなことはねーよ」のやり取りが・・・・凄く気になるよぉー!!!!

2009年の屋台でのビトと一馬は・・この距離感が、なんか可愛らしい。呼び方も「君」と「先生」だもんね。
君と関わると根源的な自分と向き合わなきゃいけないような気になるんだ。」・・・なるほどね~・・・。
日本酒を無理に勧められて・・笑顔で乾杯をするも・・見えないように、ふぅ~とため息をついて、嫌そうに飲むところ・・めちゃツボです!

小学生の時のフォークダンスのビトのトラウマ・・・・悲しいです。
好きだった子に、そんな風に言われたら・・・恋には臆病になってしまいますよ・・・・。子どもって、無意識に残酷なこと・・言っちゃいますものね。
それで僕の初恋は・・・無残に散りました!」と無理に軽めに言うビトに・・・キュンキュンです・・・。私だったら・・ビトの方が嫌がっても(笑)フォークダンスの手を離さずに・・そのまま最後まで踊っちゃうのにーーーーーーなんてね・・。(^^;)(超迷惑ですから・・・・sweat01

コンビニ強盗を押し倒す一馬!
「これ、使ってください」とガムテープを出す店員さんに、思わず「お前がやれよっ!!(笑)」と同時ツッコミしたマイファミリー(笑)
ガムテープでぐるぐる巻きにするビトに、「俺の手を縛ってどうするんだ?バカ!」は・・中井さんのアドリブだったのね~。(笑)それに対して、「ここ?」とすかさず切り返した潤君、さすがですっ!!(笑)
どさくさにまぎれて、一馬さんったら、「ビトー」と呼んじゃうし!(笑)

花ちゃんは、冷たい親戚の家で暮らしていたのね・・。
やっぱり花ちゃんにとっても、ビトは本当に特別な存在なんだよね・・。
何があったのー花ちゃんの過去に・・・。

コンビニ強盗を二人で協力して捕まえたことで、二人の距離はぐっと縮まった感じ!!!もうすっかりとビト呼びだし!(笑)
ビトは人の罪かぶったのか?」と言われても、ふっと微笑むだけのビトがいいね。
そいつ今何してるんだ?」と、肯定も否定もしなかったビトなのに、罪をかぶったことを前提に聞いてくる一馬さんに、初めて心を開いたビトは、一歩前に進んだ感じ。「…刑務所に入ってます」・・の「刑務所に」のセリフの前の、ためらいの間が、めちゃツボ。もう何回目かの刑務所らしいです・・」(つきあいは)「今は全くありません・・」と一馬の様子を見ながらポツポツと話出す時の表情が・・・秀逸っ!!!!good

オグリンの林の・・・凶暴さが・・恐ろしい。

林さんとは完全に縁を切ってますから・・。もう止めましょう、この話は。振り返っても何もいいことないし・・」と割り切ろうとするビト、罪をなすりつけられた相手なのに、「さん」付けして呼ぶビトは・・・もしかしたら、根底の部分では、きっと強いのだと思う。
韓国に過剰反応するところや、日本酒にこだわったり、コンビニ強盗に「おめえみたいな外国人がいるから」と怒りをあらわにする一馬もよりも・・・。
過去との決別か」と言う一馬、小首を傾げて微笑むビト、微笑み返す一馬・・・心が通い合った瞬間って感じがして・・・キュンとします!

謎の男(相模さん)と花のシーンを見て、思わず隠れてしまうビト。
気にしまくりじゃーん!(笑)可愛いのう!!

ブタちゃんを見ながら、たそがれるビトに、そっと近づいて膝カックンする花と、「うぉー!びっくりした~」とマジビックリするビトが・・可愛い過ぎるっつうのっ!!!!!しかも・・若干隠しながらブタちゃんをポケットにしまうし!(笑)
赤いリボンをビトの小指に結ぶ花・・その指を不思議そうに見るビトが、これまたみょーにツボで!!
自分の小指にも結んで、笑顔でアピールする花ちゃんも可愛い過ぎるー!
僕明日早いし・・もう寝るね・・」って・・・奥手過ぎるビトが愛おしい・・。
ビトのトラウマや謎の男の存在・・花ちゃんの積極的すぎるアピール・・・ちょいと引いちゃう気持ちもわかるけどね・・。

食事時間も返上して、りなちゃんのためにおはぎを作るビトは・・本当に優しいんだよね・・。その優しさが・・・あだになっちゃうなんて・・・。sweat02
自分にはそっけないのに、りなちゃんには優しいビトに、複雑な顔する花ちゃんも可愛いなぁ~。
ビト花の、初めての共同作業がーーー可愛いすぎるーーー!!heart04
実はビトも、めっちゃ嬉しいってのが分かるだけにね~!
試行錯誤して作るおはぎ・・・バナナおはぎは・・・ないと思います!(笑)
イチゴは、イチゴ大福あるから、絶対に美味しいよね。
二人で一緒に作ることで、二人の距離も縮まったよね~!微笑み合う二人が可愛いなぁー!!!heart04

「ビト兄ちゃんより」・・の手紙が・・・あ~ん・・・・。
もっと早くに原因が特定されてたら・・・こんなことには・・とついつい思ってしまう・・。sweat02

横断歩道のシーン・・花がビトの手を握り・・ビトも戸惑いつつもそれにやっと応えてくれて・・・その時の潤君の表情がーーーめっちゃ秀逸!!!good
もーーーう、泣けてしまうよ・・・。
「なんか汚い」と昔言われてしまった手を、花ちゃんはしっかりと握り・・・どれだけ嬉しかっただろう・・と思うと、もう・・・泣けて泣けて!!sweat02
花ちゃーん、ありがとーーと、思わず言いたくなっちゃう・・・。

なのになのに・・・せっかく花ちゃんとの距離が縮まって、ビトに本当の笑顔がーと思った矢先に・・・・・。なんてこと!!!crying

町村フーズには、呼んでもないのに古瀬までいるし・・・。北川なんて闘志むき出しだし・・・。むかつくーーーーーー!!punchannoy

ダッシュで、病院に戻っても・・・時すでに遅しで・・・。
りなちゃんの姿を見て・・呆然と立ち尽くすビトに、花ちゃんまで倒れてしまって・・どうしていいのかわからない悲しみに打ちひしがれるビト潤君の表情に・・・胸が痛い・・・痛すぎるよ・・・。sweat02

でもでもでも、次回の予告の「反撃です!」「はい!」の笑顔と、「僕が彼女を守らなきゃ」の穏やかな決意と笑顔が素敵過ぎで・・・・救われます!!!!!!反撃を是非してほしいっ!!!!!
林もビトの前に現れるのね・・・。
小栗くんと潤君の芝居は・・すっごく楽しみなのですが、林の登場で、またまたビトが追い込まれるのか~・・・・と思うと、なんだか複雑な気分ではありまするぅ~・・・・・。sweat01

明日なんだよねーースマイル4話・・・楽しみ過ぎるよぉーーーーー!!!

ちなみに・・・主人と娘たちは、横断歩道で手をつないだ花とビトに・・号泣でした!主人とは、ドラマの結末をあれこれと想像したり・・。何パターンか考えたのですが・・・それが当たっていて欲しいパターンと、当たってほしくないパターンと・・・やっぱりありますよね。主人は「俺が思う結末が、一番しっくりくる!」と、やけに自信満々でしたけど。(^^;)

| | コメント (38)

2009年4月27日 (月)

スマイル2話の感想&フレパ&うたばん♪

昨日、終日留守にしてたものですから・・やっと今観れた「うたばん」の嵐さん!!
もーーーう、新曲『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』のダンスがめちゃめちゃかっこいいーーーー!!heart
曲も好きなんですが、このダンスが最高!!!
出だしの潤君アップ、翔君と潤君の向かい合ってのダンス、歌ってる時の横顔、間奏の所のちょいと変わったフォーメーションのダンス「イツダッテ、ソウミタイ・・・・・」「いたいだけ」のウィスパーボイス・・・めっちゃめっちゃ素敵っ!!!heart04
ジュンスタで、潤くんが言ってたとおり、ほんとーにず~っとガシガシ踊ってる曲なんだね~!!
結衣ちゃんからのVTRコメントは、あまりにも潤君らしくて、めっちゃ笑ったわぁ~。happy01それを聞いてる時の爆笑潤君&翔君が可愛かったです!!

え~っと・・ただいま、ワタクシ・・・スマイルシック・ビトシックにかかってしまってドンドンと重症化しております・・・。sweat01
スマイル2話の感想は、のちのちじっくりと語らせていただくとしまして・・・
まずは、フレンドパークの感想から・・

『スマイルチームのフレンドパーク』

なんですかーー、あの可愛い生きものはっ!!!!
もーーーう、めちゃめちゃ潤君が可愛くって可愛くって参った・・・。heart02
終始、穏やかで柔らかい笑顔だったよね~!!!
そんでもって・・・顔、ちっさっ!!って改めて思ったわ!happy01

(フレパの前の「ナビっち」でも、イキナリ3人が登場して・・・焦ったぁ~~~~。番組の紹介や、役どころなんかを一人一人話したのですが、勝村さんの役どころは話せないってところで、「中井貴一です!」と自己紹介する勝村さんがおかし~!!3人の雰囲気が可愛かったぁ~!)

