映画・テレビ

2005年10月14日 (金)

主題歌決定!!&最近観た映画諸々♪

まずは・・「花より男子」の主題歌が、嵐に決定みたいで、すっごく嬉しい!!

「WISH」だって!!今日のWSの会見の様子のバックに流れていたのがそうだよね?!明るいポップなラブソングみたいで、期待大ですね~~!!

今日は、いろいろと朝早くから忙しくて、仕事のあとに友達と食事して、その後にうちにきてから、ずっと友達と子供話やら、いろんな話をひとしきりして・・・で、嵐の話にもなったんだけどね・・最近、その友達も私の影響で「まごまご嵐」を観るようになってから、『松潤はホントいい子だよぉ~~!!魅力あるよ!!(私が)ファンなのも良く分かる!嵐はみんな感じいいし品があるよね』と言ってくれて・・・嬉しいよぉ~!『「花より男子」も好きな漫画だから、絶対に見るよ!!』との事!!(喜)

で、友人が帰ってから録画しておいたWSを見ました。

今日のWSでは、あんまり会見の様子は昨日ほどはなかったけど、その代わりドラマの映像が流れましたね~~~!!F4が歩いてくるところとか・・。潤君がものすっごく高び~~な嫌~~なヤツを、しっかりと演じてましたね!(笑) 会見でも、

潤君 『財閥の息子役で、ものすごくイヤな男ということで・・・楽しくて楽しくてしょうがありません』と、ちょっとコメントを端折られてたけど(^^:)、潤君の笑顔が可愛かったからよし!!(笑)

真央ちゃん『濃いキャラの中で埋もれないように頑張っていきたいな、と思っています』と言ってましたが・・・濃い顔の間違いではないですよね??(^^:)

しかしね・・何紙かスポーツ紙の記事を読んだんですが・・・主演の真央ちゃんよりも、潤君の方が前面に出ちゃってる記事ばっかりで・・・嬉しいんだけど、嬉しいんだけど・・・なんか。。「いいのかよ??」っていう気持ちになっちゃいますね・・(^^:)

潤君演じる道明寺は、最初はホントに屈折してて嫌なやつ全開ですからね・・・虐めシーンがちょっと苦手な私としては、複雑なんですが・・・道明寺が最初は嫌なやつであればあるほど、つくしと出会って変わっていく様が生きるのですから、そこは潤君の役者魂をしっかりと見守りますよぉ~~~!うん!!

で・・嵐関連ではないのですが・・今回は最近観た映画の事なんぞを話してみたいっ!!だってね・・「花より男子」が始まったら、映画を観る時間もなくなるだろうし・・映画の話なんてしてる場合じゃないからね・・(^^:)

まずは・・『パイレーツ・オブ・カリビアン』

友人からDVDを借りて観たのですが、これは理屈ぬきで面白かったです!!!!内容がどうとか・・っていう以前にね・・ジョニー・デップのひょうひょうとしたコミカルな演技が、とにかくキュート!!!!!可愛いのよぉ~~~!!まぁ、言うても海賊ですからね・・メイクとかファッションとかは、ちと小汚いのよ。(^^:)カッコいい&シリアスなデップファンには、もしかしたら不評なのかも知れないんだけど、私はこのデップを観たら、益々彼から目が離せなくなったわ!!物語の筋としては、ウィル(オーランド・ブルーム)とエリザベス(キーラ・ナイトレイ)の恋物語がメインって言っちゃあメインで、その恋を計らずとも応援する形で、ちょっとしたピエロっぽい役がデップなんだけど、その恋物語の存在感がない位に、デップの存在がインパクト絶大!!!ホントに面白可愛いの!!やっぱり主演だよね!!

ジョニー・デップって、潤君が好きなのも頷けるよね。どんな役をやっても、その人のイメージが強く出てしまうタイプの役者さんってのもいるし、それはそれで魅力的なんだと思うんだけど、デップにしても潤君にしても、「まず、その役として何を伝えるべきか?」ってのを一番に考えてるような成り切り型の役者さんだから、共感出来る部分があるんじゃないかな?と思うし、潤君自身がそういう役者さんを目指しているんだろうね・・。

そういう「成り切り型」の役者さんって、役から降りた時や、次の役柄になった時に、「あらら・・イメージが違う。素の性格や素の表情って・・どれなんだろ?」と思われちゃう事も多々あると思うけど、一つの作品の中の自分・・というのを追求している所が好きだな~!!

お次は・・『シュア・シング』

これは、以前に「心に残るラブコメ映画」で、私がもう一度観たい!!と思っていた作品なんですが・・私がブログに書いた事で、それを読んでくださった人からメールで「中古のビデオがネットに出てますよ」という情報を頂いて、(ありがたい事です。大感謝!!m(_ _)m)即、購入して、昨日届きまして・・夜中に観ましたよぉ~~~~!!