お揃いのスマイルTシャツが可愛いなぁ~!!!
潤君・・・おめめキラッキラだよぉーーーーーーーー!!!!笑顔がめっさ可愛いなぁ~。
新垣結衣です!」で非難ごうごうの小池さん・・・いい味出してます!(笑)
一回帰ってもらっていいですか?(笑)」・・あはは~勝村さんと潤君のやりとりもかわいいー!!

ウォール・クラッシュは、潤君は苦手意識あるよね。(笑)
でーも、今回はブルースマイル勝村さんの失敗を挽回しちゃうレッドスマイルの活躍っぷりが、めっちゃかっこええーーーー!!!
やっぱレッドスマイル違うな!」と勝村さんに言われて、ニコニコポーズの潤君が可愛いすぎる~~~!
レッドスマイルから、「松本ジョン」になっちゃうところ・・笑う~。小池さん面白いなぁ~!
渡辺さんがプレッシャー与える中、「もう、20,20でペタンでいいじゃないですか!」に爆笑。ペタンって・・可愛いなぁ~。
岩には、きをつけて!」って、あはは~。
飛ぶ前の潤君の笑顔も、ド緊張の真剣な表情も、めっさツボ!!
うふふふ・・・・やったよーーー一発クリアだよぉー!!!スターだよぉー!!(笑)
ハイタッチする3人可愛いー!!!CM前のおちゃめ笑顔も可愛いっす!

デリソバゴールド前の小池さんと勝村さんの攻防&仲裁する潤君が、可愛いっつうのっ!!!
勝村さんのボディーアタックがおかしーーー!!なぜ潤君に?(笑)
しっかし・・・これ、めちゃめちゃ惜しかったねーーーーーー!あと、1,2秒あれば・・・・・。sweat02
風受けて、バイク運転する潤君の顔がめちゃカッコ良かったわ!
クリア出来なかった時の「えーーーー」の顔も可愛い!
押してみるわ!」の勝村さんもおかし~~!!

ネヴァーワイプアウトも、めっさめっさ惜しかったぁー!!
「これ難しいんだよなぁ~・・」の表情・・めっちゃ可愛い!!
失敗しても・・ニコニコしっぱなしの潤君に癒されるっつうの!!
最後に、柵に座ってたとこも可愛い!
明日10時です!よろしくお願いします!」で、ピースの潤君・・・かわいすぎるやろ~!

クイズ!ピクシャー5は、新ゲームだね~!!
一枚とれただけでもいいじゃない?」「そうだよ、一枚とれたんだよ!」って、どんだけポジティブ!!!(笑)
最初のイメージ思いだして!」で、「やめてやめて!」と勝村さんにツッコミいれてニッコニッコの潤君・・はぁ~~~~可愛いっす。
ジョン、ジョンと言いまくられる潤君・・笑う~~!「潤です!」の訂正もむなしく・・・。(爆笑!!)
関口さんや渡辺さんまでもが!(笑)
松本ジョンさんへの問題です!」って・・・あはは~~~!「さっき普通に言ってたじゃないですか?マツジュンって!」・・うふふ・・その訂正の仕方も可愛いっつうの!
コンサートでドーム球場に立つ・・元野球少年で現キラキラアイドルの松本潤・・・うふふ!!
ドームの外観ですか?・・うわぁ・外観かぁ~」で、頭かく潤君・・・全くもう可愛いんだからぁ~!!!heart01
ま、ドームの中なら、潤君なら絶対に分かったよね、うん!
一枚目があまりにも早く切り替わって、めっさ驚いてる潤君がツボ!!
でも、あとはサクサクっと答えられてかっこええー!!
京セラドームって、「京セラドーム大阪」ってのが正式名称なんだぁ~。私もはじめて知ったわ・・。

勝村さんに、「行けるよ!行ける!行ける!」と背中ポンポンやる潤君がいいわぁ~~!heart01と同時に、ポンポンされる勝村さんが・・・羨ましい。(笑)

もうジョンでいいや!」・・・あははー認めちゃったよっ!!!(笑)
頑張りまーす、ジョン!」、ノリノリだよぉ~!!!可愛いなぁ~~~(笑)
スラムダンクの登場人物で、なぜか「安西先生」だけ、ひと際大きな声でニコニコで答えてた潤君が、いとかわゆし!heart01
花形だけ出てこず・・「ごめんなさい・・」と頭抱える潤君がめっちゃ可愛いぞー!!!
ごめんなさい、井上先生!ほんと申し訳ないです」・・・って、なんてええ子やぁーーーーーーー!!!

ハイパーホッケーは、潤君負けなしだよねーーー!!!
シュートする姿はめっさカッコいいし、喜ぶ姿は、めっちゃ可愛い!!
マツジョンコールが、笑う~!!!
スマイルチームのチームワークがいいねー!!!!!
小池さんに打たせてあげるところとかも、キュン!!!「私?」「うん!」って、何気ないやり取りがいいな~。小池さん・・羨ましい。(笑)
最後はしっかりと決めて・・・かっちょいいーー!!
しっかし・・・マジでキラキラ笑顔な潤くんで、観ているこっちがニヤニヤしっぱなし。happy01

金貨を渡される時も、小池さんや勝村さんにちゃんと受け取らせるようにうながすところも・・・気遣い潤君だなぁ~!!!

ダーツの賞品が、スマイルスタッフへのお弁当・・ってところが、さすがだね~!!!good
私利私欲の勝村さんも最高!(笑)
ダーツを投げる時の片目つぶって真剣な表情が、めちゃめちゃカッコイイー!!
航空券GETで、勝村さんとのバトルがおかしーーーー!!!(笑)
勝村さんのハズレ・・も、これまた絵にかいたような展開で。(笑)
ジョンに託す小池さん、GJ!!!しっかりとお弁当GETで、さすがです!!!
小池さん&潤君VS勝村さん・・・あはは~おもしろすぎーー!!
視聴者へのプレゼントも、しっかりと当てる潤君、さすがです!!good
潤くん結局全賞品・・・当てたよっ!!!かちょいい!!!

3人の雰囲気が、とにかく可愛かったぁ~~~~!!
勝村さんと小池さんはノリがいいから、面白かったですね!!!good

でもでもでも・・・潤君の可愛さったら、尋常じゃなかったわ・・。いや、マジで・・。笑顔もだけど・・話し方とかリアクションとか、いちいち穏やかですってきでございました!!!!heart

さて・・引き続き・・スマイル2話の感想~~~!!

『スマイル 2話』

やばいです・・・。
1話以上に、ビト潤君の繊細な演技にめちゃめちゃ心持っていかれたんですけどーーーー!!heart02

そして・・花ちゃんの笑顔・・・めっちゃめちゃ癒されるぅ~!!!!heart02

あ・・そういえば、スマイルの公式でのコメント、スマイルメールを読んで・・このデリケートなテーマを扱う上で、様々な意見が寄せられたんだろうな~と想像がつきました。でも+act.miniでのテキストを読んで、宅間さんはじめ、スタッフサイドも、そして潤君も・・やはり賛否両論あることも、誹謗中傷もあることも想定した上で覚悟して臨んだ作品であり、チャレンジだっただなぁーと改めて感じて、なんだかジ~ンとしちゃいましたわ・・。
雑誌の感想は、また改めて書くといたしまして・・。

ではでは・・2話の感想を・・・

ストーリー的には、1話の重さが少し軽減されましたし、麻薬事件でのビトの無罪を確定するところまでを描いてくれたので、スッキリして・・まーじでホッとしましたわ・・。
花ちゃんの活躍っぷりは、めちゃ可愛かったですが、若干ご都合主義な感じではありましたね・・。ただ、あの麻薬事件自体が、このドラマの大きなテーマというよりは、あの事件よって、ビトの周りの人間関係やそれぞれの背景、そしてビトの生い立ちなどをより明確にさせる・・という役割を担っているな、と思ったので、そこはサクッと進めてくれて、とても観易かったです!

冒頭でも書きましたが・・・何が良かったって・・・とにかく潤君の表情、目の演技っ!!!good
もうね~ビトの心の揺れ動きが、手に取るように分かるです!!だから余計に切なくなってしまったり・・キュンとなってしまったりで・・もーーうタイへン!!!up

法廷シーンのシーン、面会室でのシーン、花との初々しいやり取り、花ちゃんに淡い恋心や嫉妬心を抱くシーン・・・その心の動きが、すっごーーく胸に迫る演技をするなーって!!!!heart02
ビトの生い立ちや、過去がわかるにつけ・・親からも見放されて、派遣で各地を回り・・中学の先輩に誘われて工場で仕事・・。悪い仲間が自分の心のより所で、その中でしか生きていくすべがなく・・。悪い仲間にしてみれば、素性が曖昧で純粋な日本人じゃなく親がいないも同然の社会的に無力で・・しかも心根が素直な少年なら罪を被せるには絶好の人間だったってことなんでしょうね・・。なんてことだよ・・・。
殺人の冤罪で6年間も服役していたら・・・もっともっと腐ってしまって、自暴自棄になったり、自分の生い立ちを恨んだり、人間不信になったりしてもおかしくなーって思います・・。
でも・・ビトはそれでも、夢を持って人を恨むことなく笑顔で頑張っていた・・・。
ビトが前向きに夢を追おうと思ったのは、もともとピュアで優しい人間なのと、町村家族と出会ったからだろうし・・。
でも、ビトの年齢の時系列から考えれば、穏やかだった時は、派遣で過ごしていたほんの数年と、保護観察になってからの1,2年?しかないだよね・・。
そんなビトの背景を考えると、不安でナイーブな心や、自分自身にも自信が持てずに愛されることや、信じてもらえることに、慣れてない戸惑いがすっごくすごく分かるし、潤君の演技で、それがすっごく伝わってきて・・泣かされっぱなしでした・・。

ツボは・・

法廷で、名前と住所を言ってる時や、「(日本語)わかります・・」「僕は・・やっていません・・」・・のあの消え入りそうな声と絶望の表情・・・にドキドキキュンキュンheart02・・で胸が痛い・・。
僕ははめられたんです!の切なる思い・・あーー心が痛い・・。

近藤の嘘証言を聞いている時の表情も秀逸。
嘘だ、嘘ついてるよ!・・・どうしてそんな・・」・・胸が痛い・・。

近藤、甲斐・・・ムカつくーーーーーー!!!annoy

一馬さんの「なんで名前そのままにしてるの?」という疑問・・これは、あとの居酒屋での「キムチ・・」のシーンから察すれば、一馬さんも韓国とのハーフ?だけれども、日本名に名前を変えたってことなんでしょうね・・。

しおりさんとの面会のシーン・・「ビト、日本人に純粋も純粋じゃないもないよ!」のあとの・・「あるよ・・・」が、せつなーーーい。この一言で、今までのビトの人生が分かるようで・・・。

古瀬、北川・・・警察・検察のプライドや、私情をからめてビトを追い詰めるなんて・・ひどいよ・・・・・・。annoy

バーの店長の証言は・・事実だけを言ってのだけど、ビトにとっては、いい状況ではなく・・。それを聞いている時のビトの落ち込んだ表情が・・これまた胸に迫ります・・。

2015年・・柏木さんとビトの廊下でのじゃれ合いが可愛い過ぎるーーーー!!!この時のビトの笑顔は、拘置所に居ながらも、一点の曇りもないのが・・本当に救い!!!いい笑顔なんだよなぁー神々しいくらいに!!柏木さん、イイキャラだわ!(笑)
しっかし・・北川は私利私欲のためだとしても、古瀬はほんとに・・偏見の塊の人なんだな・・。annoy

古瀬の証言からすると・・古瀬の頭の中では、林とビトが入れ替わっているのね・・・。しかも・・冤罪で6年服役って・・ありえないよっ!!!!annoy
10代後半~20代前半の6年間だよ・・・。どれだけキラキラした大切な時期なんだよ・・と思うと・・あまりにも理不尽でやり切れない・・・。

古瀬の頭の中の回想シーンの悪ビトが、迫力あって・・凄いっ!good
違う、それはビトじゃない!!!」の金太の叫びにじ~~ん!!

花とビトの面会室でのシーン・・・
驚いたでしょ?僕にあんな過去があったなんて・・。最悪だよね・・」・・と言い訳せずに、過去を認めてしまうビトにキュンキュン!
どうして?どうしてここに来たの?僕と関わるとろくなことないよ・・」の目に・・やられてしまいます・・。heart02
あなたはやってない。私はあなたを信じてる。』の花の優しい笑顔にキュン!はぁ~救われるわぁ~!!
信じてるって・・・・」と、戸惑うビトに・・ウルウル・・・。
頑張って!』の花のガッツポーズに、戸惑っていた表情からドンドンと変化していく様に心鷲づかみです・・。俯いてホロっと涙をこぼすところで・・・見ている私も・・・涙涙・・。sweat02

町村夫妻の話から、ビトの生い立ちが分かって・・・
回想シーンのビトにもウルウルしっぱなし・・。
中学卒業してから派遣の仕事をしていた穏やかなビトの笑顔にキュンキュンです・・。
あの踏切のところで、ランドセルをとってあげた女の子が花なのかな?
年齢的には合ってるよね?!
ほら、泣かないの!」と頭を撫でて、そのあとのポケットから出して女の子にあげたモノが、ブタちゃんのグッズだったのかも知れないね・・。
「はい!」って渡してあげるときの、ビトの笑顔が、めっさめっさ可愛いです。
このシーンのあとに、現在の花ちゃんの横顔アップが映るってことは、やっぱり花ちゃんだよね?

金太が過去の事件の犯人もビトじゃないと言っても、「あの狭い世界じゃそうしなきゃ生きていけなかった」と主張しても、「そうしなくても、生きてる人は沢山いると思うけどね」という一馬の言葉は正論でもありますよね・・。一馬も、ビトと同じ境遇であり・・自分はそうはならなかった・・という考えのもと、ビトの生き方が理解できないのかも知れませんね・・。
ただ・・一馬さんがビトと同じ境遇であったと仮定すると、ハーフであることを隠くすために日本の社会に迎合するカタチで名前を変えた一馬と、ビトにとってハーフであることでマイナスばかりな人生だったとしても、隠さずに生きてきたビト・・と、どっちがどうとは・・・正直言い難いところがあります・・。
名前を変えた一馬も、悪の仲間であった過去を持つビトも・・・私はどちらの気持ちもわかります。人間はそんなに強くはないですもの・・。
ビトが名前を変えない理由の中には、もしかしたら、酷いことをされた親でも、親への愛があるから・・では?とも思いますし・・。

花ちゃん、大活躍だよぉーーーーー!!!good
こんなに危険なことまでして、ビトを助けたい・・と思う花ちゃんが健気!!!
やっぱり、花ちゃんにとって、ビトは一目ぼれしたってだけの相手ではないよね・・。
警察は近藤だと概ね分かっているのに・・・警察さえもビトに罪をなすりつけようとするなんて・・・ムカつくーーーー!!annoy

花ちゃんが近藤に見つかった時は、マジでハラハラドキドキ・・・。heart02
一馬さん・・早っ!!!(笑)良かったよーーー間に合って!!!
紹介する・・こちらおまわりさん!」には、クスッとしちゃいました。(笑)

第5回公判は・・もーうスッキリ!!!good
一馬さんの弁護の持って行き方も上手いなぁー!花ちゃんの携帯ムービーだけでは証拠にはならない・・となった時の、刑事たちへの「自白の強要」の方に持って行く流れは・・いいですね!
あの会話が流れた時のビトの驚いたような、ホッとしたような表情にも・・キュン!!heart02上手いな~潤君!!!!ビトの心が手にとるように分かるよぉー!!!

先生!僕のこと嫌いかもしれないけど、僕は先生、大好きですよ!」の笑顔がーーーめっちゃいいっ!!!!フッと笑った・・その微笑みに、ビトのピュアな心が表れているようで!!

買い物に行ってきてくれる~?花ちゃんと二人で!」って・・町村ママったら、粋な計らい!!!
え?ああ・・」と戸惑うビトが・・可愛いなぁ~。

ビトと花ちゃんのシーンは、めちゃ癒されるよぉ~~~~~!!
花ちゃんのファイティングポーズが可愛い過ぎる!
「猪木が怪我だったよ?」って、マジボケするビトが可愛い過ぎる!!
花ちゃんに抱きつかれて、戸惑いを隠せないビトが初々し過ぎるっ!!!heart01意識しちゃて離れて歩くところも・・いいなぁ~。

スーパーでの買い物シーン・・・いちいち可愛いっつうのっ!!!heart04
うなぎ?「それはないよ!(笑)」、パイナップル?「それもないよ。(笑)イタリアンだよ?(笑)・・・無邪気な花ちゃんと、ハニカミながらも、穏やかな笑顔のビトは・・・めちゃめちゃキュート!!!!こんなに初々しい笑顔を見せてくれるなんて・・・ほんとに潤君っていうよりも、もうビトにしかみえなーーーーーい!!!

あのさ・・なんで、そんなに僕のために?」「なんで僕を信じられるの?」
って・・・ビトにしてみれば、心の底から疑問なんだろうなぁ~・・・。
信じられることにも愛されることにも、臆病になってるし、何よりも慣れていない・・・っていうのが、凄く伝わります・・。
あなたの笑顔がステキだから』・・・ガッキースマイルにキュン!
素敵なわけ・・ないじゃん・・・」・・・この間・・・一気に表情が柔らかくなる変化や、ハニカム表情に・・ドキューーーン!!!!!
せっかくいい雰囲気だったのにーーーー・・・・謎の男登場で・・・テンション下がっちゃうビトが・・・愛おしい過ぎる!!!
あの人知り合い?そっか!・・・先に?うん、帰ってるよ!全然!!」と無理に明るく振る舞うビトが切ない・・。
そっかそっか・・・そりゃそうだよね。そりゃそうだ・・」と自分に言い聞かせるように呟くビトの表情が・・・切ない・・愛おしい・・・。はぁ~ん・・・。見送るビトの表情も秀逸!
花ちゃーーーん、ビトを置いていかないで~~~~と、ついつい思っちゃうワタクシ・・・。sweat01

町村家でのビトの屈託のない笑顔の中にも、花ちゃんを意識しまくりなのが分かって・・・キュンキュン・・。

上原東小学校で、あの男がーーーー・・・なぜ???
りなちゃんとのやり取りが、可愛いなぁ~~~~~!