もう随分前に観たので、(20年くらい前??)感動出来るかなぁ~?と思いつつ観たのですが、やっぱり面白かったっ!!!なんてことない内容なのに、これもね・・役者で魅せている映画だよね!!ジョン・キューザックの荒削りだけど、可愛くて面白くて爽やかな魅力が全開ですよ!!!ちょっとした仕草や表情が絶妙なんだよね!!オーバーアクションなところも、キャラ的に全然許せてしまうんですよ~~~!!軽いノリの男の子が、真実の愛を見つけてどんどんと真面目で誠実な男の子になっていく様と、真面目でお堅い女の子が、その彼によって、これまた自分の心が解放されて、心が潤って、真実の愛に目覚める様がね・・今観ても、やっぱりいいんだよね~~~♪2人が心通いあう過程が、丁寧に描かれていて、古臭さを感じないんだよね・・観終わった後の余韻が良い映画だね。これは!それとね・・全編に流れる音楽が、その当時に流行っていた洋楽だから、これまた自分の青春時代(死語??)とリンクして楽しめるんだよね・・。

ところで・・映画といえば、ここ最近、私の友人の中では、遅ればせながら『東京タワー』ブーム!!(笑)一人にDVDを貸したら、「私も!」「私も!!」ってことで、一向に私の手元に戻ってきませんよ・・・(苦笑)この後も、まだまだ3人に貸す予定!(^^:)でもでも、DVDを観た友達がこぞって、潤君の『耕二』を誉めてくれるので、貸した甲斐があったってもんです!!!貸した友達の中では、気に入って結局自分でDVDを買った人もいますからね・・・o(^-^)o まぁ、悩みといえば・・・・『いつになったら、私はまた耕二に会えるのですかぁーーーーー?!!』って事くらい??(笑)

| | コメント (2)

2005年10月 8日 (土)

心に残るラブコメ映画

今回は全然嵐関連じゃないんですが・・どうしても、書きたい映画の事を!!

「花より男子」がドラマ化されるにあたり・・【お互いが全く異なる境遇、価値観を持っていながら、最初はお互いが毛嫌いをしていたのに、どんどんと惹かれあって、最後には真実の愛を見つける】というラブコメの王道のお話の中でも、私が今まで観た映画の中で、すっごく心に残ってる作品があるんですよ!!!

それは1980年代に公開されたこの2作品!!

『シュア・シング』『潮風のいたずら』です!!!

『シュア・シング』は、その前に観た有名な映画『スタンド・バイ・ミー』(これも最高に好きな映画ですが)に感動して、その監督であるロブ・ライナーの初監督作品の『シュア・シング』をどうしても観たくて、軽い気持ちでレンタルして観たのがこの作品。ジョン・キューザック主演で、ロードムービー的な要素もあるんですが・・・軽めのノリの男の子が、真面目でお嬢様の女の子とひょんな事から、クリスマス休暇を過ごすため、実家に帰る為に友達の車&ヒッチハイク?をして長旅をするのですが・・その間にお互いが惹かれあう・・という単純なストーリーなんですけどね・・たけど、2人のやり取りや、お互いが惹かれあう様が、すっごく胸キュンなのです。笑いもあり、ほのぼのした温かさが全体に流れていて!!

しかし・・・これは・・・もう一度観たくても、どこにもありません!!!そりゃ、そんなにヒットした映画じゃなかったかも知れませんが(^^:)、こんなに素敵な映画なのに、なんで無いの??昔レンタルしたビデオ屋さんにも、今となっては・・・無い!!!ムカつく!!!最近、どうしてももう一回観たくて探しているのですが・・・。これは、もうDVDを買うしかないかな??って・・DVD化されているのかしら??(苦笑)

そして、もう一本の、『潮風のいたずら』は、ゴールディ・ホーン演じる高慢ちきで性格ブスの金持ち奥様が、カート・ラッセル演じる貧乏で子沢山な大工に豪華クルーザーの中の下駄箱を作ってもらったのですが、その時にいちゃもんつけて、お金も払わずに大工道具を海に投げ込んだ腹いせに、その大工が豪華クルーザーから嵐の夜に転覆して記憶を失った高慢ちきな奥様を、「自分の奥さんだ!」と申し出て、やんちゃ坊主の子育てやらあれやこれやと自分の身の回りの事をさせていくうちに、お互いが惹かれあって、最後には本当の夫婦、家族になっていく・・というお話。

ちょっと・・あり得ないような夢物語なんだけど、主演のゴールディ・ホーンが、もうとってもかわいくてお茶目で・・最高なんですよ!!!!相手役のカート・ラッセルとは実生活でも、本当の夫婦なので、2人のコンビネーションが絶妙!!!

この映画は、わりとヒットしたので、今でもレンタルビデオ屋さんにあるとは思うのですが、私はWOWOWで放送した時に録画して、何度も何度も観ましたね。凄く心があったかくなるし、元気が出ます!!!

でも・・・当時、DVDが無かったので、ビデオに録画して何度も観たので、今はもう観れなくなってしまっていますので、今度、レンタルしてまた観たいなぁ~~と思ってます。

ラブコメの次点としては、

『あなたが寝てる間に』と『ユー・ガット・メール』なんかも・・好きかな!

| | コメント (0)