配達から帰ってきたビトは、花ちゃんへの好意をこれ以上持っちゃいけない・・と、少し距離を持とうとしてるところ・・・いじらしいなぁ~・・。lovely
誤解なんだろうけど・・・。
花ちゃんも戸惑うよね・・。

やっと穏やかな生活になった・・と思ったら・・・
今度は納品先の、上原東小学校で食中毒ーーーーーー?!!!
なんてことなのぉーーーー・・・・。
リナちゃんの姿をTVで観たビト・・・・。心配で心配でしょうがないよね・・・。
食中毒事件も、裏がありそうだよね・・。「在庫調整中のサービス」っていうもち米が・・すでにあやしいものね・・・。annoy

これだけいろいろあっても、人を恨まず、周りに感謝し、りなちゃんのことも心配して・・。必死で笑顔で生きているビトは・・・本当に純粋なんだよね・・。
なのに・・・一難去って、また一難・・・。はぁ~~~・・・。ビトを苛めないでくださーーーーーい。
今後の展開にも目が離せない!!!!!

予告では、花ちゃんが倒れてましたけれど・・・・花ちゃんは病気があるのかしら??
花ちゃんの親も出てきてないし、花ちゃん自身の素性もまだ出てきてないからね~。
林とビトの関係性も、気になりますね!
ビトと花が、どういう風に愛をはぐくんでいくのかも、めっちゃ気になりますし、一馬とビトとの絆がどこで深まっていくのかも!!
ビトが、愛と正義のために強くなっていく様を、見届けたい!!!

と・・・すっかり、スマイルワールドにハマり切ってる私です!!!

主人は金曜日、10時過ぎに帰宅して、「あ、スマイルやってる・・」とつぶやいたかと思ったら、すぐにお風呂に入ってしまい、その後すぐに2階に行っちゃったので、あれ??と思っていたら、スマイル終わった頃に下に降りてきて「終わった?」と聞くので、「終わっちゃったよぉー」と言ったら、「じゃあ、最初っから観るから、早く再生してっ!」と・・・。
あーーーーーそういう訳ね・・。(笑)途中から見るのは嫌なくらいに、このドラマにハマっているようです!(笑)

~~~~~clip

そうそう、潤君のお友達関係でおめでたいニュースがっ!!!!good
勘太郎くーん、ご婚約、おめでとーーーーうsign03
そして・・・
トントーン、ご結婚、おめでとーーーーーうsign03

勘太郎くんは、お付き合いしてるのは、もう報道されていたことなので、いつ発表かなぁ~~って思っていまして・・・。ほんとに良かったなぁ~~と微笑ましく思っていたのですが、トントンの結婚はビックリでした!!!お二人とも、本当におめでとうございます。お幸せにね~~~~!heart04
潤君、お祝メールしたかなぁ~?!happy01

| | コメント (50)

2009年4月20日 (月)

スマイル 第一話感想♪

凄く凄く心に、いろんな感情を起こさせてくれたドラマだった!!

観終わったあとに、ビトに襲いかかる様々な理不尽さに・・つらくもなり、哀しくもなり、怒りもあったのですが、それ以上に何とも言えない不思議な感覚にとらわれた・・というのか。それは、全然悪い意味ではなく、言葉に出来ない感情が芽生えるというか・・。

潤君がこの役をやるにあたって、不安があった・・って気持ちが1話見て、すごく分かったし、宅間さんが「潤にしか出来ない」と言った意味も、おぼろげながら分かったように思いました。
このドラマの内容云々に至っては、まだまだ謎も多く、1話だけでは、どう語っていいのかわからないのが本当のところですが・・。

ただ一つ言えることは、潤君がこのドラマに出てくれて、本当に本当に良かった、ということです!!!
上手く言えないのですが・・・ほんと・・・潤君は無難な路線にはいかない人ですよね。
一番最初に「スマイル」というタイトルと、ラブストーリーである・・と聞いた時に、あ・・わりと無難な路線なドラマになるのかな~って思っていたのですが、いやいやいや・・・そんな簡単なものじゃなかったわ!
松本潤・・・やっぱり恐るべし・・という感じです。

今後どういう風に繋がっていくのか?展開していくのかはまだ分からないので、なんとも言えないのですが、少なくとも、気楽に、気軽に観れるドラマでない、賛否両論あるであろうドラマという事に、意味があるように思います。
綺麗事では済まされない社会の暗部でもありますよね・・。あえてこういう暗いテーマや展開をドラマで観たくない・・という方もいるでしょうしね・・・。
でも、このドラマを通じて、「そんなもんじゃない。」「いや、それも現実」と、観る側でいろいろ捉えて、考えさせられたりすること自体、大いに意味あることだとも思います!
全ての人に権利は平等ではあるとはいうけれど、現実はそんなに単純なものではなく、生まれた時点でさえも誰もが平等で公平ではない・・というのは確実にあるわけで・・・でも、それに負けないで生きていくことの意味を描いてくれるのなら、私はビトの生き様を見続けていきたいなーっと。happy01

人種差別的なことも描いてはいるのですが、私はビトがハーフだからの偏見っていうよりは、過去の事件にかかわった人(近藤や、あの刑事)が、ビトに対して思い違いな恨みをいだいていて、その個人的感情から、フィリピン人とのハーフであることを、口汚く侮辱する為に使っている言葉だと思いました。
それはビトに打撃を与えることが出来る一番辛い言葉だから・・・なんでしょうね・・。
ビトにとって、少年期には、ハーフであり親の愛も感じられずに生きてきたのならば、悪い仲間だけが唯一の味方だったのかも知れないのに、林に裏切られて罪を着せられて、何も後ろ盾がないビトには、いわれなき偏見もあり警察にも信じてもらえなかった、という過去があるのなら、“また同じことの繰り返し”を恐れる気持ちが痛いほどわかります。
それが、あの雨の中、CDショップの片隅に逃げ込んで泣いてしまったシーンに出ていたな~と。
ただただ悲しくて泣いているとかいうものじゃなくて、全てを否定されてしまうような、自分の存在価値を失ってしまうような恐ろしさで、子供のようい泣いているビトに胸が締め付けられました・・。
潤君が、どういう風に泣いたら・・カッコ良く見える?なんてことは関係なく、ビトの立場なら・・とビトになり切って泣いていたその姿は、決してカッコイイアイドルじゃなく、ビトだ・・と。松本潤でも道明寺でもなく・・見たことのない潤君がいたなーと感心したところです。

見たことがない・・という点では、本当にこのドラマの潤君は、新境地を開拓していると思います。
カッコ良く描かれる主人公でもなく、王子様でもなく・・・本当に一人の無力な青年。でもとても心根がピュアで・・ピュア過ぎてしまうゆえの危うさ・・が、凄く伝わる演技で、私すごくすごく良かったと思います!!!
で・・・何よりもビックリしたのは、私以上に主人が潤君の演技に泣かされていたこと!
ドラマ終わって・・しばし私はぼーぜんとしてしまったのですが、一緒に観ていた主人が、涙目になりながら開口一番「マツジュン、いいよっ!うん、いい!」と言いだして・・・、合いカギがあった時の「あるの?」のシーンや、あの泣きのシーンや、最後の「やめろー!」のシーンが特に良かったみたいで、「絶望感に襲われ、自分の存在が否定されてしまう恐怖心が凄く伝わって・・・やるなーと思った。人間臭い演技がすごくいい。カッコ良くない泣き方がいい。」と。「お前がマツジュン好きなのが、改めて分かった・・」と言ってくれたのが、みょーーに嬉しくて。
その後、「このドラマは賛否両論ありそうな内容かな」と私が言うと、「むしろそういうドラマじゃないと、俺なんて観ないけどな・・。」と。
ドラマの感想を言い合ったのち、今度は、主人が中学の時に居たハーフの友達の話になったり・・(主人が中2の時のクラスメイトで、ハーフだから差別されていたわけではないのですが、やはり悪い仲間に引きずられたために、ハーフということを引き合いに出されて保護者から悪く言われるはめになり、そのうち家族でどこかに引っ越してしまって連絡が取れなくなった・・という話や、私の娘の小学校でも、同じようなことがあった話や、娘のクラスにいる失声症の男の子の話とか・・・失声症の男の子は、4歳位までは声を出して話していたそうなのですが、幼稚園の年長さんの時にイキナリ声を発しなくなったそうなのです。でも花のように本当に元気で明るくて、周りの友達も彼の気持ちがちゃんと伝わっていて人気者なのです。ご両親はPTA活動にもとても協力的で率先して委員になってくださって、息子さんのことも包み隠さず話してくださいます。何が原因なのか、いまだ分からずにいますが・・・)もちろんビトほど悲惨な目にはあってないにしろ、意外にも身近にあったことだったんだな~と、このドラマを通じて改めて思い出したこともあって・・・。
ハーフだから、外国の人だから・・というだけで、差別は受けないと思いますし、実際、土地がらから周りにも沢山ハーフの方や外国の方もいらっしゃいますが、とても素敵な人間関係を築いてますもの。
でも、何が事が起こった時に、「やっぱり感覚が違うから」「価値観が違うから」と、勝手な思い込みで非難する人もいたのも事実で、私もPTAの役員をやっていて、そういう苦情を受けたことがあって・・・「そこを非難するのは違うんじゃないの?」と怒りにも似た悲しみを感じたこともありますもの・・。何もなければ問題視もしないことも、何かあればその人の背景のせいにしようとする・・というのはあるんですよね・・。ほんとに、全く関係なくて、その「人」個人の問題なのに!
ただ、ハーフだから、外国人だから・・ということだけじゃなく、人には分からない心の痛みや生い立ちやコンプレックスというものに、敏感になる・・ということは、大切なことだな、と改めて思ったのです。
そんな話を深夜2時過ぎまで、主人と話したりして・・・。そんな話が出来たことも、私には大きな意味があったように思います。

さて・・・・ここからは、完璧に潤君ファン目線で語らせていただきたいと思います。(^^;)

穏やかなビトの笑顔から始まるドラマ・・・
6年後のビトと一馬と柏木さんは、とっても明るい。ポンポンと軽口を叩く3人の空気は優しくて、そこが拘置所であることすら忘れてしまうくらいに・・。

現在のビトは、町村フーズの皆の中に居ると、とっても心優しい穏やかな青年。
でも、ビト演じる潤くんは、いろいろと一人で背負っているようで消え入りそうな儚げさがあって・・・心鷲掴みでございます。抱きしめたくなる!!heart02
あまりにも辛い状況に陥っていくので、ビトと花のシーンや、町村家のシーンは、本当に心救われます。

ビトと花の出会いの本屋さんは、花は・・すでにビトを知っていたのかな?花の視線を意識して、そっと振り返った時に花がいなかった時の肩透かし?顔が可愛いなー!
絆創膏を花に貼ってもらう時の、恥ずかしそうな表情に、キュンキュンheart02です!!こういう感情表現、ほんとにうまいな~。

近藤めーーーー・・・・。ムカつくーーーー!!!annoy

潤君の「僕には夢がある・・・・」のナレーションが、凄くいい。心に沁みます。あの折り紙はブタちゃんだよね・・。折り紙のブタちゃんを観る穏やかな笑顔にキュン!

タイトルバックの赤ちゃんとの映像・・・素敵です!赤ちゃんを抱っこして微笑みかけるところ・・・凄く好き!主題歌もいいよね~!

町村家の食卓シーンは、ほのぼのとするよ~!!
お誕生席なのが・・・ごくせんの大江戸一家を思い出すわぁ~。
あったかい人達に囲まれてる時の安心したビトの笑顔が本当に可愛い。
でも、両親のことを話す時は、無理して明るくふるまってるように思えて、ちょっぴり切ない。
なんで・・ここで近藤からのメールがくるかなぁーーーー・・・・・・・・・。annoy

近藤は、何様なんだぁー・・・ビトがここまで何も言えない相手って・・・。と過去が気になるところです・・・。
完璧に過去のトラウマがあるよね・・。刑事に対しても・・。

あ~大丈夫、大丈夫、よくあるんだよね・・」って笑顔でごかますビトが切ない・・・。花との再会に「偶然だね・・」と何も疑わないビトは純粋過ぎる~!
『あ・り・が・と・う』「じゃあ・・すいません・・」と、天使の微笑みの花と、照れくさそうなビトが・・・可愛い過ぎるーーーー!!!heart01
お辞儀し合う二人も、すごくいいなぁー!

ブタちゃんのキーホルダー見て、「なんで?・・・・ブタ?」の間が絶妙。
金太、ブルとのじゃれ合いも可愛い~!

あーーーーん・・・第2のにっくき奴、甲斐登場・・・ムカつくーーーーっ!annoy
過去には、どんな恨みがあるのか?なんでビトに辛くあたるのか?
子犬の目のようなビトが・・・切なくて・・。
ブルの喧嘩っぱやさが、いいなー。
しおりさんの男前ぶりもいい!

2000年春・・・林さん・・・・・怖い・・。悪魔だなんて・・・。お坊ちゃまってことは、背景には物凄い後ろ盾がいたりするのかな・・・?林への恨みを晴らすためにビトに(林が罪をなすりつけたから・・)嫌がらせ?
近藤も、ビトがバーにいることを知ってて、あえてバイトに来たってことだよね?

ビトの味方だから、心配しなくてもいいけど・・心配かけんなよ」って、町村ママの言葉にじ~~んだよ~。その言葉にホッと穏やかな笑みになるビト潤にキューン。

配達先の人たちとの交流・・・はぁ~あったかいなぁ~!
ビト兄ちゃん!」って、おぶさってくるリナちゃんとの交流にも、ほっこりheart02
今日ね~給食におはぎでるよー!」って・・・ほんとーーに優しそうな極上の笑顔なんだものーーーー!heart01ウルウル・・。

バーの前のビト・・。不安げな表情にキュンキュン・・・。
店長さんは、いい人っぽくて・・ホッとするのに・・・・
近藤めーーーーーーーーーーーーー!!!!annoypunch
この前貸した、カギ返して欲しいんですが・・・」と、よくぞ言った・・と反撃に出たビトに・・少し安心しただけど・・。
甲斐と近藤がしっかりと繋がっていたのが・・・怖い・・・。しかも甲斐はヤクザの幹部???
せっかくバーを辞めることが出来ると思っていたのに・・・。sweat02

花ちゃんったら、積極的ーー!(笑)ビトのバイト先を調べたのよね?
見つめ合うビト花にキュン!!

しかも、花ちゃん、ビトをつけていくし!(笑)どんだけ好きなの?
本屋さんで花に会って、キョトン顔のビト潤が、可愛い過ぎるー!!
ビト花の並びがすごくいい!!!
ブタに頬寄せて、『すーき』ってジェスチャーする花ちゃんがめっさ可愛い!
ブタ好きなの?へぇ~・・。僕も・・・まあまあ」って、言い方と表情がめっちゃツボ!!!
二人の初々しいやり取りが、可愛いし癒されるし・・・。はぁ~ずっと見ていたい気持ちになるわぁ~。
ブタが願い事を叶えてくれる・・・・これが、きっと二人のキーワードだよね~!!!!
自己紹介をする時に、「早川・・・ビトです」の、・・・の間が切ない。

一馬さんも、名前を変えなければいけないような過去があった・・ということは・・ビトと同じような境遇なのかしら?

花と別れてバーに入った瞬間に、警察が・・・・って、切な過ぎるーーーー。sweat02
合いカギ?・・あるのっ?」の表情に・・・ぐぁーーーン・・・見てる私も・・・ガーーーンです・・・。ビトの不安が伝わってきて・・居ても立ってもいられません・・。
あの古瀬刑事登場で、何か言い知れぬ不安に襲われるビトが可哀相で可哀相で・・。sweat02案の定・・覚せい剤はビトのロッカーから出てきて・・。
古瀬刑事の姿を見たから、ビトは余計に昔のトラウマが蘇って、捕まったら冤罪をかけられる・・と思って逃げてしまったんだよね・・・。あーーーー切な過ぎる・・・。
古瀬・・・ムカつくーーーーーー!!!punchannoy

保護観察中のビトが、また捕まれば・・・今度はもっと酷い目にあう・・と思って、心のより所の町村夫妻に電話をかけながら・・・子供のように泣きじゃくるビトの心の中を思うと・・・あまりにも切なくて・・・見ていられないよぉ・・・・・。前はそんことなかったよ。前は誰も僕のこと信じてくれなかったよ。」「フィリピンのハーフでも?みんな信じてくれる?」の言葉で・・・どれだけ今まで自分の存在意義を否定されてきたんだろう・・・と思うと、切なくて悲しくて・・・。sweat02

最後の雨の中の・・・古瀬ーーーーームカツクーーーーーーーーーっ!annoyannoyannoypunch
でも・・この古瀬刑事は、過去の事件で、個人的にビトに恨みがあるというか・・・本当に悪党だと思っているんだろうね・・・。まさか・・殺されたのが、刑事の身内?
最後の「やめろーーーーっ!」のビトの叫びが・・・エンドレスで頭の中をぐるぐる・・・。凄く心揺さぶられる叫びでした・・。

今後の展開はどうなるのか?
ビトの6年後のあの状況は・・・何が今後あるのか?
花はビトの事をいつ知って・・好きになったのか?(本屋で一目惚れっていうよりは、もっと以前から知っていたように思うし・・・)
花の失声症の原因は?
古瀬刑事はなぜあれほどビトを敵対視するのか?
近藤と甲斐は、なぜビトに執拗に嫌がらせするのか?
林は一体ビトと金太に何をしたのか?
一馬の過去に何があって、名前を変えたのか?

いろんな事が、一本の線に繋がっていくのは、まだ先のようですね・・。
今後の展開が、こんなにも気になるドラマは初めてです・・・。
辛い、切ない・・悲しい・・という展開もきっとあるでしょうけれど、ビトと花の愛を信じて、町村フーズの方の温かさを信じて、一馬さんとの絆を信じて・・・・見守っていきたいな、と思ってます。

結衣ちゃん、中井さんはもちろんのこと、前田吟さん、いしだあゆみさん・・素敵な役者さんですね~。小池さんも上手いな~。いしださんのあったかい笑顔にも救われますね~。

そして、ビトそのものになり切って、ビトの心の揺れ動きを丁寧に全身全霊で演じる潤君に・・・私は終始心揺さぶられております!!!!

※コメント欄に、私の気持ちを改めて追記させていただきました。

| | コメント (71)

2009年4月12日 (日)

スマイル番宣番組の感想♪

雑誌も潤君ラッシュなんですが・・・TV番組もラッシュ状態で、なっかなか感想が書けなくて・・。(^^;)
ってか・・通常のレギュラー番組だって、凄くツボがあったり、ジュンスタだって感想が書きたい気持ちだけはうずうずしてるのですが、どう頑張っても、そのレポをする時間まで・・・・とれない。coldsweats02
やっぱり、少しでも時間があったら、まずは録画したものをちゃんと観たいし・・ツボシーンは何度かリピートしてみたいし・・そんでもって、あーここも書きたい、あそこも書きたい・・と思ううちにドンドンと時間が過ぎる毎日!!ほんとにね~サイクルが目まぐるしく速いよねー!!!
えー・・・特番時期なので、特番を中心に感想を書かせていただきます!!

『知らないほうが幸せだった事実』

相葉ちゃんMCの深夜の番組だったのですが、これが・・・MCの相葉ちゃんとゲストが向かい合わせでVTR観ながらサシトークの番組で、潤君はラストに登場!!!!
二人がめちゃ可愛かったなぁー!!!heart04
潤君はドラマ撮影の合間に来たみたいで、ビトモードで、とにかく目がキラキラしてて美しいっつうの!!heart01
照れ臭そうに登場してきて、第一声が「大丈夫?」・・・爆笑!
相葉ちゃんと握手するとこも可愛かったなぁ~。
番宣ですよ!」と言い切る潤君にも爆笑!
で、タイトル通り「知らない方が幸せだった事実」のVTRが流れると、BGMで『知らない方が、知らない方が♪』と結構シュールな音楽が流れるのが気になる潤君。(笑)その後、「段々この音楽がカッコ良く聞こえてくる・・」に変化してましたが。(笑)

★1つ目の事実は『第2回オリンピックで生きたハトを撃ち落とすクレーン射撃の競技があった』というモノで、その後は「生きたハトを打つのはどうかという議論になり、一回限りで終った」とスポーツジャーナリストのVが流れると、「遅くない?やる前に分かるでしょ!」とごもっともなご意見!「これはショックですよ・・」「ひど過ぎます!」と言う潤君相葉ちゃんがいいよねー。

★二つ目は『カフスボタンは服の袖で鼻水をぬぐえなくする為のモノだった」というモノで、「はぁ~~~~!」と驚く潤君がいと可愛い!
そのあと服の話になって・・
「(二人で買い物は?)最近はしないよね~。」
昔は行ってたよね~。
ジュニアの頃とかはあったけどね!」
俺ね、最近、松潤に言ってないことがあるの!」
何?」
松潤が持ってるストール、俺も持ってんの!全く一緒なの!迷彩のやつ・・
はいはいはい!」
あれを、俺ね・・いつも出る時、自分の家で、あ、これだ!と思って巻いて家を出るんだけど、出てエレベーターの鏡があるのね?で、1階押すジャン・・で、こう乗った瞬間に、『あ、これ松潤持ってる・・あ、今日5人の仕事だ!』と思って、戻るからね!(笑)」
あ、そう!あははははは~
もしかしたら、松潤してくるかも知れない、と思った時に、外して違うの巻いてきたりとか!(笑)」
あははは~そうなんだ?!すげー気い使われてるじゃん、俺!(笑)」
の二人のやりとりがめっさ可愛かった!!!相葉ちゃんが身振り手振りでえ話しているのを、いちいち、「うん!うん!」と楽しそうに相槌いれて聞いている時の潤君が可愛くってたまらーん!!!

★3つ目は『芸名、夏木マリは、ダジャレから出来た。デビューが夏だったので、夏で決まり・・夏決まり・・からできた』で、潤君は夏木さんとも仲良しなので、「へぇ~これを見てもウソなんじゃないかと思うよね・・」と。
で、芸名話から、嵐の名前の由来についての話になり、
他にもあったんでしょ?俺は知らないけど・・
俺もあんまり知らないけど、聞いたことあるのは、クエスチョンズとか・・・
クエスチョンズだったらだよ。ちょっとね・・『どうもクエスチョンズの松本でーす』みたいな・・
意味がわかんないでしょ?」
俺は一番最後だったんっすよ。嵐になるよ、って聞いてなかったの、俺!3日前くらいにさ~社長に『You パスポート持ってる?』って言われて、『持ってるよ』って言ったら、『じゃあ、ハワイ行こうよ』って言われて、『いいよ』って取材かなんかかな~と思って行ったら、『嵐です!』って言われたの!だから・・・
凄いよねー。パスポート持ってなかったら、嵐じゃないんだよ!(笑)」
そうだよ!パスポートありがと~~~ですよ、ほんとに!(笑)」
のやりとりも楽しそうで可愛かったです!!
散々聞いた話ではありますが、二人で話してる時の雰囲気が可愛かったぁ~!

で、最後の最後に相葉ちゃんの「知らない方が幸せだった事実」ネタがおかしいの!!!(笑)「久々に実家に帰ったの。したら~うちのかあちゃんのここに(足首)タトゥーが入ってたの!(笑)一周り!かあちゃん、どうしたのー?って・・(笑)ファンキーでしょ?これ、絶対・・かあちゃんに怒られるわぁ~・・・」という衝撃ネタに爆笑してしまいました。(笑)

『オールスター感謝祭』

もーーう、これは・・・超長時間でしたけど・・・潤君が生放送でスタジオにいる・・っていう事実も嬉しいですし、とにもかくにも、感謝祭の潤君のビジュアルが、めっさめっさカッコイイーーーーーー!!!heart
なんだか落ち着いた大人の色気もありつつ・・表情とかはとっても柔らかくて可愛くて・・・!!!
司会の紳助さんの問いかけにも「はい!はい!」と返事するところもツボだし、髄所に、生真面目で気配り屋さんのところが見れちゃって・・いちいちキュンキュンheart02しちゃいましたわーーーーー!!!!
(あ・・・その前に、「感謝祭直前SP」というのがあって、そこでミニブタちゃんの名前をつけるくだりがあったのですが、ミニブタちゃんに翻弄される潤君が、めっちゃ可愛かったです!「ガッキーとか貴一とか」と案を出す潤君!結局「キイチ」に決まりました!)

で、特筆すべきツボは・・・
★「問題出たあと話してませんね?」と紳助さんに言われて、「はい、一正懸命やってます!」「はい、あんまりチームプレーはしてないです・・した方がいいんですか?」と素で聞く生真面目潤君がツボ!!
しかも「ごめんなさい、ごめんなさい。違うんです!!ここ3人とも初めてなんで・・」と焦る潤君が、めっさ可愛い!!
結衣ちゃんが経験者だと知って、素で驚いて「あ、来たことあるんだね?」の言い方がめちゃツボ!!「まずシステムを教えてもらってないんで・・」の中井さんといい、潤君といい・・ほんと生真面目な天然ちゃんなところがおかしい!!着いて行くのが必死で「すみません、すみません・・」の潤君の照れ笑いにキューン!!!

★鈴之助くんのマラソンを心配そうに応援する潤君&スマイルチームが可愛いすぎー!!!
★ディズニーの問題は結構詳しい乙女な潤君!(笑)

★ミニブタレースの潤君が、全編ツボ!!!!heartキイチにメロメロ~な潤君が可愛い過ぎるー!!heart01
ミニブタちゃんが服を脱いじゃうハプニングにも、率先して着せてあげる気配り潤君が最高!!!!
紳助さんと高畑さんの「松潤さん」呼びが新鮮!(笑)
怖くないですか?」と聞かれて「全然!かわいいなーって思って!はい!」の優しそうな顔がいいわぁー!
高畑さんの「凄い着せるの上手よ~!脱がせるにも上手なんだろうな~」と言われた潤君の「何言ってるんですか?(笑)」の恥ずかしそうな顔が、めっちゃツボ!!!!高畑さーーん、潤君にくっつき過ぎですから~!!!!(爆笑)
キイチは健闘もむなしく・・ゴール出来なかったけど「キイチが、うちのキイチが動かないです!!」「頑張ったのになぁ~」ってキイチが気になってしょうがない潤君がキイチと同じくらいに可愛いすぎーーーー!!

★ぬるぬる陸上に大爆笑の潤君がめっさ可愛い!!!

とうとうその時がやって参りました!!『Period6』
これ、とってもクイズっぽい問題だったよねー!!!そのピリオドでなーんと潤君ってばチャンピオンになっちゃいました!!!!crownさすがっ!!!かっちょいいーー!!heart
スマイルチームも、すっかり場になれて、皆で盛り上がってる様子も可愛かったな~!!!
勝負します!カーン行きます!」・・・男前!
TBSはジャニーズに弱いから・・」と言われて、「いやいや・・ちょっと待ってください。(笑)そんなことないと思います!(笑)」・・・こういう素のリアクションがいちいち可愛い!heart04
最後の問題で、真剣に考えてる様子がかっこいいー!!やったゾ・・的はガッツポーズのニコニコ顔もツボ!!!
1位だと分かった時の、「やったー。ありがとうございます」の極上の笑顔が、めちゃめちゃめちゃ可愛い!!!!!heart01
(しかーーーーも、この潤君がチャンピオンになったシーンは、なーんと、TBSの瞬間最高視聴率1位で、24.3%をたたきだしたそうです!!!by王様のブランチ)
スマイルチームも、みんな自分のことのように喜んでくれて・・ほっこりだよぉー!!
ポーカーの問題は、惜しかったね~。あちゃーの顔が可愛かったよぉーーーん!!!heart01

★ローラーローラーや、ヒロミゴーさんを見てる時のワクワク笑顔も、めっさ可愛い!
(潤君って、相手を労い、称える気持ちが伝わるような拍手の仕方で気持ちがいいんだよねー!)

★ジャンボマスターズゴルフは、練習では一番上手かった潤君なのに、本番ではイマイチ上手くいかないところが・・・・最高にツボ!!!happy01でも練習で上手かった分・・・皆が潤君にかけちゃって、めちゃプレッシャーだったよね。(^^;)(ってか、練習も映してくださーーーい!!!annoy
「(プレッシャーは)相当今・・ありますけど・・。(ニッコリ)」の照れ臭そうな笑顔がSOキュート!!!
あ・・やっちゃった的笑顔も可愛かったぞ~~~!!

★ジャニーズ問題の時に、一問目で間違えちゃったのは残念だったね~・・。
Believeが流れる中、恥ずかしそうの顔でキョトンとしてるとこ・・めちゃツボ!島崎さんに紹介されて一礼するとこもいいねっ!!
で、「この曲を歌っている嵐はどれでしょう?」って・・・出てきた4択PVはオール松本ってところが・・・笑うーーーーっ!!!!happy01
デビュー年齢が若い順」・・の時の潤君の写真が、めっさ若い!happy01

★映画問題の最後の問題に潤君正解して、スマイルチームの皆とハイタッチしてるとこもほっこりだね~~~~!!!!

で、これを最後に潤君は、裏番組で先輩のドラマが始まる時間になってしまったので、退席してしまうので・・・ちょっと寂しいわーん・・・。sweat02
しかもね・・潤君総合順位が30問正解で24位だったんだよね~。これ最後まで居れたら、もっと上位に入れたかもしれないのにーーーー!!!
結衣ちゃん、11位おめでとーーー!!!note

なっがい時間だったのですが、とっても面白かったです!!
これ・・深夜に潤君中心に1時間に編集しましたわ・・。(笑)

『王様のブランチ』

思いのほか早い登場で、焦ったぁ~~~!!!sweat01ジュンスタと時間がかぶらなくてよかったよぉー!!!
潤君、結衣ちゃん、中井さんが登場!!!
潤君、全体的にグレーの衣装、ストレートな髪型で笑顔が眩しくって、めっちゃかっこええーー!!!結衣ちゃんと中井さんとの雰囲気もいい感じ!!!
ツボは・・・
・司会の谷原さんに「だいぶ仲も良くなってきたと思いますが・・」と言われて、「はい!ね?」とキラキラ笑顔で照れ臭そうに結衣ちゃんと中井さんに聞くところが可愛いのう。中井さんも「うん!」って頷いてくれるし!
・結衣ちゃんが語る潤君の意外な面は、本屋のロケの時に空き時間に本を初見でドンドン積んで行って大人買いをしていったので、本が好きなんだなーって思ったとか。
・3.4年花粉症で悩まされている潤君は、中井さんも花粉症だと知って、知りあいから勧められた花粉症に良く利くスプレーを中井さんにプレゼントする気遣い潤君が素敵~~~と思っていたら、スタッフさんにも絶賛のそのスプレーは、「潤が、『少し多めにかけてみてください』と言うから・・」と言われた通りに中井さんもかけていたら、そのうち目がしみて・・取説を改めてみてみたら「目に入った場合は流水で流してください」って書かれていたとか!(大爆笑)もーう、めちゃ笑ったわ!!中井さんの話を聞いてる時の潤君の笑顔も、めっさ可愛かったし、中井さんが「潤」とふつーに呼びつけにしてるところにもほっこり!!heart02いつの間に!(笑)
(しっかし潤君・・・嵐の薬箱と言われるくらいにメンバーや周りの人の健康管理にも気遣う人なのに、隠し砦のまさみちゃんの唐辛子事件といい、今回といい・・・ほんと、オチがついてるところが笑うっつうのっ!!!)
で、ダイジェスト映像を観ると・・・これが、もうキュンキュンな展開になってまして・・・。町村フーズの食卓でうれしそうに食事するビトとか、花とのやり取りとか、花を見つめる目とか・・・、投げ飛ばされちゃうシーンとか、電話口の号泣シーンとか・・・もーう、ビトが愛おしくて参ります・・・。
主題歌も、めちゃドラマの雰囲気に合ってるなーって、今日はつくづく思いましたわ!!
でもって・・・スマイルというキーワード関連で、TBS初登場時の嵐デビューの握手会の時の潤君映像も観れちゃってお得!(笑)

『スマイルナビ』

今日の午後2時~1時間放送した「スマイルナビ」なのですが・・・
これが、めっちゃめっちゃ見どころが多くて、最高でした!!!good
ますますドラマが楽しみになっちゃいました!!!!up
これ・・・全部レポ出来ないくらいに盛り沢山だったので、印象的なところの感想だけ・・。(^^;)

メイキング風景や、キャストのインタビューや、潤君&結衣ちゃん、潤君&中井さん、潤君&宅間さん(サタケさん)・・のトークも面白くって!!!happy01
特に潤君&宅間さんは、ほ~んと昔っから仲良しでもありますので、漫才みたいなトークなやりとりがめちゃおかしかったぁー!!!happy01

気心知れたスタッフさんとのやり取りもすっごく面白かったし、結衣ちゃんと潤君の、遠慮がない言いたい放題のやりとりも最高!!
結衣ちゃんの潤君への第一印象は、「仕事に対してストイックで冗談が通じない人かと思ってたけど、段々と大丈夫かもしれない・・と思って、ちょっとずつ(自分を)出してます。」と言ってて、撮影を重ねるたびに意気投合していった潤君と結衣ちゃん。潤君のツッコミにも全然負けてない男っぽくてさっぱりした感じで、二人の関係性がいいなーって思いました!!
潤君は結衣ちゃんのことを、「もっと天然だと思ってたんだけど、そんなことなくて、いろんな事考えている上に感性がいい」と真面目に答えたと思ったら、「恥ずかしいじゃん、すげー魅力的な人ですって、どうするんの、それ?!」「凄い嬉しいです、単純に!」「嘘だよ!(笑)」「嘘かよっ!(笑)」のやりとりが、最高!!!
だって、その後ロケでは、殴った殴られた、どっちが先に殴ったで言い合いしてるんだもーーん!!!(笑)
石井監督さんやスタッフさんが、「花の笑顔が可愛いー」と言えば、拗ねて見せて、結衣ちゃんに「あんま調子にのるなよ!」って耳うちしたり、カメラさんが潤君を撮ると、「何撮ってるんだよぉ~。そんな興味ねーだろ!」と言ったり、「騙されんなよー!(笑)」とスタッフさんに言ったりで、スタッフさんたちも爆笑!潤君、思いっきり自虐的ネタで現場を和ませているのが・・めちゃ潤君らしくっていい!!(笑
なんっていうか・・・潤君も含めチームとして出来がっている花男スタッフの中に結衣ちゃんが入ることへの潤君なりの気遣いっていうのがあるんじゃないかな~って思う。こういう風に気負いなく接してくれるのって、私だったら凄くうれしいだろうなーって思います。happy01

ドラマの中でもビトと花の関係性は
潤君いわく「支える」で、結衣ちゃんいわく「信頼」だそうです!

ポスター風景の潤君、最高に素敵ーーー!!!
スタジオにいたワンちゃんが可愛くって仕方無い潤君がめっさ可愛いーーー!!

宅間さんとの対談で、印象に残った部分は、テーマが重いので・・
改めて本があがって、役をする段階になって思うこととしては、そういうことに対して、僕は無意識に近い状況だったんだなと、今凄く思ったし、だからこそ、一番最初にこういうテーマでって言われた時・・・僕はどれくらい“そこ”に行けるのかなって思ったし、結局そういう感覚を持ったこともなければ、そういう境遇に遭ったわけでもないし、で、1か月、2か月とかの中で、どこまで準備が出来るんだろうっていうのもあったし、不安は大きかったですね・・最初。
ま、そりゃ戸惑うわな。うん。え?俺それやるの?大丈夫?っみたいな。」
ほんと・・大丈夫?・・俺じゃない方がいいんじゃない?っていう感じ
逆に潤しか出来ないんじゃないって思う。なかなか他の人出来ないんじゃないって。」
そういうもんですかね~・・・わかんないですけど・・
と素直な心の内を話す二人がいいなーって。heart02

中井さんと潤君のトークでは、潤君は嵐の中においても「我が強い」と言うと、「我が強いっていうよりも、俺はこれで行きます!っていうことが言えるか言えないかっていうのが凄くあって、リーダーに向いてるんじゃないの?ドラマなんかでピン張るのに向いてると思うよ。男としていいと思うよ」と中井さん!
中井さんと潤君の仕事に対する考え方はとても似ているみたいで、
基本的に俺らは将棋の駒。いつも俺はスタッフだと思ってる。松本君もそうだと思うけど。
全く同じです!」
俺らが相対するのはお客様たちだけであって、俺らは照明もカメラも演出もすべてスタッフ、それが皆ですべて作ってるんだ。だから本づくりとか、本に関しては割と強めにわがままを言う
お客さんと向き合うために
そう向き合うために!」・・と中井さんの話に真摯に耳を傾ける潤君。
潤君もいつも役者はスタッフの一人に過ぎない・・と言ってるよね~。似ているなーって思いました。

実際のフィリピンの方とのハーフのエレナさんが、このドラマを作る上で潤君もエレナさんの言葉や体験を参考にしていて、潤君がこの役を演じてくれることが凄く嬉しいとのことです。このドラマを通して自分と同じ立場の人が勇気をもらえる・・とおっしゃってました。
エレナさんが、潤君に「どういう気持ちで演じてますか?」と聞くと、潤君は、「ハーフだということを意識するよりも、周りの人と変わらないんだ、っていう意識で(ビトも)いたいだろうし、その意識が強いと思うので、普通でいようとする方を意識するかな・・。それが出来ない状況、そうじゃないと人に言われる時の気持ちみたいのを膨らますことによって、表現はしやすいのかな~と思うんですけど。と。
最後に「ありがとうございます。思いついたり、こうだなぁ~と思ったことがあったら、是非言ってください。」と和やかな笑顔で彼女にお願いする潤君の謙虚さが素敵です!

宅間さん(サタケさん)が思う役者松本は、「しつこい人!」と言われて、「それ俺個人のことでしょ?(笑)」とツッコミいれる潤君に負けじと、「酒飲んでる時にしつこいってのはお認めになるんですね?(笑)」に爆笑!happy01
役に対するこだわりと情熱が凄い。一つのことに対するこだわりが凄いし妥協しない」と誉めつつ、夜中に電話してくることを暴露!(笑)
(この話は、もう何回か聞いた話ですよね~。(笑)
で、潤君としては、「なぜそれをするかっていうと、特にギャグのところは、本を読んだ時に物凄い面白いんだけど実際動く時に、宅間さんが舞台とかでやってるギャグの間の取り方がものすっごい上手いんですよ。ご自身で芝居をなさる方が本に書いてるから、その人の間が一番面白いわけですよ。だから俺は聞くんですよね。だから俺、たぶん・・ギャグのところしか聞かないですよね?(笑)」
「(笑)うん。もっと大事なところがあるだろう~って思ったりもするんですが、ここかー聞いてくるのは?って(笑)(潤君爆笑しかも夜中の2時とか3時とかホントに関係ないんで、電話番号教えたのが運のつき・・っていうか。(笑)」潤君大爆笑
と、潤君と宅間さんのやり取りは、文章では伝わらないおかしさがあって・・微笑ましかったです。
番組の最後にも、宅間さんが脚本書くときに、書きながら泣いちゃう・・って話のくだりもおかしかった~。つくしを書いてる時はつくしになって泣き、ギャグを思いついた時は布団の中に入ってもずっと笑ってて、今回は1話からビトで泣いているそうです。(笑)その話を、隣でめっちゃ爆笑しながら、「見てみたいー」と言っている潤君が、めっさ可愛かったー!!宅間さんの足を叩いたり、ちゃちゃ入れたりして、二人で笑い合ってるところは・・兄と弟のような雰囲気ですっごく可愛かったぁ~!!heart04この二人の酒飲みトークを見てみたい、と本気で思ったワタクシ・・。(笑)

あとは・・印象に残ったところは、ロケ現場で潤君がブランコに乗りながらインタビューに答えているところがあって
手ごたえは?」の質問に「手ごたえはないよ・・。観てないもの。全然自分は想像できるモノじゃないよね、今回は・・。」と素直な心情を話してくれて、
怖さはなかった?」の質問にも「怖さはないよ・・。でも、まぁ~分かんないし、自分が今まで実際意識もしてなかったっていうのあるんだけど、本読むまで遠い世界だと思っていたし、でも実際遠くないし・・・ドキっとするよね、やっぱりね・・」と真剣な表情で話してくれる潤君が印象的。heart01

タオトルバックの赤ちゃんとの撮影現場もめちゃ可愛かったなぁ~!!赤ちゃんを這い這いで追いかける潤君とか!(笑)
タイトルバックも楽しみですね!!

全編を通して、要所要所にメイキングシーンや予告が入るので、それを繋ぎ合わせてみても・・・とっても丁寧に作ってあるドラマという感じがして、とても楽しみです!!!
ビト花が、とっても可愛いんですもの!!!!heart01
展開的にはツライシーンもありそうですが、ビト花、ビト一馬、ビトキンタブル、そして町村フーズの皆さんとは、温かい絆で結ばれていくみたいなので、何があっても最終的にはホッとできてキュンキュンしまくりなドラマになりそうです!!!!heart02

『サンジャポ』

今回も、あの潤君の宿命の天敵?(笑)小林のんちゃんがレポーターとして、潤君と結衣ちゃんのところにやってきまして、のんちゃんイジリする潤君が、めっさ面白かったわぁ~~~!!happy01
潤君が真面目にドラマの見どころを話しても、のんちゃんは「毎週マツジュンのスマイルが観れるということで、今から胸が高鳴ってます!」と茶化すと、すかさず言葉を無視して「ぜひ見てください!」とカメラ目線でいうところ、爆笑。happy01(スタジオのテリーさんも「上手いな!」と笑ってましたが。(笑))
結衣ちゃんの制服姿の話になって、「ちなみに松潤は私の制服姿を見たいと思いますか?」にも「全く思わないですね!」とバッサリ!(笑)「準備はしてきたんですけど・・」とのんちゃんが制服を出しても、「いいから、しまって!」と制止する潤君に爆笑。
結衣ちゃんが潤君の印象を「真面目でストイックな方」というと、のんちゃんが「私の印象は?」と聞き、結衣ちゃんが「打たれ強くて・・・素敵です・・」と言うと、「そこ“が”けがとりえです。」と噛んでしまい、すかさず潤君が、「ちょっとかんじゃったね!(笑)」と優しくいうところや、最後に最後に、「最後に日本中のファンの皆さんと私の心に嵐を・・・巻き・・あらしでください・・」と噛んじゃった時も、めっちゃ大爆笑して、「かんじゃったよ・・。(笑)そこ一番大事なんじゃないの?シメで・・。(笑)」の潤くんの笑顔にキュンキュン!!
なんか・・のんちゃんと潤君のコンビネーションが、いつも妙におかしくって、ツボです!!heart04まさにツンデレコント!!!(笑)
【※のんちゃんとは、サンジャポの自称ジャーナリストで(笑)お下げ髪にメガネの女の人。以前、ひみつのアラシちゃんの記者会見に乱入した時に、イキナリ「初恋の人が松潤にそっくりなんです!」と告白して以来、花男の時や今回も・・必ずのんちゃんがやって来て、潤君LOVEな雰囲気で迫る面白い方なんです!それに対して潤君は、冷めた態度をとる・・というのがいつものお決まりのパターン!(笑)】

とっころで、「リンカーン」の予告が流れましたが、潤君がめちゃめちゃ可愛かったよぉ~~~~!!!これもめちゃ楽しみです!!good

「VSSP」やこの間の「VS嵐の反省会」や「宿題くん」の感想まで書けなかったよぉ~・・・。次回に書かせていただきます。sweat01

| | コメント (30)